ザ ライジング サン コーヒー。 ザ・ライジングサンコーヒーの場所とグッズ!通販や口コミも紹介!

The Rising Sun Coffee|ライジングサンコーヒーオフィシャルオンラインストア

ザ ライジング サン コーヒー

スポンサーリンク 坂口憲二の東京のコーヒーショップの場所は? 2018年から俳優の活動を休止中の坂口憲二さんは、千葉県・九十九里に 焙煎所を開設しました。 主にサーフショップやカフェに コーヒー豆の卸販売をするビジネスをしています。 オンラインショップも展開し、2019年春には東京都内に初店舗 「The Rising Sun Coffee」もオープンして順調に事業展開をしています。 坂口憲二さんは豆の仕入れから焙煎まで行い、 コーヒー豆の配合割合にも徹底したこだわりを持っているそうです。 焙煎士となった坂口憲二さんですが、 そもそも 焙煎士とは何でしょう。 焙煎とは ザ・ライジングサンコーヒー 焙煎とは、 コーヒーの生豆を炒める作業のことを言います。 コーヒー豆はもともとコーヒーの木の種子です。 この種子が真っ赤な色をしていることから コーヒーチェリーと呼ばれています。 そのコーヒーチェリーは外側の皮を取り除くと、 コーヒー生豆(緑色)となります。 このコーヒー生豆を加熱し炒めることで コーヒー豆が完成します。 この工程の事を 焙煎といいます。 焙煎士とは ザ・ライジングサンコーヒー その焙煎を行う人の事を 焙煎士といい、 これは特に資格とかはありません。 ですが、焙煎はただ加熱すれば良いというわけではなく、 加熱の仕方や温度・時間等によって、 コーヒー豆の味が 全然違うものになってしまうのです。 焙煎士を名乗るには コーヒー豆の品質や焙煎時間、温度などを細かくチェックし、 何度も何度も調整していく 訓練を行う必要があります。 坂口憲二さんは、 焙煎士のプライベートレッスンを受けて学び、 約1年半かけて少しずつ焙煎道具を揃えていったそうです。 その努力は 生半可なものではなく、 険しい道のりだったと思います。 その証拠にザ・ライジングコーヒーは美味しいと評判です。 ザ・ライジングサンコーヒーの場所が判明!東京都信濃町駅近く いつも自転車で通り過ぎてた近所のコーヒー屋さん。 場所は 東京都新宿区信濃町駅近くにあるそうです。 赤い丸の所で、バーバー八千代さんの前ですね。 メゾンかもめ 間違いないと思います。 住所は 非公表なので、載せません。 坂口憲二さんのコーヒーが飲みたい方もたくさんいらっしゃると思いますが、 ご本人の意思を汲んでマナーを心がけるよう、お願いいたします。 プロデュースなので、坂口憲二さんはほとんどいないと思いますが。

次の

ザ・ライジングサンコーヒーの通販グッズがかわいい!東京都内店舗の場所やインスタ&口コミ等

ザ ライジング サン コーヒー

初めまして、ザライジングサンコーヒーで焙煎を担当しています、坂口です。 もともとコーヒーは大好きだったのですが、2014年にオレゴン州ポートランドを訪れた際に現地のカフェ文化に刺激を受け、コーヒーを学んでみたいと思ったのがこの世界に入るきっかけです。 当時、右も左もわからない自分に1からコーヒーを教えてくれたのが、いまTRSCでヘッドバリスタを務めている成澤バリスタでした。 彼の主宰するセミナーに通い、正しいコーヒーの淹れ方やカッピングなどを学んでいるうちに「焙煎」という作業に興味が湧いてきました。 緑色の生豆に熱を加える事で化学反応が起き、黄色から茶色に変わっていく色の変化と匂いの変化で仕上がりを見極める、そんな作業に心を奪われました。 いつしか自分でもやってみたいと思い、セミナーに通いながら小さい焙煎機を購入し家族や仲間に焼いた豆を飲んでもらいながら焙煎士としてのキャリアを積みました。 そして2018年夏に自分の趣味でもあるサーフィンで昔から訪れている千葉県九十九里町に念願の焙煎所を構える事が出来ました。 焙煎機はフジローヤルの5kg焙煎機を使い、今現在、世界中の色々な産地のコーヒー豆と日々向き合っています。 そんな中、あるきっかけで成澤バリスタと都内にコーヒースタンドを開く事になりました。 場所選びから店作り、コンセプトなど、全て自分達で考え、形にしたのが「ザライジングサンコーヒー」になります。 我々のモットーは「小さく産んで、大きく育てる」です。 たった一杯のコーヒーですが、そこに来るまでにはたくさんのプロセスを経てます。 この目には見えない生産者さん、豆業者さんの想いを自分達が形にすることがコーヒーマンの醍醐味だと思っています。 今後も1人でも多くの方にコーヒーの素晴らしさをお伝え出来るようにスタッフ一丸となり頑張って行きますのでよろしくお願いします。

次の

The Rising Sun Coffee

ザ ライジング サン コーヒー

坂口さんが焙煎したコーヒー豆を手に店内カウンターで笑顔を見せる池下社長 急速冷凍したマイワシ「大トロいわし」を販売する池下産業は、繁忙期の派遣社員用宿舎として同ホテルを購入。 約55平方メートルの喫茶店スペースがあったため、サーフィンが趣味の池下社長が「海から上がった後においしいコーヒーが飲める場所があれば」とカフェ用に改装した。 東京都内のセミナーにも通い、コーヒーの知識を身に付けた。 人気テレビドラマ「医龍」などに主演していた坂口さんは難病治療のため、芸能活動を休止し、焙煎士の資格を取得。 「The Rising Sun Coffee(ザ・ライジング・サン・コーヒー)」のブランド名で千葉県九十九里浜に焙煎所、都内に店舗を構えている。 サーファーの坂口さんは道内屈指の人気を誇る広尾のフンベ海岸を訪れ、同ホテルに宿泊したこともあった。 池下社長とは共通の知人を通じて昨年夏に町内で会って意気投合。 サーフィンとコーヒーという共通点があったため、坂口さんがコーヒー豆の提供を快諾した。 30席の店内は木材を多用し、落ち着いた緑の色調。 常に9種類ほどのコーヒーを用意する。 生産者や焙煎士、流通などトレーサビリティー(生産流通履歴)にこだわったスペシャリティコーヒーを500円(税別)から提供する。 道内では3台目となる世界大会認定の最高級エスプレッソマシンも導入した。 地元の海産物を使った食事を提供し、コーヒー豆やグッズも販売する。 高校生以下の来店者には、メロンソーダを1杯無料でサービスする。 坂口さんは夏ごろ来町予定で、「コーヒー教室や一日店長をやってもらいたい」と池下社長。 「地元の人にぜひ足を運んでほしい。 サーファーやツーリングの人もここを目当てに来てもらえれば」と話している。 営業時間は午前9時~午後5時。 日曜定休。 問い合わせは同店(01558・2・4789)へ。 このほか、1階の浴場・サウナも全面改装し、昨年12月末から一般向けに営業。 利用料1000円で館内着やタオルなどを貸し出す。 営業時間や定休日は同じ。 関連記事.

次の