スカルプ ⅾ 宮迫。 変わったプレゼント?

アンファー『スカルプD』は“発がんシャンプー” 幼児用にまで使用、カリフォルニア州では警告表示義務:MyNewsJapan

スカルプ ⅾ 宮迫

『スカルプD』には、オイリーとドライの2種類のシャンプーがある。 その成分表示には、カリフォルニア州で発がん物質として消費者向けに警告義務が課されている成分が含まれている。 (赤下線の部分) 発がん物質の警告表示が義務化されている米国カリフォルニア州で、シャンプーに使われる「コカミドDEA」という化学物質が新たに規制対象となり、環境団体が市販のシャンプーを調べ、配合されているのに警告表示のない製品について、訴訟を起こしている。 ベビー用シャンプー、ベビー用ボディソープにまで使われていた。 2位以下は『シーブリーズ』の資生堂が4品中1品、『ルシード』『ギャツビー』のマンダムが11品中2品。 アンファーがダントツの発がんワースト企業だった。 友人数人に聞いた範囲では、チェックはするけど「海藻エキス」など体によさそうな成分があるものを選ぶ、という意見が多い。 有害成分が入っているかどうかをチェックしようとすると結構、大変だ。 現在、化粧品は全成分表示となっているが、全成分の有害性をチェックするのはとてつもなく大変な作業が待っている。 また、化粧品のシャンプーと薬用シャンプーとでは、同じ成分であっても表示名が違うことがある。 ますます混乱を増す。 だからせめて、明らかに有害と認められる成分については黒塗りするなり、一目でわかるようにしてもらいたい。 で、アメリカ・カリフォルニア州では発がん性と生殖毒性のある化学物質をリスト化し、それらが含まれる商品には警告表示を義務付ける法律(プロポジション65)があることを紹介した。 それが、「ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド」(別名、「コカミドDEA」)という化学物質だ。 以下の説明で概ね正しい。 コカミドDEAとは、ヤシ脂肪酸とジエタノールアミン(DEA)を縮合して得られるジエタノールアミドの事です。 別名:ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド。 非イオン性界面活性剤です。 洗浄剤に添加した場合、泡の安定性、増粘、起泡、洗浄性を高める効果があり、他の界面活性剤の補助として配合されることが多いです。 親水性増粘剤としても配合されています。 シャンプー、クレンジングなどに利用されています。 淡黄色~黄褐色の液で、わずかに特異臭があります。 コカミドDEAの発がん性については1998年の日本の学会誌でも紹介済み この物質に発がん性が指摘されたのは1997年にさかのぼる。 専門家の間ではよく知られている話らしい。 1998年の日本油化学会誌に、アメリカで、このコカミドDEAの発がん性を示す動物実験が報告された結果、代替物の開発が活発化しているという記事が掲載されている。 しかし、それ以降現在まで、アメリカでも日本でもコカミドDEAに対する規制は実施されなかった。 有害性が指摘されていながら、規制に必要なリスク評価が行われずほったらかしになっている化学物質は多く、コカミドDEAもその一つといえる。 企業の自主的取り組みに頼るだけでは不十分であることの証ともいえる。 消費者には情報提供されず、いまだに使われ続けている。 ようやく、2011年に世界保健機関(WHO の付属機関で発がん物質を評価する国際がん研究機関(IARC がした。 「発がんの可能性あり」の判断の根拠となったのは、2001年に行われたアメリカ連邦政府の研究計画(NTP の一環の動物実験だ。 マウスの肌に塗る実験で、肝臓と腎臓のがんが増えた。 疫学研究などのヒトでのデータは無いということで、「可能性あり」という判断になった。 IARCの発がん評価などを受けて、カリフォルニア州では2012年6月22日に、コカミドDEAを、警告表示が必要な。 新たな物質がリスト入りされると、企業に対しては1年間の猶予期間が与えられる。 その間に代替物質に変更するなり、商品に警告表示を付けるなどの準備をするためだ。

次の

スカルプDが独走の男性シャンプー「育毛と価格破壊」が進行中

スカルプ ⅾ 宮迫

いつもお読みいただきまして ありがとうございます。 もう少しでバレンタインですね。 皆さんいろいろと準備をしている のでしょうか? 私は会社をやめてここ数年 すっかりバレンタインの存在を 忘れていました💦 実家にいたころは父や弟へあげたり、 手作りしてた頃もありましたが、 それは自分が食べたかったからなんですけどね。 勤めていた時は、ほぼ義理チョコでしたが、 今年はちゃんと主人にプレゼントしようかな。 今はネットがある時代なので本当に便利ですね。 見に行くのも足を運ばなくていいし、 自分では思いつかないいろんな種類があるので、 選ぶのも迷ってしまいます。 そう、主人の悩みは頭皮にありまして、 まあ薄いんですわ。 お父さんを見れば一目瞭然、 顔から頭の形からそっくりで、 これは遺伝だから仕方がないな~ と思うレベル。 本人は納得いかず30代初めのころは 少ない毛を何とか伸ばそうとする。 これは薄い人によくある話。 思い切って短くしちゃえば 気にならないのに…と 言い続けてここ数年で 少し納得した様子で 最近は短くしています。 で思うんですけどね、薄い人って 結構、脂性だったりしませんか? それが頭皮を詰まらせてるのでは?と 思うんですよ。 患者さんむけのものを、頭皮トラブルに 悩んでいる多くの方の力になりたいと 2005年から一般販売を始めたそうなんです。 そして今のタイプはなんと12代目 だそうで日々ドクターたちとの開発で たどり着いたのが、頭皮もそれぞれに タイプが違うということが 分かったそうなんです。 化粧品にも脂性肌用、乾燥肌用と ちがいますよね。 それと同じように 脂性肌の人には使用感と脱脂力をアップし、 乾燥肌の人には潤いを残すように分けて 作られたシャンプーなんだそうです。 種類にはストロングオイリー-・オイリー・ ドライの3つがあるようです。 しかもただのシャンプーではなく 脱毛メカニズムの一端である 悪玉男性ホルモンにもアプローチ するんですって! 一般的には5%くらいの頭皮ケア成分が なんと70%も入っているんですって。

次の

スカルプD、価格の秘密とその成分。│ハゲ学

スカルプ ⅾ 宮迫

残暑厳しい夏、体中から流れ出る汗が気になる男性も多いはず。 そんな中、「男性専用シャンプー」の売り上げが好調だ。 街中のドラッグストアでは専用コーナーを設けるところが多く、著名タレントを起用した派手な商品広告も相まって注目度の高さがうかがえる。 市場調査会社の富士経済によると、メンズシャンプー・リンス市場は2011年の販売額で122億円。 2008年の76億円から右肩上がりに伸びている。 同社では今年も128億円の市場規模を見込んでいるという。 「かつては女性用のシャンプーに比べて商品数が少なく、リンスやトリートメントの品ぞろえもフケ・かゆみ、爽快感といった訴求が中心だったため、市場規模は100億円に満たない状態が続いていました。 それが10〜20代を中心にフェイシャルケアを中心とするメンズコスメティックス需要の開拓が進んだ影響で、シャンプーやリンスの品揃えも強化されるようになりました」(富士経済の研究員) 市場の拡大要因はそれだけではない。 2005年に男性用シャンプーで育毛を訴求した「」(アンファー)が登場して大ヒット。 それまで育毛剤にあった機能需要を手軽なシャンプーに拡げることで市場全体を押し上げたのである。 化粧品業界関係者やドラッグストアによるヒアリングをもとに、男性シャンプーの「2011年売れ筋(販売実績)ベスト5」を挙げてみても、いかに育毛訴求の商品が多いかが分かるはず。 (%は推定シェア) 1位 スカルプD(アンファー)34% 2位 サンスタートニック(サンスター)20% 3位 サクセス(花王)7% 4位 プレリアップ(大正製薬)8% 5位 薬用毛髪力(ライオン)5% 2位の「サンスタートニック」以外はすべて育毛シャンプーである。 「浅野忠信や豊川悦司、松田龍平など俳優陣をCMに起用した『リガオス 薬用スカルプケア』(ラボーテ・ジャポン)や、『UL・OS(ウル・オス)薬用スカルプシャンプー』(大塚製薬)など中高年男性向けに頭皮の育毛環境を整えるシャンプーが相次ぎ登場したことで、どの商品もリピーターを確保するのが難しくなってきました」(業界紙記者) 競合が増える中、「スカルプD」は2011年5月に価格の見直しを行った。 発売当初は4000円台の高価格だった商品を3000円台まで引き下げてリピーターの囲い込みやさらなる新規顧客の獲得に余念がない。 しかし、ライバルの「UL・OS」は発売当初から1575円〜と、ほぼ半額の価格を強みに売り上げを伸ばしている模様で、育毛シャンプー市場は今後も低価格化に向かうものと見られている。 前出の富士経済・研究員も生き残りのカギは価格設定だと話す。 「頭皮の洗浄力や爽快感といった使い心地の追求も必要ですが、シャンプーは日常生活で欠かせない商品で使用量も多い。 1000円を超えると継続して買おうという層も限られてくるでしょう。

次の