長崎 県 コロナ 感染 者。 感染防止や慰労金支給… コロナ対策に410億円 県議会、補正予算案を追加上程(長崎新聞)

長崎県2人目のコロナウイルス感染者は誰?イギリスから帰国?(受け入れ先)入院先の病院は?│ひつまぶしブログ

長崎 県 コロナ 感染 者

新型コロナウイルス感染症対策を検討するため非公開で開催している長崎県の対策本部会議と有識者会議について、県が議事録を作成していないことが毎日新聞の情報公開請求で判明した。 詳細な議事録がなければ県のコロナ対策の検証が不十分になる恐れもあり、議論を呼びそうだ。 県は新型コロナに対応する主な会議として、知事や部局長が出席する対策本部会議と、感染症の専門家らによる有識者会議をいずれも非公開で設置。 4月に県内で感染者が相次いで判明した際や、クルーズ船「コスタ・アトランチカ」内での集団感染の発覚時などに開かれた。 一方、実務者による対策推進会議は報道陣に公開している。 毎日新聞がこの三つの会議について県に議事録の開示を求めたところ、いずれも議事録は残されていなかった。 県は発言者が特定されず、議論のテーマと決定事項だけが記された「議事概要」だけを作成していた。 県のコロナ対策の担当者は取材に「政策決定前の発言者の特定は個人情報に関わるため、詳細な記録は残していない。 ただ、議会への説明もあるので概要は作成した」と説明した。 議事録を巡っては、政府が新型コロナ対策を検討する専門家会議などで議事録を作成していなかったことが判明。 情報公開に詳しい専門家らは「議事録がなければ対策を検証できず、今後の施策にも生かせなくなる」などと政府の対応を批判している。 【今野悠貴】.

次の

【長崎コロナ】長崎県佐世保市で新型コロナウイルス感染者が確認される

長崎 県 コロナ 感染 者

4月22日、長崎港に入港しているクルーズ船「コスタ・アトランチカ」の船内で新型コロナウイルス感染症のクラスター感染が発見され、長崎県・長崎市・三菱重工業の合同記者会見を行いました。 発生状況 PCR等陽性者 34人(前日比+33人) PCR等検査実施人数 61人(前日比+57人) (令和2年4月22日 午前9時現在) 1月29日、イタリア籍のクルーズ船「コスタ・アトランチカ」が長崎港に入港しました。 2月20日からドックに入り、3月25日まで船の修繕を行っていました。 4月14日に乗組員1人が発熱し、4月21日に1人目の陽性者が発見されました。 その後、濃厚接触者57人を検査し、33人の感染者が確認されました。 船内には、日本人通訳1人を含む623人の乗組員がおり、乗客はいません。 現在、船に出入りした三菱重工のグループ会社の社員に体調の異常はみられません。 今回の感染は、同じ場所で5人以上の患者が発生する「クラスター感染」とみられており、感染が確認された軽症の乗組員はそれぞれ個室で過ごしています。 新型コロナウイルスは、クラスター感染が発生しやすい特性があります。 クラスター感染が発生した場所とは別の場所で2次感染することは起こりにくく、一般的にはクラスターから市中に2次感染する可能性は低いといわれていますが、船内にウイルスがどう持ち込まれたかが重要なため、しっかりと今後情報収集していきます。 感染経路 現在調査中です。 検査 残りの乗組員に関しては、船内での個室の隔離及び健康管理を最優先事項とした上で、検査対象について検討していきます。 陽性者のうち、軽症患者は船内の個室で待機させ、重症患者が発生した場合は、県内の医療機関で対応する方針です。 今後の対応 ・陰性のかたの早期帰国を目指します。 ・コスタアトランチカ以外にもクルーズ船「コスタセレーナ」、「ネオロマンチカ」が停泊しているため、「コスタ・アトランチカ」と残り2隻の乗組員の接触について調査を行います。 ・長崎県により今後自衛隊に災害派遣要請を行う方針です。 ・現在すでに厚生労働省からDMAT(災害派遣医療チーム)、クラスタ対策の専門家が派遣されており、今後も国・県・市一体となって取り組んでいきます。 報道配布資料.

次の

感染防止対策ガイドライン

長崎 県 コロナ 感染 者

2020年3月14日、長崎県で新型コロナウイルスの感染者が確認されたとの報道がありました。 九州地方で感染者が確認されるのは福岡県、熊本県、大分県、宮崎県、佐賀県に続いて6つ目の県になります。 今まで長い間長崎県では感染者が確認されていなかったばっかりに、ついに長崎県でも感染者が確認されてしまったかって感じですね。 先日佐賀県で初の新型コロナウイルス感染者が確認されたばかりなのに、ここにきて九州地方での感染が拡大してきました。 まだまだ感染の勢いが止まる気配がない新型コロナウイルス。 これからさらに九州地方での感染が拡大していくかもしれません。 九州地方に住んでいる人は十分注意してください。 こうやって新型コロナウイルスの新しい感染地域の報道があると、感染の拡大を実感します。 確かに新型コロナウイルスから回復した人はいますが、安心できない状況には変わりありません。 日ごろから手洗いうがいなどの予防対策を徹底しましょう。 今回長崎県で初となる新型コロナウイルス感染者はいったい誰でどのような経路で感染したのでしょうか? そして現在どこの病院に入院しているのでしょうか? 気になる情報を調査してきました。 長崎県初となる新型コロナウイルス感染者の30代男性の入院先の病院はどこ? 今回感染が確認された壱岐市の30代男性は現在どこの病院に入院しているのでしょうか? 長崎県には感染症指定医療機関が、第一種感染症指定医療機関、第二種感染症指定医療機関合わせて10棟の病院があります。 その一覧がこちら。 長崎大学病院 地方独立行政法人長崎市立病院機構 長崎みなとメディカルセンター 佐世保市総合医療センター 地方独立行政法人 北松中央病院 市立大村市民病院 長崎県島原病院 長崎県五島中央病院 長崎県上五島病院 長崎県壱岐病院 長崎県対馬病院 感染者のプライバシーや入院先、そしてその周辺でのトラブルを防ぐために明確な病院名は公表されていません。 ただ今回の感染者は壱岐市に住んでいるということで、壱岐市にある長崎県壱岐病院に入院しているのではないでしょうか? 感染者が早く完治してくれるといいですね。 長崎県初となる新型コロナウイルス感染者の報道を聞いた人々の反応 今回長崎県では初となる新型コロナウイルス感染者ということで、報道を聞いた人々からは多くの反応が見られました。 その一部を紹介しましょう。 ついに、佐賀県と長崎県にコロナがきたか。 いやでも地元の病院数カ所で感染の疑いある人がすでに入院されてる噂はあるしなー。 安全なところなんてないでしょう。。。 自粛自粛で経済破綻の方も怖いわ。。。 いや確かに長崎県だけれども。 今後も長崎県内で感染が広がっていく可能性が高いです。 長崎県に住んでいる人は十分注意してください。

次の