ドレン ホース。 エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

エアコンのドレンホース延長とは?

ドレン ホース

劣化のサインがあったらすぐに交換がおすすめ どのご家庭にも、エアコンには室内機から屋外に伸びているドレンホースといわれる管がついています。 ドレンホースは、エアコンの中で結露してたまった水分を外に出す役割を果たしています。 ドレンホースは屋外にあることから、長い間使っていると管が割れるなどして破損することがあります。 このため、ドレンホースは定期的に交換が必要になるわけです。 ドレンホースは、さまざまな要因で劣化していきます。 屋外にあるドレンホースは、紫外線などを浴び続けることにより劣化していきます。 とくにカバーなどがされておらずホースがむき出しになっている場合は、紫外線や風雨などの影響を受けるため劣化は早くなります。 また、室外機のファンの振動を受け続けることも、ホースが割れる原因のひとつです。 劣化したドレンホースの放置はさまざまな故障の原因になる ドレンホースの劣化には、サインがあります。 もしエアコンの室内機から水漏れすることがあるなら交換したほうがよいかもしれません。 この場合は、ドレンホース内で詰まりが発生しており、結露した水が外へ排出できていない可能性があります。 そのまま放置しておくと、ホースだけでなく室内機が故障するおそれもあるため早めに交換しましょう。 またドレンホースが割れていると、破損している箇所から植物や虫が侵入して繫殖することもあります。 場合によっては、詰まりが発生する原因になるだけでなく、ホースを通じて室内に繁殖した虫が侵入してくるかもしれません。 エアコンを使用していて不具合を感じたら、専門の業者に相談してみてもよいかもしれません。 ドレンホースの交換を業者に依頼する費用相場 一般的に、ドレンホースの交換を業者に依頼した場合の費用相場は、約5千~2万円前後です。 ただし、エアコンのドレンホースを交換する費用は、環境やエアコンの設置場所などによって変動します。 たとえば、2階以上になればドレンホースを延長させることが必要になり、天井に埋め込むタイプのエアコンでは、天井裏での作業が必要になる場合もあります。 ドレンホースの交換は、自分でおこなうことも可能です。 しかし、ドレンホースには種類があり、直径が異なるだけでなく素材が異なるものもあります。 このため知識がないと、ホースを購入するまでに手間や時間がかかるかもしれません。 さらに2階以上に設置されたエアコンの場合は、ドレンホースの長さを計る作業が高所になるため、危険をともなうこともあるでしょう。 もし自力で交換する自信や時間がないなら、専門の業者へ依頼するようにしましょう。 プロに任せれば、安全で確実にドレンホースの交換をおこなってくれます。 何より、リスクを回避して自己負担を軽減できるのもメリットです。 ドレンホースの交換で気になることがあれば、まずは業者に相談してみましょう。 ドレンホースはDIYで交換することもできる エアコンのドレンホース交換は、自分でもおこなうことができます。 ここでは、ドレンホースの交換をDIYでおこなうための準備と交換手順を解説します。 ドレンホースの交換で準備すべきもの ドレンホースの交換には、おもに以下のものが必要になりホームセンターなどで購入することが可能です。 購入前には、あらかじめ必要になるドレンホースの長さや直径は調べておきましょう。 一般的に使われるドレンホースの直径には、14㎜と16㎜、そして18㎜があります。 またドレンホースに「ジョイント」と呼ばれる連結部品が付いていれば、そのまま流用できそうか確認しておくこともポイントです。 〇ドレンホースの交換で用意するもの ・新しいドレンホース ・ジョイント ・配管用テープ ・結束バンド ・手袋 ドレンホースの交換手順 ドレンホースを交換するための部品などが揃ったら、実際に交換を始めてみましょう。 ドレンホースの破損した箇所は、汚れているだけでなく鋭利になっている可能性があります。 ケガをしないよう安全に作業するために手袋を着用しましょう。 〇劣化したホースを外す ドレンホースに配管テープが巻かれていれば、ジョイントでホースを接続している可能性があります。 テープを外してみて、ジョイントがあれば劣化しているホースを取り外します。 もしジョイントが付いていなければ、破損している箇所を切り落としてしまってかまいません。 〇ホースをつなげて配管テープを巻く 室内機から伸びているホースに、新しいホースをつなげます。 ホースを途中で切断した場合はジョイントを使って接続します。 ドレンホースをつなぎ終えたら、配管テープでしっかり巻き付けます。 〇交換したドレンホースを冷媒管や支柱などに固定する ドレンホースの交換ができたら、強風から守るために結束バンドなどで固定することがおすすめです。 エアコンの配管には、ドレンホース以外にも冷媒管といわれる金属製のパイプが2本あります。 もし固定できるような支柱がない場合は、冷媒管に固定しておきましょう。 ドレンホースの交換時の注意点 ドレンホースの交換時には、注意点があります。 ドレンホースに巻かれたテープなどを外す際に、ハサミやカッターなどを使用する場合は、冷媒管に傷つけないように配慮することが大切です。 万が一、冷媒管を傷つけると循環するはずのフロンが漏れ、エアコンが正しく機能しないおそれがあるのです。 こうなると、ドレンホースの交換をするつもりだったはずが、かえって高い修理費用を払うことになってしまいます。 もし確実に修理したいということであれば、自分でおこなうことはせず、専門性の高い知識や技術がある業者に依頼することをおすすめします。 ドレンホースを長持ちさせるコツ ドレンホースは消耗品とはいえ、対策することで長持ちさせることもできます。 まず使用するドレンホースは、プラスチック製よりも塩化ビニール製のほうが長持ちします。 さらに、ホースが二重構造になっていて耐候性のあるものがよいでしょう。 耐候性のドレンホースは、肉厚で内側が黒いところで見分けることができます。 また、ホースの大敵ともいえる紫外線から守るには、耐久性のある化粧ケースなどカバーをつけ紫外線対策することで長持ちさせることもできます。 カバーについても、ドレンホースと同様に劣化しやすいプラスチック製ではなく、塩化ビニール製をおすすめします。 ほかにも、害虫の侵入を防ぐためにホースを地面から浮かせておくのもポイントです。 そして、ホースの先端を防虫キャップなど網目状のもので覆えば、より効果的です。 対策方法でわからないことがあれば、専門の業者などに相談をしてみるのも方法のひとつです。 専門の業者であれば、環境に適した方法で確実にドレンホースの交換をおこなってくれます。 さらに優良な業者であれば、長持ちさせるためのアドバイスやアフターフォローを受けることもできるでしょう。 もしドレンホースに破損や劣化が見られるなどのお悩みがある場合は、ぜひ弊社をご利用ください。 弊社では、エアコンのドレンホース交換をする専門業者を数多くご紹介しております。 24時間365日受付対応しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。 【掲載料金は消費税を含んでおりません】 【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】 電気工事お助け隊では、コンセント増設やスイッチ工事、エアコン工事など多彩な作業に対応しています。 また、テレビアンテナ工事や漏電の回収など設備交換にも対応可能です。 電気工事に関するあらゆるご依頼に対応させていただきます。 電気工事は専門の資格である。 「電気工事士」を持っていなければ行うことができません。 そのため、お困りのお客様はおおいでしょう。 お問合せはいつでも無料!平日の日中だけではなく、深夜や早朝、さらに土日祝もご利用可能となっております。 どんなささいなお悩みでも、かまいません。 24時間365日いつでもお問合せいただければ、弊社スタッフが常に迅速に対応させていただきます。 実際の施工には加盟店スタッフがお伺いしますので、どうぞご安心ください。 調査・見積り後、お客様に納得していただいてからの作業となります。 追加料金もかかりませんので、安心してご利用くださいませ。 Copyright 電気工事お助け隊 All rights reserved.

次の

エアコンのドレンホースは定期交換部品!自分で交換する方法も解説!

ドレン ホース

評価 0. 0 【特長】 ・ドレンアップ配管を一体化して、工数を削減します。 ・漏水リスクの低減になります。 【用途】 ・パッケージエアコン ドレンアップ配管用継手付き断熱ドレンホース。 評価 0. 0 【特長】 ・外材にスパッタシートゴールドアルファー JIS A1323 A種に合格 と内材にアルミナファイバーブランケットを使用、高温域の断熱材としてもご利用いただけます。 ・外材のスパッタシートゴールドアルファーの生地であるシリカ繊維 高耐熱ガラス繊維 は無機質のため、製品自体燃え上がることはありません。 ・自動車板金のボディーのたたき出しの際に、コード、ホース、プラスチック部品を取り外すことなく作業できます。 ・スパッタシートとの併用で一層効果的な作業ができます。 ・アスベストやRCF リフラクトリーセラミックファイバー を含んでいない安全な製品です。 【用途】 ・配管ロウ付けの作業に。 ・壁板、壁紙の焦げ事故の防止に。 ・塩ビ管の取り付け、細工に。 ・Pタイル、塩ビ製の幅木の保護に。

次の

エアコンのドレンホースの役割やトラブルについて

ドレン ホース

エアコンから出る排水を室外へと排出するための管をドレンホースと言います。 ドレンとは英語で 「drain」と書き「排出、排水する」という動詞と「排水、下水管」という名詞の意味をもちます。 ドレン管と言われることもありますが、厳密にはやわらかく曲がるホース状の素材のものを ドレンホース、硬質のパイプ(管)状のものを ドレン管と言います。 なぜエアコンから水が出るかというと、空気には温度が下がると、含むことのできる水分量が少なくなってしまいます。 したがってエアコンの冷房で室内の空気を冷やすと、空気中から排出された 水分がエアコン内に溜まることになってしまいます。 そのために、この水を外部に排出しなくてはいけなくなるのです。 ドレンホースはエアコンの室内機に設置されて、壁の穴などを通って室外に導かれ、 排水する仕組みになっています。 室内に通す際は外見の美観を保つため、また外部に出した部分もホースの保護のためにモールやカバーなどで覆うことが多くなります。 このドレンホースやドレン管の接続がきちんとできていない、またホースのつまりなどのトラブルが発生すると、室内機からうまく排水されず、エアコンからの 水漏れやカビ、さらには故障の原因にもなるため、確実な設置と定期的な確認が大切です。 ドレンホースの接続方法と排水場所 ドレンホースは、エアコンの室内機の内部、空気から出た水が溜まる部分である ドレン皿に接続され、水を外部へと排出する仕組みになっています。 ドレンホースは冷媒管などと共に室外機の近くまで伸ばされ、先端の排水口から排水します。 ドレンホースの途中で排水の逆流や停滞を防ぐため、 室内機から穴までの勾配を取り、その先でもたるみやゆがみなどがあってはいけません。 また室外に出たドレンホースは 風雨や日光の紫外線などを受けて劣化が早まるため、 カバーなどで覆って保護することをお勧めします。 通常のドレンホースよりは高価になりますが、 耐候性のドレンホースを用いれば通常のものより長持ちして、コストパフォーマンスが高くなる場合もあります。 ドレンホースの排水口は地面から少し離れている状態が適切です。 排水口が地面に接していると、泥や虫などが入り込んでトラブルの原因になる可能性があります。 虫の侵入を防ぐには、排水口に 網状の防虫キャップをつける方法もあります。 ドレンホースの排水口は、水が流れる方向を計算して、その場に水がたまらず地面の排水溝などに流れ込むよう設置します。 またエアコンからの排水は 塵や雑菌、ゴミなどが混入しているため、 花壇の水などに再利用することはお勧めできません。 何で排水口が二か所あるの? 先ずはドレンホースの出口が詰まっていないか水につかっていないかを見てください。 案外その汚れを取ったり、水から出すだけで排水されたりします。 次に見るのは配管がたゆんでいないかを見てください。 そこをつついてみて水がたまっているようならそれを排水口側に誘導してあげればその後、滞りなく流れる場合もあります。 ただ、紫外線などによりドレンホース自体が劣化していて、割れたりする可能性もあるので注意が必要です。 そんな様子もなければいよいよ中で何かがつまっている可能性があります。 そんな時は汚れを吸い出す必要がありますがこの時間違っても室内機側にゴミを送らないでください。 部屋は汚れますし、最悪エアコンも故障してしまいます。 汚れを吸い出すためには道具が無く、度胸もあれば口で吸いだす方法もあるようですが ポンプのような機械で吸い出して汚れを取るものも販売されているようです。 どの方法も自己責任になるので心配な方はクリーニング専門の業者に相談して みる方が得策かと思います。 ドレンホースに関するトラブルと対処法 ドレンホースは構造が単純なだけに、様々なトラブルを引き起こす可能性も出てきます。 通常のドレンホースは 紫外線を受けると徐々に劣化してもろくなってしまいます。 また 風雨によりホースのゆがみが生じると、一部に水が溜まったり、異物で詰まったりなどの原因になります。 これを避けるには耐候性のドレンホースを使ったり、周囲をカバーで覆うなどの対処があります。 またたとえ排水口が地面に接していなくとも、ドレンホース内に虫が侵入したり、徐々に汚れがたまって詰まったりすることはありえます。 ドレンホースの詰まりでエアコンにトラブルが起こった場合は、まず排水口を確認して、 多量の泥などがたまっていればブラシなどで掻き出します。 その後、ドレンホースの内部を洗浄するには、 ポンプ式の専用ドレンホースクリーナーを使って排水口から吸い出す方法が一般的です。 また 排水口に輪ゴムでガーゼを固定し、そこに掃除機の先端を当ててテープや手などで隙間をふさぎ、汚れを吸い出すという方法もあります。 ただし掃除機に水が入ると故障の原因になるので、 掃除機は2,3秒程度で止め、いったんガーゼを外して排水口近くに出た水やごみを排出することを、こまめに繰り返す作業が必要になります。 まとめ.

次の