セーラームーン ロケ地。 セーラームーンロケ地 国立大ホール

美少女戦士セーラームーン

セーラームーン ロケ地

第一期 (原作漫画、テレビアニメより) 東京都港区麻布十番に実在する。 シリーズ通しての主な舞台で、うさぎたちの地元。 テレビアニメでは十番町商店街として登場する。 港区立十番中学校(原作漫画、アニメ、実写全てに登場) うさぎと亜美とまことが通う中学校。 登場する学校の多くに共通するが、クラス替えは存在せず、ピアスやブローチの着用は校則に違反しない様子。 モデルは東京都港区に実在した。 実写ドラマのロケ地は東京都新宿区の。 (原作漫画、実写より) 東京都港区麻布十番に実在する。 待ち合わせ場所にしたり、テレポートを行ったりと、シリーズを通して比較的重要な場所となる。 十番公園(テレビアニメ) 東京都港区にある公園。 原作よりも重要度は低い。 ジュエリーOSA・P(原作漫画、アニメより) 大阪なるの母親が経営する宝石店。 セーラームーンの初陣の場所でもある。 OSA・P(オサピー)の由来は、原作者の担当のニックネーム「おさぶ」から。 モデルは港区麻布十番に存在する。 クラウン(原作漫画、アニメ、実写全てに登場) がアルバイトをしている場所で、古幡兄妹の父が経営している。 原作、アニメでは。 実写では。 モデルは港区麻布十番に存在した同名のパチンコ屋(現在は閉店)。 実写ドラマロケ地に使われたのは吉祥寺にあるカラオケ館吉祥寺北口店。 テレビアニメでは、「セーラーVゲーム」自体がコンピュータとなっていたため、司令室はない。 実写では、強力なシールドを張った基地がある。 基地への入り口はレジカウンターの近くだが、戦士以外は誰も気づかない。 フルーツパーラー クラウン(原作漫画、テレビアニメ) がアルバイトしているで、「クラウン」と同じく古幡兄妹の父が経営している。 うさぎたちの集合場所のひとつ。 モデルは港区南麻布に存在するまるみや青果(クラウン マスクメロンという看板がある)。 仙台坂上のバス停(原作漫画第一期、アニメ第一期) 「魔の6時のバス」に乗ると、存在しないはずの6本目の坂に着くというがあった。 実際はジェダイトによる行方不明事件。 火川神社(原作漫画、アニメ、実写全てに登場) 十番街の外れの上付近にあるで、レイの家。 テレビアニメでは原作における「司令室」のような場所で、作戦会議やテレポート、勉強会などに使用されるなど、シリーズを通して比較的重要な場所。 原作のモデルは東京都港区元麻布の。 テレビアニメのモデルは東京都港区赤坂の。 実写ドラマのロケ地に使用されたのは東京都渋谷区の。 T・A女学院(原作漫画、アニメ、実写全てに登場) レイと宇奈月と更科ことのが通っている、一貫教育の私立女学校。 原作ではお嬢様学校として知られ、お嬢様口調の会話が基本で、シスターが存在する。 モデルは港区六本木に存在する。 私立元麻布高校(原作漫画第二期、『Crystal』、実写ドラマ) 衛と浅沼一等が通う高校で、偏差値90の超進学校。 中学校もあることが第二期で判明する。 都内でいちばん歴史のある私立の名門校。 ネクタイが中等部と高等部とで違っている。 衛によると、「やる気のあるやつだけが生き残れる、ハングリーできたねえ学校」。 モデルは港区元麻布に存在する。 (テレビアニメ第一期) テレビアニメにおける、セーラー戦士とジェダイトの最終決戦の場所。 東京都大田区に実在。 D国大使館(原作漫画第一期、アニメ第一期より) 仙台坂下(原作)にある、世界最大の宝石産出国「D国」(テレビアニメではダイヤモンド国)の。 プリンセスD(テレビアニメではダイヤ王女)が来日時に滞在し、彼女の「幻の秘宝」が公開される舞踏会が開催された。 (マーレ・セレニタティス)(原作漫画第一期、『Crystal』) 「」と呼ばれる場所のひとつ。 かつてシルバー・ミレニアムが存在していた場所で、廃墟となったシルバー・ミレニアムの神殿の残骸が残されている。 「晴れの海」の英語名は「Sea of Serenity」で、プリンセス(クイーン)・セレニティの由来とも言われる。 シルバー・ミレニアム(原作漫画、アニメ、実写全てに登場) かつて月に存在した王国で、うさぎの前世プリンセス・セレニティの生まれ故郷。 太陽系を支配し、「地球の生命の進化を 見守る役目」を持っていた。 代々王女が一人産まれるので女王制で、王家の額には黄金の三日月の印がある。 王家は銀河を統べる聖石「幻の銀水晶」を守護し、その力で月の住人は千年の寿命と平和を謳歌しているので、「月の千年帝国」という異名を持つ。 敵勢力にシルバー・ミレニアムの一族は「白い月」と呼ばれる。 「月の住人と地球の住人は通じてはならない」という神に決められた掟があったが、プリンセス・セレニティとプリンセス・エンディミオンがそれを破ってしまう。 クイン・メタリアに操られたクイン・ベリルと地球の人々の侵攻により滅亡し、プリンセス・セレニティとクイーン・セレニティもその際に命を落とした。 実写版ではドーム型の結界の中に包まれており、「月の王国」と呼ばれる。 ムーン・キャッスル(原作漫画第一期、アニメ第一期より) 「晴れの海」に立つシルバー・ミレニアムの宮殿。 前世の滅亡時に石化して崩れ落ちたが、原作と『Crystal』では、メタリア封印時の祈りで蘇った。 第三期劇場版『かぐや姫の恋人』の、ルナ・プロジェクトで発見されたかどうかは不明である。 クリスタル・タワー(原作漫画第一期、『Crystal』) クイーンのみ入ることを許されるムーン・キャッスルの中心部「祈りの間」に存在する、水晶でできた「祈りの塔」。 危機が起こった時、祈りを捧げると月が守ってくれると言い伝えられている。 初登場時は途中で折れていたが、終盤のムーンの祈りを受けて成長する。 正面手前にある、後述の聖剣が封印されていた台座には、コンピュータに移されたクイーン・セレニティの意思をホログラム化するシステムがある。 地球国(原作漫画、アニメ第一期より) かつて地球に存在した王国。 衛の前世プリンス・エンディミオンの生まれ故郷でもある。 第四期で「 ゴールデン・キングダム」という名前があることが判明しており 、聖地エリュシオンに存在し、エンディミオンの「ゴールデン・クリスタル」に守られていたことが明かされている。 地球国の人々はクイン・メタリアに月の住人の不老長寿に対する嫉妬を利用され、「地球の生命の進化を 一方的に監視する」月の王国への反感を植え付けられて操られ、に乗っ取られてしまう。 長寿をもたらす「幻の銀水晶」を目的に月を侵攻したが、シルバー・ミレニアムの滅亡と同時に滅亡した。 (原作漫画第一期、『Crystal』) 港区芝公園にあるテレビ電波塔。 ゾイサイトやクンツァイトが奪った大量のエナジーを集めるのに利用した場所。 月のプリンセスと「幻の銀水晶」が出現した。 スターライト・タワー(テレビアニメ第一期) ベイエリアにある、ゾイサイトがタキシード仮面を呼び出して「虹水晶」を奪った場所。 ここでセーラームーンとタキシード仮面の両者はお互いの正体を明かすことになる。 この場所で「幻の銀水晶」と月のプリンセスが出現した。 クンツァイトとの戦闘で崩壊し廃墟となった。 KO大学(原作漫画、『Crystal』) 古幡元基となどが通う大学。 クイン・ベリルに操られた衛が、元基の親友の遠藤を暗殺して(『Crystal』では記憶を消して)成り代わった時に自己紹介した大学名。 第三期でせつなが、第四期では衛が入学する。 モデルは東京都港区に存在する三田キャンパス。 また、原作者の武内直子は後に慶應大に吸収合併された卒。 麻布工業大学(テレビアニメ) 衛と元基とレイカが通っている大学。 港区立十番病院(テレビアニメ第一期以降、 実写版) 明和大学病院(実写版) テレビアニメでは、亜美の母親が勤務する。 実写ドラマでの港区立十番病院は、美奈子(Special Act. ではレイ)が入院した病院として登場する。 超次元空間(原作漫画第一期、『Crystal』) クラウンの司令室での戦いの際、クラウン一帯が破壊されるのを避けるためにマーキュリーが呼び出した。 第二期 (原作漫画第二期、『Crystal』) 東京都港区に実在する公園。 ちびうさが初登場時に逃げ込んだ場所。 港区立十番小学校(原作漫画第二期、テレビアニメ第二期後半) ちびうさが通う小学校で、月野進悟も通っている。 原作第四期からは土萠ほたるも通い始めた。 モデルは東京都港区に存在する。 時空の扉(原作漫画第二期、アニメ第二期) セーラープルートが守護する過去と未来の世界をつなぐ扉。 ムーン・キャッスルの奥やクリスタル・パレスの一角にもある。 時空の狭間(原作漫画・テレビアニメ第二期) 時空と時空との間に存在する。 時空の鍵を持っていないと永遠に彷徨うことになる。 原作では距離や方向の概念がなく、所々に時空の暗黒の落とし穴が口を開いている。 その先は誰も行ったことの無い禁じられた場所「時空の深遠」があり、強い暗黒と嵐が吹き荒れているらしい。 テレビアニメでは、時空と時空をつなぐ「時空の回廊」が存在する。 クリスタル・トーキョー(原作漫画・テレビアニメ第二期) 30世紀の未来の地球で、ちびうさの生まれ故郷。 うさぎが「幻の銀水晶」の力で地球に築いた水晶の未来都市で、ネオ・クイーン・セレニティ(未来のうさぎ)とキング・エンディミオン(未来の衛)に統治されている。 麻布十番に存在し、中心地にはシルバー・ミレニアムが再興されている。 都市を守っていた「幻の銀水晶」が消えた隙に侵入したブラック・ムーンに攻撃され、死の都市になってしまった。 原作では、「幻の銀水晶」の力で地球人はかつての月の住人と同じように、千年の寿命と争いのない平和な生活を満喫している。 テレビアニメでは、20世紀の地球が突然「大変動」に襲われてコールドスリープし、30世紀にうさぎが「幻の銀水晶」の力で目覚めさせて出来た都市である。 クリスタル・パレス(原作漫画第二期、テレビアニメ第二期後半) 「幻の銀水晶」でできたクリスタル・トーキョーの不落の城。 シルバー・ミレニアムの一族のみ入ることができ、ネオ・クイーン・セレニティ、キング・エンディミオン、ちびうさ、内部太陽系戦士、セーラープルート(原作)が住んでいる。 パレスの中で一番高いクリスタルの塔に、ムーン・キャッスルを模した建物が存在する。 第三期 無限(原作漫画第三期、『Crystal』) 東京湾埋め立てプロジェクトの中心地で港区にあり、中心にある「無限洲」と、それを囲むようにして存在する「天王洲」「海王洲」「冥王洲」のこと。 全て河口を埋め立てて造られており、4つを併せた形は正三角形をしている。 無限洲駅が存在する。 また、前述のオメガエリアが展開されていた。 なお、「天王洲」は東京都品川区天王洲とは別物であるが、モデルではある。 タワー(原作漫画第三期、『Crystal』) コンドミニアムとは「分譲物件」のことで、作中では「無限洲」を囲む、「天王洲」「海王洲」「冥王洲」に1棟ずつある高級タワーマンション(家賃月100万円)を指す。 はるか、みちる、せつなの3人は、「無限洲」を見張るため、それぞれのコンドミニアムタワーで暮らしていた。 モデルは港区に存在するタイムズニューピア竹芝ノースタワー。 ムゲン・C・パーク(原作漫画第三期、『Crystal』) 「無限洲」にできたテーマパークのこと。 海の上にがある。 ちびうさとそのクラスメート、衛、浅沼が遊びに来た。 J医科大学病院(原作漫画第三期) 亜美の母親が勤める病院で、聖体を抜き取られたちびうさが運び込まれた。 モデルは港区に実在し、原作者が薬剤師として勤務していた。 また、原作版『』で宇宙翔が入院した。 見原台総合病院(テレビアニメ第三期) 正気を取り戻した土萠教授が入院している病院。 第四期 都立十番高校(原作漫画第四期、テレビアニメ第五期) うさぎたちの通う高校。 中学から一緒の亜美とまことの他に、美奈子も入学した。 原作第三期初期設定では無限学園編入前のはるかも通っていた(後にみちると編入。 女子制服で通学する)。 モデルは港区に存在する都立六本木高校。 聖地エリュシオン(原作漫画第四期、テレビアニメ第四期) かつてゴールデン・キングダムがあった場所で地球の心臓部。 緑豊かな森に囲まれた湖の中心に神殿が立っている。 祭司エリオスと巫女のメナードたちに守護されており、中心地の「祈りの塔」でエリオスが啓示を受ける。 白薔薇が咲きみだれ(登場当初はネヘレニアの呪いによって黒く変色し、枯れかけだった)、大地には浄化作用がある。 エリュシオン・地球・エンディミオン(衛)・エリオスは心と体が繋がっている。 とは、ギリシャ語で「楽園」を意味する。 テレビアニメでは、水晶でできた「夢の森」の奥に存在する場所らしい。 地上の人々の美しい夢に支えられた世界で、その夢の力を借りてネヘレニアを封印していた。 エリオスはエリュシオンから地上の人々の美しい夢を見守り、ゴールデン・クリスタルを守護する者である。 「夢の森」にはペガサスが潜み、後にアマゾン・トリオの魂が匿われた。 カレイドスコープ昔館(原作漫画第四期) うさぎとちびうさが衛に万華鏡を買ってもらった店。 港区麻布十番に実在する。 セーラープリンセスの城(原作漫画第四期〜) 太陽系セーラー戦士がそれぞれの星に持つ城で、セーラー戦士になった時にクイーン・セレニティから授けられた。 普段は守護力精霊(セーラーパワーガーディアン)が管理している。 新たな聖杯が現れ、力を注ぎ込む際、それぞれが自分の城(セーラームーンのムーン・キャッスル以外はの名前がついている)の名前を唱えているが、ちびムーンのみ「30世紀のクリスタル・パレスよ!」と言っている。 第五期では、外部戦士の城に、ムーンとスターライツ、火球がたどり着いた際、ギャラクシア勢力との戦闘が、の情報として流されていた。 第五期 丹桂王国(原作漫画第五期) スターライツと火球皇女の故郷「キンモク星」の王国。 ギャラクシアに滅ぼされて皇女は地球に逃れ、スターライツは皇女を探す目的で少年アイドルの「スリーライツ」として活動する。 名前は(キンモク星)の中国名「丹桂」に由来し、「月には桂の木(金木犀)が生えている」という中国の民話に起因すると言われている。 30世紀以上の遥か未来時代(原作漫画第五期) 原作の第五期終盤以上では、プリンセス・レディ・セレニティ(未来のセーラーちびムーン)が新たなクリスタル・トーキョーの女王クイーン・レディ・セレニティになった直後の物語らしく、今から60世紀以上にて宇宙の聖地「ギャラクシー・コルドロン」に守護するセーラーコスモス(未来のセーラームーン)は巨大化したセーラーカオスとの激しい戦いを逃れるためにタイムトラベルをした。 ところが、そのセーラーカオスに30世紀以上の未来時代を滅ぼされてセーラー戦士の子孫達の「スターシードの生命」を飲み込み全滅されてしまったらしい。 [ ] ハンマープライス堂(原作漫画第五期番外編) 凡松浦マコトなる人物が経営している。 一等地にあるため悪質なに遭っていた。 でもびくともしなかったという蔵から地霊(ゲニウス・ロキ)「オタクーラ」が現れる。 事件解決後、立派な高層ビルに建て変わる。 シンボルは翼を広げたワシの飾りだが、事件解決後は、翼部分のみエターナルセーラームーンの翼を模した物に変わっている。 モデルは港区麻布十番に実在する大黒屋麻布店。 劇場版・実写版・ミュージカル () 地球に接近した小惑星。 フィオレが軌道を変えて地球に衝突しそうになり、セーラー戦士たちと衛にパワーを貰ったうさぎの銀水晶の力で破壊されるが、銀水晶は砕けてしまった。 該当シーンは「」のオマージュである。 彗星スノー・カグヤ(原作漫画番外編および劇場版『』) 宇宙翔が発見した。 月からやってきたように見えたため、この名前をつけられた。 実は45億年前の原始太陽系の頃に地球の支配を狙い、シルバー・ミレニアムに追い払われていた。 そのため、長い放浪を経て再度地球を支配するべく、地球に衝突する軌道をとる。 また、自分の分身であるスノー・ダンサーたちを使い、人々を幸せな夢に閉じ込めようとした。 ブラック・ドリーム・ホール(原作漫画番外編および劇場版『』) エネルギーでできた巨大な。 異世界の魔女・バディヤーヌが妖精ププランたちに笛の音で呼び出させ、夢の棺に閉じこめた地球の全ての子供たちの見る夢から、シュガーエナジーを吸取・成長して地球を呑む。 セーラー戦士たちのエナジーも同時に吸い込み力を得ている。 正体はバディヤーヌが巨大な炎の玉と一体化した姿。 マジパンヌ・キャッスル(原作漫画番外編および劇場版『ブラック・ドリーム・ホール』) ブラック・ドリーム・ホールの本拠地。 雲海の中に隱されていた巨大な塔の城。 笛の音に応えるように出現していた。 ルネサンスホール(実写ドラマ) 大阪なるの母親が新作のジュエリーデザイン発表をする会場。 セーラームーンの初陣の場所でもある。 アルトゥカ帝国(バンダイミュージカル『かぐや島伝説』) 5000年前に存在した地球の王国。 太陽系の輝きを妬んだ彗星コアトルが地球に衝突しようとした時、月のプリンセスが「幻の銀水晶」の力でコアトルの軌道をずらして地球を守るが、その余波による津波に飲まれて壊滅した。 生き残りは王女のルーフ・メロウ、セルキー、カーン、クラーケン、サーペン。 かぐや島(バンダイミュージカル『かぐや島伝説」) アルトゥカ帝国に残った一つの島。 ダーク・プラズマン一味が「宝石が採れる島への宝探しツアー」と称し、セーラー戦士9人と衛たちをおびき出した。 他にも原作漫画の連載とほぼ同時期にテレビアニメの放送が開始された作品には『』等がある。 当初は第1期だけで終了する予定だったが、予想外の大ヒットとなったため続編が制作されることになり、最終的に第5期まで続いた。 構想段階では空野ひかる、夜野みやび、地野まもるがセーラーVの仲間になる予定だった。 [ ]• 例えば月野うさぎの性格は月を守護星に持つ女性の典型で、セーラームーンの母性と浄化能力は、 西洋占星術の月の意味とスピリチュアル界の月光のヒーリング作用にまつわると考えることができる。 ただし、キャラクターのイメージカラーは西洋占星術の天体の色と異なる場合が多い。 [ ]• 『不滅の戦隊ヒーロー大全集』(放映)。 第9とされてきた冥王星のへの変更は、作品開始後の2006年。 ネメシスについては「」を参照。 これはテレビアニメ発祥で、原作第三期では火の星・火星を守護に持つ戦いの戦士• これはテレビアニメ発祥で、原作第三期では雷の星・木星を守護に持つ保護の戦士• これはテレビアニメ発祥で、原作第三期と『Crystal』では風の星・天王星を守護に持つ天空の戦士• これはテレビアニメ発祥で、原作第三期と『Crystal』では海の星・海王星を守護に持つ深海の戦士• テレビアニメ第二期では、ちびうさの体内に封じられていたのはネオ・クイーン・セレニティに黙って借りた銀水晶であり、第三期登場以前に自分の銀水晶を獲得したと思われる [ ]。 実は外部太陽系三戦士のピュアな心に隠されていたもの。 実写での初陣の場所はルネサンスホール。 しかし、連載終了後に発売された新装版でも、第一期では言及されない。 現在 [ いつ? ]までのところ、第3期のデス・バスターズ編まで公開されている。 、、2004年3月24日。 ICv2 2011年10月5日. 2018年11月19日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2015年2月2日閲覧。 Sailor Moon Wiki. 2017年11月3日閲覧。 原作第二期Act18より「時間の行き来は残された最後の禁忌(タブー)。 それを行うことも、それを知ることさえも、固く禁じられたことなのです」だとセーラープルートに述べられている。 2017年10月6日閲覧。 「美少女戦士セーラームーン聖地巡礼マップ」より。 「セーラームーン 一緒にお食事よ/東京・麻布十番 レストランで料理・ショー」『』2019年8月19日(ライフスタイル面)。 (2019年8月21日閲覧)。

次の

www.lojadassabrinas.com

セーラームーン ロケ地

第一期 (原作漫画、テレビアニメより) 東京都港区麻布十番に実在する。 シリーズ通しての主な舞台で、うさぎたちの地元。 テレビアニメでは十番町商店街として登場する。 港区立十番中学校(原作漫画、アニメ、実写全てに登場) うさぎと亜美とまことが通う中学校。 登場する学校の多くに共通するが、クラス替えは存在せず、ピアスやブローチの着用は校則に違反しない様子。 モデルは東京都港区に実在した。 実写ドラマのロケ地は東京都新宿区の。 (原作漫画、実写より) 東京都港区麻布十番に実在する。 待ち合わせ場所にしたり、テレポートを行ったりと、シリーズを通して比較的重要な場所となる。 十番公園(テレビアニメ) 東京都港区にある公園。 原作よりも重要度は低い。 ジュエリーOSA・P(原作漫画、アニメより) 大阪なるの母親が経営する宝石店。 セーラームーンの初陣の場所でもある。 OSA・P(オサピー)の由来は、原作者の担当のニックネーム「おさぶ」から。 モデルは港区麻布十番に存在する。 クラウン(原作漫画、アニメ、実写全てに登場) がアルバイトをしている場所で、古幡兄妹の父が経営している。 原作、アニメでは。 実写では。 モデルは港区麻布十番に存在した同名のパチンコ屋(現在は閉店)。 実写ドラマロケ地に使われたのは吉祥寺にあるカラオケ館吉祥寺北口店。 テレビアニメでは、「セーラーVゲーム」自体がコンピュータとなっていたため、司令室はない。 実写では、強力なシールドを張った基地がある。 基地への入り口はレジカウンターの近くだが、戦士以外は誰も気づかない。 フルーツパーラー クラウン(原作漫画、テレビアニメ) がアルバイトしているで、「クラウン」と同じく古幡兄妹の父が経営している。 うさぎたちの集合場所のひとつ。 モデルは港区南麻布に存在するまるみや青果(クラウン マスクメロンという看板がある)。 仙台坂上のバス停(原作漫画第一期、アニメ第一期) 「魔の6時のバス」に乗ると、存在しないはずの6本目の坂に着くというがあった。 実際はジェダイトによる行方不明事件。 火川神社(原作漫画、アニメ、実写全てに登場) 十番街の外れの上付近にあるで、レイの家。 テレビアニメでは原作における「司令室」のような場所で、作戦会議やテレポート、勉強会などに使用されるなど、シリーズを通して比較的重要な場所。 原作のモデルは東京都港区元麻布の。 テレビアニメのモデルは東京都港区赤坂の。 実写ドラマのロケ地に使用されたのは東京都渋谷区の。 T・A女学院(原作漫画、アニメ、実写全てに登場) レイと宇奈月と更科ことのが通っている、一貫教育の私立女学校。 原作ではお嬢様学校として知られ、お嬢様口調の会話が基本で、シスターが存在する。 モデルは港区六本木に存在する。 私立元麻布高校(原作漫画第二期、『Crystal』、実写ドラマ) 衛と浅沼一等が通う高校で、偏差値90の超進学校。 中学校もあることが第二期で判明する。 都内でいちばん歴史のある私立の名門校。 ネクタイが中等部と高等部とで違っている。 衛によると、「やる気のあるやつだけが生き残れる、ハングリーできたねえ学校」。 モデルは港区元麻布に存在する。 (テレビアニメ第一期) テレビアニメにおける、セーラー戦士とジェダイトの最終決戦の場所。 東京都大田区に実在。 D国大使館(原作漫画第一期、アニメ第一期より) 仙台坂下(原作)にある、世界最大の宝石産出国「D国」(テレビアニメではダイヤモンド国)の。 プリンセスD(テレビアニメではダイヤ王女)が来日時に滞在し、彼女の「幻の秘宝」が公開される舞踏会が開催された。 (マーレ・セレニタティス)(原作漫画第一期、『Crystal』) 「」と呼ばれる場所のひとつ。 かつてシルバー・ミレニアムが存在していた場所で、廃墟となったシルバー・ミレニアムの神殿の残骸が残されている。 「晴れの海」の英語名は「Sea of Serenity」で、プリンセス(クイーン)・セレニティの由来とも言われる。 シルバー・ミレニアム(原作漫画、アニメ、実写全てに登場) かつて月に存在した王国で、うさぎの前世プリンセス・セレニティの生まれ故郷。 太陽系を支配し、「地球の生命の進化を 見守る役目」を持っていた。 代々王女が一人産まれるので女王制で、王家の額には黄金の三日月の印がある。 王家は銀河を統べる聖石「幻の銀水晶」を守護し、その力で月の住人は千年の寿命と平和を謳歌しているので、「月の千年帝国」という異名を持つ。 敵勢力にシルバー・ミレニアムの一族は「白い月」と呼ばれる。 「月の住人と地球の住人は通じてはならない」という神に決められた掟があったが、プリンセス・セレニティとプリンセス・エンディミオンがそれを破ってしまう。 クイン・メタリアに操られたクイン・ベリルと地球の人々の侵攻により滅亡し、プリンセス・セレニティとクイーン・セレニティもその際に命を落とした。 実写版ではドーム型の結界の中に包まれており、「月の王国」と呼ばれる。 ムーン・キャッスル(原作漫画第一期、アニメ第一期より) 「晴れの海」に立つシルバー・ミレニアムの宮殿。 前世の滅亡時に石化して崩れ落ちたが、原作と『Crystal』では、メタリア封印時の祈りで蘇った。 第三期劇場版『かぐや姫の恋人』の、ルナ・プロジェクトで発見されたかどうかは不明である。 クリスタル・タワー(原作漫画第一期、『Crystal』) クイーンのみ入ることを許されるムーン・キャッスルの中心部「祈りの間」に存在する、水晶でできた「祈りの塔」。 危機が起こった時、祈りを捧げると月が守ってくれると言い伝えられている。 初登場時は途中で折れていたが、終盤のムーンの祈りを受けて成長する。 正面手前にある、後述の聖剣が封印されていた台座には、コンピュータに移されたクイーン・セレニティの意思をホログラム化するシステムがある。 地球国(原作漫画、アニメ第一期より) かつて地球に存在した王国。 衛の前世プリンス・エンディミオンの生まれ故郷でもある。 第四期で「 ゴールデン・キングダム」という名前があることが判明しており 、聖地エリュシオンに存在し、エンディミオンの「ゴールデン・クリスタル」に守られていたことが明かされている。 地球国の人々はクイン・メタリアに月の住人の不老長寿に対する嫉妬を利用され、「地球の生命の進化を 一方的に監視する」月の王国への反感を植え付けられて操られ、に乗っ取られてしまう。 長寿をもたらす「幻の銀水晶」を目的に月を侵攻したが、シルバー・ミレニアムの滅亡と同時に滅亡した。 (原作漫画第一期、『Crystal』) 港区芝公園にあるテレビ電波塔。 ゾイサイトやクンツァイトが奪った大量のエナジーを集めるのに利用した場所。 月のプリンセスと「幻の銀水晶」が出現した。 スターライト・タワー(テレビアニメ第一期) ベイエリアにある、ゾイサイトがタキシード仮面を呼び出して「虹水晶」を奪った場所。 ここでセーラームーンとタキシード仮面の両者はお互いの正体を明かすことになる。 この場所で「幻の銀水晶」と月のプリンセスが出現した。 クンツァイトとの戦闘で崩壊し廃墟となった。 KO大学(原作漫画、『Crystal』) 古幡元基となどが通う大学。 クイン・ベリルに操られた衛が、元基の親友の遠藤を暗殺して(『Crystal』では記憶を消して)成り代わった時に自己紹介した大学名。 第三期でせつなが、第四期では衛が入学する。 モデルは東京都港区に存在する三田キャンパス。 また、原作者の武内直子は後に慶應大に吸収合併された卒。 麻布工業大学(テレビアニメ) 衛と元基とレイカが通っている大学。 港区立十番病院(テレビアニメ第一期以降、 実写版) 明和大学病院(実写版) テレビアニメでは、亜美の母親が勤務する。 実写ドラマでの港区立十番病院は、美奈子(Special Act. ではレイ)が入院した病院として登場する。 超次元空間(原作漫画第一期、『Crystal』) クラウンの司令室での戦いの際、クラウン一帯が破壊されるのを避けるためにマーキュリーが呼び出した。 第二期 (原作漫画第二期、『Crystal』) 東京都港区に実在する公園。 ちびうさが初登場時に逃げ込んだ場所。 港区立十番小学校(原作漫画第二期、テレビアニメ第二期後半) ちびうさが通う小学校で、月野進悟も通っている。 原作第四期からは土萠ほたるも通い始めた。 モデルは東京都港区に存在する。 時空の扉(原作漫画第二期、アニメ第二期) セーラープルートが守護する過去と未来の世界をつなぐ扉。 ムーン・キャッスルの奥やクリスタル・パレスの一角にもある。 時空の狭間(原作漫画・テレビアニメ第二期) 時空と時空との間に存在する。 時空の鍵を持っていないと永遠に彷徨うことになる。 原作では距離や方向の概念がなく、所々に時空の暗黒の落とし穴が口を開いている。 その先は誰も行ったことの無い禁じられた場所「時空の深遠」があり、強い暗黒と嵐が吹き荒れているらしい。 テレビアニメでは、時空と時空をつなぐ「時空の回廊」が存在する。 クリスタル・トーキョー(原作漫画・テレビアニメ第二期) 30世紀の未来の地球で、ちびうさの生まれ故郷。 うさぎが「幻の銀水晶」の力で地球に築いた水晶の未来都市で、ネオ・クイーン・セレニティ(未来のうさぎ)とキング・エンディミオン(未来の衛)に統治されている。 麻布十番に存在し、中心地にはシルバー・ミレニアムが再興されている。 都市を守っていた「幻の銀水晶」が消えた隙に侵入したブラック・ムーンに攻撃され、死の都市になってしまった。 原作では、「幻の銀水晶」の力で地球人はかつての月の住人と同じように、千年の寿命と争いのない平和な生活を満喫している。 テレビアニメでは、20世紀の地球が突然「大変動」に襲われてコールドスリープし、30世紀にうさぎが「幻の銀水晶」の力で目覚めさせて出来た都市である。 クリスタル・パレス(原作漫画第二期、テレビアニメ第二期後半) 「幻の銀水晶」でできたクリスタル・トーキョーの不落の城。 シルバー・ミレニアムの一族のみ入ることができ、ネオ・クイーン・セレニティ、キング・エンディミオン、ちびうさ、内部太陽系戦士、セーラープルート(原作)が住んでいる。 パレスの中で一番高いクリスタルの塔に、ムーン・キャッスルを模した建物が存在する。 第三期 無限(原作漫画第三期、『Crystal』) 東京湾埋め立てプロジェクトの中心地で港区にあり、中心にある「無限洲」と、それを囲むようにして存在する「天王洲」「海王洲」「冥王洲」のこと。 全て河口を埋め立てて造られており、4つを併せた形は正三角形をしている。 無限洲駅が存在する。 また、前述のオメガエリアが展開されていた。 なお、「天王洲」は東京都品川区天王洲とは別物であるが、モデルではある。 タワー(原作漫画第三期、『Crystal』) コンドミニアムとは「分譲物件」のことで、作中では「無限洲」を囲む、「天王洲」「海王洲」「冥王洲」に1棟ずつある高級タワーマンション(家賃月100万円)を指す。 はるか、みちる、せつなの3人は、「無限洲」を見張るため、それぞれのコンドミニアムタワーで暮らしていた。 モデルは港区に存在するタイムズニューピア竹芝ノースタワー。 ムゲン・C・パーク(原作漫画第三期、『Crystal』) 「無限洲」にできたテーマパークのこと。 海の上にがある。 ちびうさとそのクラスメート、衛、浅沼が遊びに来た。 J医科大学病院(原作漫画第三期) 亜美の母親が勤める病院で、聖体を抜き取られたちびうさが運び込まれた。 モデルは港区に実在し、原作者が薬剤師として勤務していた。 また、原作版『』で宇宙翔が入院した。 見原台総合病院(テレビアニメ第三期) 正気を取り戻した土萠教授が入院している病院。 第四期 都立十番高校(原作漫画第四期、テレビアニメ第五期) うさぎたちの通う高校。 中学から一緒の亜美とまことの他に、美奈子も入学した。 原作第三期初期設定では無限学園編入前のはるかも通っていた(後にみちると編入。 女子制服で通学する)。 モデルは港区に存在する都立六本木高校。 聖地エリュシオン(原作漫画第四期、テレビアニメ第四期) かつてゴールデン・キングダムがあった場所で地球の心臓部。 緑豊かな森に囲まれた湖の中心に神殿が立っている。 祭司エリオスと巫女のメナードたちに守護されており、中心地の「祈りの塔」でエリオスが啓示を受ける。 白薔薇が咲きみだれ(登場当初はネヘレニアの呪いによって黒く変色し、枯れかけだった)、大地には浄化作用がある。 エリュシオン・地球・エンディミオン(衛)・エリオスは心と体が繋がっている。 とは、ギリシャ語で「楽園」を意味する。 テレビアニメでは、水晶でできた「夢の森」の奥に存在する場所らしい。 地上の人々の美しい夢に支えられた世界で、その夢の力を借りてネヘレニアを封印していた。 エリオスはエリュシオンから地上の人々の美しい夢を見守り、ゴールデン・クリスタルを守護する者である。 「夢の森」にはペガサスが潜み、後にアマゾン・トリオの魂が匿われた。 カレイドスコープ昔館(原作漫画第四期) うさぎとちびうさが衛に万華鏡を買ってもらった店。 港区麻布十番に実在する。 セーラープリンセスの城(原作漫画第四期〜) 太陽系セーラー戦士がそれぞれの星に持つ城で、セーラー戦士になった時にクイーン・セレニティから授けられた。 普段は守護力精霊(セーラーパワーガーディアン)が管理している。 新たな聖杯が現れ、力を注ぎ込む際、それぞれが自分の城(セーラームーンのムーン・キャッスル以外はの名前がついている)の名前を唱えているが、ちびムーンのみ「30世紀のクリスタル・パレスよ!」と言っている。 第五期では、外部戦士の城に、ムーンとスターライツ、火球がたどり着いた際、ギャラクシア勢力との戦闘が、の情報として流されていた。 第五期 丹桂王国(原作漫画第五期) スターライツと火球皇女の故郷「キンモク星」の王国。 ギャラクシアに滅ぼされて皇女は地球に逃れ、スターライツは皇女を探す目的で少年アイドルの「スリーライツ」として活動する。 名前は(キンモク星)の中国名「丹桂」に由来し、「月には桂の木(金木犀)が生えている」という中国の民話に起因すると言われている。 30世紀以上の遥か未来時代(原作漫画第五期) 原作の第五期終盤以上では、プリンセス・レディ・セレニティ(未来のセーラーちびムーン)が新たなクリスタル・トーキョーの女王クイーン・レディ・セレニティになった直後の物語らしく、今から60世紀以上にて宇宙の聖地「ギャラクシー・コルドロン」に守護するセーラーコスモス(未来のセーラームーン)は巨大化したセーラーカオスとの激しい戦いを逃れるためにタイムトラベルをした。 ところが、そのセーラーカオスに30世紀以上の未来時代を滅ぼされてセーラー戦士の子孫達の「スターシードの生命」を飲み込み全滅されてしまったらしい。 [ ] ハンマープライス堂(原作漫画第五期番外編) 凡松浦マコトなる人物が経営している。 一等地にあるため悪質なに遭っていた。 でもびくともしなかったという蔵から地霊(ゲニウス・ロキ)「オタクーラ」が現れる。 事件解決後、立派な高層ビルに建て変わる。 シンボルは翼を広げたワシの飾りだが、事件解決後は、翼部分のみエターナルセーラームーンの翼を模した物に変わっている。 モデルは港区麻布十番に実在する大黒屋麻布店。 劇場版・実写版・ミュージカル () 地球に接近した小惑星。 フィオレが軌道を変えて地球に衝突しそうになり、セーラー戦士たちと衛にパワーを貰ったうさぎの銀水晶の力で破壊されるが、銀水晶は砕けてしまった。 該当シーンは「」のオマージュである。 彗星スノー・カグヤ(原作漫画番外編および劇場版『』) 宇宙翔が発見した。 月からやってきたように見えたため、この名前をつけられた。 実は45億年前の原始太陽系の頃に地球の支配を狙い、シルバー・ミレニアムに追い払われていた。 そのため、長い放浪を経て再度地球を支配するべく、地球に衝突する軌道をとる。 また、自分の分身であるスノー・ダンサーたちを使い、人々を幸せな夢に閉じ込めようとした。 ブラック・ドリーム・ホール(原作漫画番外編および劇場版『』) エネルギーでできた巨大な。 異世界の魔女・バディヤーヌが妖精ププランたちに笛の音で呼び出させ、夢の棺に閉じこめた地球の全ての子供たちの見る夢から、シュガーエナジーを吸取・成長して地球を呑む。 セーラー戦士たちのエナジーも同時に吸い込み力を得ている。 正体はバディヤーヌが巨大な炎の玉と一体化した姿。 マジパンヌ・キャッスル(原作漫画番外編および劇場版『ブラック・ドリーム・ホール』) ブラック・ドリーム・ホールの本拠地。 雲海の中に隱されていた巨大な塔の城。 笛の音に応えるように出現していた。 ルネサンスホール(実写ドラマ) 大阪なるの母親が新作のジュエリーデザイン発表をする会場。 セーラームーンの初陣の場所でもある。 アルトゥカ帝国(バンダイミュージカル『かぐや島伝説』) 5000年前に存在した地球の王国。 太陽系の輝きを妬んだ彗星コアトルが地球に衝突しようとした時、月のプリンセスが「幻の銀水晶」の力でコアトルの軌道をずらして地球を守るが、その余波による津波に飲まれて壊滅した。 生き残りは王女のルーフ・メロウ、セルキー、カーン、クラーケン、サーペン。 かぐや島(バンダイミュージカル『かぐや島伝説」) アルトゥカ帝国に残った一つの島。 ダーク・プラズマン一味が「宝石が採れる島への宝探しツアー」と称し、セーラー戦士9人と衛たちをおびき出した。 他にも原作漫画の連載とほぼ同時期にテレビアニメの放送が開始された作品には『』等がある。 当初は第1期だけで終了する予定だったが、予想外の大ヒットとなったため続編が制作されることになり、最終的に第5期まで続いた。 構想段階では空野ひかる、夜野みやび、地野まもるがセーラーVの仲間になる予定だった。 [ ]• 例えば月野うさぎの性格は月を守護星に持つ女性の典型で、セーラームーンの母性と浄化能力は、 西洋占星術の月の意味とスピリチュアル界の月光のヒーリング作用にまつわると考えることができる。 ただし、キャラクターのイメージカラーは西洋占星術の天体の色と異なる場合が多い。 [ ]• 『不滅の戦隊ヒーロー大全集』(放映)。 第9とされてきた冥王星のへの変更は、作品開始後の2006年。 ネメシスについては「」を参照。 これはテレビアニメ発祥で、原作第三期では火の星・火星を守護に持つ戦いの戦士• これはテレビアニメ発祥で、原作第三期では雷の星・木星を守護に持つ保護の戦士• これはテレビアニメ発祥で、原作第三期と『Crystal』では風の星・天王星を守護に持つ天空の戦士• これはテレビアニメ発祥で、原作第三期と『Crystal』では海の星・海王星を守護に持つ深海の戦士• テレビアニメ第二期では、ちびうさの体内に封じられていたのはネオ・クイーン・セレニティに黙って借りた銀水晶であり、第三期登場以前に自分の銀水晶を獲得したと思われる [ ]。 実は外部太陽系三戦士のピュアな心に隠されていたもの。 実写での初陣の場所はルネサンスホール。 しかし、連載終了後に発売された新装版でも、第一期では言及されない。 現在 [ いつ? ]までのところ、第3期のデス・バスターズ編まで公開されている。 、、2004年3月24日。 ICv2 2011年10月5日. 2018年11月19日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2015年2月2日閲覧。 Sailor Moon Wiki. 2017年11月3日閲覧。 原作第二期Act18より「時間の行き来は残された最後の禁忌(タブー)。 それを行うことも、それを知ることさえも、固く禁じられたことなのです」だとセーラープルートに述べられている。 2017年10月6日閲覧。 「美少女戦士セーラームーン聖地巡礼マップ」より。 「セーラームーン 一緒にお食事よ/東京・麻布十番 レストランで料理・ショー」『』2019年8月19日(ライフスタイル面)。 (2019年8月21日閲覧)。

次の

オレンジデイズのロケ地!結城櫂のアパート オレンジを盗んだところ 明青学院大学の撮影場所はどこ?ドラマ撮影地をまとめ

セーラームーン ロケ地

内容紹介 大人気シリーズのオリジナルビデオ版 第2弾。 人気アイドル・愛野美奈子が正義のヒロインに変身!? 恒例の座談会の第5弾をはじめ、2本のミニドラマ、ロケ地めぐりなど、特典も充実した1枚。 小さなお子様に、本作品を視聴させるか否か迷っていらっしゃる 親御様へ。 Act. ZEROは、「本来の視聴ターゲットであるべき」お子様 にもお勧めです。 実写版本編の放送終盤、物語の展開、演出が暴走し、 多くの子供達が置き去りにされてしまった、ついて行けなかったことは 非常に残念でした。 しかし、このAct. ZEROには、楽しさや、爽快感が 備わっています。 我が家には小学生の娘が二人いますが、テレビ放送 終盤、ほとんど積極的に見ることの無かった彼女達も、このAct. ZERO は、とても楽しそうに見ていました。 セーラームーン実写版を愛した大きなお友達へ。 Act. ZEROは、お別れ ではなく、「始まりの予感」でした。 また、卒業制作の意味合いを持つ Special Act. に対して、 このAct. ZERO は、「同窓会」的な雰囲気を 醸し出しております。 ZEROと本編との間を絶妙に繋ぎ取り持つ、貴重な存在となって います。 Special Act. を見終えた時は、寂しさを感じました。 しかし、この Act. ZEROでは、メビウスの輪の様に、このままセーラームーンの 世界が、エンドレスで続いていく様な、不思議な感覚を覚えました。 大好評のうちに幕を閉じ、 その後「Spcial Act」もリリースされ絶好調の 「美少女戦士セーラームーン」 だがAct. 1の前にも続きがあったのです。 愛野美奈子がセーラーVとして覚醒し、 街にはセーラーVを真似た女の子が次々に 現れます。 (もちろんうさぎたちも) そして謎のマジシャン・キューティーケンコーが 現れ、うさぎが捕らわれの身に・・・ なるちゃんたちも助けようとしますが、どうしようも 出来ません。 そんな時、現れたのはな、なんとセーラーVだったのです。 今回は本編の他に2本の短編ドラマ「タキシード仮面誕生の秘密」、 「陽菜、その後」を収録、またうさぎ役の沢井美優さんと衛役の 渋江譲二さんがロケ地として使われた場所を巡る「ロケ地巡り」、 5戦士や衛、四天王、なるたちなどメインキャストのクランクアップ 直後にメッセージをもらった「クランクアップコメント集」、 さらにTVシリーズのおまけ映像として収録されている「セーラームーンにお仕置きよ!! スペシャル座談会5」を収録しています。 また今回も前回の「Spcial Act」同様 初回特典としてスペシャルBOXが付きます。 皆さん これを観なければ、実写版「セーラームーン」は 完結しません。 是非ともご覧下さい。

次の