ハルジオン 日記。 ハルジオンとベニシジミ

巷ではオンラインカジノには…。: ハルジオンの日記

ハルジオン 日記

[写真3]葉のつき方• [写真4]ヒメジョオン• [写真5]ハルジオン• [写真6]ヒメジョオンの茎断面• [写真7]ハルジオンの茎断面• [写真8]ヒメジョオンの茎表面• [写真9]ハルジオンの茎表面• [写真10]ヒメジョオンの葉基部• [写真11]ハルジオンの葉基部• [写真12]ハルジオンの葉• [写真13]ヒメジョオンの葉• [写真14]蕾のつき方比較• [写真15]頭花の比較• [写真16]頭花の比較• [写真17]ヒメジョオン頭花断面• [写真18]ハルジオン頭花電面• [写真19]ヒメジョオン筒状花• [写真20]ハルジオン筒状花• [写真21]ヒメジョオン舌状花• [写真22]ハルジオン舌状花• [写真23]ヒメジョオン果実• [写真24]ヒメジョオン果実 いつの間にかハルジオンに入れ替わって,ヒメジョオンの花が咲いてます。 どちらも路傍に咲く,白い小さなキクの花です。 両種はよく似ていて,春に咲いているハルジオンと,夏に咲いているヒメジョオンの花が別の種類だとは,気づく人はあまりいないと思います。 ハルジオンはまだ少しは咲いているかなと探したのですが,九条山,岡崎周辺ではほとんど見当たりません。 ようやくインクラインの近くで,小さなハルジオンの株を見つけました。 このハルジオンの個体と,ヒメジョオンを比較してみました。 長田武正著『原色野草観察検索図鑑』(1981年)には,ヒメジョオンについて次のように書いてあります。 北アメリカ原産の1~越年草。 茎は高さ50~130cm,あらい毛がまばらに生え,中心部は白いずいに満たされる。 根もとの葉は長柄があり,形も円い 図B が,茎につく葉は狭くてほとんど無柄。 頭花は数多く,径1. 5cm,舌状花は白色,雌性でおしべはなく,冠毛もない。 筒状花は黄色,両性で長い冠毛がある。 花期は夏。 明治維新 1868 直前に渡来,当時は柳葉姫菊とよばれて珍重されたという。 単為生殖をするので繁殖力が非常に強く,たちまち日本じゅうに広がり,1975年現在はブナ・ミズナラ帯からさらにその上まで侵入している。 ハルジオンについては,次のように書いてありました。 北アメリカ原産の多年草。 茎は高さ30~80cmで,ヒメジョオンよりやや花期が早く,花は白色ときに淡紅色。 ハルジオンはハナアブなどで受粉,結実する。 ヒメジョオンにくらペ広がり方がおそいが,多年生なので一度入ると消えない。 渡来は大正末~昭和初期で東京から広がり出したものと思われる。 ヒメジョオンとの区別点については,次のようにまとめてありました。 ハルジオン ヒメジョオン 多年草 1年草 茎は中空で,葉とともに軟毛が多い。 茎は中空ではなく,毛はもっとまばら 根生葉は幅が狭く花時まで残る。 根生葉は円形に近く花時には枯れている。 茎上の葉は基部で茎を抱く。 茎上の葉は基部が狭く,茎を抱かない。 花序ははじめ茎ごとうなだれる。 花序は一部うなだれるが,茎ごとではない。 頭花は径2~2. 5cm,舌状花は150~400個,冠毛があって白色~淡紅色。 頭花は径2cm,舌状花は100個内外,冠毛がなく白色。 多年草は,毎年開花して種子を作り,冬の間も枯れずに残り,翌年再び成長を始めます。 一方,1年草は,発芽,開花結実,枯死するまでの生涯が1年で完結します。 越年草とは,1年草のうち,冬をまたぐものをいいます。 ヒメジョオンは越年草で,秋に発芽しロゼットで越冬,翌年夏に開花結実します。 ハルジオンは,春に開花結実しいったん地上部は枯れますが,秋に発芽,ロゼットで越冬,翌年春に再び開花結実を繰り返します。 生物の進化という面からみると,1年草の方が,遺伝子変異の拡散速度が早く,環境変化への適応に優れているそうです。 全体的にヒメジョオンの方が背が高いです。 [写真8]は,ヒメジョオンの茎断面。 [写真9]は,ハルジオンの茎断面。 ヒメジョオンの茎は白いずいに満たされていますが,ハルジオンの茎には空洞があります。 両種の見分け方として,茎が中空かどうかは重要な目安ですが,手で茎を折るとつぶれてしまって,よくわからないことがあります。 ナイフなどでスパッと切るとよくわかると思います。 [写真10]は,ヒメジョオンの茎表面。 [写真11]は,ハルジオンの茎表面。 拡大してみると,ハルジオンの茎は毛むくじゃらですね。 実際に見ると,これほど毛むくじゃらには感じませんが。 [写真6]は,ヒメジョンの茎全体。 根元の葉は枯れています。 [写真16]は,ヒメジョオンの根生葉。 [写真7]は,ハルジオンが咲いている様子。 根元にタンポポのように根生葉が残っています。 [写真12]は,ヒメジョンの葉基部。 [写真13]は,ハルジオンの葉基部。 [写真14]は,ハルジオンの茎上の葉。 [写真15]は,ヒメジョオンの茎上の葉。 [写真16]は,ヒメジョオンの根生葉。 [写真3]は,ヒメジョオンとハルジオンの茎を並べたもの。 葉の形も,両種を見分ける重要な目安になります。 [写真14]は,両種の蕾がうなだれた様子を比較したもの。 ハルジオンの方がうなだれ方がきついですね。 茎がU字に曲がっています。 5cm,舌状花は150~400個,冠毛があって白色~淡紅色。 ハルジオンの方が頭花の大きさが少し大きく,花びらの幅が細いという違いがありますが,個体差もあるのでほとんど同じに見えます。 [写真15]は,ヒメジョオンの頭花にハルジオンの頭。 を近づけて撮ったもの。 [写真16]は,頭花だけを並べて撮ったもの。 頭花の写真だけでは,どちらかを見分けるのは困難です。 [写真17]は,ヒメジョオンの頭花を縦に切った断面。 [写真18]は,ハルジオンの頭花を縦に切った断面。 [写真19]は,ヒメジョオンの筒状花。 [写真20]は,ハルジオンの筒状花。 両種とに冠毛があります。 この冠毛が,種についている綿毛になります。 [写真21]は,ヒメジョオンの舌状花。 [写真22]は,ハルジオンの舌状花。 ハルジオンの舌状花には冠毛がありますが,ヒメジョオンの舌状花には冠毛がありません。 典型的なキク科植物の花の特徴を,がありました。 ヒメジョオンの花にも当てはまるので引用します。 多数の小さい花が丸く密集して、1つの花のように見える。 このような花序 花の集まり を頭花と呼ぶ。 頭花を構成する花 小花[floret]と呼ぶこともある には、中心部の筒状花、周辺部の舌状花の2タイプがある• 頭花の下には「総苞 そうほう 」と呼ばれるつぼのような部分があり、つぼみの時には頭花全体を保護している。 総苞は、花序の軸 円盤状になっている と花序につく細い葉 総苞片 が集まってできている。 萼の代わりに、「冠毛」と呼ばれる毛の集まりがある• 子房[雌しベ=子房+花柱+柱頭]は、花びら・雄しべ・冠毛より下にある 下位子房• 5枚の花びらが、互いにつながって、子房の先に続く筒になっている 合弁花• 5つの葯 やく [雄しべ=葯+花糸]も、互いにつながって筒になり、花柱を取り巻く• 葯は花粉を筒の中に出す。 花柱が伸びて、ところてんのように花粉を筒の先に押し出す。 その後で、花柱はさらに伸びて先端が筒から顔を出す。 花柱の先が2つに分かれて、内側の柱頭が露出し、受粉できるようになる。 ヒメジョオンの花をコップにさして机の上に置いていたところ,数日後には綿毛のついた種がたくさん落ちていました。 上から見ると,冠毛がきれいに放射状に伸びてます。 [写真24] 受粉から種子ができるまで随分早いなと思ったら,ヒメジョオンは無融合生殖をおこなうようで,花が開く前から,胚や胚乳の発生が始まっているそうです。 両種とも元々は観賞用として移入されたものですが,逸出して雑草化し,今では「侵略的外来種ワースト100」に含まれる要注意外来生物になっています。 種として繁栄しすぎると,希少価値がなくなり,人間から疎まれるというのは,野生生物一般の傾向ですね。

次の

ハルジオンとベニシジミ

ハルジオン 日記

[写真3]葉のつき方• [写真4]ヒメジョオン• [写真5]ハルジオン• [写真6]ヒメジョオンの茎断面• [写真7]ハルジオンの茎断面• [写真8]ヒメジョオンの茎表面• [写真9]ハルジオンの茎表面• [写真10]ヒメジョオンの葉基部• [写真11]ハルジオンの葉基部• [写真12]ハルジオンの葉• [写真13]ヒメジョオンの葉• [写真14]蕾のつき方比較• [写真15]頭花の比較• [写真16]頭花の比較• [写真17]ヒメジョオン頭花断面• [写真18]ハルジオン頭花電面• [写真19]ヒメジョオン筒状花• [写真20]ハルジオン筒状花• [写真21]ヒメジョオン舌状花• [写真22]ハルジオン舌状花• [写真23]ヒメジョオン果実• [写真24]ヒメジョオン果実 いつの間にかハルジオンに入れ替わって,ヒメジョオンの花が咲いてます。 どちらも路傍に咲く,白い小さなキクの花です。 両種はよく似ていて,春に咲いているハルジオンと,夏に咲いているヒメジョオンの花が別の種類だとは,気づく人はあまりいないと思います。 ハルジオンはまだ少しは咲いているかなと探したのですが,九条山,岡崎周辺ではほとんど見当たりません。 ようやくインクラインの近くで,小さなハルジオンの株を見つけました。 このハルジオンの個体と,ヒメジョオンを比較してみました。 長田武正著『原色野草観察検索図鑑』(1981年)には,ヒメジョオンについて次のように書いてあります。 北アメリカ原産の1~越年草。 茎は高さ50~130cm,あらい毛がまばらに生え,中心部は白いずいに満たされる。 根もとの葉は長柄があり,形も円い 図B が,茎につく葉は狭くてほとんど無柄。 頭花は数多く,径1. 5cm,舌状花は白色,雌性でおしべはなく,冠毛もない。 筒状花は黄色,両性で長い冠毛がある。 花期は夏。 明治維新 1868 直前に渡来,当時は柳葉姫菊とよばれて珍重されたという。 単為生殖をするので繁殖力が非常に強く,たちまち日本じゅうに広がり,1975年現在はブナ・ミズナラ帯からさらにその上まで侵入している。 ハルジオンについては,次のように書いてありました。 北アメリカ原産の多年草。 茎は高さ30~80cmで,ヒメジョオンよりやや花期が早く,花は白色ときに淡紅色。 ハルジオンはハナアブなどで受粉,結実する。 ヒメジョオンにくらペ広がり方がおそいが,多年生なので一度入ると消えない。 渡来は大正末~昭和初期で東京から広がり出したものと思われる。 ヒメジョオンとの区別点については,次のようにまとめてありました。 ハルジオン ヒメジョオン 多年草 1年草 茎は中空で,葉とともに軟毛が多い。 茎は中空ではなく,毛はもっとまばら 根生葉は幅が狭く花時まで残る。 根生葉は円形に近く花時には枯れている。 茎上の葉は基部で茎を抱く。 茎上の葉は基部が狭く,茎を抱かない。 花序ははじめ茎ごとうなだれる。 花序は一部うなだれるが,茎ごとではない。 頭花は径2~2. 5cm,舌状花は150~400個,冠毛があって白色~淡紅色。 頭花は径2cm,舌状花は100個内外,冠毛がなく白色。 多年草は,毎年開花して種子を作り,冬の間も枯れずに残り,翌年再び成長を始めます。 一方,1年草は,発芽,開花結実,枯死するまでの生涯が1年で完結します。 越年草とは,1年草のうち,冬をまたぐものをいいます。 ヒメジョオンは越年草で,秋に発芽しロゼットで越冬,翌年夏に開花結実します。 ハルジオンは,春に開花結実しいったん地上部は枯れますが,秋に発芽,ロゼットで越冬,翌年春に再び開花結実を繰り返します。 生物の進化という面からみると,1年草の方が,遺伝子変異の拡散速度が早く,環境変化への適応に優れているそうです。 全体的にヒメジョオンの方が背が高いです。 [写真8]は,ヒメジョオンの茎断面。 [写真9]は,ハルジオンの茎断面。 ヒメジョオンの茎は白いずいに満たされていますが,ハルジオンの茎には空洞があります。 両種の見分け方として,茎が中空かどうかは重要な目安ですが,手で茎を折るとつぶれてしまって,よくわからないことがあります。 ナイフなどでスパッと切るとよくわかると思います。 [写真10]は,ヒメジョオンの茎表面。 [写真11]は,ハルジオンの茎表面。 拡大してみると,ハルジオンの茎は毛むくじゃらですね。 実際に見ると,これほど毛むくじゃらには感じませんが。 [写真6]は,ヒメジョンの茎全体。 根元の葉は枯れています。 [写真16]は,ヒメジョオンの根生葉。 [写真7]は,ハルジオンが咲いている様子。 根元にタンポポのように根生葉が残っています。 [写真12]は,ヒメジョンの葉基部。 [写真13]は,ハルジオンの葉基部。 [写真14]は,ハルジオンの茎上の葉。 [写真15]は,ヒメジョオンの茎上の葉。 [写真16]は,ヒメジョオンの根生葉。 [写真3]は,ヒメジョオンとハルジオンの茎を並べたもの。 葉の形も,両種を見分ける重要な目安になります。 [写真14]は,両種の蕾がうなだれた様子を比較したもの。 ハルジオンの方がうなだれ方がきついですね。 茎がU字に曲がっています。 5cm,舌状花は150~400個,冠毛があって白色~淡紅色。 ハルジオンの方が頭花の大きさが少し大きく,花びらの幅が細いという違いがありますが,個体差もあるのでほとんど同じに見えます。 [写真15]は,ヒメジョオンの頭花にハルジオンの頭。 を近づけて撮ったもの。 [写真16]は,頭花だけを並べて撮ったもの。 頭花の写真だけでは,どちらかを見分けるのは困難です。 [写真17]は,ヒメジョオンの頭花を縦に切った断面。 [写真18]は,ハルジオンの頭花を縦に切った断面。 [写真19]は,ヒメジョオンの筒状花。 [写真20]は,ハルジオンの筒状花。 両種とに冠毛があります。 この冠毛が,種についている綿毛になります。 [写真21]は,ヒメジョオンの舌状花。 [写真22]は,ハルジオンの舌状花。 ハルジオンの舌状花には冠毛がありますが,ヒメジョオンの舌状花には冠毛がありません。 典型的なキク科植物の花の特徴を,がありました。 ヒメジョオンの花にも当てはまるので引用します。 多数の小さい花が丸く密集して、1つの花のように見える。 このような花序 花の集まり を頭花と呼ぶ。 頭花を構成する花 小花[floret]と呼ぶこともある には、中心部の筒状花、周辺部の舌状花の2タイプがある• 頭花の下には「総苞 そうほう 」と呼ばれるつぼのような部分があり、つぼみの時には頭花全体を保護している。 総苞は、花序の軸 円盤状になっている と花序につく細い葉 総苞片 が集まってできている。 萼の代わりに、「冠毛」と呼ばれる毛の集まりがある• 子房[雌しベ=子房+花柱+柱頭]は、花びら・雄しべ・冠毛より下にある 下位子房• 5枚の花びらが、互いにつながって、子房の先に続く筒になっている 合弁花• 5つの葯 やく [雄しべ=葯+花糸]も、互いにつながって筒になり、花柱を取り巻く• 葯は花粉を筒の中に出す。 花柱が伸びて、ところてんのように花粉を筒の先に押し出す。 その後で、花柱はさらに伸びて先端が筒から顔を出す。 花柱の先が2つに分かれて、内側の柱頭が露出し、受粉できるようになる。 ヒメジョオンの花をコップにさして机の上に置いていたところ,数日後には綿毛のついた種がたくさん落ちていました。 上から見ると,冠毛がきれいに放射状に伸びてます。 [写真24] 受粉から種子ができるまで随分早いなと思ったら,ヒメジョオンは無融合生殖をおこなうようで,花が開く前から,胚や胚乳の発生が始まっているそうです。 両種とも元々は観賞用として移入されたものですが,逸出して雑草化し,今では「侵略的外来種ワースト100」に含まれる要注意外来生物になっています。 種として繁栄しすぎると,希少価値がなくなり,人間から疎まれるというのは,野生生物一般の傾向ですね。

次の

身近な植物図鑑:ハルジオン(5)

ハルジオン 日記

[和名・種類] ハルジオン [学名] Erigeron philadelphicus [英名] Philadelphia fleabane [名前の由来] 春紫苑。 春に咲くシオンのこと。 牧野富太郎氏が命名しました。 別名、ハルジョオン(春女苑)。 [分布] 日本各地 [科名] [花色] 〜 [花期] ・・・ [特徴・解説] 道端、荒れ地、空き地などに生える、北アメリカ原産の多年草。 茎は中空で、高さ30cm〜90cmになります。 全体に軟毛があります。 上部の枝先に直径2cm〜2. 5cmの白色〜淡紅色の頭花をつけます。 ツボミの時は花序全体がうなだれます。 舌状花は糸状で多数あります。 渡来した当初は、舌状花は紅紫色に近いものが多かったのですが、現在では白色に近いものが多くなりました。 根生葉はへら形で、翼のある柄を持ちます。 根生葉は花期にも残ります。 茎葉は披針形で、基部は耳状に張り出して茎を抱きます。 果実は扁平なそう果です。 若い葉は、茹でて食用になります。 大正時代に園芸植物として渡来しました。 広がるまでに時間がかかりますが、一度生えると駆除は難しく、各地で雑草化しています。 [レポート] 春に咲く花の代表的存在ですね。 誰もが見たことのある植物で、どこにでも生えてくる雑草のようなたくましさがあります。 ピンク色の花を咲かせてくれるので、なかなか綺麗だったりもします。 春の花の代名詞的存在となっていますが、日本には生えていなかった植物です。 「追想の愛」なんていう立派な花言葉た付けられていたりもします。 日本の気候風土に合っているんでしょう、どこにでも生えてきます。 それにハルジオンに集まる昆虫たちも多いので、日本国内の食物連鎖の生態系の中に組み込まれているようです。 ハルジオンが広がる前は、どんな花が咲いていたのか気になります。 日本の本来の生態系、見たことないんだよなぁー。 [写真撮影] 2008年04月02日 [関連ページ] メインコンテンツ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ スポンサードリンク.

次の