カタツムリ 寄生 虫。 かたつむりは虫?それとも動物?

カタツムリの寄生虫!人間への感染経路は?猫や犬は大丈夫?

カタツムリ 寄生 虫

公園のカタツムリをエスカルゴにして食べる方法を調査!寄生虫に要注意! あなたは エスカルゴという料理をご存知でしょうか? フランス郷土料理のひとつで、「カタツムリ」を料理したものを日本ではこう呼びます。 そもそも「エスカルゴ」とは、フランス語で「カタツムリ」を表す言葉なんだそうですが、日本で「エスカルゴ」というともっぱらフランス料理の方を指すようですね。 お馴染みのファミレス「サイゼリヤ」でもいただくことができます。 それはさておき・・ 「カタツムリ」といえば日本全国そこらへんの公園でも梅雨の時期になると普通に目撃できます。 「このカタツムリ、エスカルゴ料理にできるんじゃないか・・?」と思ったのは私だけではないはずです。 そこで今回は、「公園のカタツムリは食べられるのか?」ということを真剣に調べてみたいと思います! Sponsored Link 食用にされるカタツムリの種類 カタツムリと聞くとなんだか食べ物の仲間ではないように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、カタツムリは分類学上れっきとした 「貝」の仲間です。 味もツブ貝やバイ貝などによく似ているそうです。 主に食用として販売されているカタツムリは 「リンゴマイマイ」「プティ・グリ」「グロ・グリ」そして「アフリカマイマイ」。 もともと「アフリカマイマイ」は食用ではなかったのですが、もともと使われていた前者3種(リンゴマイマイの仲間)が繁殖力の低さから大量入手が困難になったため、繁殖力が強く入手しやすい「アフリカマイマイ」も食べられるようになったんだとか。 【プティ・グリ】 【アフリカマイマイ】 リンゴマイマイは国内でエスカルゴ料理用に繁殖させたところがあり、アフリカマイマイも一部離島や沖縄などでは見られますが、普通の公園ではなかなか見かけることはないでしょう。 ですが、エスカルゴ料理にこれらのカタツムリが使われるのはとりわけ味にこだわりがあるわけではなく、身を取り出しやすい形・丈夫な殻・大きさや模様等の様々な条件がちょうどいいためであり、 日本に多く生息する「オナジマイマイ」などの種を使っても別段問題はないかと思われます。 【オナジマイマイ】 カタツムリを食べる際に絶対に知っておきたいこと 食用として欧米・とくにフランスでは一般的な食材である「カタツムリ」ですが、 野生のものを食べようと思ったら絶対に知っておかなくてはならないことがあります。 それはずばり 寄生虫!!!! 食用にされる「アフリカマイマイ」を含め、ある種のカタツムリやナメクジは 「広東住血線虫」と呼ばれるヒトに有害な寄生虫を保有している危険があります。 どんな危険が潜んでいるかわからないので、くれぐれも生食だけはしないようにしましょう! 公園のカタツムリを料理する方法 価格:4,212円(税込、送料別) では実際にいざ調理!となったらどうすればいいのか? エスカルゴの作り方自体は単純なもので、貝の中にガーリックバター、塩コショウ、パセリなどを詰め込んでオーブンで焼くだけです。 ただ、自分で採取してきたカタツムリを使う場合は 調理の前に2~3日絶食させるか、清浄な餌を食べさせ続ける必要があります。 これは、野生だとこれまでに何を食べてきたかがわからないため、体内に残ったそれらのものをすべて体内から出してしまわなければならないからです。 公園のカタツムリは除草剤たっぷりの葉とか腐った葉、さらにはコンクリートなども食べている可能性があります。 本場フランスのブルゴーニュなどでは「ブドウの葉」を食べたカタツムリは美味しいなんて話もあるそうですが、ワイン作りが盛んなブルゴーニュでもない限りなかなかポイとブドウの葉を手に入れることはできません。 ニンジン、ホウレンソウ・キュウリなど家にある野菜を適当に与えればOKです。 ただ、調理過程で生体が手に付着してしまうことはあるかもしれないので、手洗いは徹底して行いましょう! いかがでしたか? 手間はかかるけれど公園のカタツムリでもちゃんとエスカルゴ料理は作れるようです! 個人的には、強めの味付けですから別にカタツムリにこだわらなくても、エスカルゴが食べたいときは手軽に手に入るツブ貝などで代用すればいいのでは・・・と思ってしまいました^^; 手間暇かけて【公園のカタツムリ】を食べること自体は貴重な経験になること間違いなしでしょうが、寄生虫のリスクも考えると慎重に判断する必要がありそうですね。

次の

※カタツムリとナメクジに要注意!脳まで達する恐ろしい寄生虫とは?

カタツムリ 寄生 虫

ナメクジは日本ではしばしば害虫として扱われていますが、そんなナメクジによる被害に特に悩まされることになるのが、農家の方々です。 というのも、ナメクジは植物の葉や茎を食べてしまいますが、野菜も大好物なので、ひとたびその味を覚えてしまうと、人様が作ったということなど関係なく食べてしまいます。 そのため、農家の方々からすればまさにナメクジは害虫と呼ぶにふさわしい存在なわけですが、 実は、野菜を食べられてしまうというだけでは済まない危険な一面をナメクジは持っています。 それが、ナメクジの体内には、 「 広東住血線虫(かんとんじゅうけつせんちゅう)」 という 非常に危険な寄生虫がいる可能性があるということです。 出典: もしこれがひとたび人体に入り込んでしまうと、最終的には脳にまで達し、脳を荒らして重い障害を残してしまう危険性などもあります。 そこで今回の記事では、生野菜を好む人には特に注意してほしい、広東住血線虫について解説します。 ナメクジに潜む寄生虫「広東住血線虫」とは?生野菜を食べる人は要注意! 広東住血線虫は、主に ナメクジやカタツムリの体の中に住み着いている寄生虫ですが、もともと生まれた時からその体内にいるわけではありません。 実は、この生物は、ナメクジやカタツムリの体内に入る前には、ドブネズミやクマネズミなどのネズミ類の体の中に住み着いているのです。 そして、このネズミ類の体内で育った広東住血線虫は、その体内に卵を産みつけ、 その幼虫がその後糞とともに排出され、 それを食べてしまったナメクジ類が、その広東住血線虫に寄生されてしまいます。 そして、この広東住血線虫を体内に持っているナメクジ類をネズミが食べ… という感じに、この寄生虫はネズミとナメクジ類の間を行き来しているのです。 そのため、ネズミやナメクジを生で食べるような文化のない日本では、この広東住血線虫が人間に寄生することなどあまりないことなのですが、 過去には、ナメクジがいたとされる生野菜を通して感染した例がいくつか報告されており、 そういった感染者の中には、命を落としてしまった方もいます。 では、この寄生虫が人間に感染すると、いったいどのようなことが起きるのでしょうか? スポンサードリンク 広東住血線虫が感染するとどうなる? 広東住血線虫は人間に寄生する機会がないだけで、寄生できないわけではありません。 そして、ひとたび人体に寄生すると、その体の中のあらゆる場所に移動するようになります。 具体的には、や腸の壁を突き破り、血管やリンパの中に入り込んで、体中を動き回るようになるのです。 そして、最終的には脊髄の中や脳の中にまで入り込み、その脳を荒らされてしまうと、重い障害が残ったり、最悪の場合死に至るようなこともあります。 この際、体中には強い痛みが生じ、吐き気やめまい、発熱のような症状も見られるといいます。 ただ、脳にまで入り込んでしまうと、昏睡状態に陥ってしまう方もいるようです。 実際、過去にはオーストラリアでこの広東住血線虫に寄生されたナメクジをお酒のノリで食べてしまった19歳の青年がいたのですが、 その寄生虫が最終的に脳にまで入り込んでしまい、400日間以上眠り続けてから目を覚ましたものの、四肢麻痺が残り、体温調節もできなくなるという重い障害が残ってしまったというニュースがありました。 また、この寄生虫による感染者は小さい子も多いのですが、小さい子はカタツムリやナメクジを素手で触ってしまう子も多いので、そのままよく手洗いなどをしないまま何かを食べてしまったりすると感染してしまうことなどがあるようです。 そして、なんといっても生の 野菜の上をこういったナメクジが歩き回ってしまうと、そのナメクジの排せつ物や粘液の中にこの寄生虫が含まれていて、それが野菜に付着してしまうことがあるようです。 また、野菜をよく洗わないと、気が付かないうちにそのナメクジの赤ちゃんを口にしてしまうことなどもあるかもしれません。 とにもかくにも、生の野菜を食べる際には、十分に洗うよう気を付けたほうがよさそうです。 沖縄ではアフリカマイマイが野生化 本州にはそれほど大きな種類になるカタツムリはいませんが、実は沖縄には、過去に食用として持ち込まれたアフリカマイマイが野生化し、道端などにいるのがよく見かけられるといいます。 このアフリカマイマイは非常に大きくなる種類のもので、成長すると手のひらより大きなものになるものもいます。 このアフリカマイマイはエスカルゴ料理にも用いられる非常に美味しいカタツムリの一種だそうなのですが、普通食用に用いられるのは養殖のものだそうなので、沖縄ではこれを捕まえて食べることは今ではあまりないことのようです。 というより、食用として持ち込まれたにも関わらず、このアフリカマイマイは今では日本で有害動物指定も受けています。 その理由が、先に説明した 寄生虫を持っているものがいるからです。 そのため、沖縄などに遊びに出かけた際には、もしそれを見かけても絶対に触らないようにしましょう。 触ったからと言ってすぐに寄生虫に寄生されるわけではありませんが、もし怪我をしている部位がある場合には、そこから入り込んでしまう可能性は0%では無いといいます。 梅雨になると出てくるナメクジやカタツムリ、カタツムリはその可愛らしい姿からペットにする方も少なくありませんが、実は取り扱いには注意しなければならない危険な生物なんですね…!.

次の

カタツムリ

カタツムリ 寄生 虫

人間に感染するカタツムリの寄生虫とは? 人間に感染するカタツムリの寄生虫は 広東住血線虫(かんとんじゅうけつせんちゅう)です。 広東住血線虫について、国立感染症研究所HPなどを参考にまとめました。 参考: 長さ・色 広東住血線虫は、 雄の長さは20~25mmで、雌は22~34mmです。 だいたい2cmから3cm・・・。 見えないくらい小さいのかと思っていましたが、結構長いですね。 雌は血を吸うと消化器官が褐色になり、白色の生殖器がねじれて向きを変えながら動きます。 特に症例の多い地域は、台湾、タイ、ポナペ、ニューカレドニア、タヒチです。 ヨーロッパや南米からはいまだに報告がないそうですよ。 広東住血線虫に感染したネズミが船で運ばれて、全世界に広がっています。 日本では沖縄が圧倒的に多いのですが、全国各地に増加しています。 奄美大島を含む南西諸島• 鹿児島• 神奈川• 北海道 こんなにたくさんの地域で発見されています。 北から南まで住んでいますね ・・; ネズミの他に、 アフリカマイマイ、スクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)、ナメクジから広東住血線虫の幼虫が検出された地域もあるとのことでした。 カタツムリ(アフリカマイマイ)・・・15例• カエル(アジアヒキガエル)・・・2例• ナメクジ・・・7例• 「アジアヒキガエルってどんなカエル?」 アジアヒキガエルはイボイボのある茶色いカエルです。 可愛いカエルさんというイメージではありませんから、子供が喜んで触る可能性は少ないと思います。 アフリカマイマイはこんなカタツムリです。 殻の大きさが7~8cmで、高さは20cm近くにもなります。 こんな大きなカタツムリがいたら、子供は思わず触ってみたくなるかもしれませんね。 カタツムリやカエル、ナメクジなど身近な生き物にいる広東住血線虫。 人間への感染経路が気になります。 カタツムリやナメクジがくっついた野菜を洗わずに食べる• カタツムリに触れた手を洗わずに目や口を触る• 人間に感染してもなんのメリットもありません。 脳や脊髄に侵入し、成虫にならずに死滅するそうです。 ネズミがカタツムリを食べて感染し、糞便として寄生虫を排出するまでに約40日もかかります。 感染した場合の症状は? 広東住血線虫に感染すると、 2~35日(平均16日)の潜伏期間があります。 その後に現れる症状は以下のものがあります。 微熱から中等度の発熱• 激しい頭痛• 首の後ろが硬直する• 悪心(おしん・胸のむかつき)• 脳神経麻痺• 筋力低下• 知覚異常• 手足の疼痛(とうつう・ずきずきとうずくような痛み)• 複視(ふくし・ものが二重に見える) 2~4週間は症状が続き、 通常は予後がいいとのことですが、 まれに失明や知能遅延、てんかんなどの後遺症を残すこともあるようです。 感染を防ぐ方法は? 広東住血線虫の感染を防ぐ方法は以下になります。 カタツムリ、ナメクジ、カエルをむやみに触らない• カタツムリ、ナメクジ、カエルを触ったら手を洗う• カタツムリ、ナメクジ、カエル、タニシなどを生で食べない• 生野菜はよく洗ってから調理する 「カタツムリやナメクジを生で食べる?」 「そんなこと注意されなくても食べないけどね」 そう思われるかもしれませんが、昔はナメクジが心臓にいいとする民間療法もあったんですよ。 気持ち悪過ぎて逆効果な気もしますが・・・。 カタツムリなどをむやみに恐れる必要はありません。 手や生野菜をきちんと洗えば大丈夫です。 子供には、「カタツムリを触ったら手を洗わないといけない理由」をきちんと教えてあげてくださいね。 うちには3匹の猫がいて、庭で遊ぶことがあります。 庭の鉢にはナメクジがくっついていることも・・・。 ワンちゃんを飼っていらっしゃるご家庭は、散歩中にカタツムリを見つけることがあるかもしれませんね。 カタツムリの寄生虫は猫や犬にも感染するのでしょうか? 猫や犬にも感染するの? カタツムリの寄生虫(広東住血線虫)は 人獣共通感染症ですから、猫や犬にも感染します。 猫や犬に感染した場合の症状などは探しても見当たりませんでした。 あまり感染例がないのでしょうか・・・? とりあえず、鉢についたナメクジに庭から出て行ってもらおうと思います。 どうやって出ていってもらおうかな ・・; 私は、カタツムリやナメクジがとことん苦手です。 嫌な予感がして確認すると、お気に入りのワンピースに無残につぶれたナメクジが・・・。 小さい頃の記憶がほとんどないのに、その時の衝撃はいつまでも覚えています。 以下がまとめになります。

次の