亜鉛 サプリ 頭痛。 閃輝暗点・偏頭痛をサプリで予防!?効果的な成分3つ!

亜鉛サプリメントのおすすめ5選!その効果とは?

亜鉛 サプリ 頭痛

こんにちは、鉄分のことならなんでもお任せ、 「テツミ」です。 貧血というと鉄不足を思い浮かべる人は多いと思いますが、実は亜鉛が不足していても貧血になる場合がある事をご存じですか? 鉄と亜鉛にはどんな関係があるんでしょうか? また、貧血の人はどちらも摂取した方がいいんでしょうか。 亜鉛不足の方におすすめのサプリなども交えて紹介します。 このページの目次• 亜鉛とは? 亜鉛は、牡蠣やレバー、ウナギ、ホタテ、さんまなどの動物性食品に多く含まれているミネラルの一種で、細胞の新陳代謝に関わる酵素のうち、200種類以上の構成に関与する大切な成分です。 亜鉛は、人間の体内に 約2g存在すると言われ、特に血液や皮膚、胃、腎臓、肝臓、脳、毛髪などの新陳代謝が盛んなところの細胞に多く存在しています。 亜鉛が不足するとどうなるの? 亜鉛は、タンパク質をアミノ酸に分解する酵素の構成物質の一つであり、また、体内の炭酸ガスを炭酸に替え、体を弱アルカリ性に保つ酵素の材料でもあります。 その他、細胞の修理や修復に大きな役割を果たしているため、不足すると 免疫力の低下を招いてしまいます。 具体的には、子供の場合は 成長障害など、大人の場合は 皮膚炎や 脱毛症、 味覚障害や インポテンツを引き起こす場合があります。 亜鉛の1日に必要な摂取量は? 亜鉛の1日に必要摂取量は、年齢によっても変わります。 1〜5歳のお子さんの場合は、約3〜4mg。 6〜9歳のお子さんの場合は、約4〜6mg。 10〜14歳の子供の場合は、約6〜8mg。 そして15歳以上は、男性で約8〜10mg。 女性で約6〜8mgとなっています。 また妊婦さんや授乳中の方の場合は、もう少し増えます。 一時的な過剰摂取の場合は 、めまいや頭痛、倦怠感、発熱や嘔吐、肝臓障害などがあり、継続的に過剰摂取した場合は 免疫力の低下、貧血、下痢、神経障害、脱毛、肌の老化などの症状が起こる可能性があります。 亜鉛を摂取し始めて体調の変化を感じたら、摂取を中止したり摂取量を減らしたりして調整しましょう。 中には、亜鉛のサプリメントを変更した時に体調がおかしくなったという場合もあります。 化合物から精製されているサプリの場合、体質に合わない場合もあるようです。 また、一度に2gの亜鉛を摂取した場合は、急性亜鉛中毒になってしまうと言われています。 とは言っても、亜鉛が多く含まれていると言われる牡蠣でも、100g中に13. 牡蠣1個に換算すると、約2mg程度です。 余程意図的に亜鉛サプリメントなどを過剰摂取しなければ、急性亜鉛中毒の心配はないと言えるでしょう。 亜鉛と貧血の関係 貧血の原因としてよく知られているのが鉄不足ですが、実は 亜鉛不足でも貧血になってしまうんです。 赤血球の外殻である赤血球膜は主にタンパク質で出来ているんですが、タンパク質をアミノ酸に分解する酵素を構成するアミノ酸が不足すると、体内でタンパク質をうまく合成することが出来ず、赤血球膜をうまく作る事が出来なくなってしまいます。 すると、脆くて壊れやすい赤血球が出来てしまうんです。 このような赤血球は、毛細血管を通過する時に壊れやすくなります。 自分よりも細い毛細血管を通る時、赤血球は変形しなくてはいけませんが、正常な赤血球は難なく変形して、そこを通り抜ける事が出来ます。 しかし、亜鉛不足で赤血球膜が脆い赤血球は、本来の寿命よりも早く壊れてしまうんです。 それによって、赤血球の数が少なくなって、貧血になってしまいます。 この貧血を 亜鉛欠乏性貧血と言いますが、この場合は鉄を摂取しても貧血は改善されません。 鉄と亜鉛の両方を摂取しなくては症状が改善されないんです。 そして、この亜鉛欠乏性貧血は意外に多く、アメリカの学術報告書では貧血の女性の48%は亜鉛欠乏性貧血だったそうです。 鉄と亜鉛の飲み合わせは大丈夫? 貧血の人のおよそ半分が亜鉛が足りていないという事はお分かりいただけたでしょうか。 もちろん、亜鉛と鉄の両方が足りていない人もその中には含まれますから、亜鉛だけを摂取しても貧血が改善されない人もたくさんおられると考えられます。 それなら、鉄と亜鉛の両方を摂取すればいいのではないか、と考えられるでしょうけれど、ここで一つ問題があります。 それは、 亜鉛と鉄の飲み合わせの問題です。 亜鉛と鉄は、同時に摂取するとお互いの吸収を阻害してしまうんです。 ですから、亜鉛と鉄のサプリメントを利用する場合は、 時間をずらして服用するようにしてください。 おすすめの亜鉛補給サプリ さて、ここからは亜鉛不足に人におすすめの亜鉛補給サプリを5つご紹介します。 亜鉛不足の貧血に悩んでいる方は、参考にしてみて下さいね。 オルニパワーZnプラスには牡蠣が配合されていますが、その牡蠣は亜鉛の含有量がとても多い食物なんです。 また、牡蠣には他にもビタミンやミネラル、アミノ酸、たんぱく質など多くの栄養素がバランスよく含まれています。 シジミにもその他、9種類の必須アミノ酸や、ビタミン、カルシウム、鉄分、葉酸などの栄養が豊富に含まれています。 さらに、抗酸化力がビタミンEの1000倍と言われるアスタキサンチンも含まれており、健康に良い成分がバランスよく配合されているのが特徴です。 価格 評価 備考 4,500円 初回980円 レバリズム-Lは、その名前のとおり肝臓の健康が気になる人のためのサプリメントです。 また、レバリズム-Lに使われているシジミエキスにも亜鉛が含まれているんです。 亜鉛の量に関しては明記されていませんが、かなりの量が入っているのではないかと期待されますね。 また、肝臓に酸素を運び、免疫力を高める働きもあるスクワレンや、肝臓の解毒作用を助けるグルタチオンを作るシスチン、脂肪をエネルギーに変える上で重要な役割を果たすビタミンB2、肝臓の働きを支えるビタミンEなども含まれていますから、レバリズム-Lは97%もの満足度を誇っているんです。 価格 評価 備考 5,980円 初回980円 プレミアムオイスターには、一袋一か月分に約253個分の牡蠣が使われています。 これを一日分に換算すると、なんと 約8個分にもなるんです。 もちろん、牡蠣に含まれているアミノ酸やミネラル・ビタミン、鉄分などもそのまま含んでいますから、プレミアムオイスターを飲むとかなりの栄養を摂取することが出来ます。 プレミアムオイスターにはその他にも、牡蠣の栄養成分をサポートするクルクミンやオルニチン、ビール酵母、ビオチンといった、それだけでサプリメントの主成分となれるような栄養成分を配合していますから、美容や健康に手ごたえを感じられる高い実感力が実現出来ているんです。 価格 評価 備考 5,980円 初回980円.

次の

閃輝暗点・偏頭痛をサプリで予防!?効果的な成分3つ!

亜鉛 サプリ 頭痛

亜鉛は健康に欠かせない栄養素ですが、摂りすぎると危険な副作用があるってご存知でしたか? 今回は、一日にどのくらい摂取すると危険な副作用が起きるのか、また、巷で噂されている亜鉛を摂りすぎるとハゲる!?噂のあの真相にも迫っていきます。 亜鉛を摂りすぎると起こる症状とは 亜鉛は、カラダに必要不可欠なミネラルで、毒性も低いとされていますが、過剰に摂取すると様々な副作用があるとされています。 過剰摂取による副作用 亜鉛を耐容上限量よりも多く摂取してしまった場合に起こる副作用には2つのパターンがあります。 一つ目は、一度に大量の亜鉛を取ってしまった場合です。 一度に大量の亜鉛を取りすぎると「急性亜鉛中毒」になってしまいますが、急性亜鉛中毒になるのは、2,000mg以上の摂取した際とされており、これだけの量を摂取する事は、ほとんど無いと言われています。 サプリメントなどで過剰に摂取してしまった場合や、亜鉛メッキされた容器から酸性食品によって亜鉛が溶け出した場合、開封してしばらく放置していた缶詰から亜鉛が溶け出した場合や特定の薬剤を飲んだ場合などに考えられます。 急性亜鉛中毒では• めまい• 発熱 などの症状が見られます。 2つ目は、一日の上限量より多い量を長期間に渡って摂り続けてしまった場合です。 一日の上限摂取量を越えてしまう日が継続的に続いてしまうと慢性的な亜鉛中毒になります。 亜鉛の摂り過ぎが続いてしまうと鉄や銅の吸収が妨げられてしまうので• 免疫機能の低下• 白血球の減少• コレステロールや糖代謝の異常• めまいや吐き気• 胃のむかつき• 腎臓障害• 頭痛や発熱• 神経障害• 骨粗しょう症• 脱水症状• 倦怠感 など様々な症状に悩まされるようになります。 亜鉛を摂りすぎると髪がハゲるって本当? 亜鉛は、健康的な頭皮の維持に役立つので、薄毛・ハゲに効果的と言われていますが、過剰摂取の副作用で、脱毛などの症状が起こってしまうことがあります。 ハゲ防止・予防のために亜鉛を摂取しても、逆に髪に悪影響を与えてしまうこともあるのです。 脱毛症状 亜鉛を過剰摂取してしまうと、銅が足りなくなって、銅欠乏症になってしまいます。 銅が欠乏症になることで腸からの鉄の吸収がうまく行かなくなり、貧血症状が起こります。 貧血は、めまいや立ちくらみなどの身体の不調を引き起こすだけではなく、頭皮の健康も損ないます。 貧血で頭皮の血行が悪くなり、毛根に栄養が行き渡らなくなって、脱毛などの症状があらわれ、ハゲてしまうのです。 亜鉛サプリに含まれる「セレン」が原因 亜鉛と同じ必須ミネラルの一種であるセレンは、亜鉛サプリに含まれていることが多い栄養素ですが、多量に摂取していると、深刻な副作用を引き起こすことがあります。 日本人は通常の食事からセレンを十分に摂取している場合が多いので、飲用しているサプリメントにセレンが入っていることに気付かないで多量に摂取したりすると、セレンの耐容上限量を超えてしまう場合があるのです。 薄毛・抜け毛 セレンには毒性があり、多量に摂取すると、中毒になることがあります。 その中毒の症状の一つに薄毛・抜け毛があるのです。 下痢・関節痛症状 セレンの過剰摂取は、筋肉のけいれん・下痢・関節痛などの症状も招いてしまいます。 適量摂取なら髪の毛・身体にとても良い栄養素セレンですが、慢性的な過剰摂取では、脱毛・下痢・関節痛等の原因となってしまうのです。 亜鉛は何mgで摂りすぎになる? カラダに大切な栄養素である亜鉛。 不足も過剰摂取も避けたいところですが、一日の推奨摂取量、過剰摂取の危険ラインはどの位なのでしょうか? 一日の推奨摂取量 亜鉛の一日の推奨摂取量は、男性は約10mg約女性は約8mg。 男女とも年齢と共に増加し、男性は15歳から69歳まで、女性は12歳から69歳までが最大摂取量となり、その後は減少します。 女性は妊娠や出産を経験するため、妊娠中はプラス2mg、授乳中はプラス3mgの付加量があります。 日本の上限摂取量 サプリメントで亜鉛を摂取する際には、推奨摂取量を超えて摂取しないように気を付けましょう。 日本の上限摂取量は、成人男性で40〜45mg、成人女性は35mgとされています。 アメリカの上限摂取量 日本とアメリカでは亜鉛の上限摂取量に大きな違いがあります。 日本の上限摂取量と倍以上違います。 このため、亜鉛含有量30mgや50mgのサプリが沢山あるので、外国製のサプリメントを摂取する時は注意が必要です。 食事から亜鉛を摂りすぎる心配はある? 亜鉛は多くの一般的な食品に含まれるミネラルの一種ですが、多量に含む食品が少なく、吸収率も低いことから、食事からでは十分な量を吸収し辛い栄養素です。 含有量の多い食品として代表的な「牡蠣」だと、約5個で亜鉛推薦摂取量に達します。 上限摂取量に達するには、一日に牡蠣を15〜20個も食べることになるので、現実的ではありません。 このように、食べ物から亜鉛を摂りすぎる心配は、ほぼ無いと考えられます。 亜鉛を摂りすぎるのはほとんどサプリの過剰摂取 亜鉛は、人間の体に必要とされている必須ミネラル16種に含まれ、不足すると様々な症状を起こすことがあります。 また、体内で作り出すことができないため、食事やサプリメントから摂取する必要があります。 ただ、食事から十分な量を摂取することが難しいため、亜鉛サプリメントに頼ってしまうことが多くなります。 サプリメントは、手軽に必要量を摂取でき、効果を得られますが、さらなる効果を求めて気付かないうちに上限摂取量を超えてしまうことがあります。 一回分の亜鉛含有量をしっかりとチェックし、過剰摂取に陥らないように気を付けなければなりません。 亜鉛の摂りすぎに注意して上手にサプリを活用しよう 亜鉛を摂取することは、健康増進に非常に効果的ですが、過剰摂取で体調を崩してしまったり、症状を悪化させてしまっては意味がありません。 自分が、一日の食事でどれくらい亜鉛を摂取しているのかを調べ、不足分をサプリメントなどで補うようにして、上手くサプリメントを活用しましょう。 適度な量の亜鉛摂取を心がけ、亜鉛の上限摂取量をオーバーしないように気を付けましょう。

次の

亜鉛不足は怖い!起きる症状や原因を解説します

亜鉛 サプリ 頭痛

亜鉛は副作用が少ないミネラル 亜鉛は食品やサプリメントから多く摂取したとしても、大きな副作用が起こるリスクは高くないといわれています。 これは、亜鉛が比較的毒性が低いミネラルだからです。 しかも仮に過剰摂取等が原因で、体内に亜鉛が多くなったとしても余分な亜鉛は便や尿から排出されます。 逆に不足すると腸での吸収率を上げて積極的に体内に取り込もうとする仕組みが私たちの身体にはあるのです。 これらの働きによって、亜鉛の量は体内で常に調整され、副作用が起こりにくくなっています。 しかし、サプリメントを長期間に渡り過剰摂取した場合は別です。 この場合はさまざまな副作用が起こるリスクが高くなります。 サプリメントを服用する際は、用法・用量を守って正しくご使用ください。 ちなみに「サプリ」内で紹介している「亜鉛」サプリメント10商品の、1粒あたりの亜鉛含有量とそれぞれの商品に記載されている摂取目安量を調査したところ、 を超えるようなものはありませんでした。 サプリメントで亜鉛を摂取することは悪いことではありませんが、まずは自分が亜鉛不足になっているかどうかを見極める、またできればその原因も探り、亜鉛不足にならないようにまずは食生活を見直す努力も必要です。 を頭に入れておくのも大切です。 過剰摂取による副作用 万一、亜鉛を過剰摂取した場合、起こりうる副作用には次のようなものがあります。 頭痛や発熱• 倦怠感• 腎臓障害• 神経の障害 これらは、普段の食事では起こることはほとんどありませんが、サプリメントの長期間・継続的な使用によって起こる可能性があります。 長期の摂取では腸での「銅」の吸収率が低下するという副作用もあります。 銅も身体に必要不可欠なミネラルのひとつです。 銅が不足すると、髪の毛や肌の脱色、貧血、骨がもろくなるという欠乏症があります。 亜鉛は体内の活性酸素を抑える活性酸素除去酵素(SOD)の構成要素でもあります。 体内の活性酸素が増えると細胞を傷つけてしまうため、お肌の老化やがん細胞を生み出す原因となるほか、 によりさまざまな弊害が生じるのです。 サプリメントで摂取することはとても手軽ですが、亜鉛を一時的に大量(1日20,000mg以上)摂取すると、急性中毒の危険性があるため、注意しましょう。 サプリメントのパッケージに表示されている摂取量をきちんと守ることでこの上限量に達することはありません。 普段の食生活を基本に、サプリメントは摂取量をしっかりと守りましょう。

次の