フレンチブルドッグ 病気。 フレンチブルドッグに適したペット保険の選び方、犬種から考える病気や注意点

フレンチブルドッグってどんな犬?性格や特徴について

フレンチブルドッグ 病気

フレンチ・ブルドッグは、とても利口で豊かな表情をしており、また非常に人懐っこく明るい性格なことから飼いやすくとても人気な犬種です。 そのため、日本での飼育頭数は7,075頭と、中型犬の中で2番目に多い飼育頭数となっております(参照 一般社団法人ジャパンケネルクラブ 2014年犬種別犬籍登録頭数より)。 しかしながら、フレンチ・ブルドッグの特徴的な体型や体質から軟口蓋過長症や鼻腔狭窄、椎間板ヘルニアやなどの疾患にかかりやすい犬種とも言われています。 PS保険でもこうしたケガ・病気のご請求が多くなっております。 PS保険のご加入者さまもこうしたケガ・病気の備えとしてフレンチ・ブルドッグのペット保険を検討されたのではないでしょうか。 フレンチ・ブルドッグ ももたくん フレンチ・ブルドッグのかかりやすい病気やケガとペット保険 フレンチ・ブルドッグは、下記のような疾患にかかりやすく、その治療費は、飼い主さまの全額負担となります。 そこで、ご検討いただきたいのがペット保険です。 当ウェブサイトから、すぐに「」いただけます。 フレンチ・ブルドッグは、当社の「」から中型犬に分類されます。 ご検討中の方は、PS保険の詳しい説明「」をご確認のうえ、「」をお願いいたします。 フレンチ・ブルドッグの特徴 フレンチ・ブルドッグとは フレンチ・ブルドッグは、19世紀にイギリスからフランスに渡った犬種とされており、フランスで祖先犬をより小型化した犬種がフレンチ・ブルドッグといわれています。 元々はネズミ退治や闘犬として飼育されていましたが、可愛らしい姿がフランスの貴族、貴婦人から愛され人気の高い犬種となり、「bouledogue Francais(ブルドッグフランセーズ)」という「フランスのブルドッグ」の意味をもつ名で流行したといわれています。 フレンチブルドッグが日本に渡ったのは大正時代とされており、その頃から数多く飼育され、現在でも高い人気を誇る犬種となっています。 フレンチ・ブルドッグの容姿 フレンチ・ブルドッグは、アメリカタイプとヨーロッパタイプがあり、両者の大差は殆どありません。 アメリカタイプは、ショートボディでコンパクトな体型をしており、顔や頭が比較的大きい傾向にあります。 また目が大きくてキュートな印象を受けます。 ヨーロッパタイプは、シャープでがっちりした体格です。 顔や頭はそれほど大きくはなく、垂れ目で四角い顔立ちでしっかり者の印象を持ちます。 どちらのタイプも毛色は大きく4パターンあり、クリーム・バイド・フォーン・ブリンドルで、やわらかで光沢のあるとてもきれいな被毛をしています。 また、コウモリのような形をしたピンと立った耳と、マズルが短い、いわゆる「ハナペチャ」なところが特徴的です。 フレンチ・ブルドッグの性質 アメリカタイプは無駄吠えが少なく陽気な性格、ヨーロッパタイプはとても慎重な陽気な犬が多いといわれています。 どちらのタイプも、表情豊かで非常に人懐っこく明るい性格なことから飼いやすくとても人気な犬種です。 なおとても利口で勇敢な性格をしているため、しつけをしっかりと行い、愛情を注ぐことで良きパートナーとなるでしょう。 しかしながら、フレンチブルドッグは暑さや寒さに弱い犬種なため、室温調整が必要です。 日頃からスキンシップやコミュニケーションをとり、しぐさや状態をチェックすることが大切です。 ア行~カ行 犬の品種分類表 ア行• イングリッシュ・コッカー・スパニエル• イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル• ウェルシュ・スプリンガー・スパニエル• オーストラリアン・キャトル・ドッグ• オーストラリアン・ケルピー• オーストラリアン・シルキー・テリア• オールド・イングリッシュ・シープドッグ カ行• カニーンヘン・ダックスフンド• ケリー・ブルー・テリア• コーイケルホンディエ• コーカサス・シープドッグ• ゴードン・セター• コリー ハ行~ワ行・その他 ハ行• ハリア• プチ・バセット・グリフォン・バンデーン• プチ・バラバンソン• フラットコーテッド・レトリーバー• ブリュッセル・グリフォン• ブルマスティフ• ボーダー・テリア• ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグ• ボロニーズ• ホワイト・シェパード・ドッグ マ行• マスティフ• マンチェスター・テリア• ミディアム・プードル• ミニ・オーストラリアン・ブルドッグ• ミニチュア・プードル• ミニチュア・ブル・テリア ヤ行• ラージ・ミュンスターレンダー• レークランド・テリア• ローデシアン・リッジバック• 8ヶ月未満:6kg未満• 8ヶ月以上:8kg未満• 8ヶ月未満:6kg以上~20kg未満• 8ヶ月以上:8kg以上~25kg未満• 8ヶ月未満:20kg以上• 片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。

次の

フレンチ・ブルドッグ

フレンチブルドッグ 病気

骨量が多く筋肉質の引き締まった体格で、被毛はなめらかで短毛。 体高と体長のバランスが良く、室内飼育に向くサイズです。 利口で気立て良く、陽気で活発、愛情深いとされています。 ブルドッグのような頑固さは見られず、ほとんど吠えない飼育しやすい犬種といえるでしょう。 フレンチ・ブルドッグの特徴は、その起源であるとされる闘犬のブルドッグとは正反対のものです。 闘犬ブルドッグの繁殖過程で生まれた小型軽量、立ち耳、温和な性格の犬は当時イギリスでは注目される事がなかったためフランスに持ち出され、まったく用途の異なる犬に仕上げられました。 フレンチ・ブルドックは、17世紀頃のパリでは闘犬として人気が高い犬種でしたが、その後、改良が重ねられて、19世紀頃には貴族たちの愛玩犬としての地位を確立しました。 イングリッシュ・ブルドッグにテリアやパグなどを交配させて作られたフレンチ・ブルドックは、こわそうな顔に似合わず明るい性格の持ち主です。 一方で見知らぬ人に警戒心を抱く傾向もあるので、番犬としても向いています。 体の割には食欲が旺盛なイヌなので、肥満には要注意。 また、暑さが苦手なので、夏場は温度管理に気を配る必要があります。 中でも有力なものが、1850年頃にイギリスからフランスに移住したレース職人が持ち込んだブルドッグが原種という説です。 その後、そのブルドッグにパグやテリアを交配し、フレンチブルドッグの基礎犬が誕生したとされています。 フレンチブルドッグを語る上で興味深いものは、ブルドッグの原産国イギリスに逆輸入され、ブルドッグの改良に貢献したということです。 ブルドッグは1835年に闘犬が禁止されると職を失いました。 犬種を存続させるためにはその闘争的な性格を改良し、ペットとして飼えるようにしなければなりません。 そこで、温和で小型なフレンチブルドッグを用いて、小型化と闘争心を排除したのです。 フレンチブルドッグは当初、パリの中央市場でネズミ捕り用に飼育されていましたが、 その愛らしい風貌から上流階級の人々に広まっていき人気を集めるようになりました。 1900年頃には、ローズ耳とコウモリ耳の2タイプとなり、ヨーロッパではローズ耳、アメリカではコウモリ耳と、その好みがはっきり分かれていました。 そしてその際のアメリカ人の努力で、コウモリ耳のタイプが標準となったという経緯を持っています。 日本には大正年間に輸入され、昭和初期にはたくさんのフレンチブルドッグが飼育されました。 その後、あまり見かけなくなりましたが、近頃また人気が高くなり、街などで見かけるようになりました。 額部には深いシワがあり、両目の間の窪みは深く、幅広の鼻吻部は短く、下顎が突き出てしゃくれています。 尾は根元が太く先細で、ストレートからせん状によじれたスクリュー・テイルになっています。 短くやわらかな被毛は光沢があります。 毛色には暗いもしくは明るい地色に、明るいもしくは暗い差し毛が混じる各種のブリンドルがありますが、暗色のほうが好ましいとされているようです。 フレンチブルドッグは、ブル・バイティング場で闘って英雄となったブルドッグの祖先犬たちのさまざまな特色を受け継いでいます。 低く重心を落とした体型、幅の広い胴体、大きな骨、発達した筋肉、大きく四角い頭部などがその特徴といえます。 頭から肩にかけた辺りの、しわがあってちょっとたるんだ柔らかな皮膚も特徴的です。 しかし、ブルドッグとは異なり、ピンと立ったコウモリ耳をしています。 いつも勇敢で用心深く、好奇心旺盛ですが、ブルドッグと違って、その動き、振る舞いは少々気まぐれで、自由な感じを与えます。 フレンチブルドッグは行動やしぐさで人々を楽しませる、正真正銘の愛玩犬といえるでしょう。 動きはブルドックと違って機敏とされており、愛好家の間ではよい番犬になるという評判もあります。 多少いびきをかきますが、普段はほとんど吠えず、むやみに走り回るタイプの犬種でもありません。 室内犬として最適な要素をもっていると言えます。 フレンチブルドッグはその甘えん坊な性格から、若い家族よりはお年寄りに向いているともいわれています。 フレンチブルドッグはどこかおどけた表情を持ち、小型の愛玩犬の中でもとりわけ愛らしい犬です。 遊んだり、家族を喜ばせたりするのが大好きで、飼い主に抱かれたり、寄り添ってうたた寝したりすることに幸せを感じます。 愛想がよく、誰とでも仲よくなれる性質の持ち主です。 しかし、ブルドックに比べて温厚とされるこの犬種も、牛追い犬とテリアの血が入っており、畜殺犬であったため固体によっては危険な犬とも言えます。 キレると見境なく咬む場合があるかと思うと、陽気でとても穏やかな友好的な犬もいます。 性格が大きく分かれる犬種の一つです。 また、バイドは白地にフォーン又はブリンドルがあるものが認められ、フォーンの色調はレッドからライト・ブラウンまでとされています。 ただ、やわらかい毛質を保つためには、獣毛ブラシを使った手入れが適しているでしょう。 特に気をつけたいのは、目や鼻にあるシワの手入れです。 やわらかな布や綿棒を使って、週に1度はシワの間を拭くなどして、清潔に保ってあげてください。 定期的な歯やツメの手入れもすると良いでしょう。 また、夏の暑さに弱く、肥満にもなりやすいので注意が必要です。 固体によって大きさがやや異なります。 フレンチブルドッグは筋肉質で強固な顎を持っていますから、いい加減なしつけをすると問題の元になります。 フレンチブルドッグは、とても遊び好きでやんちゃな犬ですが、運動は最低限で大丈夫です。 屋外を楽しそうに走り回ったりしますが、暑かったり湿気が多いと調子が悪くなってしまいます。 あまり長く屋外で過ごさせない方がよいでしょう。 リードを短く持ち、その犬の体力に合った適度な散歩をするだけで十分です。 ほとんどのフレンチ・ブルドッグは泳ぐことができません。 いびきをかいたり、ゼーゼー音を立てて息をしたり、よだれをたらしたりするのもフレンチ・ブルドッグの特徴です。 ただし、暑さ寒さには弱いので、運動は、夏は涼しく冬は暖かい時間帯を見計らって行ようにするのが良いでしょう。 また室内では玩具を利用し、一緒に遊んであげるのも喜びます。 食事は栄養のバランスに配慮して、太り過ぎに注意することが大切です。 歯の健康に効果のあるドライフードと総合栄養食と表記されたウェットフード 缶詰 の混合食を与えるのが、管理の面でも手軽でしょう。 肥満の傾向がある場合は、ダイエットフードに切り替えてください。 健康維持のためにも、体重の管理に配慮した規則正しい給餌を心がけたいところです。

次の

フレンチブルドッグ 人気ブログランキングとブログ検索

フレンチブルドッグ 病気

実年齢 人間に換算した年齢 6ヶ月 7歳半 1歳 15歳 2歳 23歳 3歳 28歳 4歳 32歳 5歳 36歳 6歳 40歳 7歳 44歳 8歳 48歳 9歳 52歳 10歳 56歳 11歳 60歳 12歳 64歳 13歳 68歳 14歳 72歳 15歳 76歳 16歳 80歳 17歳 84歳 18歳 88歳 19歳 92歳 20歳 96歳 この表からわかるように人間が10歳の時には、犬はもう56歳です。 この時点で5倍以上の差がありますので、犬の方が断然、成長スピードが早いのが分かりますよね。 一般的にフレンチブルドッグは 6歳からがシニア期、 11歳からが高齢期です。 シニア期からは• 徐々に視力や聴力の低下• 筋力や体力がなどの低下• 歯周病の口臭 フレンチブルドッグは、とても活発的なので飼い主の方がしっかりと コントロールをする必要があります。 興奮してしまい 激しい運動をさせてしまうと気道を圧迫してしまい、呼吸が苦しくなってしまいます。 長時間の運動は必要ない犬種なので、室内で遊ばせるのと、散歩は、 1日に1~2回を30分程度で十分です。 夏の散歩は熱中症のリスクもあるので、朝や夕方など 暑さのピーク時はなるべく避けるようにしてください。 年齢とともに体力や呼吸器官は低下しますので、年齢に合ったペースと距離にしてくださいね。 また、室内でもおもちゃの 誤飲やテーブルのカドに 激突するトラブルも起こしやすいです。 眼が少し飛び出ている顔の構造しているので、眼球を傷つけてしまう可能性があります。 時々、何をしているか確認して安全を守ってあげましょう。 フレンチブルドッグは、場の空気を読んだり飼い主の態度や関係性をよく見ています。 なので、家族同士でケンカしていたり、誰もかまってくれないと すごくストレスがたまってしまいます。 ストレスが行動であらわれることもあります 以下のような行動はストレスがたまっているサインです。 震える• しっぽが下がっていて足の間に巻き込む• 生あくび ストレスがたまらないように スキンシップを増やしたり、 犬用のガムも効果的です。 また、毛が短いのでやらない飼い主の方もいますが、ブラッシングやなどを毎日してあげましょう。 ブラッシングやは血行促進や犬のストレス発散だけではありません。 特にフレンチブルドッグの 皮膚が弱い傾向があります。 ケアを怠るとアレルギー性の 皮膚炎になる可能性もありますから、ブラッシングをしてダニや花粉などの アレルゲンをとってあげましょう。 顔のしわなども汚れや食べかすがたまりやすいです。 ぬれタオルで拭いてあげて清潔にしてあげましょう。 また、かわいがる時は、ただ触るだけでな くマッサージもしてあげましょう。 皮膚の状態や 骨肉腫などの腫れも確認できるのでおすすめです。 犬は呼吸を用いて体温調整を行いますが、フレンチブルドッグはそれが苦手です。 一般的には パンティングと呼ばれる呼吸を用いて体温を調整するのですが、マズルが短いフレンチブルドッグにはそれが難しいのです。 そのため、飼い主の方が適度な 温度調節をする必要があります。 クーラーや扇風機を使い、室内の温度を一定に保ちましょう。 外の気温が高いと散歩の後は 体温が上昇しているので、室内では冷やしてあげる必要があります。 ほかの犬種に比べてどっしりとした体型なので、より注意深く体調管理をしてあげる必要があります。 毎年、熱中症に関してのペット保険に請求されるケースが増えています。 夏場は散歩の 時間・コース・ペースなどに気を遣うようにしましょう。 フレンチブルドッグは、 短頭種なので特有の病気になりやすいです。 なので、早期発見・早期治療のためにも、 定期的な健康診断を受けさせるようにしましょう。 成長期までは、年に1回で良いのですが、6歳以降の シニア期からは年に2回の健康診断がベストです。 老化とともに病気のリスクはどうしても上がってしまいます。 場合によっては、 レントゲン検査や 超音波検査なども血液検査のほかにやってあげるのも良いのかもしれませんね。 今の愛犬の状態を飼い主と獣医師が把握することで、病気になってしまった時も、適切に病気を絞り込み処置ができます。 愛犬の健康にも重要ですが、仮に病気になってしまった時に治療費が高額であるケースや長期的に費用がかかるケースが多いのです。 万が一、病気になってしまった場合も、ペット保険に加入することで一部を補償してくれるので、 加入していない方は加入をご検討ください。

次の