ラベル 屋 さん 10 使い方。 ブロガー名刺の作り方: 無料ソフト『ラベル屋さん』の使い方を紹介する

ブロガー名刺の作り方: 無料ソフト『ラベル屋さん』の使い方を紹介する

ラベル 屋 さん 10 使い方

ラベル屋さん10を使って名刺を作って印刷しよう 実は、名刺用紙などを製造販売している「エーワン」は、インターネット上で名刺などを作ることができるサービス「ラベル屋さん10」を無料公開しています。 インターネット上で名刺を作るのでインターネット接続は必須ですが、ソフトをインストールしなくてもいいので手軽に印刷ができます。 名刺用紙を購入する 家電量販店や文具店でエーワンの名刺用紙を購入しましょう。 用紙の種類(光沢とかマットとか)や厚みなど好きな名刺用紙を選んでくださいね。 今回、説明に使用するのはエーワンのマルチカードクリアエッジに名刺を印刷しようと思います。 テンプレートの背景に入っている柄は変更することができないものがあります。 名刺に入れたい情報を入力する「プロフィール」 名刺に入れたい情報を入力する操作です。 画面上側に並んでいるボタンの中から「情報」ボタンをクリックします。 プロフィール画面が開いたら名刺に入れたい項目を入力していき、最後に「デザイン反映」ボタンをクリックすると、仮入力されていた名刺の情報が更新されます。 名刺ができたら、印刷レイアウトを設定する あとは名刺用紙にどのように印刷するかを設定します。 画面上の方にある「レイアウト」ボタンをクリックします。 レイアウトを設定する画面に移動出来たら先ほど作成した名刺を全面に反映させるために「全コピー」ボタンをクリックします。 レイアウトが設定できたら印刷して名刺が完成!! 最後に、名刺を印刷する流れです。 「印刷へ」ボタンをクリックします。 「印刷する」ボタンをクリックします。 印刷確認の画面が表示されるので「印刷」ボタンをクリックすれば印刷が始まります。 ラベル屋さん10で作成した名刺をパソコンに保存すると、アイコンが真っ白になっています。 これはこの名刺ファイルを開くためのソフトがパソコンにインストールされていないよという意味。 ファイルが壊れているというわけではなく、ラベル屋さん10のホームページにこのファイルを読み込んであげればちゃんと名刺が残っているので安心してくださいね。 ラベル屋さん10のファイルをラベル屋さん10のホームページで開く方法 では、パソコンに保存した名刺をラベル屋さん10で開いて修正してみましょう。 ラベル屋さん10のホームページを開き、「ファイルを開く」をクリックします。 「読み込むファイルを選択してください」の画面が開いたら、「PC端末から」ボタンをクリックし、保存したファイルを選択して開きます。 自宅のプリンタで名刺が作れる「ラベル屋さん」のご紹介、まとめ。 昔は名刺を作成するなら印刷業者に依頼しなければなりませんでしたが、自宅にパソコンとプリンタがあってインターネットに接続していれば自分で名刺が作れるようになりました。 授業で名刺を作ろうと話をすると、名刺なんて使う機会がないと最初は言われてしまいますが、いざ名刺を作ってみると「名刺があるおかげで電話番号やメールアドレスを教えるときにメモしてもらわなくてもよくなった」とか「名刺がきっかけで会話が弾んだ」という話がよく聞かれるようになります。 名刺はビジネスだけではなく、プライベートでも十分に活用できるツールです。 自宅にパソコンとプリンタがあって、インターネットに接続しているのであれば名刺づくりにチャレンジしてみるのも良いかと思います。 調味料入れや衣類ケースなどに貼れるラベルシールの作り方もご紹介しています。

次の

旧バージョンの「ラベル屋さんHome」をWindows10で使用する方法

ラベル 屋 さん 10 使い方

用紙の品番はパッケージの右下に書いてあるので確認したくださいね。 用紙が検索結果に表示されますので 決定ボタンをクリックします。 テンプレートの選択 テンプレートは689種類もあるので、全部見るのは大変かもしれませんが、好みのテンプレートを選択してください。 文字の編集 上部メニューの文字をクリックすると通常文字・円周文字・3D文字・日付文字の選択メニューが出ます。 普通に文字入力するなら 通常文字を選んで文字入力してください。 右側の「スタイル」メニューではフォントやサイズ、色などを編集できます。 文字の影付けやフチドリは「スタイル」を更に下にスクロールさせると出てきます。 画像やQRコードの挿入 画像を挿入するには上部メニューの「 画像」をクリック、 QRコードを作成挿入したい場合は「 コード」をクリックします。 画像の挿入 上部メニューの「画像」をクリックすると画像選択メニューが出るので、右下の「 ファイルを選択」をクリックして 挿入したい画像をパソコンから選んでください。 ラベル屋さん標準の画像素材もたくさん用意されているので、いちどチェックしてみてくださいね。 QRコードの挿入 上部メニューの「 コード」をクリックするとQRコードやバーコードを作成して挿入することができます。 右側のスタイル窓にQRコードにしたいアドレスを入れると、自動的に QRコードの画像が挿入されます。

次の

基本操作編 [かんたんマニュアル]

ラベル 屋 さん 10 使い方

用紙メーカーの「エーワン」(A-one)が提供しているラベル印刷ソフト「ラベル屋さん」を使って、作品を制作して印刷するまでの手順を解説します。 「ラベル屋さん」は無料で使えて操作も簡単ですので、シールやラベル用紙を印刷するのにオススメのソフトです。 現在のバージョンは「9」です。 用紙はエーワンが販売している用紙を利用できます。 作品例 下図は、この後の手順で作る作品例です。 「ほうれん草」の文字と「ほうれん草」のイラスト、2つの素材を組み合わせてラベルシールを作ります。 今回使う用紙は、A4用紙で12枚切りのシール用紙(品番28197)にしました。 ラベル屋さんを開く ラベル屋さんの公式サイトを開きます。 どちらもソフトの仕様はほぼ変わりませんので、すぐに使える「Web版」をお勧めします。 推奨ブラウザは、IE、Firefox、Safari となっています。 ラベル屋さんが起動します。 使う用紙を指定する [新規作成]をクリックします。 目的の分類をクリックします。 すぐ後で用紙の品番でも指定できます。 下図の赤枠の箇所を順にたどっていきます。 [ファイル]をクリックします。 素材の場所(下図では[デスクトップ])を指定した後、編集する素材をダブルクリックして開きます。 素材の大きさを変更するには、素材のスミをドラッグします。 素材を移動するには、素材の中央をドラッグします。 今回の作品例では、この後にもう1つ素材を挿入します。 次の素材を挿入する前に、用紙の何もない箇所をクリックして、素材の選択を解除します。 後は、先ほどと同様の手順で素材を挿入します。 下図は次の素材を挿入して、位置とサイズを整えた後の状態です。 上図では、ほうれん草のイラストを後から挿入したので、文字の上に重なってしまっています。 この後で、素材が重なる順序を変更します。 素材の重なる順序を変更する 順序を変更したい素材を選択した後、 をクリックして、順序を変更します。 下図は順序を変更した後の状態です。 隠れていた文字の下端部分が見えるようになりました。 これでラベルは完成です。 この後は、作成したラベルを用紙の他の面にコピーしていきます。 作成したラベルを用紙の他の面にコピーする [レイアウト]をクリックします。 コピーしたい面(下図は左上隅)を選択した後、画面右側で目的の操作を行います。 今回は画面右側のボタンのうち、[全て]をクリックしてみます。 選択した面が、他の面にコピーされます。 これで印刷の準備ができました。 印刷する [印刷]をクリックします。 再度、[印刷]をクリックします。 下図の赤枠の順にたどって、印刷を開始します。 作成したファイルを保存する 作成したファイルを保存する場合の手順です。 [保存]をクリックします。 保存する場所(下図では[デスクトップ])を指定した後、ファイル名を入力します。 その後、[保存]をクリックします。 下図の表示が出たら、[はい]をクリックします。 下図の画面に戻るので、再度、[保存]をクリックします。 これで保存完了です。 lcx」という記号が自動で追加されます。 下図が表示された場合、[このページから移動]をクリックします。 これで終了です。 お疲れ様でした。 その他の手順 この後は、その他の手順について説明します。 ファイルを開く 前回保存したラベル屋さんのファイルを開く場合の手順です。 でラベル屋さんを起動した後、[ファイルを開く]をクリックします。 ファイルのある場所(下図では[デスクトップ])を指定した後、ラベル屋さんのファイルをダブルクリックして開きます。 前回保存したファイルが開きました。

次の