スペイン 風邪 と コロナ。 政府の動きで死者数が8分の1に。スペイン風邪の疫学データからみる新型コロナ対策

コロナウィルスとスペイン風邪

スペイン 風邪 と コロナ

日本でも、不完全ながらコロナウイルス対策の緊急事態宣言が出されました。 しかし、毎日増える感染者に不安は増すばかり。 未知のウイルスである新形コロナウイルスに振りまわされています。 このように世界規模で未知の病気が広がったことが、今まであったのでしょうか? あったのです! ペスト 1720年 コレラ 1820年 スペイン風邪 1920年 コロナウィルス 2020年 なんと、100年ごとに疫病が蔓延していることは単なる偶然でしょうか? この中でも特に注目すべきは 1920年のスペイン風邪です。 今回の新型コロナウイルスの状況と非常ににているとこいうことがわかりました。 しかも、この時の記録は残っているので、スペイン風邪から学ぶべきことは非常に多いのです。 コロナウイルス対策 100年前のスペイン風邪から学べ! 目次• スペイン風邪とは yahoo ニュース スペイン風邪は、1918年から1920年までの約2年間、世界中で大流行しました。 新型ウイルスによるパンデミックが起こり、当時の世界人口、20億人の3割に当たる5億人が感染。 そのうち4500万人が死亡したといわれています。 日本では、当時の人口は今の半分の5500万人。 そのうち2300万人が感染し、45万人がなくなったと推定されています。 スペイン風邪という名前ですが、実はアメリカで始まったものだと言われています。。 第一次世界大戦時であり、各国は報道が規制されていました。 しかし、中立国であったため情報統制がされていなかったスペインでの流行が大きく報じられたことで、スペイン風邪と呼ばれることになったという事です。 ただスペイン風邪と違うことは、今回は高齢者が多く犠牲になっていますが、スペイン風邪は主に犠牲者が若い人達だったという事です。 その答えの一つに、スペイン風邪のときは、それより30年程前に流行した似た型のインフルエンザウイルスを経験している人たちが、ある程度の免疫があったという事です。 スペイン風邪から学ぶ 第3波まであった 当時の、内務省衛生局編『流行性感冒』によると、第1波が死者が一番多く出ました。 第2波で注目すべき点は致死率です。 これはウイルスが変異して毒性が増したためだと言われています。 第3波は、医師や看護師など医療従事者の多くが感染し、医療崩壊が起きたと言われています。 歴史はくり返す! です。 油断大敵です。 第3波までくると思って準備しておいた方がよさそうです。 楽観論を言う人もいますが、この記録を見て理性的に冷静に対処しなくてはならないという事がわかります。 日本におけるスペインインフルエンザの被害 流行 患者 死者 1918(大正7)年8月-1919(大正8)年7月 2116万8398人 25万7363人 1. 22% 1919(大正8)年9月-1920(大正9)年7月 241万2097人 12万7666人 5. 29% 1920(大正9)年8月-1921(大正10)年7月 22万4178人 3698人 1. 65% 合計 2380万4673人 38万8,727人 1. 63% 感染者数2380万人、死亡者約39万人が内務省衛生局編『流行性感冒』による統計数値 スペイン風邪から学ぶ どうやって収束したのか 日本各地で猛威を振るったスペイン風邪は、1920年が過ぎると自然に鎮静化しました。 なぜか? それは内務省や自治体の方針が有効だったからというよりも、スペイン風邪を引き起こしたH1N1型ウイルスが、日本の隅々にまで拡大し、もはやそれ以上感染が拡大する限界を迎えたからです。 そしてスペイン風邪にかかり、生き残った人々が免疫抗体を獲得したからです。 つまり、スペイン風邪は突然の嵐のように世界と日本を襲い、そして自然に去っていったというのが実際のところなのです。 今回のコロナウイルスはどうなるのでしょうか? スペイン風邪の100年前より格段に医学は進歩したと思っていたのに、蔓延を防げずにパンデミックを起こしているのだから、やはりスペイン風邪と同じ道をたどることになるのでしょうか? スペイン風邪から学ぶ 経済的影響 私は経済については全くわからないのですが、東洋経済online などを読んだことをまとめてみます。 1920年代のアメリカは、第一次大戦の欧州復興特需で経済を急成長させていました。 欧州各国も戦後処理が一段落してからは、敗戦国のドイツを除いてそれなりの安定成長を実現していました。 しかし日本だけは、経済の体質転換が進まず不景気が続き、そのまま世界恐慌を迎えてしまいました。 日本経済だけが一人負けしてボロボロの状態となり、軍部の台頭によって最終的には無謀な戦争に突入したのです。 一連の出来事がもたらした結果は言うまでもなく、終戦による日本経済の破綻とハイパーインフレでした。 つまりスペイン風邪の流行は、直接的には経済に大きな影響を与えなかったが、俯瞰的に見た場合、日本経済の終わりの始まりを示唆していたのです。 現在の日本経済は、昨年の消費税値上げなどで消費の低迷が続くなど、経済の基礎体力が著しく低下しています。 弱っているところにこのコロナウイルス。 ここでアメリカが景気後退に陥った場合、日本経済への打撃は計り知れないのです。 コロナウイルスの経済への影響と、リーマンショックが比べられたりしています。 リーマンショックの時は、基本的には金融業界の混乱が契機となって世界に波及しきました。 ところが今回の場合は、世界すべての人たちに直接被害をもたらす疫病による被害です。 金融だけではなく、人・物・金 すべてにわたります。 そのインパクトは限りなく大きいでしょう。 スペイン風邪から学ぶ 世界情勢はどう変化したか スペイン風邪が収束した直後、世界ではどんな出来事が起こっていたのでしょうか? 1920年 大正9年 大不況 1921年 ナチスドイツ台頭 1923年 関東大震災 1929年 世界大恐慌 1931年 満州事変 日本にも大不況が起こり、その後、世界恐慌になり、第2次世界大戦へと進んで行ってしまったのです。 この間、日本は関東大震災にも襲われています。 地震大国の日本、いつも地震や災害の備えを忘れてはいけません。 コロナウイルスの悪影響は、まだパンデミックに収束が見えない今は、どれほどのものになるのか想像もつかないというのが正直な状況だと思います。 確かなことは、コロナウイルス蔓延前の世界には、二度と戻れないだろうということです。 今後は世界のシステムが大きく変わるのだと思います。 コロナウイルスはその変化のスピードを一気に加速させるのです。 どんな風に変わるのか、私にはまったくわかりません。 できる事なら、今よりも精神的に余裕があり、人々が助け合って暮らしていける平和な世界に変わりますように! こんな私を応援してくださる方は、ポチッと押してくださいね 💓.

次の

コロナウィルスとスペイン風邪

スペイン 風邪 と コロナ

世界保健機関(WHO)が「パンデミック(世界的大流行)」と表明した新型コロナウイルス。 社会への影響が広がるにつれ、100年前に世界で流行し、多くの死者を出したへの注目が高まっている。 「当時のことを知りたい」という声が西日本新聞「あなたの特命取材班」に寄せられた。 東京都健康安全研究センターの「日本におけるスペインかぜの精密分析」(2005年)によると、スペイン風邪はA型インフルエンザ(H1N1型)で、第1次大戦末期の1918年以降、全世界で当時の総人口の約3割に当たる約6億人が感染。 2千万~4千万人が死亡した。 九州日報によると、福岡県内では最初の患者が10月10日に筑紫高等女学校で発生。 全国の患者数は約1カ月間で56万9960人に激増し、うち4399人が死亡した。 〈暴風の 如 ごとき悪性感冒 各地を吹き 捲 まくりて勢ひ 猖 しょう 獗 けつ 学校は運動会修学旅行中止〉(10月30日付・福岡日日新聞) 10月30日付・福岡日日新聞 県当局が運動会や修学旅行を当分見合わせるように通知を出し、休校の状況や増え続ける生徒の患者数が連日報じられた。 経済にも深刻な影響が出始めた。 この日の福岡日日新聞には〈全国各地方を襲いつつある流行性感冒は 遂 ついに弊紙工場部をも襲い欠勤者多数にて本日の弊紙は八 頁 ページと 為 なすの 已 やむなきに至れり〉というおわびを掲載している。 11月3日付・福岡日日新聞 〈悪性感冒 尚 なお 衰 すい 色 しょくなく人身 漸 ようやく不安に傾く 谷口知事 更 さらに予防告諭を発す〉(11月8日付・福岡日日新聞) 11月8日付・福岡日日新聞 当時の谷口留五郎・福岡県知事が6日に予防のための注意喚起を発表。 発熱者の急増を受けてか、11月5日付の九州日報には〈流行悪性感冒で解熱剤や氷の高値〉という記事も。 8日付の福岡日日紙面には〈夏の真っ盛りより氷の需要が多い〉とある。 11月5日付の九州日報 この後も連日のように、各地で増え続ける患者や死者数が報告されていたが、11月中旬になると、記事が少しずつ減っていく。 代わりに、11月11日に第1次大戦の停戦協定が発効し、出征していた日本兵の凱旋に沸く記事が増えていった。 12月1日付の福岡日日新聞に〈感冒漸く減退 福岡県下の患者一時は六十万人に達す〉という小さな記事が載った後は、スペイン風邪の記事は徐々に見当たらなくなった。 ウイルスの脅威はこれで収まったかに見えた。 しかし1年後、その恐怖は再び日本中を襲うことなる。 「あなたの特命取材班」とは? 西日本新聞「あなたの特命取材班」は、記者が読者と直接つながり、双方向のやりとりと新聞社の取材力を生かした調査報道で、地域や社会の課題解決を目指します。 あなたの「知りたい」にこたえ、深く正確に報じる「オンデマンド調査報道」(ジャーナリズム・オン・デマンド=JOD)に挑んでいます。 暮らしの疑問から地域の困り事、行政や企業の不正まで、調査依頼や情報をお寄せください。 全国各地のローカル・メディアとも連携し、情報や記事を共有したり、協働調査報道に取り組んだりしています。 ツイッターやフェイスブックの文中に「#あなたの特命取材班 」を入れて発信してください。 で取材班と直接やりとりもできます。

次の

日本はパンデミックをいかに乗り越えたか~100年前のパンデミック・スペイン風邪の教訓(古谷経衡)

スペイン 風邪 と コロナ

日本でも、不完全ながらコロナウイルス対策の緊急事態宣言が出されました。 しかし、毎日増える感染者に不安は増すばかり。 未知のウイルスである新形コロナウイルスに振りまわされています。 このように世界規模で未知の病気が広がったことが、今まであったのでしょうか? あったのです! ペスト 1720年 コレラ 1820年 スペイン風邪 1920年 コロナウィルス 2020年 なんと、100年ごとに疫病が蔓延していることは単なる偶然でしょうか? この中でも特に注目すべきは 1920年のスペイン風邪です。 今回の新型コロナウイルスの状況と非常ににているとこいうことがわかりました。 しかも、この時の記録は残っているので、スペイン風邪から学ぶべきことは非常に多いのです。 コロナウイルス対策 100年前のスペイン風邪から学べ! 目次• スペイン風邪とは yahoo ニュース スペイン風邪は、1918年から1920年までの約2年間、世界中で大流行しました。 新型ウイルスによるパンデミックが起こり、当時の世界人口、20億人の3割に当たる5億人が感染。 そのうち4500万人が死亡したといわれています。 日本では、当時の人口は今の半分の5500万人。 そのうち2300万人が感染し、45万人がなくなったと推定されています。 スペイン風邪という名前ですが、実はアメリカで始まったものだと言われています。。 第一次世界大戦時であり、各国は報道が規制されていました。 しかし、中立国であったため情報統制がされていなかったスペインでの流行が大きく報じられたことで、スペイン風邪と呼ばれることになったという事です。 ただスペイン風邪と違うことは、今回は高齢者が多く犠牲になっていますが、スペイン風邪は主に犠牲者が若い人達だったという事です。 その答えの一つに、スペイン風邪のときは、それより30年程前に流行した似た型のインフルエンザウイルスを経験している人たちが、ある程度の免疫があったという事です。 スペイン風邪から学ぶ 第3波まであった 当時の、内務省衛生局編『流行性感冒』によると、第1波が死者が一番多く出ました。 第2波で注目すべき点は致死率です。 これはウイルスが変異して毒性が増したためだと言われています。 第3波は、医師や看護師など医療従事者の多くが感染し、医療崩壊が起きたと言われています。 歴史はくり返す! です。 油断大敵です。 第3波までくると思って準備しておいた方がよさそうです。 楽観論を言う人もいますが、この記録を見て理性的に冷静に対処しなくてはならないという事がわかります。 日本におけるスペインインフルエンザの被害 流行 患者 死者 1918(大正7)年8月-1919(大正8)年7月 2116万8398人 25万7363人 1. 22% 1919(大正8)年9月-1920(大正9)年7月 241万2097人 12万7666人 5. 29% 1920(大正9)年8月-1921(大正10)年7月 22万4178人 3698人 1. 65% 合計 2380万4673人 38万8,727人 1. 63% 感染者数2380万人、死亡者約39万人が内務省衛生局編『流行性感冒』による統計数値 スペイン風邪から学ぶ どうやって収束したのか 日本各地で猛威を振るったスペイン風邪は、1920年が過ぎると自然に鎮静化しました。 なぜか? それは内務省や自治体の方針が有効だったからというよりも、スペイン風邪を引き起こしたH1N1型ウイルスが、日本の隅々にまで拡大し、もはやそれ以上感染が拡大する限界を迎えたからです。 そしてスペイン風邪にかかり、生き残った人々が免疫抗体を獲得したからです。 つまり、スペイン風邪は突然の嵐のように世界と日本を襲い、そして自然に去っていったというのが実際のところなのです。 今回のコロナウイルスはどうなるのでしょうか? スペイン風邪の100年前より格段に医学は進歩したと思っていたのに、蔓延を防げずにパンデミックを起こしているのだから、やはりスペイン風邪と同じ道をたどることになるのでしょうか? スペイン風邪から学ぶ 経済的影響 私は経済については全くわからないのですが、東洋経済online などを読んだことをまとめてみます。 1920年代のアメリカは、第一次大戦の欧州復興特需で経済を急成長させていました。 欧州各国も戦後処理が一段落してからは、敗戦国のドイツを除いてそれなりの安定成長を実現していました。 しかし日本だけは、経済の体質転換が進まず不景気が続き、そのまま世界恐慌を迎えてしまいました。 日本経済だけが一人負けしてボロボロの状態となり、軍部の台頭によって最終的には無謀な戦争に突入したのです。 一連の出来事がもたらした結果は言うまでもなく、終戦による日本経済の破綻とハイパーインフレでした。 つまりスペイン風邪の流行は、直接的には経済に大きな影響を与えなかったが、俯瞰的に見た場合、日本経済の終わりの始まりを示唆していたのです。 現在の日本経済は、昨年の消費税値上げなどで消費の低迷が続くなど、経済の基礎体力が著しく低下しています。 弱っているところにこのコロナウイルス。 ここでアメリカが景気後退に陥った場合、日本経済への打撃は計り知れないのです。 コロナウイルスの経済への影響と、リーマンショックが比べられたりしています。 リーマンショックの時は、基本的には金融業界の混乱が契機となって世界に波及しきました。 ところが今回の場合は、世界すべての人たちに直接被害をもたらす疫病による被害です。 金融だけではなく、人・物・金 すべてにわたります。 そのインパクトは限りなく大きいでしょう。 スペイン風邪から学ぶ 世界情勢はどう変化したか スペイン風邪が収束した直後、世界ではどんな出来事が起こっていたのでしょうか? 1920年 大正9年 大不況 1921年 ナチスドイツ台頭 1923年 関東大震災 1929年 世界大恐慌 1931年 満州事変 日本にも大不況が起こり、その後、世界恐慌になり、第2次世界大戦へと進んで行ってしまったのです。 この間、日本は関東大震災にも襲われています。 地震大国の日本、いつも地震や災害の備えを忘れてはいけません。 コロナウイルスの悪影響は、まだパンデミックに収束が見えない今は、どれほどのものになるのか想像もつかないというのが正直な状況だと思います。 確かなことは、コロナウイルス蔓延前の世界には、二度と戻れないだろうということです。 今後は世界のシステムが大きく変わるのだと思います。 コロナウイルスはその変化のスピードを一気に加速させるのです。 どんな風に変わるのか、私にはまったくわかりません。 できる事なら、今よりも精神的に余裕があり、人々が助け合って暮らしていける平和な世界に変わりますように! こんな私を応援してくださる方は、ポチッと押してくださいね 💓.

次の