くろさわ あきら。 黒澤明の最後の作品 「まあだだよ」

黒澤明の写真、名言、年表、子孫を徹底紹介

くろさわ あきら

来歴 [ ] 父は。 四人兄弟の長男(博は三男)。 小学生の頃に好きだったの選手(、ら)に憧れて野球選手になると決心して野球を始め 、日本大学横浜学園(日本大学中学校)進学後も高校生時代まで野球部に所属。 高校生の時には、との練習試合でだったと対戦し、ヒットを打ったことがある。 しかしその時バットがへし折られていたことと、先輩たちが全く歯が立たなかったのを見たことから、上には上がいるからプロ野球選手は無理かも知れないと思うようになる。 その後、同じ高校の2年先輩で高校生時代からすでに歌手活動をしていた、同じ野球部の2年先輩で後に歌手になったに影響されて、自分も歌手になりたいと思い、家出して数日後、ジャズ喫茶のでオーディションの告知を偶然目にして参加、合格するも「自分には才能がある」と思い込んで給料8千円のバンドボーイの条件を断り、大阪のナンバ一番や京都のなどのジャズ喫茶、クラブなどのオーディションも受けたが条件がみんな似通っていたようなこともあって、結局横浜に帰って来る。 その後も歌手や芸能界への夢はあきらめず、高校の野球部の先輩の飯田久彦に相談を持ち掛けたこともあったが、その後は精肉店勤務を経て、紹介により横浜の企業「築港興業」に入社。 この頃は昼のサラリーマン生活の傍ら、夜はのボーイとしても勤務していた。 その後も各映画会社のニューフェース募集の告知があるたびにオーディションに通い続け、では最終面接まで行くことが出来たが落選。 、の後身の第4期オール東宝ニュータレントとしてに入社。 俳優を志した理由は「有名になって金持ちになりたかったから」。 東宝に入社して間もない頃に、プロデューサー会議で決定したという芸名「 八方一郎(やかた いちろう)」を提示される。 「、、、わが社のスターは全員名前に数字が入っている。 それに 八方破れな君にぴったりだし、八は末広がり。 を加味して決めた」という命名理由だったが、これにすぐに呆気にとられて嫌になったことから断り、それならという案で提示された「黒沢敏郎」も「三船さんの敏郎だから名前負けする」と固辞。 結局、本名でデビューすることになった。 その後『』内では一時期これをネタにして「八方一郎」という名前で呼ばれ、頻繁にゲスト出演していた。 、、、などの作品に多く起用されて人気が出る。 テレビドラマでも『』への出演で知られるようになる。 独特の低音声が特徴で、「」と「」は大ヒットとなった。 それまでオファーを受けても本人曰く「格好つけて」断っていたというバラエティ番組に本格的に出始めるようになったきっかけは娘に勧められたことで、42歳の時に『』()に出演し、本人曰く「オーバー過ぎるくらいにバカをやってみた」ところ、予想以上の反響を呼んだことで他のバラエティ番組から次々にオファーが来るようになる。 そして平成に入ってからはのCMが話題を集め、トーク番組ではなどと並んで出演が増加した。 にが発覚し、それまでをかけていた頭髪を短く刈り込み(現在はそれに加えて白く染めている)、その後は無精髭(長さは2mmにそろえている)を生やし、ニット帽(当初はファッションモデルの夫人が持っていたのニット帽だった)を被るようになった。 、著書『二流芸能人が、何度がんになっても笑って生きている理由』(刊)を上梓、にのを行っていたことを告白した。 、の手術を受け、成功。 近年は「夢スター歌謡祭 春組対秋組歌合戦」に出演し、全国各地を回っている。 人物 [ ]• 東宝で面接を受ける日、わざと遅刻して面接会場に現れ、母親の話や仕事を三つ掛け持ちしていたために寝坊したなどといった話をした後に「 自分を合格させないと映画界の損失になる」と言い放った(その時面接を受けた男性希望者で合格したのは黒沢ただ1人だった)。 後で黒沢自身がプロデューサーのから聞いた話によると、この受け答えのぶっきらぼうさがの面接時のそれにそっくりだったという。 また、名前だけ見ての息子かと勘違いした審査員も何人かいたという。 トレードマークとなったニット帽は先述の通り妻が持っていたものであるが、黒沢は、ある日「このままでは自分の存在が薄くなって忘れ去られてしまうのではないか」と思い立ち、今までの自分を捨てて新しくイメージを構築することを思い立ち、まず頭を丸めたが、「まだ何か足りない」と思っている時、妻が自分の古い写真を見つけ、さらにその中で被っていたニット帽がタンスの中から出てきたので被ってみると、思いのほか似合っていたため、この格好に決めたという。 さらに髭を伸ばして見たとき、自ら「に似ている」とも思ったと述べている。 当初は『』のウルトラマン(ハヤタ)役の候補に挙がっていた。 黒沢本人は、当時所属していた東宝プロデューサーのが黒沢に映画の仕事を優先させるために断ったのではないかと推測している。 また、『』のウルトラセブン(モロボシ・ダン)役の候補に挙がったこともあった。 『』出演時によると、デビュー前後に関わらず、ケンカに明け暮れていた。 その腕っ節は強く、警察に職務質問を受けても捕まらなかった。 映画スターとなってかなりの収入があったが、から「30歳までに稼いだ金は全部使いなさい。 貯金を残すな」と言われ、そのとおりに遊興し、との契約解除や『ハングマン』の主役交代などで幾度か収入がピンチになってしまい、「森繁さんの言うことさえ聞いてなければ、今頃は……」とコメントしたことがある。 上記のように20代など若い頃は毎年春と秋の2回、(主にと)に行くことが慣例となっており、現地で最先端のファッションに直接触れていたその影響もあって、ファッションについては「いつまでもとでの似合う男になりたい」などといった持論がある。 「」を歌う依頼があったが、当初、ニヒルな二枚目としてのイメージがあった黒沢は、コミカルな歌の内容からこれを断り、バンド活動をしていた弟に白羽の矢が立てられた。 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• オレと彼女• おやじとオレと(1969年、)• 第6話「結婚を盗んだ女たち」(1972年、TBS)• (1972年、) - 毛利春彦• (1972年 - 1973年、NHK) - 冬吉• 第4話「人間のクズやお払い」(1973年、) - 聖天の政五郎• (1973年、)• (1973年 - 1974年、)• 第5話「情知らずが情に泣いた」(1974年、CX)• (1974年 - 1975年、TBS)• (1974年 - 1975年、NET)- 仁科啓介• (1975年 - 1976年、) - 堀田源八郎• (1976年 - 1977年、NTV) - 本郷鍈次記者• この世の花(1977年、NNN)• (1977年 - 1978年、CX)• 忘れがたき日々(1978年、)• (NHK)• (1979年) - 苔丸• (1995年) -• (2000年) -• 0計画を阻止せよ(1979年、ABC) - 左文字進• (1981年 - 1997年、ANB)• 5(1986年、ANB) - 岩城健一• 19(1993年、ABC)• (1979年 - 1980年、CX) - 菊地徹• (1980年、) - 加納錠治隊長• (ABC) - 日下部孝介• (1980年 - 1981年) レギュラー• (1982年) レギュラー• 第9話「金塊に化けたヘソクリ200億を追え! 」(1986年) ゲスト• 第7話「激突!! ハングマンVSテレビゲーム」(1987年) ゲスト• (1984年 - 1985年、NHK)• (1987年)• (1987年 - 1988年、)• (1988年) - 飛田雄介• (1991年) - 小田桐壮之介• (1994年) - 藤代外記• 「露西亜人形殺人事件」(2001年、NTV) - 山之内恒聖• (テレビ東京)• (2002年12月) - 千石敏雄• パートタイム探偵2(2004年2月) - 千石敏雄• (2003年、CX)• (2003年、CX)• (2004年、TBS)• 第6話「ライバル神志名刑事の過去」(2006年、TBS)• 第3話「花嫁救出(秘)女装作戦! 」(2007年、CX)• (2008年12月24日、TBS) -• 第22話「濡れ衣晴らし春満開 -江戸-」(2009年3月23日、TBS) - 垂水屋嘉兵衛• 第7・8話「苦いタバコ」(2009年8月21日・28日、TX) - 峰島隆裕• (2010年7月、CX) - 樹慶蔵• (1964年、)• (1965年、東宝)• (1965年、東宝)• (1966年、東宝) - 小川次郎• (1966年、東宝)• (1966年、東宝)• (1966年、東宝)• (1966年、東宝)• (1967年、東宝) - 「私()」• (1967年、東宝) -• (1968年、東宝)• (1968年、東宝)• (1968年、東宝)• (1969年、東宝)• (1969年、東宝)• (1970年、東宝)• (1970年、東宝) - 島垣• 白昼の襲撃(1970年、)• 豹は走った(1970年、東宝) - カメオ出演• (1971年、東宝)• (1971年、東宝)• (1971年、東宝)• 新網走番外地 吹雪の大脱走(1971年、東映)• (1972年、香港映画)• (1973年、東宝)• (1973年、東宝)• (1973年、東宝) - 神明• (1974年、) - 広能組組員・竹本繁• (1974年、東宝)• (1974年、東宝)• (1974年、東宝)• (1974年、東洋映画) - 村口副官• (1974年、東映) - 荒井武夫• (1975年、) - 福島清彦• (1976年、東宝) - 北上洋平• (1978年、東映) - 九十九譲次(BIG99)• (1981年、) - ダンプの隆• (1986年、) - 青井森一• (1990年、東映) - 山本忠幸二佐• (2008年、トルネード・フィルム) - ラーメン屋のおやじ• 逢えてよかった(2010年、M'sワールド) -• 忍道-SHINOBIDO-(2012年、) - 特別出演• (2017年) - 羊禅 ゲーム [ ]• - 九鬼隆太郎 吹き替え [ ]• () バラエティ [ ]• (、1995年10月17日、2004年8月31日)• 黒沢年雄の元気でGO! (、2008年9月29日 - )• (、2011年4月4日 - 2011年9月26日)• (TOKYO MX、2011年10月3日 - 2012年9月24日)• (、2012年10月7日 - 2013年9月22日) テレビ番組 [ ]• 「」(2007年4月3日 - 5月29日、)• (電卓エルシーメイト、1978年)• (関西ローカル、と歌い踊るCM )• ヤングライフZ(アダプトゲン製薬)• ディスコグラフィ [ ] シングル [ ]• 僕の恋人どこにいる(1966年8月、、SV-446)• 東宝映画『』主題歌• 俺は行く(1969年4月25日、コロムビア、LL-10096-J)• 日本テレビ系ドラマ『おやじとオレと』挿入歌• 銀のふね(1969年、コロムビア、LL-10106-J)• 明日にいのちを(1970年、コロムビア、LL-10138-J)• 朝には別れを(1971年3月、コロムビア、LL-10160-J)• 星が呼んでる(1971年6月、コロムビア、LL-10165-J)• 燃えつきて(1972年10月、コロムビア、LL-10199-J)• (1975年5月1日、コロムビア、P-403)• 今夜は送らないぜ(1975年10月、、AT-1126)• 気がかり(1975年10月1日、コロムビア、P-428)• いつかおまえに(1975年12月1日、コロムビア、P-439)• すれちがい(1976年4月、コロムビア、P-448)• ゆきずりの花(1976年10月、コロムビア、PK-30)• やめなよ(1977年8月1日、コロムビア、PK-70)• (1978年2月10日、コロムビア、PK-101)• 仮面舞踏会(1978年10月1日、コロムビア、PK-125)• 紫すみれ(1979年4月、コロムビア、PK-144)• 親父ごめんよ(1979年、コロムビア、PK-169)• アスファルト・ジャングル(1980年、コロムビア、AK-613)• あばよ!ゆかり(1980年、コロムビア、AK-726)• 酒場から愛をこめて(1981年4月、コロムビア、AH-67)• 東映映画『』挿入歌。 東映映画『ダンプ渡り鳥』挿入歌。 泣き虫じゃいけないよ(1983年2月)• 酒とバラの日々に(1985年2月21日、コロムビア、AH-556)• て・れ・な・い・で -Don't be so shy-(1986年、コロムビア、AH-707)• 愛妻宣言(1994年、コロムビア、CODA-517)• GANBARIST ガンバリスト(2005年5月10日、、FLJT-1)• 海の子守歌(1970年、コロムビア、YS-10069-J)• ATTACK THE SUN(1971年、コロムビア、YS-10099-J)• やすらぎ(1975年7月、コロムビア、JDX-7060)• 通りすぎた悲しみに…(1976年9月、コロムビア、PP-7009)• メモリー33(1978年4月、コロムビア、PX-7052)• 媚薬(1989年9月6日、、CT32-5514) ライブ・アルバム [ ]• 黒沢年男 ファースト・ライブ・イン・ベラミ(1978年7月、コロムビア、PX-7061、ナイトクラブ「」にて収録) 脚注 [ ] []• 東京新聞 2020年3月2日夕刊「『この道』黒沢年雄・23」• 東京新聞 2020年2月7日夕刊「『この道』黒沢年雄・5」• 東京新聞 2020年2月10日夕刊「『この道』黒沢年雄・7」• 東京新聞 2020年2月14日夕刊「『この道』黒沢年雄・9」• 東京新聞 2020年2月17日夕刊「『この道』黒沢年雄・12」• 東京新聞 2020年2月21日夕刊・2月22日夕刊「『この道』黒沢年雄・15、16」• 東京新聞 2020年2月23日夕刊・2月24日夕刊・2月26日夕刊・2月27日夕刊「『この道』黒沢年雄・17、18、19、20」• 東京新聞 2020年2月29日夕刊「『この道』黒沢年雄・22」• 東京新聞 2020年3月5日夕刊「『この道』黒沢年雄・26」• 2016年9月22日22面「我が道 黒沢年雄・22」• デイリースポーツ online 2015年5月15日. 2015年5月15日閲覧。 東京新聞 2020年3月3日夕刊「『この道』黒沢年雄・24」• 東京新聞 2020年3月4日夕刊「『この道』黒沢年雄・25」• スポーツニッポン 2016年9月23日24面「我が道 黒沢年雄・23」• スポーツニッポン 2016年9月21日22面「我が道 黒沢年雄・21」• - (英語)•

次の

黒沢明(くろさわあきら)とは

くろさわ あきら

コピーライターの仕事がわかる関連記事 コピーライターの仕事に興味のある方は以下の記事も参考にしてみてください。 有名なコピーライターと代表的なキャッチコピーまとめ 秋山 晶(あきやま しょう) 1936年生まれ。 クリエイティブディレクター・コピーライター。 立教大学部経済学部卒業。 同年、講談社入社、宣伝部勤務。 1964年ライトパブリシティに入社。 コピーライターとして活躍が始まる。 キユーピー、サントリー、サッポロビール、キヤノン、大塚製薬など数々の広告を手がけ多数の広告賞を受賞。 1960年、コピーライターとして広告制作会社ライトパブリシティに入社。 1975年マグナ代表取締役副社長。 1991年よりフリー。 その間、ヤマハ、サッポロビール、キヤノンカメラ、ヤマト運輸など、数々の広告を手がける。 1971年の毎日新聞創刊100年記念の公共福祉広告「さようなら、人類。 」が掲載された。 朝倉勇の代表作 さようなら、人類。 1968年立教大学法学部卒業後、1973年に、現在まで勤務するサン・アドにコピーライターとして入社。 1983年には同社から発売されたサントリー烏龍茶のコピー、「ウーロン茶はサントリー、のこと」で世間に知名度を浸透させる。 1991年から始まった村田製作所の新聞広告やCFコピーを担当するなど、今日に至るまで長い関係が続いている。 安藤隆の代表作 村田製作所はなにをセイサクしているんだろう。 コピーライター、エッセイスト、タレント、作詞家など幅広い分野で活躍。 1983年 「おいしい生活」などのキャッチコピーでコピーライターとして脚光を浴びる。 1998年 インターネットホームページ『ほぼ日刊イトイ新聞』を開設。 1日150万PVを超え、物販などを中心に高い収益をあげている。 ほぼ日刊イトイ新聞: 糸井重里の代表作 生きろ。 コピーライター、クリエイティブディレクター。 70年同志社大学文学部文化学科心理学専攻卒業。 レマン、マドラなどの広告制作プロダクションでの勤務を経て、1979年に独立、「岩崎俊一事務所」を設立する。 TCC賞、ACC賞、ギャラクシー賞大賞、読売広告賞、朝日広告賞、毎日デザイン広告賞、日経広告賞、カンヌライオンズほかを受賞している。 2014年12月20日死去。 享年67歳。 岩崎俊一の代表作 一度、ふられてらっしゃい。 上智大学外国語学部ポルトガル語学科卒業。 北海道内の学校、自治体で講座も勤めている。 池端 宏介の代表作 よくねたいも ー道産野菜 男子に、第2志望はなかった。 ー北見藤高等学校 磯島 拓矢(いそじま たくや) 1990年電通入社。 ADC賞グランプリ、TCC賞グランプリなど多数の受賞歴あり。 磯島 拓矢の代表作 昨日まで世界になかったものを。 ー旭化成企業広告 考えよう、答えはある。 ー旭化成へーベルハウス 魚住 勉(うおずみ つとむ) 1947年熊本県生まれ。 慶應義塾大学経済学部卒業。 卒業後、日本デザインセンター、サン・アドの広告代理店に勤務。 1979年に独立。 魚住 勉の代表作 男の気持ちです。 ーサントリーギフトCM みんな、ひとりなんだ。 ーサントリー・オールド 梅本 洋一(うめもと よういち) 1950年東京都生まれ。 上智大学卒業。 コピーライター。 スタンダード通信社、旭通信社を経て、独立。 1982年に「梅本洋一事務所」を設立。 2013年逝去。 享年62歳。 梅本 洋一の代表作 梅は咲いたか、Y・M・Oはまだか。 ーBGM 泣かせる味じゃん。 ーサントリー 売野 雅勇(うりの まさお) 1951年栃木県出身。 上智大学文学部英文科卒業。 広告代理店、ファッション誌編集長を経て現在は主に作詞家として活動中。 株式会社オフィス南紹介ページ: 売野 雅勇の代表作 星くずのダンス・ホール ーシャネルズ 少女A ー中森明菜 太田 恵美(おおた えみ) 1951年京都府北区生まれ。 明治学院大学卒業。 コピーライター。 東京コピーライタークラブ所属。 太田 恵美の代表作 そうだ、京都行こう。 ーJR東海 贅沢していい人 ーサントリーBOSS 岡田 直也(おかだ なおや) 1955年生まれ。 これまでの受賞歴はTCC最高賞、ADC最高賞、OCCクラブ賞、朝日・毎日・読売広告賞など多数受賞。 岡田直也事務所HP: 岡田 直也の代表作 夏ぼったい、ひとびとに ー豊島園 さいごはぐー ー日本いのちの花協会 岡本 欣也(おかもと きんや) 1969年東京都生まれ。 コピーライター。 1994年岩崎俊一事務所に入社。 2010年にフリーのライターとして独立。 事務所「オカキン」を設立。 これまでの受賞歴はTCC賞、ACC賞、毎日広告デザイン賞、日経広告賞、朝日新聞広告大賞、読売新聞広告大賞など多数。 オカキンオフィシャルサイト: 岡本 欣也の代表作 トライなら、落書きするヒマを与えません。 ー家庭教師のトライ ないものをつくれ。 ーホンダ 尾形 真理子(おがた まりこ) 1978年東京都生まれ。 日本大学法学部卒業。 これまでの受賞歴はTCC賞、朝日広告賞など。 著書に「試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。 」がある。 尾形 真理子の代表作 世界の非常食になりませんように ー朝日広告賞、グランプリ受賞作品 運命を狂わすほどの恋を、女は忘れられる。 ールミネ広告 小野田 隆雄(おのだ たかお) 1942年栃木県足利市生まれ。 東京都立大学人文学部卒業。 コピーライター。 1966年に資生堂に入社、宣伝文化部に配属。 1983年に同社を退社後、フリーになり地震のオフィス「アップ」を設立。 小野田 隆雄の代表作 効果的なシャドウは瞳をふせても美しい ー資生堂スペシャル化粧品 ゆれる、まなざし ー資生堂 勝浦 雅彦(かつうら まさひこ) 株式会社電通、第1総合ソリューション局所属。 コピーライター・CMプランナー アーティストPVや作詞、AI、プロダクト開発なども行なっている。 ウェブ電通報紹介ページ: 勝浦 雅彦の代表作 大変な時代に、家族をつくってくれました。 ーTCCポスター 私は、誰かが望んだ、未来なんだ。 ー同上 神谷 幸之助(かみたに こうのすけ) 1957年鳥取県生まれ。 成蹊大学工学部機械工学科卒業。 機械メーカーに入社後、広告の世界へ転職。 現在は株式会社ナカハタに参加。 神谷 幸之助の代表作 タバコはやめるのではなく、治すのだ ーファイザー 元気をだして ーあいおいニッセイ同和 川崎 徹(かわさき とおる) 1948年東京都生まれ。 早稲田大学政治経済学部卒業。 川崎 徹の代表作 それなりに、 ー富士フィルム ハエハエカカカ キンチョール ーキンチョール 国井 美果(くにい みか) 1971年東京都生まれ。 立教大学文学部卒業。 コピーライター。 ライトパブリシティを経てフリーランスに。 国井 美果の代表作 一瞬も 一生も 美しく ー資生堂 一人の商人、無数の使命 ー伊藤忠商事 黒澤 晃(くろさわ あきら) 1953年横浜生まれ。 東京大学卒業。 コピーライター。 1978年博報堂に入社。 2013年に同社を退職、黒澤事務所を設立。 ホームページ: 黒澤 晃の代表作 省エネから、ゼロエネへ。 ー大成建設 これから、絶対。 コピーライター。 ー宣伝会議 小西 利行(こにし としゆき) 1968年京都府生まれ。 大阪大学卒業。 1993年博報堂入社。 2006年に独立、株式会社POOL inc. を設立。 CM制作、商品開発から都市開発まで幅広く手がけている。 六本木未来会議紹介ページ: 小西 利行の代表作 伝わっているか ー宣伝会議 すごいメモ。 ーかんき出版 小宮 由美子(こみや ゆりこ) 慶應義塾大学 環境情報学部卒業。 コピーライター。 サントリー宣伝部に入社後、株式会社サン・アドに移籍。 2019年よりフリー。 オフィシャルホームページ: 小宮 由美子の代表作 石三といいます ーISHIZO(石三) とくべつな栗 ー石畳栗 こやま 淳子(こやま じゅんこ) 京都府生まれ。 1995年早稲田大学商学部卒業。 コピーライター。 コピーライター・こみや淳子のホームページ: こやま 淳子の代表作 世界一のチームは、きっと家族だ。 ー日経DUALブランドムービー・グラフィック 愛のカタチは、義理と本命だけじゃない。 ーバレンタインロッテ 児島 令子(こじま れいこ) 1956年大阪府生まれ。 京都女子大学卒業。 コピーライター。 広告代理店に勤務後1986年にフリーに転向。 日本で一番有名な女性コピーライターとの呼び声も高い。 児島 令子の代表作 21世紀My Car。 ーTOYOTA VITZ ココロはコロコロ変わらない。 ーサントリー・角瓶 坂本 和加(さかもと わか) 1974年生まれ。 コピーライター。 貿易事務のOLを経験後、一倉広告制作所を経て2016年に独立。 合同会社コトリ社を主宰。 オフィシャルホームページ: 坂本 和加の代表作 カラダに、ピース ーカルピス 行くぜ、東北 ーJR東日本旅客鉄道 佐々木圭一(ささき けいいち) 1972年生まれ。 神奈川県出身。 コピーライター。 1997年博報堂に入社。 カンヌ広告祭金賞を受賞したり、作詞家として活動したりとマルチに活躍。 2013年、「伝え方が9割」を出版。 同書は「三年連続ビジネス書年間ベスト10入り」の大ベストセラー。 同年末に博報堂を退社し、株式会社ウゴカスを設立。 「日本人のコミュニケーション能力をベースアップさせる」をミッションに講演や広告制作などの活動を行っている。 株式会社ウゴカス: 佐々木圭一の代表作 一行のメモが、一生を変える。 ーメモの魔力 この世を、もういちど好きになってみる。 ートイズ・ファクトリー・Mr. Children 佐々木 宏(ささき ひろし) 1954年熊本県八代市出身。 慶應義塾大学卒業。 コピーライター、クリエイティブディエクター。 1977年電通に入社後、新聞雑誌局やクリーティブ局に勤めた後2003年7月「シンガタ」を設立。 佐々木 宏の代表作 そうだ、京都、行こう。 ー東海旅客鉄道 ニューヨークへ、行こう。 ー全日空空輸 沢辺 香(さわべ かおり) 大阪生まれ。 関西大学社会学部卒業。 コピーライター、クリエイティブディレクター。 制作会社、広告代理店を経て独立。 「torth」という屋号で活動中。 「torth」ホームページ: 沢辺 香の代表作 ちゃんと生きる、ちゃんと傷つく。 ーオロナイン軟膏 ちょっと座らない ー日本ベンチ協会 佐藤 康彦(さとう やすお) 1961年生まれ。 新潟県出身。 クリエイティブディレクター、コピーライター。 國學院大學卒業。 大学在学中に株式会社リクルート情報出版(現リクルート)にアルバイトとして従事。 1987年に広告制作プロダクション(有)E. に参加。 1990年、同社を退職。 フリーランスのコピーライターに。 佐藤康彦の代表作 折り目正しき人。 ー獨協大学 情報を、勇気に。 ーリクルート、50周年記念記念広告。 佐藤 卓(さとう たく) 1984年静岡県富士市生まれ。 コピーライター。 大学では環境問題を選考。 大学卒業後、アパレルショップの店員、アパレルブランドのコピーライター、広告制作会社を経て、2013年に独立。 佐藤卓クリエイティブオフィスを設立。 オフィシャルホームページ: 佐藤 卓の代表作 起こすかよこすか! ーかやまじゅん平選挙コピー 新しい「 」を創ろう! ーCSE株式会社 鈴木 聡(すずき さとし) 1959年東京生まれ。 1982年早稲田大学政経学部卒業後、博報堂に入社。 コピーライター・クリエイティブディレクターとして活躍。 1984年に劇団サラリーマン新劇喇叺屋(現ラッパ屋)を結成。 現在は演劇、テレビドラマ界、映画など脚本家として幅広く活動している。 鈴木聡の代表作 コーヒー、それはUCC ーUCC上島珈琲 ウィスキーは冷蔵庫へ。 竹島事務所を設立。 オフィシャルサイト: 高島 靖の代表作 「住育のすすめ」 ー角川SSC新書 『危ない「住活」』 ー角川SSC新書 田中 泰延(たなか ひろのぶ) 1969年大阪生まれ。 コピーライター。 2003年電通入社。 2016年、電通を退社後からフリーランスとして活動。 Twitter: 田中 泰延の代表作 田中 泰延のエンタメ ー街角のクリエイティブ連載 谷山 雅計(たにやま まさかず) 1961年大阪府生まれ。 東京大学教養学部卒業。 コピーライター。 1984年博報堂に入社。 1997年に同社を退社後に独立。 有限会社谷山広告を設立。 TCC新人賞、朝日新聞広告賞、毎日新聞広告賞など多数受賞歴あり。 谷山 雅計の代表作 人の間にKDD。 ー国際電信電話(KDD)現・KDDI セルシオか、それ以外か。 ートヨタ自動車 玉山 貴康(たまやま たかやす) 同志社大学社文学部卒業。 91年に電通入社。 熊本商科大学卒業。 コピーライター。 すたじおDAC熊本支社、熊日アドセンターを経て1991年に私立手島事務所を設立。 2017年ハレム株式会社設立。 ハレム株式会社ホームページ: 手島 裕司の代表作 耳がカラカラです。 電話は、どこですか? ーNTT 初めての「おいしい」より、 二度目の「おいしい」。 ー新聞 土屋 耕一(つちや こういち) 1930年東京生まれ。 コピーライター。 回文作家、随筆家。 資生堂宣伝部を経た後に、広告制作会社ライトパブリシティに入社。 コピーライターとして活躍後、1976年に独立。 コピーライターとしての活動以外にも回文をはじめとして、俳句やアナグラム、詰字、早口言葉などの「ことば遊び」を発表している。 2009年3月逝去。 享年78歳。 土屋耕一の代表作 君のひとみは、10000ボルト ー資生堂 こんにちは、土曜日くん ー伊勢丹 仲畑 貴志(なかはた たかし) 1947年京都市京都府生まれ。 コピーライター。 宣伝会議コピーライター養成講座を受講後、広告代理店に入社。 1970年にはTCC(東京コピーライターズクラブ)の新人賞を受賞。 1972年に広告制作プロダクションのサン・アドに入社。 コピーライターとして活動する傍、テレビCMソングの作詞者としても活躍。 タコが言うのよ。 ーサントリー マイルドウォッカ樹氷 中村 禎(なかむら ただし) 1957年福岡県生まれ。 1980年J. トンプソンに入社。 1981年にサン・アドに移籍。 翌年1982年にTCC最高新人賞を受賞。 1988年に電通に移籍。 2003年には同年優勝した阪神タイガースに関するスポーツ記事のコピーを担当。 現在はフリーのライターとして活動中。 中村 禎の代表作 いい仕事をした人が、いい顔になるのはなぜだろう。 ーリクルート・とらばーゆ おいしいとこだけ、一番搾り。 ーキリンビール・一番搾り 中村 聖子(なかむら せいこ) 福岡県出身。 オフィシャルサイト: 二階堂 薫の代表作 たまらなく一途な人たちが たえまなく幸せでありますように ーオフィシャルサイトより 西村 佳也(にしむら けいや) 1942年東京都生まれ。 早稲田大学第一政治経済学部卒業。 コピーライター。 1969年にサン・アドに入社。 1973年、同社を退社後フリーに転向。 西村 佳也の代表作 時間は液体である。 ーサントリーブランデーX. O なにも足さない、なにも引かない。 ーサントリー山崎 西村 麻里(にしむら まり) 国内広告代理店、海外広告代理店のコピーライター・CMプランナーとして活動後、現在はフリーのCDとして活躍中。 主な国内受賞歴にTCC賞新人賞、電通賞最優秀賞など。 海外受賞歴はCLIOシルバー賞、SPIKS ASIAブロンズ賞など多数。 公式オフィシャルサイト : 西村 麻里の代表作 我が家は、武田メガネ。 ー武田メガネ 麻薬犬、ナメンなよ。 ー税関。 野澤 幸司(のざわ こうじ) 1978年茨城県生まれ。 コピーライター。 2001年青山学院大学卒業。 2003年から株式会社パラドックス・クリエイティブに所属。 コピーライティングから企業立案まで幅広く手がけている。 野澤 幸司の代表作 未来が安売りされませんように。 ーSEIYU 長谷川 哲士(はせがわ てつじ) 1984年島根県生まれ。 コピーライター。 2007年4月からリクルートで求人広告制作ディレクターとして活動。 2009年12月からフリーランスに転身。 2012年1月からカヤックコピー部に所属。 長谷川 哲士の代表作 元カレも、今カレもオカモトです。 ーオカモトゼロワン ツマラナイ自分へ。 ーAXE BLACK 原 晋(はら すすむ) 1974年福岡県北九州市生まれ。 早稲田大学商学部卒業。 コピーライター。 1999年に(株)東急エージェンシーに入社。 2007年に同社を退社後、(株)バイロン取締役に就任。 2008年クリエイティブ・ユニット「シカク」を結成。 シカクHP: 原 晋の代表作 エアコンも、心も、美しく。 ーカジタク キミにない世界を見せよう。 ーU-NEXT 一倉 宏(ひとくら ひろし) 1955年群馬県生まれ。 筑波大学卒業。 コピーライター。 サントリー株式会社宣伝部、仲畑広告制作所を経て独立。 一倉広告制作所を設立。 ホームページ: 一倉 宏の代表作 私は、ドライではありません。 ーサントリーモルツ あなたから、幸せになってください。 ー岩田屋 広瀬 さとし(ひろせ さとし) コピーライター。 制作プロダクションや代理店を経てリクルートに入社。 リクルート在籍中はマネージャー全社表彰を受けるなど、数々の賞を受賞。 2001年に同社を早期退職し、独立。 広瀬さとし事務所 株式会社を設立。 広瀬 さとしの代表作 いい菓子つくろう鎌倉紅谷 ー鎌倉紅谷 カナヅチも浮かす勢いです。 ー体育の家庭教師アクア 福里 真一(ふくさと しんいち) 1968年神奈川県鎌倉市出身。 一橋大学社会学部卒業。 1992年電通入社。 2001年に独立し「ワンスカイ」に所属。 受賞歴にACC最優秀ラジオスポットCM賞、TCC最高新人賞など。 ワンスカイ ホームページ: 福里 真一の代表作 明日があるさ ジョージアで行きましょう編 ーウルフルズ 作詞 こども店長 ートヨタ自動車 藤本 宗将(ふじわら むねのぶ) 1972年生まれ。 東京大学法学部卒業。 1997年電通入社。 コピーライター。 広告のメッセージ開発などを手がけている。 主な受賞履歴はTCC最高新人賞、TCC賞、ACCグランプリ、ACDグランプリなど。 藤原 宗将の代表作 負けるもんか。 慶應義塾大学経済学部卒業。 コピーライター。 大学卒業後電通に入社。 2002年よりサステナ代表。 2008年に電通を退社し独立。 眞木 準(まき じゅん) 1948年愛知県生まれ。 コピーライター。 慶應義塾大学経済学部卒業。 1971年博報堂に入社。 制作室クリエイティブチームに従事。 1983年に同社を退職後、フリーに転身。 2009年6月に逝去。 享年60歳。 眞木 準の代表作 トースト娘ができあがる。 ー全日空 ラガーを2つ買おう。 ーキリンビール 松下 武史(まつした たけし) 1983年にAETに入社。 1995年に独立。 株式会社CPUを設立。 宣伝職や若手ディレクター、営業担当者向けにセミナー講師など幅広く活動中。 松下 武史の代表作 私に経済効果 ーポスター 私は、日経を摂っている。 ーポスター 前田 知巳(まえだ ともみ) 1965年熊本県熊本市出身。 東京外国語大学卒業。 卒業後博報堂に入社。 退社後1999年にフリーランスとして独立。 オフィシャルサイト: 前田 知巳の代表作 国会議事堂は、解体。 ー宝島社 うれしいを、つぎつぎと。 ーキリンビール 三井 朋子(みつい ともこ) 1968年静岡県生まれ。 武蔵野美術大学短期大学部卒業。 コピーライター。 中学校の美術職員〜電通派遣社員〜化粧品メーカーコーセー宣伝部コピーライター を経て現在はアサツーディケィに所属。 三井 朋子の代表作 ヤクルトの実力をかるくみていませんか。 ーヤクルト本社企業広告 肌でとるコラーゲン ーウテナ 山本 高史(やまもと たかし) 1961年京都府出身。 大阪大学文学部卒業。 1985年に電通入社後、2006年に同社を退社し独立。 関西大学社会学部教授。 山本 高史の代表作 ココロとカラダ、人間の全部 ーオリンパス 未来は、希望で不安で、できている ー三井住友生命 三浦 明博(みうら あきひろ) 1959年宮城県生まれ。 明治大学商学部卒業。 大学卒業後、広告会社に入社後コピーライターとして活躍後、1989年に独立。 現在はフリーランスとして活躍中。 三浦 明博の代表作 亡兆のモノクローム ー江戸川乱歩賞受賞小説 サーカス市場 ー小説 山根 哲也(やまね てつや) 1983年京都府生まれ。 これまでの受賞歴にTCC新人賞がある。 主な仕事はPOLA、meiji、DOUTOR、Knot、東京西川、小学館など。 山根 哲也の代表作 鏡を、疑え。 ーPOLA APEX 恋愛か、化学か。 ーPOLA APEX 吉田 有理(よしだ ゆうり) 福島県須賀川市生まれ。 卒業後、日本デザインセンター、アサツー(現ADK)を経て1992年にフリーのコピーライターに。 吉田 有理の代表作 そのまなざしは、まっすく前を向いている。 ー多摩モノレール みんなつながって、大切な時間を作る。 ー多摩モノレール 渡辺 潤平(わたなべ じゅんぺい) 1977年千葉県船橋市生まれ。 早稲田大学教育学部卒業。 コピーライター。 2000年博報堂に入社。 2006年同社を退社後、2007年に渡辺潤平社を設立。 オフィシャルサイト: 渡辺 潤平の代表作 前向き!前向き! 大塚製薬・オロナミンC 進め、学び。 セールスレター・LP・HPなど「費用対効果」にこだわったWeb制作• あなたがお持ちのブログ・HPの添削と改善案のご提案• ライティングやWeb集客の個人・企業コンサルティング など、言葉とWebの力でビジネスを拡大するお手伝いをさせていただきます。 - 著者プロフィール 住田辰範 ペンネーム:角田正則 株式会社SMD代表取締役 Webセールスコピーライター・Webマーケター コピーライティングに特化した自身のメルマガの読者は1万人を超える。 当サイトはGoogle検索では「コピーライティング」「セールスコピーライター」などで1位を獲得。 いずれも2019年現在 SEO・Facebook広告やリスティング広告などのネット広告運用など、Webの集客・販売の仕組みをゼロから構築します。 LPやセールスレターの制作、HP制作、メルマガ・ステップメールの代筆、Webマーケティングコンサルまで、幅広く活動。 Webメディアの集客・販売に関するセミナーやワークショップも多数開催。 みんなに読まれている記事TOP10• カテゴリー• Twitter.

次の

【保存版】有名なコピーライターのプロフィールと代表的なキャッチコピーまとめ

くろさわ あきら

作家・内田百聞とその門下生たちとの交流を描いたヒューマンドラマ。 当初は3時間近い長尺の作品になるはずであったが、徹底的にリハーサルを重ねていった結果、2時間14分の作品に仕上がった。 それだけに段取りが良すぎるところが鼻に付くところもあるが、その内容の濃さには感嘆せずにはいられない。 黒澤は脚本段階から松村達雄を百聞役に考えていたそうだが、スタッフの中ではそれを疑問視する者もいた。 そこで松村は監督と二人だけで稽古を積み、関係者の前で、70歳を過ぎた百聞を演じて見せた。 その演技の巣晴らしさにスタッフも納得し、実際の百聞を知る人からは、本物のようだと言わしめさせたという。 奇しくも、デビュー作以来こだわり続けた師匠と弟子の師弟関係をテーマにした作品が遺作となったところにも、理想を追い続け、独特のスタイルを保ち続けた黒澤明監督の唯一無二の巨匠らしさが感じられる。 スポンサーリンク あらすじ ドイツ語教師の百聞先生は、作家としての活動に専念するため、勤めていた大学を退職することになった。 生徒たちは「仰げば尊し」を歌って、先生を送り出す。 大学を辞めて後でも、先生の元には元生徒たちが集まり、酒を酌み交わし交流を深め続けている。 しかし、時代は太平洋戦争のド真中、先生は空襲で家を焼かれてしまった。 家を失い、小さな小屋で生活する先生に、元生徒たちから、戦後新しい家を立ててもらうことになった。

次の