おもてなし 料理 和食。 おもてなし料理 鷹 (オモテナシリョウリ タカ)

おもてなしランチ49選!上級者テクニックでゲストに喜んでもらえる料理を♪

おもてなし 料理 和食

和食のおもてなし料理、簡単・人気・定番!おすすめ!パーティー料理の献立レシピ、和食のおかず等の付け合わせ。 手作りの和食料理で失敗しない!おもてなし料理の和食は、ちらし寿司や炊き込みご飯、おにぎりセット!?おもてなし料理の和食献立、おかずは、カツオのたたき、豚の角煮、肉じゃがが超定番!外国人にもウケがいい日本の和食、おもてなし料理&パーティー料理の献立を紹介しています おもてなし料理の和食、何が人気?簡単に作れる定番の献立、付け合わせ特集!!• 和食が好きになる30代以上のおもてなし料理とは?• 外国人にも評判の良い日本の和食、おもてなしの献立を解説!! 20代のうちは、まだまだ、お肉や洋食が好きな人が多いですが、30代になると和食が好きになります。 30代以上の人(旦那の会社の上司や同僚、部下や久しぶりに会う友達など)を、おもてなしするのに、良い和食とは何なのでしょうか。 海外の外国人がやってくる家での手作り料理にも役に立つ料理をピックアップしています 定番の和食!おもてなし料理は、何がおすすめ?• 定番の和食!おもてなし料理「ちらし寿司」• アレンジ編「色とりどりの巻き寿司にしてもOK」• 定番の和食!おもてなし料理「炊き込みご飯、釜めしなら、尚良し!」 炊き込みご飯は季節にあわせせて、鶏五目御飯から、キノコご飯に変更してもOK。 炊き込みご飯の場合、種類が豊富なので「」で、好きな炊き込みご飯をランキング形式で紹介しています。 定番の和食!おもてなし料理「おにぎりセット、色々な具を用意しよう」 おにぎりをたくさん作って、バイキング形式にすると、パーティーらしくなります。 わいわいできるなら、楽しい会食になりますね。 子供が好きなおにぎりの具は?男の子、女の子別に、「」を解説しています。 番外編「おにぎりをアレンジするなら、おにぎらず、スティックおにぎりも参考に!!」 おにぎり以外に。 握らないおにぎり、おにぎらずをお弁当にする家族も増えています。 おにぎらずのレシピや具、中身は「」、スティックおにぎりは「」を参考にしましょう。 おもてなしの和食料理の付け合わせ「カツオのたたき」• おもてなしの和食料理の付け合わせ「豚の角煮」• おもてなしの和食料理の付け合わせ「天ぷら」• おもてなしの和食料理の付け合わせ「肉じゃが」• 番外編「大人数で、下町の味を再現するなら、大阪名物の串カツ、串揚げ」 串カツや串揚げも、好きな具を自由に食べられますよね。 おもてなしや、パーティーは色々なものが食べられるという方が、評判が良いです。 普段、品数の少ないおかずを食べている人ほど、いっぱい種類のある料理を目の前にすると、「すごい」、「料理得意なんだ」と思ってくれます。 そうなれば、おもてなしは成功ですね.

次の

特集「和風パーティー料理」│キリンレシピノート

おもてなし 料理 和食

和風パーティー料理を楽しもう! パーティー料理というとなぜか洋風メニューになりがちだったりしませんか? たまには趣向を変えて、和風の料理でおもてなししてみましょう。 たとえばメニューの構成は以下の通り。 小鉢・前菜• お造り• 煮もの• 焼きもの• 揚げもの• 蒸しもの• 汁もの• ご飯もの• 甘いもの(デザート) 「小鉢・前菜」があれば「お造り」は省いてもよいですし、「煮もの」「焼きもの」「揚げもの」「蒸しもの」はその中から2品ほどチョイスすればOK。 これでコースメニューのできあがりです。 それぞれ季節の食材を上手に使い、お洒落な和風パーティー料理に仕上げましょう。 和食の調理のコツを覚えておこう! 煮もの、焼きもの、揚げもの、蒸しものなど、調理法ごとのコツをチェックしておきましょう。 煮もの 調味料を加える順番は「さ・し・す・せ・そ」が基本。 火加減は素材によって違いますが、基本的には煮汁が沸騰するまで強火、煮立ったら中火もしくは弱火でじっくり火を通します。 焼きもの 魚の焼き方は「遠火の強火」が基本。 身が厚い魚はやや火を落としてじっくりと焼き上げます。 家庭ではなかなかなじみがないかもしれませんが、形をくずさず、焼きムラを防ぐために串を打つのもよいでしょう。 蒸しもの 魚介類や肉類は強火で蒸すことがほとんどですが、卵や豆腐などは「す」が立たないよう低温で蒸します。 ただし、火加減だけで温度を調節すると蒸気の量が減って火の通りにムラが出るので、蒸し器の蓋に菜箸などをはさんで蒸気を逃がすようにします。 ちらし寿司を小さな長方体のおにぎりにして、薄焼き卵で包んで、かんぴょうで結ぶと見た目もきれいで、食べやすいので子どもにも好評です。 和風パーティー料理と言えば、煮炊きしたものが多くなりますが、そんな時、圧力鍋は本当におすすめです。 3分程火にかけて、あとはそのまま。 火加減の番をすることなく、その間に他の料理をじゃんじゃん仕上げていけます。 和食メニューは時間がかかるから嫌という人には、ぜひお勧めの調理アイテムですよ!• 高知の皿鉢料理を見本にしています。 刺身やカルパッチョのような魚料理を一皿、巻寿司やから揚げ・野菜の和え物などを一皿、焼き鳥や串揚げなどを一皿というように大皿に料理を盛り合わせて並べ各自の小皿にとってもらいます。 おでん。 見かけも大事なのでおでんの種類ごとに分かれていれる鍋を使います。 オススメは揚げ餅巾着!すじ肉!たこ!シュウマイ!• 冷たいもの、暖かいもの、塩辛いもの、甘いもの、汁ものの5種類をつくればメニューにバラエティができ、ゲストに満足されるおもてなしができます。 和風といえば豆腐。 豆腐のコース料理だとヘルシーで上品、アレンジもききます。 冷奴(冬なら湯豆腐)、生麩の田楽、刺身の湯葉巻き、揚げ出し豆腐、豆腐のグラタン。 あげの入った炊き込みご飯。 豆腐のすまし汁。 素材を統一することでしまりのあるものに、料理法を工夫することでアレンジのきいたものになります。 籠にお箸、和柄のコースターやランチョマット。 味噌漬けの豚肉または牛肉を、味噌を付けたままパン粉をつけて揚げます。 カツ揚げのように小麦粉や卵を付けてもいいのですが、味噌の香ばしさがおいしいです。 一口大にしてもパーティーには便利です。 和風ロールサンド。 サンドイッチ用のパンにバターを塗って焼き海苔をのせ、スティックチーズを芯にして巻く。 海苔が入るだけで簡単に和風テイストになります。 みんなで取り分けて食べれる和風パスタはパーティーに欠かせません。 特に簡単にできる明太子パスタがおすすめ。 突然のパーティーなどで少ない材料でおもてなしをしなければならない時に助かる食材は大根!おろして肉料理にかけたり、煮物、サラダなど、「大根パーティー」にしてみたりします。 ウチは和食パーティーなら、鍋か串揚げ!特に、紹介したいのが串揚げです。 材料は何でもOK。 海の幸・山の幸・・・小麦粉・玉子・水をさらっとするくらいにといて(液)、パン粉はフードプロセッサーでかなりの細粒にしておく。 人気はチーズinちくわ・カマンベール・コーン・アスパラ豚バラ・シュウマイ。 変わり種はアボガド・厚揚げ・にんにく。 和風パーティーならば、クラッカーのかわりに大根の薄切りを使い、カナッペを作るとなかなかおいしいです。 和食ということで、お重箱を活用します(後片付けも楽です)。 黒いお皿なども和食を引き立てる良いアイテムだと思います。 とにかく旬の食材を使って季節感を出すことが一番大事ですね。 自分の住んでいる県の名産物を結構知らない人も多いので、話題のタネにもなります!.

次の

白ごはん.com:おもてなしから基本まで いちばん丁寧な和食レシピサイト

おもてなし 料理 和食

お客さま参加型のセルフ料理でおもてなし! お客さまを自宅に招いておもてなしするホームパーティー。 でもやっぱり自分も一緒に楽しみたいのであまり手間のかかりすぎる料理は敬遠したいですね。 そこでパーティのメイン料理におすすめなのが、お客さまにも参加してもらうセルフ料理。 みんなでワイワイ楽しみながら、食べたいものを、食べたいように、食べたいだけいただいてもらえ、とても評判が良いようです。 事前に手巻き寿司をすることを伝えておき、自慢の寿司ダネを持参してもらってもよいでしょう。 基本の寄せ鍋のほかに、トマトソースベースのイタリアン鍋や、カレーのルゥを和風だしでのばしたカレー鍋などもおすすめ。 鍋の具はそれぞれ持ち寄ってもらってもよいでしょう。 最後の仕上げをお客様の目の前でやると、盛り上がる。 目の前で熱々のソースをかけるとか、キレイに盛り付けたサラダを豪快に混ぜ合わせるとか。 品数がない時に是非!と思うパーティーでのおすすめ技でとにかくディップソースを沢山作る!というのがあります。 私は家にジャガイモしかないのに友達をよんでとにかくポテトを揚げまくり、様々に用意したディップにつけて皆でワイワイ盛り上がりました。 定番のマヨネーズ、塩、ケチャップ、カレー塩、抹茶塩、たらこマヨネーズ、バジルソース、オーロラソース…・七味や大根卸し、もみじ卸も用意したらそれはそれでまた楽しくお酒も飲めましたよ!• サラダバーを作って各自自由に取っていただきメインの料理は出来立てを1人ずつお出しする。 大皿にメインの料理(肉でも魚でも)を真ん中に、まわりに温野菜、生野菜、豆、豆腐、海草など何でものせてしまうとパーティーっぽくなります。 おもてなし料理では、味の濃いものと薄いものを出しています。 最初は、付きだしとして一品。 ビールで。 次は味の濃いものを。 最後は、味の薄いものを日本酒でいただいてもらっています。 パーティー料理は、とにかく段取りが重要です。 サラダ、煮物は作っておき、煮物は温める。 焼き物、揚げ物は下準備をしておいて直前に調理します。 ちなみに、今までのパーティー料理で喜ばれたものは、「チーズと大葉の包み揚げ」「豚の角煮」「鶏の南蛮漬け」「串揚げ」「手巻き寿司」です。 串揚げや手巻き寿司など、自分が食べたいものを食べられるのも魅力的です。 家でおもてなしをする時は、敢えて凝った料理でなくカレーを鍋ごとテーブルの上においてよそったり、コロッケやグラタンなどの家庭料理を味わってもらいます。 他所の家で食べるものがとても新鮮で美味しく感じますよね。 おすすめ料理は、スペアリブやパエリア。 ビール、ワイン、日本酒、ウイスキー、焼酎など色々なお酒を飲むことを想定し、どれにでも合う料理を心がけるようにする。 煮込み料理は前の晩から仕込めるので、はずせません。 冷たい料理も作って冷やして置けるので、二品くらいあると便利です。 私はいつも色鮮やかになるようにしています。 ミニトマト(赤)やブロッコリー、枝豆(緑)は飾りに最適!!!料理に使わない場合は、おつまみにも良いので味をつけてカラフルな串にさして、メインの周りにおいておきます。 みんなお酒を飲むので、ややこしい食べものより簡単に口に入るものが好まれるなぁと思います。 おもてなしにはよくサブで豚汁を作ります。 大きい鍋にいっぱい作って好きにおかわりしてもらいます。 汁物があるとなんとなく安心です。

次の