心理 カウンセラー masa。 カウンセリング

心理カウンセラーmasaのプロフィール

心理 カウンセラー masa

⦅masaの日常⦆ 大好きな妻と大の仲良し 大好きな仕事で生活ができている 大好きな石垣島で暮らしている 大好きな仲間がたくさんいる 大好きなことに囲まれている そんなしあわせな人生を、おかげさまで送ることができています。 しかし、このような人生を送る前は、紆余曲折が人生においてありました… 子どもらしくない、子どもでした。 私はいたって ごくごく普通(普通以下?)のサラリーマン家庭で育ちました。 両親と3歳上に姉がいて、私の4人家族です。 父親はサラリーマン、母親は扶養の範囲内でのパートをしていました。 幼少の頃はずっと公団の団地で育ち、自分の部屋がないのはもちろん、外食も年に一度するかどうかの暮らしです。 両親は、私が物心ついたときから不仲で、ケンカばかりしていました。 (父親が一方的に母親を怒鳴ったり暴れるケンカでした…) 家の中がいつもピリピリしていたので、子どもながらに「空気を読む」という子どもらしくない子どもでした。 何度か学校から家に帰ると、母方のおじいちゃんが来ており、後々、「離婚会議」をしていたのだと知りました。 とにかく・・・ 私にとって「家」というのは、居心地の良い場所ではなく、気を遣い疲れる場所でした。 とはいって、学校でも… 小学校6年生という中途半端な時期に引っ越しをして、馴染めず、小学校6年生から中学校3年生までの4年間は、いじめにあい、学校でも自分の居場所はありませんでした。 (小学校のメンバーがそのまま中学校にも進学…) 人間には無限の可能性がある!? 転機が訪れたのは高校2年のときです。 そのときの担任のY先生が、とにかく生徒を一人ひとり大切にする人でした。 朝晩のホームルーム。 先生はいつも、とっても熱いお話をしてくれて、私はグイグイ先生の魅力に引き込まれていきました。 あるとき、 何になりたいか今はわからなくてもいい。 でも、2年間で受験勉強をがんばってみないか? この2年間をがんばれたなら、後々、masaの自信につながるぞ! そんな言葉を言われて、私はその気になってしまいました。。。 そして… 先生の言葉通り、死にものぐるいで勉強をがんばり、志望校に無事に合格することができました。 高校2年、3年の担任であるY先生は、私の人生を変えるきっかけを与えてくださったかけがえのない恩師です。 今でも連絡のやり取りをさせていただいています。 平凡な人生から、突然、地獄の日々が始まる… 大学に入ったのはいいものの、人生の目的を失ってしまい、ていたらくな大学生活を送ってしまいました… 4年間、平々凡々と過ごし、卒業後は周りの友達と同じようにサラリーマンになりました。 特に「これがやりたい!」というものがなくて、なんとなくの就職活動をして、なんとなくの内定もらった会社に勤めることに。 満員電車に揺られながら出社をし、クタクタになりながら電車で帰る毎日でした。 「サラリーマンって大変だなぁ…」 と毎日毎日、思っていました。 そんな生活が続いていたある日。 急に、それまで普通に元気だった母親が 死にたい… という言葉を言うようになったときには、驚きました。 シンプルに「どうしちゃったの?」という感じです。 冗談かと思いましたが、うちの母親は真面目な人で、冗談を言うような人ではありません。 そこからおよそ3年間、地獄のような生活が始まりました… 私なんかを止める人は誰もおらず、退職。 おかしいと思ったので、病院に連れて行ったところ、「うつ病」だと診断されました。 それから週に一度、心療内科に連れて行く生活が始まりました。 私は普通に週に5日仕事をするサラリーマンです。 休みの日はクタクタだったのですが、その貴重な一日を使って母親を心療内科に連れて行くという… 父親は母親のうつ病に対して「怠けている!」と怒鳴っては、何も協力してくれず。 姉は結婚して家を出ており、ちょうど出産したばかりの時期でした。 だから、私が母親を見守るしかなかった。 私は仕事をしていても、 母親は大丈夫かな? と気になってしまい、ミスを連発するようになってしまいました。 当時の母親は「死にたい…」が口ぐせだったので、昼休みとか夕方に携帯電話から、随時、自宅に電話をするようにしていました。 そんな感じで、母親に気を取られすぎてしまっていたので、ミスが頻発し、上司にも呆れられるようになってしまいました。。。 (会社の人には誰にも相談することができず、母親のことは内緒にしていました) 「もう自分自身も限界だ!」 と、発狂寸前になってしまい、辞表を提出して会社を辞めることにしました。 もちろん・・・ 私の退職を止めてくれるような人は誰もいませんでした。 明けない夜はないんだよ。 仕事を辞めて、母親の介護に専念できたのはいいものの、週7日のうち、週に1日だけ母親を病院に連れて行く生活です。 週に6日、私は何をするでもなく、無気力な毎日を送ることになってしまいました… 「こんな人間、社会のお荷物以外でしかない」 そんなことを私もボソボソとつぶやくようになりました。 振り返ってみると、 あの時期、私もうつ病だったんだと思います。 何をするのも楽しくなくて、生きがいもやりがいも趣味も何もありませんでした。 途中、高校時代の恩師である「Y先生」に勇気を出して連絡して会いに行きました。 誰にも心の苦しみを相談できなかった私は、Y先生に心の苦しみをすべて打ち明けさせてもらいました。 「自分は何をやってるんだろう」 「こんな奴、生きている意味なんてあるんだろうか」 「どうして自分がこんな目にあわなきゃいけないのか」 そんな心境の毎日でした。 どこにもぶつけられない鬱憤が溜まっていきました。 自分のできることをしていこうと思いコンビニでアルバイトをするも、むなしい気持ちは毎日つのるばかり… そして… 通りすがりの神社に毎日行くようになり、参拝をするのではなく・・・ 神さまに文句を言うようになっていました。 神さまに文句を伝えるのが日課に。 今思うと恐ろしいのですが、当時の私は神社に行っては「神さまに文句」を言う生活を送っていました。 なぜなら、神さまがいるのなら、こんな平凡な男に不幸な出来事を起こすわけがないから。 別に世の中のために良いこともしていないけど、そこまで悪いことをしてきた覚えもありません。 (知らぬ間に迷惑をかけていた人はいるかもしれませんが…) だから、毎日、神社に行っては 「どうして自分がこんな目にあわなきゃいけないんですか?」 と叫んでいました。 「本当に神さまがいるなら、奇跡を起こしてみろ!」 と怒鳴ったりもしていました。 (本当に何をやっているのやら…) でも、当時はそれが日課になっていました。 そんなことをくり返しのある日。 なぜだか私は、普段行かない本屋に引き寄せられるように行くことになりました。 ある一冊の本と運命の出会いをする。 そこで、 私はキラキラと光っている本、を発見したのです。 (本当に本がキラキラ光って見えました。 信じられないと思いますが…) それは… 斎藤一人さんという方の本でした。 斎藤一人さんは「銀座まるかん」という健康食品の社長で、日本で一番納税をしている事業家でした。 はい!わかっています!大丈夫です! そんな怪しい話は信じられないと思いますよね。 それはごくごく普通の考え方です。 ただ、私がこんな嘘をここでついても、なんのメリットもありません。 実際に私には、事実として奇跡的な出来事が起こってしまったのです。 24歳から27歳までの2年半、母親の介護に人生の時間を費やしてきました。 そして母親の介護生活が突然、終わりを迎えたのでした。 その後も、斎藤一人さんに教わったことは、日常の中で継続的に実践していきました。 斎藤一人さん以外にも、潜在意識や心理学や自己啓発の学びを猛烈にするようになっていきました。 そして・・・ 運を高める生き方を徹底的に実践する! 運を高める生き方 それを実践することで、 「人生は思い通りになっていく!」ということが、 自分自身の実体験から確信できるようになりました。 私はこの「運を高める生き方」というものを、独り占めするつもりはまったくありません。 ご縁ある方にシェアすることにより、豊かさを共有していきたいと思っています。 奥さんにも「運を高める生き方」を伝授して、彼女もしあわせいっぱいな毎日を過ごしてくれています。 私の周りのお客さまたちにも、余すところなくこの知恵を伝授しています。 それを今度は、このブログを読んでいただいているアナタにもシェアさせていただきたく思っています。 このブログを読んでくださっているのは、偶然ではなく必然です。 そうでなければ、ここまで絶対にこの文章を読んでいません。 まだ出会ったこともありませんが、ご縁が少なからずあるのです。 つまり・・・ 「運を高めて人生を謳歌する生き方」ができる方ということです。 (すでに人生を謳歌している方は、より一層!) ぜひ、このご縁という「細い糸」をこれからも大切に育んでいけたらと思っています。 どうぞよろしくお願いします! 無料メルマガ講座では… 私たち自遊人夫婦が実践している「運を高める方法」をお伝えさせていただいています。 もしも、 思い通りの人生を送ることにご興味がありましたら、下記より無料メルマガ講座へのご登録をしていただければと思います。 以上が、私のプロフィールでした。 手短に伝えるつもりが長くなっちゃった…(笑) 最後までお読みいたただき誠にありがとうございました! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー どうもこんにちは! サイト管理人の心理カウンセラーmasaと 幸運引き寄せアドバイザーのshizu です。 私たちはお金と時間から解放され 夫婦で仲良く毎日笑顔で過ごしながら 大好きな石垣島に移住して暮らしています。 どうして私たちは誰もがうらやむような 暮らしができるようになったのか? それは 運を高める学び をたくさんして 運を高める実践 をし続けてきたからです。 私たちなりに遠回りもしてきましたが 「コレをマスターすれば望む人生を スルスル引き寄せることができますよ!」 と声を大にしてお伝えすることができます! 知識は力です。 無知はコストです。 運を高める努力をすることで 望む人生を引き寄せていくことができる! 私たちがこれまで培ってきた知識や経験、知恵を ご縁ある皆さまに 無料メルマガ講座 で分かち合えればと思っています。 ご自身のモチベーションUPにお役立てください。 気楽にお付き合い頂けると私としても有難いです。

次の

心理カウンセラーmasaさんのプロフィールページ

心理 カウンセラー masa

) 基礎コースの学びのハードルが低いのが良いですね。 研究コースの1時間換算の費用は4,400円ですが、スクール平均的には7,000円ですのでやや安めです。 通いやすさ すべての拠点が駅から徒歩5分以内にあり、講座も平日の日中・夜、土曜と分散されていて、非常に通いやすい日程で組まれています。 資格について 基礎コースの修了とレポートの提出で「 基礎心理カウンセラー」 研究コースの修了で「 公認心理カウンセラー」 の資格が取得出来ます。 (どちらも日本メンタルヘルス協会認定) 仕事の紹介について 特に仕事の紹介はされていませんが、他のスクールと比較して本を出版されている修了生が非常に多いです。 (詳細は後述します) スクールで学べる内容について 基礎コースの前編後編については、聴き方や伝え方、感情のコントロール方法等、仕事や日常に活かしやすい内容です。 研究コースについては、世界的に使われている心理学や療法が多めで、「流行心理学」、「老いの心理学」、「禅」等の独特のプログラムも組み込まれています。 日本メンタルヘルス協会の特徴とレビュー 修了生の実績について 修了生の本の出版数では業界NO1です。 業界の中だけでなく、世間に名が知れ渡っている人もいます。 代表的な修了生とその著書 YouTube動画の捉え方は人それぞれですが、私自身は実際の講座を通して、クライアントさんをバカにしていると感じたことはありませんし、講座の入口(基礎コース前編第1講座)では傾聴をしっかり学びます。 実際、全講座を通じて私が最も変わったのは、人の話を聴けるようになったことです。 家族の話、友達の話、部下の話、仕事相手の話、聴き方が変わるとこんなに反応が変わるんだと身を持って感じています。 特に娘や息子との人間関係は、この聴き方を繰り返し学んでいなければ、全く違うものになっていたと思います。 また、心理学を誰かのために使うのではなく、自分の心に向き合うものとして捉えられたのも大きかったと思います。 どこにいっても合わない人はいるものですし、思い通りの環境でいられることばかりでもありません。 自分が変わることの大切さを学び、苛立った自分の気持ちを理解できるようになると、以前に比べかなり心穏やかに過ごせるようになりました。 あるきっかけから人間関係が上手くいかなくなり、何とかしようと頑張れば頑張るほど悪い方向に向かってしまって。 自分自身を心身共に極限まで追い込んでしまい気付けばコントロールできない状態になっていました。 動悸、不眠、パニック障害、当たり前に出来ていたことが出来なくなり、それでも司会業は、半年先まで予約が入っているので、安定剤を服用しながら、何とかこなしていました。 ふと「このまま車であの交差点に突っ込んだら楽になるかも・・・」と、そんな事が一日に何度も頭をよぎりました。 自分には価値がない、こんな自分は生きていても仕方ない・・・と、意味もなく涙が溢れる日々。 そんな私がたどり着いたのがメンタルヘルス協会でした。 体験講座はとにかく涙がとまりませんでした。 久しぶりに心から笑って、感動して、自分を取り戻せた感覚でした。 メンタルヘルス協会の「普通の人がより元気に、精神を向上させ、健康な心で生活する」という理念に基づく講座内容は、私のように普通の生活で精神を病んでしまった人にはピッタリの内容だと感じました。 基礎12講座だけでも、健康な心で生活できるようになるには十分な内容だと思います。 講座では必ず一緒の席の方とシェアをする時間があります。 人の考え方は多様であるということ、様々な状況で頑張っている人たちが沢山いること、自分だけではないこと、悩み・苦しみも人によって受け止め方が違うことなどを実感することができました。 基礎講座が終わる頃には自信と生きる力を取り戻し、病んでしまったことも良い経験だったと思えるまでになっていました。 私の悩んだ経験が誰かの役にたつなら、という使命感のようなものが湧いてきて、そのままプロコースに進むことにしました。 プロコースは、自分と向き合うことが出来る講座でした。 自分の心の癖、捉われ、それが出来上がった過去とも向き合わないとならないので、闇が深い人には辛く感じる時もあると思います。 私も自分の闇に気付かされた1人ですが、信頼できる仲間が居てくれて、お互いに自己開示したり、支え合ったりと影響し合うことができたおかげで乗り越えることができました。 その関わりから学べたことは本当に沢山あります。 講座を通し、仲間との関わりがとても強くなりました。 大人になってこんなかけがえのない仲間ができるなんて思っていませんでした。 これは他の講座にはないことかもしれません。 講座には、健康な心でより充実した毎日を過ごせるようになる為のヒントが沢山詰まっています。 基礎講座だけでも十分満足できると思います。 メンタルヘルス協会では、講座を修了した後も永久的に受講が出来るリピート制度があります。 とてもお得に再受講できるので、私も毎月のようにリピートさせてもらっています。 経験のない方には「すでに学んだことなのに?」と思われる方もいるかもしれませんが、1日、1ヶ月後、1年後、と経験値が上がると、同じ講座でも自分に響く箇所が違ってきたり、前回は見えなかったところが見えるようになったりします。 自分の成長に合わせ学んでいける感覚です。 特に疲れている時は、リピートしたくなります。 この受講料でこんなに濃い内容の講座はそうそうないと思います。 私が自分の辛かった過去を克服できたと感じられたのは、起こった事にも意味があり今の私を作ってくれた経験だった、と心から受け入れられた時です。 それまでは、攻撃を繰り返していました(自分自身に対して)。 そして、それにさえ気付いていなかった。 私は大丈夫!幸せだし!と頑なでした。 それに気付くことができ、私の人生は本当に生きやすくなりました。 メンタルヘルス協会で出会った講師の皆様、仲間達のお陰だと思っています。 内容を確認後、リアリティの感じられる口コミを掲載させて頂いてますが、個人個人の感想であり、学ぶ人の立ち位置や目的によって感じ方は変わってくるため、自分自身の感覚を信じるのが1番後悔が無いと思います。 講座の解約・キャンセル・返金について リサーチした所、返金の規約についてはWEB上で公開していませんでした。 まとめ 内容をまとめてみて、設立日や運営元の詳細(株式会社か否か不明)、返金規約等をWEB上に記載していない点について、若干気になりました。 日本メンタルヘルス協会は、各種恐怖症等の精神疾患や、深い心の悩みを抱えた人のサポートをしたい方には向いていません。 心理学・カウンセリングスキルを活かして、普通の状態の人の心の免疫力を高めるサポートをしたい方向けのスクールといえます。 修了生を見ればそのスクールの実力がわかるといいますが、修了生の活躍や本の出版数等の実績は、本当に目を見張るものがあります。

次の

秘伝の引き寄せノート!書き方や作り方を見本つきで教えちゃいます!

心理 カウンセラー masa

心理カウンセラーmasa これまで3850人以上の方の カウンセリング(とコーチング)をしてきて、 人生を共に変えてきています。 心理カウンセラーをやっているmasaと申します。 表面上の部分ではなく、もっと根底にある… 「メンタルブロックを外す」 「インナーチャイルドを癒す」 「セルフイメージを書き換える」 ということを多くの自己啓発ではしていないからです。 アファメーションやイメージングだけでは、 なかなか人生を変えていくことは難しいと現場で痛感しています。 時間的にキャパ的に 「一対一」でじっくりというのは厳しいですから、 自己啓発セミナーでは仕方のないことですよね。 なので… 私は一人ではなかなか変えることが難しい、 「心の土台」を変える手助けをメインに活動を行っております! 「心の土台」を整えて "富と自由と豊かさ"を手に入れる人生にしていきましょう!!! =============== "読むだけで心が豊かになるセラピー" 『ハートフル20選』というPDFが 私の読者さまから大好評をいただいております。 私の無料メール講座に登録するとすぐ受け取れるので もし興味があれば試しに読んでみてくださいね。 介護中に「ある一冊の本」と出会い、 奇跡的な体験をして人生が開かれていきました。 その後、自己啓発書を読み漁り、 様々なセミナーに参加をし、 それまでとは全く違う人生になっていきました。 考え方を変えていくことによって、 「富と自由と豊かさ」を引き寄せる方法が この10年で分かってきた気がします。 私が学び体験してきたことを ご縁ある皆さまにシェアさせていただき、 皆さまの心に豊かさの灯をともしていくお手伝いができれば… そんなことを思っています。 ご自身のモチベーションUPにお役立てください。 気楽にお付き合い頂けると私としても有難いです。

次の