ポンタール 市販薬。 ピリン系の薬剤について解説 医療用医薬品・OTC(市販薬)の一覧【ファーマシスタ】薬剤師専門サイト

ポンタールカプセル250mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ポンタール 市販薬

ポンタールなどの商品名で、や、の緩和などのために経口で使用される。 メフェナム酸が減少すると炎症や収縮などが生じるが、合成が阻害されることによるものだと考えられている。 で代謝され、により体外への排出が行われる。 このため、重度の肝・腎疾患の患者には処方されない。 副作用 [ ] に負担がかかるため、空腹時を避けて服用する。 眠気が生じることがあるため、服用後は自動車の運転等は避ける。 他にや胃痛、、、、減少などの副作用が生じることがある。 まれにや、、、などの重篤な副作用が生じる場合がある。 を重症化させると考えられるため、15歳未満の患者への投与は原則として禁止されている。 過剰に摂取すると嘔吐、吐血、痙攣、昏睡などの症状があらわれる。 症状は服用後30分~4時間ほどで現れるが、腎不全などは発症までに数日かかる場合がある。 は約2. 5グラムである。 合成 [ ] に類似し、2- ()と2,3-ジメチルアニリンから合成される。 脚注 [ ].

次の

【解熱鎮痛薬】処方薬「カロナール」と同じ市販薬~アセトアミノフェン配合市販薬~

ポンタール 市販薬

ポンタールカプセル250mgに関連する病気 関連する可能性がある病気です。 変形性関節症 緊張型頭痛 関節リウマチ 変形性肘関節症 変形性膝関節症 変形性股関節症 片頭痛(偏頭痛) 椎間板ヘルニア 脊椎圧迫骨折 脊椎骨折 ポンタールカプセル250mgの主な効果と作用• 痛みや 炎症の原因となる物質(プロスタグランジン)が作られるのをおさえる働きがあります。 炎症による痛みやはれをやわらげ、熱を下げるお薬です。 ポンタールカプセル250mgの用途• 外傷後の 炎症の緩解• 外傷後の 腫脹の緩解• の解熱• の鎮痛• 月経痛の解熱• 月経痛の消炎• 月経痛の鎮痛• 手術後の炎症の緩解• 手術後の腫脹の緩解• 症候性神経痛の解熱• 症候性神経痛の消炎• 症候性神経痛の鎮痛• 頭痛の解熱• 頭痛の消炎• 頭痛の鎮痛• 歯痛の解熱• 歯痛の消炎• 歯痛の鎮痛• の解熱• の消炎• の鎮痛• 分娩後 疼痛の解熱• 分娩後疼痛の消炎• 分娩後疼痛の鎮痛• の解熱• の消炎• の鎮痛• の解熱• の消炎• の鎮痛• を伴うの解熱• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 1.手術後及び外傷後の炎症及び腫脹の緩解、変形性関節症、腰痛症、症候性神経痛、頭痛、副鼻腔炎、月経痛、分娩後疼痛、歯痛の消炎、鎮痛、解熱の場合:メフェナム酸として、1回500mg、その後6時間毎に1回250mgを経口投与する• なお、年齢、症状により適宜増減する• また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい• 2.急性上気道炎の解熱・鎮痛の場合:メフェナム酸として、1回500mgを頓用する• なお、年齢、症状により適宜増減する• 但し、原則1日2回までとし、1日最大1500mgを限度とする• また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい ポンタールカプセル250mgの使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• アスピリン喘息• 過敏症• 重篤な肝障害• 重篤な高血圧症• 重篤な心機能不全• 重篤な腎障害• 消化性潰瘍• 重篤な血液異常• 非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作• 小児のインフルエンザに伴う発熱• SLE• 潰瘍性大腸炎• 肝障害• 気管支喘息• クローン氏病• 血液異常• 高血圧症• 出血傾向• 食道通過障害• 心機能異常• 腎障害• 全身性エリテマトーデス• 非ステロイド性消炎鎮痛剤の長期投与による消化性潰瘍• 消耗性疾患 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 幼児・小児• 新生児 低出生体重児を含む• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・使用が原則として禁止されていますが、特に必要とする場合には医師等に相談して下さい。 小児のインフルエンザに伴う発熱 0歳〜14歳• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 高齢者 65歳〜• 小児 0歳〜14歳• 低出生体重児 0日〜27日• 新生児 0日〜27日• 乳児 0日〜364日• 幼児 0歳〜6歳• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 高齢者 65歳〜• 小児 0歳〜14歳• 高熱を伴う幼小児 0歳〜14歳• 高熱を伴う高齢者 65歳〜• 小児のインフルエンザに伴う発熱 0歳〜14歳• 長期間投与されている女性• 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、• 高齢者 65歳〜• 小児 0歳〜14歳 ポンタールカプセル250mgの注意が必要な飲み合わせ.

次の

メフェナム酸:ポンタール

ポンタール 市販薬

Contents• アセトアミノフェン配合の商品がベスト 熱さましとして使用されている有効成分は数多くあります。 その例として、次のような成分があります。 これらの成分の違いは鎮痛効果です。 鎮痛効果は異なりますが、解熱効果はどれも同じようなものです。 アセトアミノフェン配合の市販薬 アセトアミノフェン単一成分の市販薬には、次のような商品が販売されています。 子供に関しては、口から薬を服用できるかできないかで選ぶべき商品が異なります。 口から薬を服用できる 内服可能 場合は「バファリンルナJ」、できない場合は坐薬である「こどもパブロン坐薬」が最適だろうと考えます。 続いて、それぞれの商品の特徴や選ぶポイントなどについて紹介します。 タイレノールA 15歳から服用できる熱さましが「タイレノールA」です。 1錠あたり300mgのアセトアミノフェンが配合されています。

次の