豚 バラ チャーシュー とろとろ。 パサパサしないトロトロなチャーシューの作り方

ラーメン屋さんのとろとろチャーシューのレシピ

豚 バラ チャーシュー とろとろ

チャーシュー(煮豚)が圧力鍋でもパサパサになってしまう原因は? ちなみにこのページで「チャーシュー」と呼んでいるのは煮豚です。 本格的なチャーシューはどちらかというとローストポークに近いもので、お肉をローストさせて作るので、お肉がどちらかというと締まって歯ごたえがあるものが出来上がりますので、今回はほろほろの煮豚のほうのレシピになります。 煮豚で使う肉の部位おすすめは? 煮豚で大切なのは、やはり肉のどの部位を使うかなんです。 同じレシピでも肉が違えば出来上がりがまったく違い、 肉の部位のよっては、煮ると性質上パサパサにしかならないものもあります。 以下は、とろとろになる順に並べた豚肉の部位です。 やはり、ばら肉(つまりお腹の肉です)あたりが、いちばんほろほろになりますが、脂も多いので、ラーメン屋さんなどでは「肩ロース」を使っているところが多いようですよ。 スポンサードリンク 煮豚が固くなる原因は? 肩ロースを使っていたのにパサパサだったというときはやはり作り方を見直してみましょう。 私が以前失敗したときには 調味料をいれるタイミングが間違っていました。 これはお肉全般にも言えることなのですが、最初から塩系の調味料を入れてしまうと、お肉はいくら煮てもキュッっと締まって固くなってしまいます。 これが起きる理由は「浸透圧」の関係で、お肉の水分が塩分の多い煮汁のほうに逃げてしまうからなんだそうです。 なのでしょう油や塩が入った煮汁のなかでは、お肉は煮れば煮るほどパサパサになる運命なんです。 例えばクックパッドで人気のチャーシューのレシピを見てみましょう。 10分後は圧が下がるまでそのまま放置。 圧が下がったら蓋をあけ豚肉の上下をひっくり返し冷めるまで放置。 最初に豚肉を煮るときの、煮汁には塩気がまったく入りません。 だから誰が作っても、ほろほろのお肉になるんですね。 私がご紹介したでも、最初から調味料を入れていないのでやわらかくなるんです。 スポンサードリンク 圧力鍋で豚肉を煮すぎていないか? 最後に考えられるのは調理時間です。 圧力鍋ってなんでもやわらかくホロホロにしてくれるイメージがありませんか? だからチャーシューを作ってみて意外とぱさついているのをみて、失敗かな?と思ってしまうこともあります。 実は圧力鍋は調理時間を短縮してくれる半面、逆に長時間圧力をかけすぎてしまうとパサパサしてしまうことがあるんです。 調理する時間は、圧力鍋によってもかわってきますが、お肉がさほど大きくない場合には、20分ほどで火は通りますし、長くても30分くらいで大丈夫なんですよ。 どうでしょうか。 いままで私はまったく反対のことをやっていた!という調理の工程はみつかりましたか?.

次の

チャーシューが圧力鍋でパサパサになる原因は?ほろほろに作るこつとタレのおすすめレシピ

豚 バラ チャーシュー とろとろ

Contents• 肉を選ぶ!チャーシュー向きの部位 とりあえず困ったら豚バラ肉がオススメ!人気のラーメン店も豚バラ肉が多い。 彼氏がチャーシューを食べたい!と言い出したら8割は頭の中のイメージは豚バラ肉だ。 肉質などの意識高い系向けは豚バラ肉を嫌う傾向があるが基本的に日本の男子は脂身好きだ。 なので豚バラをイチオシする。 焼肉ではカルビが流行っているのでこれは否定できない事実。 チャーシューに使うなら長細い豚バラ肉よりも太めの豚バラ肉の方が仕上がりが奇麗だ。 中々入手できないが豚ウデ肉・肩肉と呼ばれる部位もトロトロに仕上がり美味い。 ラーメン二郎の豚と呼ばれるチャーシューにも使用される。 豚バラ肉 脂身が多いが肉質は微妙 ブロック肉の入手が容易でトロトロさせるならココ 豚もも肉 肉質がきめ細かく脂身が少なく意識高い系向け 個人的はかなり好きなチャーシューの部位だが美味しく作るのはかなり難しい 豚肩ロース肉 肉質も悪くないが癖が強く少し筋があるので煮込む必要あり。 脂身もあるので美味しい。 豚ロース肉 トンカチで使われる部分 スーパーではなかなかブロックで入手できないが美味い 豚ウデ肉・肩肉 昔ながらのラーメン店や二郎系のチャーシューに使用される。 筋があるがコラーゲン質で脂身もありトロトロ系向け。 スーパーでは入手が困難。 ハムのようにタコ糸で巻く! タコ糸がなければ何か体に影響が出ない糸のような物があればいい。 とりあえず何でも良いのでグルグル巻けばいい。 仕上がりに全然違う。 巻いていないチャーシューはチャーシューではないと言ってもいいくらいに違いがある。 巻けば豚バラ肉の下側の不安定なゴツゴツした岩のような部分も切る時に崩れない。 一部のスーパーではブロック肉をタコ糸で巻いた物が購入可能。 もも肉や肩ロースが多い。 鍋をつかわず炊飯器で煮ろ! チャーシューのパサパサしてしまう原因は豚肉を煮込む温度。 煮込みすぎても駄目だし温度が高すぎてもダメ、圧力鍋なんてまずくなって当たり前。 しかし適切な温度とか時間とかめんどくさ… 炊飯器の保温モードで良い 良いんだ。 もうこれで9割は成功する。 まず大きめの鍋にたっぷりお湯を沸かし、沸騰したら豚バラブロックをイン。 5分程度グツグツ似たら臭みが強いので一度煮汁は捨ててしまう。 再度お湯をわかして、お湯と下茹でした豚バラブロックを炊飯器へイン。 ふたを閉めて保温モード。 時間でトロトロ具合は変わるが肉感も残る6時間程度が個人的にオススメ。 あまり長すぎるとダメな気がするが低音での調理なので少々炊飯器に入れた事を忘れたくらいでは煮崩れたりしない。 なので時間はアバウトで良い。 その日の仕上がりのバラツキを楽しむ。 醤油(ダレ)につけろ! くそ…醤油ダレとかめんどくせぇ。 もう醤油のままでも良い!1、2時間茹でた豚バラブロックを漬ける。 醤油ダレも作るぜ!って人は甘くしたかったらみりんとか砂糖とかを足せばいい。 基本的にこの時点で凝っても劇的に味に変化はないと個人的に思ってる。 肉は塩味さえあれば大抵美味い。 最後に香り付け 味よりも香り!これが自作チャーシューをプロの味に近づける最大のポイントだと思われる。 漬け込んでチャーシューに塩味がついたら最後に香り付け。 個人的はここが大事。 香りと言ってもニンニクとか生姜とかのスパイス的な香りではなく「焼肉的なフレーバー」。 基本的にチャーシューは焼く叉焼・焼豚なのだが、日本的には煮るので最後に焼肉的な香りを付けて煮豚から擬似叉焼に変化しなくてはならないと考える。 じゃなきゃそれはただの煮豚の醤油漬けだ。 二郎系の豚を目指すならそれでも良いが。 ローストする オーブンなどがあれば焦げ目がつく程度に短時間でロースト。 シンプルな焼肉的な香りが魅力なチャーシューになる。 火を通しすぎるとパサついてここまでの苦労が台無しになるので短時間で仕上げたい。 フライパン系で焼く 最も簡単だが香りが弱い。 なので醤油などを足して焦がしながら焼くといいだろう。 醤油の焦げた匂いと肉の焼けた香りは日本人なら嫌いなわけがない。 炭火で炙る みんな大好きなあの焼肉の香りです。 脂が落ちて出る煙で少しスモークされるので本格的な香りになる。 ただしここまでするのは相当のチャーシューマニア。 柔らかく煮込んだチャーシューを完全に冷まし、少し集めに切って1枚ずつ炙るのも美味い。 めんどくさいが。 スモークする スモークウッドやチップで香りに変化が出せる方法。 あの家系ラーメンの本家吉村家などのスモーキーな香りを目指すならこっち。 燻製器を購入するのは大変だがアイデア次第ではダンボールや中華鍋、ステンレス製のボールの組み合わせなどでもスモークできる。 いわゆるベーコンなわけですが醤油の香りとごちゃ混ぜになるのでチャーシュー的な香りになる。 個人的には一番好き。 以上です。 世の中にラーメン好きは多いですが、ラーメンではなくチャーシューの美味さでラーメンを評価している人は実はかなり多い。 ぶっちゃけてしまうとチャーシューさえ美味ければラーメンはさほど美味くなくとも満足する人が多い。 特にチャーシュメンを注文する人にはこの手のタイプが多いと思う。 このタイプはチャーシューをしっかりと作っておけばチルドの生麺タイプのラーメンであれば満足度はかなり高くなるはず。 チャーシューを作り込んで彼氏の胃袋をゲットしてみてはどうだろうか。

次の

豚の角煮のレシピ(作り方)

豚 バラ チャーシュー とろとろ

5 g — タンパク質 17. 3 g 体重 x 1. 5 g 脂質 23. 2 g — 食物繊維 0. 2 g 20 g 以上 カリウム 326 mg 3500 mg 以上 カルシウム 9. 4 mg 650 mg 以上 マグネシウム 27. 5 mg 350 mg 以上 鉄分 0. 5 mg 7. 5 mg 以上 亜鉛 1. 5 mg 10 mg 以上 《手順》 漬け込み液を作る 鍋に水、しょうゆを入れて火にかけ、みりん、酒、三温糖の順に加える。 続いておろししょうが、おろしにんにく、スライスしたたかのつめを入れる。 最後にねぎを加え、一煮立ちさせる。 (仕上がりは200cc) フリーザーバッグに投入〜寝かせる あら熱を取った漬け込み汁 50cc程度と豚肩ロースをフリーザーバッグに入れ、上からよく揉み込んで馴染ませる。 フリーザーバッグの口を閉じ、冷蔵庫で1日(時間があれば2日間)寝かせる。 焼き色をつける フリーザーバッグから豚肩ロースのみを取り出し、強火に熱したフライパンで表面に焼き色をつける。 (フリーザーバッグと漬け込み汁は捨てずに、そのまま置いておく。 ) BONIQに投入 焼き色をつけた豚肩ロースをフリーザーバッグに戻し、空気を抜いて密封する。 BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れ、低温調理をする。 強火で煮詰め過ぎると味が濃くなりすぎるため、3~5分程が目安。 仕上がったら半量ずつに分けておく。 それぞれ分量はお好みで。 仕上げ BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったら豚肩ロースを取り出し、ペーパーで水気を押さえてスライスする。 皿に盛り付け、2種のたれを添えて出来上がり。 《作る際のポイント》 1. 豚肉はロースのブロックを使用してください。 程よく脂身があった方がチャーシューに向いています。 ネットで予め縛られていない場合はタコ糸で格子に巻いてください。 チャーシューは焼き目もポイントです。 そのため、ネットごと焼き付けます。 四隅を転がすように中~強火で焼きましょう。 この焼き目がジューシでチャーシューの味を引き立てます。 焼いた後、フリーザーバッグに戻すときに上手く綺麗に戻せなかったら新しいフリーザーバッグに漬け汁を移して入れ替えてください。 フリーザーバッグの口回りに油が付着すると、しっかり閉じられずに隙間から水が入ってしまう可能性があります。 《作った感想》 冷蔵庫で3~4日は保存可能なので、ぜひ2パターンで味わっていただきたいです。 チャーシューご飯用のソースはバルサミコ酢を入れることで、スッキリとした味わいになります。 いつものチャーシューのこってりさにスッキリとしたソースでご飯がすすみます。 改訂版「」できました!合わせてご参照ください。 チャーシューに使用している豚ロース肉の栄養素の中で、注目すべきはビタミンB1とタンパク質です。 ビタミンB1は体内で糖質をエネルギーに変換する時に必要なビタミンです。 ビタミンB1が不足すると糖質の消費が滞り、脳や体がエネルギー不足を起こす可能性があります。 また、ビタミンB1は疲労回復を促すビタミンでもあり、玉ねぎなどのネギ類と一緒に摂取することでより働きが強まります。 1日に必要なビタミンB1量は男性で1. 4㎎、女性で1. そのうち、このレシピのチャーシューを1人前食べると0. 6㎎のビタミンB1を摂取することができます。 これは、1日に必要な摂取量の約半分量を満たします。 また、豚肉のタンパク質には体の組織を作る働きがあります。 そのため、ダイエット中の運動で壊れた筋肉の組織を回復させるためにはタンパク質の積極的な摂取が必要です。 タンパク質は体を動 かすエネルギーとしても消費されてしまうので、ハードな運動をするときほど多めにタンパク質を摂取することを心がけましょう。 質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^ 【注意】 低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。 レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。 なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。 取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。 詳細はこちらのを参照下さいませ。 また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。 コメントありがとうございます。 63度であれば厚生労働省の加熱基準(芯温:63度30分以上)をクリアしております。 色が気になる場合は、時間よりも温度を上げる事でタンパク質に変化が加わるので効果がございます。 ただ、温度が高くなればその分タンパク質は縮んでしまいますので肉汁の流出によるパサつきとタンパク質硬化による硬さを感じます。 68度でタンパク質が縮み切ってしまいますので、68度以上の加熱は避けた方が柔らかいお肉を食べることができます。 温度を63度のままで時間を伸ばすとタンパク質の熱変性は抑えられますが、加熱時間が長くなるほど肉汁は蒸発していきますのでジューシーさを失って行きます。 上記を踏まえまして、是非お好みの加減を見つけてくださいませ。 この様な高度な加熱調整を簡単にできるのがBONIQの醍醐味ですね^^いつでもご質問くださいませ。 このようなしっとりとして柔らかいチャーシューは、家庭ではなかなか作れるものではありません。 ことであり、簡単に言えば、「美味しく調理でき、かつ冷凍保存ができる」ことだと思います。 BONIQ購入の判断材料は、スタイル・価格・使いやすさ等、色々ありますが、自分の場合、根幹は豊富で分かりやすいレシピにあります。 購入者のレビューを見ても同様の意見が多いように思います。 特に、今後重点を置くべきは、必要なスパイスや調理時間はもちろんですが、「冷凍保存のポイント」にあると思うのです。 多くの人々に、毎日計画的に調理できるだけの時間の余裕はなく、時間があるときに作れて湯煎でテーブルに出せるとすれば、 それはもう、コンビニどころか、大手スーパーやデパートの地下街に匹敵する料理であり冷凍食品と言えます。 「冷凍保存のポイント」をレシピの項目に追加することで、今後のユーザーのスタイルが変わり、低温調理が定着していくものと考えます。 今後、BONIQを手にした数多くのシェフが誕生することでしょう。 ご検討ください。

次の