教場 ジャニーズ。 木村拓哉「教場」生徒をふるいに…前編15・3%

木村拓哉と川口春奈が、西畑大吾の『教場』“鳥肌”エピソードにツッコミ 「今の大丈夫か?」「ではないですね」|Real Sound|リアルサウンド 映画部

教場 ジャニーズ

木村拓哉さん主演ドラマ『BG~身辺警護人~ 第2章』(テレビ朝日系 木曜21時)が2ヶ月遅れで18日からスタートし、現時点で今期の民放ドラマでトップとなる 初回平均世帯視聴率は17. 0%(個人視聴率9. 4%)を記録、25日放送の 第2話も平均14. 8%(同7. 9%)と好視聴率をキープしています。 2018年に放送された前作に続き、続編も視聴者の間で評判が良いようで、前作は初回15. 7%、最終回は17. 3%で、全9話の期間平均視聴率は15. 2%でしたが、これを上回る可能性もありそうです。 木村拓哉さんはかつて、ドラマや映画で続編モノはやらない主義とも言われていましたが、『HERO』シリーズ(フジテレビ系)で解禁されたようで、『BG』の続編もスタートしました。 これに加えて、今年の正月に放送され反響を呼んだスペシャルドラマ『教場』(フジテレビ系)、昨年1月公開の映画『マスカレード・ホテル』の続編制作が決定したとの情報を複数のメディアが報じています。 『教場』は今年1月に2夜連続で前後編が放送され、第1夜が平均15. 3%、第2夜は15. 0%と好視聴率を記録し、木村拓哉さんが髪を白く染め、冷徹無比な鬼教官役を演じきり、生徒役の演技も良かったことで放送終了後から続編を希望する声が多く上がっていました。 後編の終わりには、新たな生徒役として三浦貴大さん、伊藤健太郎さん、上白石萌歌さん、佐久間由衣さんが登場し、続編があることを感じさせるラストになっていたのですが、週刊誌『女性自身』は、 今年夏から秋にかけて『教場2』の撮影が内定していると伝えています。 『日刊大衆』や『週刊文春』は、 『教場2』の放送日は来年の正月を予定しているとしています。 『日刊大衆』によれば、 『マスカレード・ホテル』の続編は来年1~2月にクランクインすることが決まっているといい、 「新型コロナウイルスの影響で多少時期はズレる可能性もありますが、2022年の正月映画として公開されることになるのではないでしょうか。 」と、映画製作会社関係者が推測しています。 『マスカレード・ホテル』の続編話は1月にも『週刊女性』が報じており、ヒロインの長澤まさみさんのスケジュール調整ができ次第、制作に入る予定としていました。 このように複数のメディアが報じていることから、『教場』と『マスカレード・ホテル』の続編制作はほぼ確定とみられ、木村拓哉さんのメディア露出は今後も続きそうです。 木村拓哉さんの演技に対しては現在も厳しい声がありますが、『教場』などの作品で新境地に挑戦し演技の幅を広げており、それによって評価も徐々に上がってきている様子で、俳優としてのさらなる活躍に期待したいですね。

次の

教場の西畑大吾サイコパス演技が凄い!ジャニーズでかわいいけど苦労人でライブ中に倒れたって本当?

教場 ジャニーズ

冷酷無比なカリスマ教官・風間役の木村のほか、生徒役で工藤阿須加、川口春奈、林遣都、葵わかな、井之脇海、富田望生、味方良介、村井良大、大島優子、三浦翔平が参加する。 西畑が演じるのは生徒の樫村卓実。 同じ事務所の先輩である木村とは、これが初共演となる西畑。 長岡弘樹の同名小説をドラマ化した「教場」は、フジテレビ系で2020年新春に2夜連続放送。 脚本は 、演出は が手がけた。 まさかまだ22歳の関西ジャニーズJr. なのに、木村さんと共演させていただけると思っていなかったのでドキドキワクワクがすごくありました。 それと同時に僕で大丈夫なのかなという不安もありました。 ドラマに出させていただくこともそうですが、木村さんと共演させていただけることはすごく光栄だなと思っています。 自身の役柄をどのように捉えているか 教官に見せている顔と生徒に見せている顔ともう1つ顔がきっとあって、そういう多面性のある役だと思っています。 基本的にはずる賢いですよね。 あざとさもある。 器用にうまいこと立ち回ることができる人物だと思います。 クランクイン前に行った厳しい訓練について 役者として短期間にリアルに近付けるため、厳しい訓練をみんなで乗り切りました。 常に緊張感がある訓練ではありましたが撮影前にあの空気感が味わえたからこそこのドラマを通じて何か伝えることができるのではないかと思いました。 また、国を守ってくださっている警察官の方々に対する思いは変わりました。 こんな苦しい訓練を経て警察官になられていると思うと改めてすごい方々なのだなと尊敬してしまいます。 木村拓哉との共演について 木村さんとは訓練のときからご一緒させていただいたのですが、最初は正直めちゃくちゃ怖かったです(笑)。 でも訓練のあの空気感を作って下さったのは紛れもなく木村さんで、あの緊張感があったからこそ今の現場があると思っています。 撮影現場では実はとても優しい方なんです。 撮影以外ではいろいろなことをお話してくださいますし、常に気にかけてくださっているなと実感しています。 なんといっても木村さんは格好いいです(笑)。 あんなふうになれたらいいなと思います。 大先輩の背中を見ながら日々勉強させていただいています。 木村とはどのような話をしたか この作品の話以外だと同じ事務所なので、今の振付師さんの話やダンスなどの話をしました。 木村さんから教えていただけること1つひとつが深くて熱くて、その話を聞いているだけでうれしい気持ちになります。 今回の現場でも演技の相談に乗ってくださることもあってすごくありがたいなと思っています。 中江功の印象 いつも自由に演技をさせてくださいます。 いろいろお話をして樫村という役を一緒に作ってくださっていると実感します。 ドラマを楽しみにしている人へのメッセージ 警察官の方への印象がすごく変わると思います。 こんな厳しい学校に通って警察官になっているというリアルを感じてもらえる作品になっています。 僕が特に観てもらいたいのは僕と同世代の新入社員の方々です。 この作品を見て、何か感じ取ってほしいなと思います。 もちろん新入社員の方に限らず、とにかくたくさんの方々にも観てもらいたい作品です! 警察学校を通してですが、社会でも通じるさまざまなことを風間教官は教えてくれるので、それをしっかり見届けてほしいなと思っています。 の中で存在感を示す、西畑大吾さん。 現場では正面から体を張った訓練やアイディア豊富にお芝居に挑んでくれています。 聳(そび)え立つ風間教官という大きな存在に打ち勝ち、生き残ることができるのか? 視聴者の皆様には、樫村のとりこになって、行く末を見守っていただければと思います。

次の

【ドラマ】教場の動画を無料視聴!Dailymotion/Pandora/動画配信まとめ

教場 ジャニーズ

、が22日にいよいよジャニーズ初の同時CDデビューを果たす。 一昨年にはがデビューしたばかりだが、2019年大みそかから1日未明にかけて東京ドームで開催された毎年恒例のライブイベント『ジャニーズ カウントダウンコンサート 2019-2020』では、歓声の大きさからも盛り上げ方からも、ジャニーズの新世代グループの勢いを例年以上に感じさせられた。 『カウントダウンコンサート』のフジテレビ系生中継前のステージに登場したグループを中心に、SixTONES、Snow Manに次いで今後の飛躍が期待される面々を、昨年の取材現場の様子とともに紹介する。 例年もデビュー済みのグループが中心となる生中継前のステージだが、今年は屈指のダンススキルを誇る7人組グループ・がトップバッターを務めた。 昨年10月には米・アーティストのの来日公演のスペシャルゲストとしてライブにも参加し、11月には初の単独主演舞台『虎者-NINJAPAN-』を経験。 現在はHey! Say! JUMPのドームツアーに帯同しており、年末の音楽番組では予告なしにのバックダンサーとして登場したことでツイッター上位トレンド入りを果たすなど高いパフォーマンス力でじわじわと人気を集めている。 とりわけ、ダンスが取り上げられることが多いTravis Japanだが、8月の単独主演舞台の製作発表と11月の初日会見ではトークスキルも格段にアップ。 メインでの会見が初めてだった製作発表ではどこか緊張気味な面持ちだったが、3ヶ月後の初日会見では舞台のみどころはもちろん、氏や社長のエピソードも飛び出し、一発ギャグの無茶振り、披露、フォロー…としっかり全員が爪痕を残そうとする姿やチームワークの良さが印象的だった。 元日のHey! Say! JUMPのコンサートMCでは途中から登場すると先輩たちに突っ込まれながらも笑いを起こし、パフォーマンス力だけではないトーク面での伸びしろに感心させられた。 続いて登場するなり大歓声を浴びたのが今、破竹の勢いをみせているの。 先輩である・がプロデュースを務め、関ジャニとの昨年末の『紅白歌合戦』での共演も記憶に新しい。 昨夏には『24時間テレビ42』の関西ローカル枠・ytvスペシャルサポーターに就任。 個人でのメディア出演もめざましく、は先日放送されたフジテレビ開局60周年記念特別企画『教場』で主演であるを相手にも怪演をみせて存在感を発揮。 は映画『461個のおべんとう』(秋公開)での息子役に起用されるなど俳優としても注目されている。 なんといってもグループの魅力は王道のキラキラ感。 『紅白歌合戦』のリハーサル取材でも緊張気味ながら「よろしくお願い致します!」「ありがとうございました!」と舞台上からスタッフに向け何度も頭を下げる初々しさをみせていた。 現在は結成2年目ということでどのような成長ぶりをみせるのかが楽しみ。 『カウントダウン』では着実に広げた知名度とフレッシュさを武器に、18歳以下の一部メンバーが見学となりながらも、年長メンバーの元気の良さでその場を存分に温めた。 そして出番2曲目からは同じく関西ジャニーズJr. としてなにわ男子とともにレギュラー番組を持つも合流。 2組を含めた関西ジャニーズJr. 全員が30代を超え、CDデビューを果たさぬままジャニーズJr. も卒業した異色の4人グループ・も『カウントダウン』のステージに登場。 昨年、ソロ・グループ含めてジャニーズJr. のと並んで個人的に会見が多いと感じたのが彼らで、舞台・ミュージカル出演はひっきりなし。 時には台本を同時に複数抱えることもあるという。 会見では毎回、報道陣との慣れた掛け合いで笑いを起こし、カメラマンがリクエストしたポーズにはすべて快く応えるなどサービス精神も満点。 今年もまだまだ隠し持っていそうな引き出しの多さで予想外な試みで驚かせてくれそうだ。 このほか、生中継でも『ジャニーズNEXTステージ』と題してSixTONES、Snow Manのデビュー曲披露の前にはジャニーズJr. のみで「Can do! Can go! 」を披露。 昨年、ふぉ〜ゆ〜と並んで舞台作品への出演が相次いだ宇宙Six、年始に5人での活動再開が報告された、バンドやスケボーの二刀流である、そしてJr. SPらが集結。 未成年のため不参加となったや少年忍者も含め、現在、ジャニーズJr. はYou Tubeに専用チャンネルを持ち、ファン層を拡大させている。

次の