動物 の お 医者 さん ドラマ。 チョビ

動物のお医者さんとは (ドウブツノオイシャサンとは) [単語記事]

動物 の お 医者 さん ドラマ

私も大好きでした。 放映当時、最新のDVDレコーダーを買ったばかりだったので、 毎週欠かさず夢中で録画していました。 原作も全巻持っていますが、ドラマとの違和感は、 あまり感じませんでしたね。 原作のイメージを壊さずに、頑張って作られたなぁと思いました。 リメイクや新作となると、さすがに無理かと思います。 まずは、今の時代に合わないのではないでしょうか。 医療系や刑事モノが氾濫し、ギラギラしたドラマばかりが受けます。 なので、「動物のお医者さん」みたいに、 ほのぼのとした暖かみのある作品は受けないと思います。 それに、もしリメイクか新作を作るとしても、同じキャストは無理! 吉沢悠さんも要潤さんも、もう大学生役はキビシイです。 祖母役だった岸田今日子さんも他界してしまいましたし、 新たなキャストを決めなければならなくなります。 でも、わたし的には、ジャニーズ系はもちろん、 今どきの青二才タレントには演じてほしくないです。 このまま記念碑的なドラマとして、そっとしておいてほしいですね。 好きでした・・・。 原作にかなり忠実なキャラクターが出てきて、 ネズミ嫌いな二階堂に向かって、ネズミが「おれを越えて行け」みたいなテロップ入り演出とか、 ハムテルのお母さんが真矢みきさんだったりとか、なかなか原作のいい雰囲気を再現してました。 (けっこう覚えてる) リメイクはなんとなくリスク高そうだし、続編は、基になる原作漫画が終わって20年以上だし、エピも全部が全部、映像化して面白いかというとわからないし。 リメイク、続編は無理なんじゃないでしょうか。 「動物のお医者さん」そのものを覚えてる世代は、テレビ局のターゲット層じゃない気がします。 若い人にも、携帯電話もない時代の漫画はどうかなと・・・。 できたとしたら、文句言いながら見ると思いますけど。

次の

動物のお医者さん ここはグリーン・ウッド 全巻無料 5/1~5/4

動物 の お 医者 さん ドラマ

この作品では、北海道大学ほか、旭山動物園なども全面協力となっており、非常にリアルかつ、正確なエピソードが多いことも特徴となっています。 登場人物は主要キャラ以外にもエピソードごとにたくさん描かれますが、登場する人間よりもむしろ動物たちが主役として描かれるのも特徴の一つでしょう。 そこへ、アフリカ民族の扮装をした漆原教授が登場し、ハムテルに対し「君は将来獣医になる!」と告げるのです。 貰い手のなかったそのコワい顔をした犬は成り行きでハムテルが飼うことになり、チョビと名付けられるのでした。 大学生活では、あの漆原教授のほか、漆原教授の天敵・菅原教授、院生の菱沼聖子、その他の仲間とドタバタ劇を繰り広げつつも順調に進級していき、獣医学部から病院講座を経て、獣医になる道を進んでいきます。 動物病院開業の思いはありながらも博士課程に進んだ二人は、開業を見据えて町の動物病院へ研修に出かける中、すでに卒業した同期生らが共同で動物病院を開く話を耳にします。 祖母・タカにもせっつかれていろいろと考えますが、近くにすでに開業している動物病院があったり、資金の問題、そもそも西根家の敷地内で開業したいと思っていたハムテルは慎重です。 これまでハムテルといつも一緒にいましたが、それをいつまで続けるのか、自分はハムテルの足手まといではないのか、そう考えていた時、漆原教授が勝手にハムテルの家の近所にある動物診療所の後継者として二階堂を推薦してしまいます。 その話を受けてしまうと、ハムテルの開業の足を引っ張ることになってしまうと悩んだ二階堂に対し、ハムテルはいい話じゃないかと諭します。 てんてこ舞いの中、診療所には二階堂が大嫌いなネズミ(ハムスター含む)が次々と持ち込まれ、とうとう二階堂はネズミがダメなんだと院長に告げます。 その診療所はネズミ系の患畜が多いため、後継者は難しいとなり、二階堂の後継者の話は流れてしまうのでした。 しかし、本当はハムテルも二階堂と一緒に開業したいと思っており、それを知った二階堂も、ハムテルと開業しようと決心。 その決意を聞いた診療所の獣医師が、自分が引退したら機材をすべて譲ってあげようと申し出ます。 資金の問題やテリトリーの問題もクリアでき、ハムテルたちの開業への道が拓けたのでした。 そもそもは、作者である佐々木倫子氏が、それまでの作品の中に「突然、なんの脈絡もなく動物を出現させる」というクセがあったことから、担当者が「思う存分動物を描けるから」ということで生まれたという話があります。 そこで、読者からネタを集めるという大胆な作戦を打ち出しましたが、「ネタはありますが、この手紙が届くころは連載が終わっている」と判断した読者も多く、思うようにいかなかったそうです。 しかし、それから5年にわたって連載は続き、ハムテルたちが獣医学部を卒業するまで掲載は続きました。 ここまでの人気が出たのはどういった理由があるのでしょう。 しかも犬や猫だけではなく、牛や馬といった家畜から動物園のカンガルーやオランウータンなど、とにかく多くの動物が描かれます。 そのどれもが、リアルでそれでいて時にはコミカルに描かれており、その部分が人気の要因の一つなのです。 しかも、それぞれのキャラクターがしっかりしているため、どのセリフもどの動物のものかがすぐわかります。 例えば、チョビは内気でおとなしい女の子なので、セリフもどこか控えめです。 対して、西根家のボス猫・ミケは関西弁で、凶暴なニワトリ・ヒヨちゃんはまるで侍のよう。 そのほかの動物たち、特にチョビのそり犬仲間であるシーザーの「おれはやるぜおれはやるぜ」というセリフは今でも有名です。 この作品ができたのが1989年ですが、実は北海道大学は古くから東京大学と同じ「文類」「理類」枠がありました。 入学後の2年は教養学部で勉強し、3年生から専門の学部へ移行するというシステムですが、北海道大学では1995年からは通常の大学と同じ1年目から専門学部という方式に変わっていました。 この作品が世に出た時期を考えると、ちょうどシステムが変わる直前までの連載ですので、H大学=北海道大学、と考えるのが妥当ですね。 この「動物のお医者さん」の影響で北海道大学獣医学部の倍率は跳ね上がったといわれていますし、連載中は「獣医学部ならH大!」と思う人も全国的に多かったのでしょうね。 獣医学部を目指していなかった人でも、この作品を通じて獣医や動物に携わる仕事を志した人は少なくないでしょうし、もともと獣医学部の学生にしてみれば、リアルな日常や専門的なセリフなどに親しみも感じたでしょう。 医療漫画は数あれど、獣医学部が舞台の作品は当時なかったでしょうから、そういった未知の世界の「ネタばらし」的な見方も人気を呼んだのではないでしょうか。 少女漫画であるにもかかわらず男性の読者が多いことからもそれが窺われます。 動物のお医者さん名言集 コミックス全12巻の中で、いまだにネット上でもその言葉を書くだけで反応する人が出るほど、「動物のお医者さん」には名セリフ、名言が多くあります。 今でも、ネット上の掲示板などでは「絶対こうだ、間違いない」というような会話の際に使っている人を見かけます。 その直後、天候が急変し、ロープウェイの運航が止まってしまいます。 雷雨の中、雷に怯えたチョビは暴れ、鎖を引きちぎってしまうのですが、逃げる際、木の切り株に絡まって動けなくなってしまうのです。 数日後、切り株を掘って山から逃れ帰宅したチョビに、ハムテルが「ご馳走」をくれることを約束するのですが、数日間絶食だったために「だがまずおじやからだ」と聞かされたチョビががっかりして発したのが「あり~」という心の声です。 先日タイの洞くつで遭難した子供たちが、救助後にガパオを食べたいといったもののおかゆを出された、というネットニュースに対するレスの中には、この「あり~」という言葉がたくさん見られました。 緊張しておとなしいチョビに対して、シーザーはやる気満々すぎてレース開始前に体力を消耗してしまうという、ハスキーやマラミュートにありがちな特徴を的確に表したセリフです。 年代を問わず愛され、時代が流れたこの今でも、なんの違和感もなく読むことが出来るのもすごいですね。 この作品は2003年にドラマ化もされましたが、チョビそっくりのハスキーや、原作にかなり忠実なキャストの選定などが話題になりました。 ほかにも佐々木倫子の原作には、新人アナウンサーの奮闘を描いた「チャンネルはそのまま!」、風変わりなレストランが舞台の「Heaven? 」など、2019年にドラマ化されたものもあり、その作品の力は折り紙付きです。 コミック配信サイトでも多くのサイトが扱っており、まだ読まれてない方にはお勧めの作品です。 31日間の無料期間あり.

次の

動物のお医者さん ここはグリーン・ウッド 全巻無料 5/1~5/4

動物 の お 医者 さん ドラマ

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2010年5月) チョビとは、作の『』に登場する、主人公・が飼っているのメス犬。 連載当時の日本のハスキーブームの立役者。 シベリアン・ハスキーだが血統書はない(作中の母犬は迷い犬で、後述の漆原教授の友人の床下でチョビたち子犬を出産。 だが母犬は衰弱しており子犬を産み終わると同時に死亡。 友人が子犬の声が聞こえなくなった事を心配し床板を剥がして助け出すも対応が遅れてしまいチョビ以外の兄弟犬も全て死亡してしまった。 母犬は高価な舶来の首輪をしていたので富裕な家で飼われていた純血種ではないかと推測される)。 名付け親は高校生時代からのハムテルの友人。 在住で、同じ家に「ミケ」というも飼われている。 また、とある乗馬倶楽部に(ハムテルがその乗馬クラブでバイトしている間だけ利用する犬小屋)を持っている。 子犬時代はに育てられる。 その後、飼い主を募集した際には、他の犬のもらい手が決まっても売れ残ってしまったというエピソードもある。 ある日、チョビは獣医学部の解剖実習中に逃げ出してしまい、騒乱の中でたまたまいた当時高校生のハムテルに懐いたため、漆原教授は彼にチョビを押し付けた上に、「獣医になる! 」と宣言し、結果的にハムテルが獣医学部に進むきっかけまでつくってしまった。 しかし飼い主のハムテルが他のイヌに噛みつかれた際は、青筋を立ててそのイヌに飛び掛かった。 すこし恐がりで、暑さが苦手。 また、山中で迷子になった時のでとそれに似た音におびえるようになった。 好きな遊びはごっこ、の三枚おろし、水遊び。 とくに水遊びは、するとヘンな顔になるほど好きだが、ハムテルがおぼれたふりをして試した際に、海は苦手であることが判明している。 チームに所属し、を飛び越せる脚力の持ち主でもあるが、西根家の裏口は、あるトラウマがあって越えられない。 山中で迷子になった際に、引っかかった巨大な木の根を延々とひきずりながら、ハムテルの家へ帰って来たこともある(ドラマ版では最終話Aパート)。 H大学受験日、ハムテルに連れられて大学構内を歩いていたら、犬を知らない受験生から「あだ。 コワーイ。 」と言われる場面がある(単行本第11巻126ページ参照)。 その他 [ ]• 連載当初、シベリアンハスキーという犬種はマイナーであり、資料も少なかったため、の写真を資料にしてハスキーの模様を描き込んだということもあったと作者がコメントしている。 正式な商品化はされていないが、便乗で商品化されたと思われるシベリアンハスキーのぬいぐるみ「ちゅきちゅきハスキー」のメーカーは、花とゆめ誌上限定でチョビのぬいぐるみを販売したことがある。 正式な商品は存在しない代わりにシベリアンハスキーのぬいぐるみやグッズは大量に商品化されたが、後に(厳密には=アニマテイルズ)ので有名になるからは松村しのぶ原型のハスキー犬の子犬のリアルな(レジン製、未塗装)を商品化していた(イベント『』先行発売)。 シベリアンハスキーブーム時に、チョビと名づけられたハスキー犬は多く、中には「動物のお医者さん」を知らないでブームでハスキーを飼った挙句、傍からチョビ呼ばわりされるケースもあった。 シベリアンハスキーもブームが過ぎる頃には飼い犬としては賢くない(狼の本能が残っているため、頭が悪いわけではなく、単に要領が悪い)ことが顕著になり、「動物のお医者さん」でそれを盛りこんだエピソード(該当話のチョビを含む全てのハスキーにドブ落ち経験あり)も描かれた。 このコミカルに描かれた部分がひとり歩きして、「ハスキーは頭が悪い」というと言われることが多いが、元来厳しい環境で人間にとして飼われて淘汰された犬種であるので、聞き分けが良く協調性が高い個体が多い。 脚注 [ ].

次の