ハフ ソー ビョルン ソン。 「ゲーム・オブ・スローンズ」マウンテン役のハフソー・ビョルンソン氏、デッドリフトで世界記録を樹立

ハフソー・ビョルンソンがエディー・ホールのデッドリフト世界記録を破る。ボクシング対決を要望

ハフ ソー ビョルン ソン

ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。 ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。 ユーザーは議論の他の参加者、また読者や、当該記事の題材となっている人物に対し尊敬をもって発言しなければならない。 サイト運営者は記事の基本的内容に用いられている言語とは異なる言語でなされたコメントを削除できる。 sputniknews. comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 記事のテーマにそぐわないもの• 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの• 未成年の権利を侵害し、倫理的損害等、何らかの形態の損害を未成年に与えるもの• 過激主義、テロリズムを内容に含み、または、何らかの非合法活動を教唆するもの• 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• スプートニクを中傷し、または貶める発言• プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 動物への虐待・暴力シーンを描写し、またはそうしたページへのリンクを張ること• 自殺の方法に関する情報を含み、または自殺を教唆するもの• 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• 侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの• 麻薬・向精神薬の使用を宣伝し、その作成法や使用法に関する情報を含むもの• ウィルスなど有害ソフトウェアへのリンクを含むもの• そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング)• テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。 ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。 手紙には次のことが示されていなければならない。 件名は、「アカウントの復元/アクセス禁止解除」• ユーザーID• 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 再度の規則違反があり、再度のアクセス禁止が行われた場合には、アカウントは復元されず、アクセス禁止は全面的なものとなる。 モデレーター・チームと連絡を取りたい場合は、電子メールアドレスまで。

次の

「世界最強の怪力」2人がボクシングで激突へ 米人気ドラマの200kg超俳優が宿敵と対戦(THE ANSWER)

ハフ ソー ビョルン ソン

ビョルンソンが快挙、動画は再生400万超「ウソでしょ。 バーベルが気の毒」 人気テレビドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」に出演していることでも知られる俳優ハフソー・ビョルンソンが2日(日本時間3日)、パワーリフティングのデッドリフトで501キロを挙げ、世界新記録を樹立。 話題を呼んでいたが、米スポーツ専門局「ESPN」が公開した動画は再生400万回を突破するなど、「これはバケモノ!!! 」と衝撃が走っている。 人間とは思えない。 驚異の記録がアイスランドで生まれた。 大きな重りがついたバーベルの前に立ったビョルンソン。 206センチ、205キロの巨体は黒のTシャツ、短パンから丸太のような足と腕がのぞき、顔との比率がおかしく映る。 そして、バーベルの前に立ち、腰をかがめるとゆっくりと持ち上げる。 表情は苦悶。 体は小刻みに震える。 しかし、2秒キープしてみせた。 会場から絶叫が響く中、ビョルンソンは両手を広げ、雄たけびを上げた。 なんと持ち上げたのは501キロ。 従来の記録を1キロ上回る世界新記録だ。 ESPN公式ツイッターは「ハフソー・ビョルンソン、クリア! 1104ポンド(約501キロ)を持ち上げ、世界新記録を樹立」とつづり、快挙達成の瞬間を動画付きで公開すると、コメントが殺到した。 「漫画みたいな男だな」 「彼ならあと100はいけるでしょ」 「恐るべき怪物」 「この男は人間じゃない」 「狂ってる。 これはバケモノ!!! 」 「ザ・マウンテン」 「楽々やってるように見える」 「見てたら背中が爆発した」 「ウソでしょ。 バーベルが気の毒」 「見ながら背中がゾクゾクした」 「なんというモンスター」 衝撃を受けたファンが続出し、再生回数は400万回を突破した。 人気テレビドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」にグレガー・クレゲイン役で出演していたビョルンソン。 試合後には前記録保持者のエディ・ホールとSNS上で舌戦を繰り広げ、今度はボクシングで対戦することに意欲を見せていた。 かつて最強の怪力を決める「世界最強の男」に輝いたこともあるビョルンソン。 5トンを1人で持ち上げるという驚異の肉体で世界の視線を釘付けにしていた。 (THE ANSWER編集部) 外部サイト.

次の

『ゲーム・オブ・スローンズ』俳優が「デカすぎる!」 188cmのシュワも小柄に見える?

ハフ ソー ビョルン ソン

アイスランドの有名人1:ハルドル・ラクスネス ハルドル・ラクスネス(1902〜1998年)は、20世紀を代表するアイスランド生まれの作家。 詩や新聞記事、戯曲、短編小説、長編小説を執筆しました。 また、1955年にはアイスランド人として初めてノーベル文学賞を受賞したことでも有名で、これ以降、アイスランドからは未だにノーベル文学賞を受賞した人が出ていないため、ノーベル文学賞受賞者としての唯一のアイスランド人となっています。 アイスランドの有名人2:ヴィグディス・フィンボガドゥティル (出典:) ヴィグディス・フィンボガドゥティル(1930年〜)は、アイスランドの政治家であり同国における第4代大統領。 1980年、直接選挙によって大統領に選ばれた結果、アイスランドはもとより世界でも初の女性大統領になったことで歴史に名前を残しています。 また、その後も3度再選され、1996年まで大統領を務めました。 他にもユネスコ親善大使などを務めています。 アイスランドの有名人3:ヨハンナ・シグルザルドッティ (出典:) ヨハンナ・シグルザルドッティ(1942年〜)は、アイスランドの政治家であり、2009年から2013年まで同国の首相を務めた人物。 世界で始めて同性愛者であることを公表した首相として有名で、アイスランドにおける同性カップルの法的な権利保障の確保などに尽力しました。 政治家へ転身する前は飛行機の客室乗務員として働いていたことでも知られます。 アイスランドの有名人4:ビオニ・ツゥリグベイソン ビオニ・ツゥリグベイソン(1945年〜)は、アイスランド生まれの技術者で、後にカナダで宇宙飛行士になった人物。 1997年には地球の大気の調査を行うスペースシャトルミッションで、ペイロードスペシャリスト(搭乗科学技術者)として搭乗しました。 その後はアメリカのヒューストンにあるNASAの宇宙センターで、宇宙飛行士の養成に励んでいます。 アイスランドの有名人5:フリドリック・トール・フリドリクソン (出典:) フリドリック・トール・フリドリクソン(1954年〜)は、アイスランド出身の映画監督でありプロデューサー。 アカデミー賞(外国語映画賞として)に初めてノミネートされたアイスランド人映画監督として有名です。 また、彼が設立した映画製作会社は、アイスランド映画界において非常に重要な制作会社となっています。 アイスランドの有名人6:アーナルデュル・インドリダソン (出典:) アーナルデュル・インドリダソン(1961年〜)は、最も人気のあるアイスランド人作家の1人。 特に推理作家として有名で、著書「エーレンデュル捜査官シリーズ」は24か国語に翻訳され、26か国で販売されています。 ちなみに「エーレンデュル捜査官シリーズ」のうち1つの作品は、映画化もされました。 アイスランドの有名人7:オラフル・ヨハン・オラフソン (出典:) オラフル・ヨハン・オラフソン(1962年〜)は、アイスランド出身の作家であり実業家。 著書は高い評価を得て20か国語に翻訳されており、また、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの創設者・元CEOであり、在職中にはPlayStationの開発と発売の指揮を執りました。 このようなことから、日本にとても所縁のあるアイスランド人とも言えるでしょう。 アイスランドの有名人8:ビョーク ビョーク・グズムンズドッティル、通称ビョーク(1965年〜)は、アイスランド人歌手でシンガーソングライター、また音楽プロデューサーや女優としても知られる有名人。 「ザ・シュガーキューブス」というバンドでデビューし、1993年にソロ活動を始めて成功を収めました。 また、女優としての活躍も目覚ましく、ゴールデングローブ賞にノミネートされた経験を持ちます。 東洋の血は全く流れていないとされるものの、外見がアイスランド人というよりは東洋人に似ている点が話題に上がることもあります。 アイスランドの有名人9:ステファン・カール・ステファンソン ステファン・カール・ステファンソン(1975〜2018年)は、アイスランド出身の俳優であり歌手だった人物。 アイスランドの子供向け英語番組「レイジータウン」において、悪役「ロビー・ロッテン」を演じる役者として有名でした。 アイスランドの有名人10:ハフソー・ユリウス・ビョルンソン (出典:) ハフソー・ユリウス・ビョルンソン(1988年〜)は、アイスランド出身のプロストロングマン。 また、テレビドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」のグレガー・クレゲイン(マウンテン)役としても有名です。 かつてはプロのバスケットボール選手としても活躍していました。 その巨漢は身長206cm、体重205kgにもなり、アイスランドNo. 1の力自慢です。 アイスランドの有名人11:ギルフィ・シグルズソン ギルフィ・シグルズソン(1989年〜)は、イングランドのプレミアリーグを中心に活躍するアイスランド人サッカー選手であり、アイスランド代表のミッドフィルダーとして有名。 イングランドのレディングやドイツのホッフェンハイム、ウェールズのスウォンジーやイングランドのエヴァートンに所属してきました。 アイスランド出身のサッカー選手としては、最も成功している人物の一人です。 アイスランドの有名人12:アニー・スラスドーター (出典:) アニー・スラスドーター(1989年〜)は、アイスランド出身のプロクロスフィット選手。 クロスフィットゲームス(GrossFit Games)を2011年、2012年と連覇し、女性としては史上初めて同大会を2度優勝した人物となりました。 また、クロスフィット専用のジムを共同経営する実業家としても知られます。 アイスランドの有名人13:コルベイン・シグソールソン (出典:) コルベイン・シグソールソン(1990年〜)は、アイスランド出身のサッカー選手で、フォワードとして世界で活躍する人物。 これまで主にアイスランド、オランダ、フランス、トルコ、スウェーデンと渡り歩き、アイスランドの代表としても活躍してきました。 また、トルコ時代に所属していたガタラサライでは、一時期日本代表の長友と同じチームメイトとして活躍しました。 アイスランド出身のフォワードとしては、最も成功している人物の一人と言えるでしょう。 合わせて読みたい世界雑学記事• アイスランドの有名人一覧|世界初の女性大統領からサッカー選手までのまとめ アイスランド出身の有名人を13名紹介してきました。 アイスランド人は、宇宙旅行、文学、政治、音楽、テクノロジー、スポーツなど、様々な分野で世界に大いに貢献しています。

次の