ブラック ボックス パック 買取。 【デュエマ企画】あの男と『300パック早剥き&買取バトル』で神引き連発なんだがwww

【デュエマ】謎のブラックボックス注目カードは?1箱開封してみた結果

ブラック ボックス パック 買取

2020年1月25日に発売したパックです。 参考 このパックでアドが取れるカードは「 Black Lotus」、「 引き裂かれし永劫、エムラクール」です。 「Black Lotus」は、ご存知の通りマジック・ザ・ギャザリング(以下MTG)のコラボカードになっています。 このカードの基となった本家「Black Lotus」は、最初期のカードで条件なしで3マナ追加できるというかなりぶっ壊れているカードです。 また、その希少性や再録禁止カードという事もありMTGがリリースされて20年以上たった現在では100万を超える値段で取引されています。 しかし、封入率が1カートン(10BOX)に1枚以下と非常に低くなっているので、かなり高価なカードとなっています。 「引き裂かれし永劫、エムラクール」は、コスト15マナの無色クリーチャーです。 エムラクールも「Black Lotus」と同じMTGのコラボカードとなっています。 コストは15マナと必要マナ数が溜まる前に決着がつきそうですが、能力が召喚したら確定勝利もあり得るぐらい強いです。 その効果は、「飛行(飛行を持ったクリーチャーから攻撃もブロックもされない)」や「召喚後のエクストラターン」、「攻撃時の計6枚のランデス、シールド焼却、破壊」と「除去時に手札に戻る」となっています。 中でも「召喚後のエクストラターン」が非常に強力で、エクストラターン中にエムラクールを召喚してもさらにエクストラターンを得ることが可能です。 また、エクストラターン終了後のデメリットもないので、途方もないマナブーストやコスト踏み倒しが可能であれば入れない理由がないくらい強力な効果となっています。 1,200円 超天篇 拡張パック第4弾 超超超天!覚醒ジョギラゴン vs. 零龍卍誕• 2019年12月20日に発売したパックです。 また、それに対し呪文面は「コスト7以下の進化ではないクリーチャーを1体手札からバトルゾーンに出してもよい。 その後、そのクリーチャーを手札に戻す。 」といったいかにもcip能力を持っているクリーチャーを使いまわしてくれと言わんばかりの効果です。 殿堂入りもしておらず、このカードを複数枚入れてコンボもできますので、価格が高いのかと思われます。 超天篇 拡張パック第4弾 超超超天!覚醒ジョギラゴン vs. マキシマム・ザ・マスターパック• 2019年10月19日に発売したパックです。 参考 このパックでアドが取れるカードは「 全能ゼンノー」です。 「全能ゼンノー」はパワー2000のGRクリーチャーになります。 このカードの効果は「相手クリーチャーは、バトルゾーンに出たターン、攻撃できない。 」と非常にシンプルな効果です。 この効果は、スピードアタッカーなどのクリーチャーも召喚したターンは攻撃できないので、このカード1枚で速攻対策ができます。 ロック効果のみなので除去には非常に弱く、このカード1枚で速攻対策をするのは心もとないですが、邪魔になることもないので考えずに超GRゾーンに入れてもいいでしょう。 レア度自体はベリーレアとたいして高くはないですが、メタによっては重要になってくるので価格が高騰しているカードの1つとなっています。 2019年9月21日に発売したパックです。 参考 このパックでアドが取れるカードは、「 せんすいカンちゃん」になります。 「生命と大地と轟破の決断」はスーパーレアとシークレットレアが存在し、どちらも非常に高価です。 「せんすいカンちゃん」は水文明でジョーカーズのGRクリーチャーです。 パワー2000と貧弱ですが、このカードは攻撃されないといった能力と攻撃する時に発動できる「Jトルネード」を所持しています。 「Jトルネード」とは、水文明のジョーカーズが所持する能力で、「自分のバトルゾーンに存在するジョーカーズを1枚手札に戻す」といった効果です。 また、「せんすいカンちゃん」は「Jトルネード」を発動した際に対象となったジョーカーズの「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる効果を発動することができます。 「Jトルネード」はジョーカーズの指定ですが、cip能力の発動にジョーカーズの指定はないので、「ビックリ・イリュージョン」といった種族を追加するカードでジョーカーズを付与した状態でクリーチャーのcip能力を使うといった方法も考えられますね。 デュエキングパック• 2019年7月20日に発売したパックです。 参考 このパックでアドが取れるのは「 超戦龍覇 モルト NEXT」のデュエキングカードです。 デュエキングカードというのは全面金色に厚塗りされているカードでテキストが非常に読みづらいですがレジェンドカード枠ですので非常に貴重なカードになっています。 注目したい点は、効果にあるマナ武装と龍マナ武装に共通している項目が「火のカード」という所です。 マナゾーンに5枚以上火のドラゴンがある状態でバトルゾーンに出せば、超次元ゾーンから一体5コスト以下のドラグハートを場に出すことができますし、各ターン2回行動できます。 このカードはドラゴン特化の5色デッキのフィニッシャーに採用されていることが多く、人気カードのため高額カードの仲間入りになりました。 絶対王者!! と漆黒の大卍罪• 2019年6月22日に発売したパックです。 参考 このパックで特にアドが取れるカードは「 グッドルッキン・ブラボー」・「 ゴッド・ガヨンダム」の三枚です。 「グッドルッキン・ブラボー」はパワー3000のGRクリーチャーです。 このカードは火のマナドライブを持っていて、条件さえ整っていれば1ターンに2回行動ができます。 ですので、コストが同じ4マナの「 ドドド・ドーピードープ」と同等の評価で高額カードになっています。 「ゴッド・ガヨンダム」は無色(ジョーカーズ)のGRクリーチャーです。 このカードはジョーカーズのマナドライブを持っており、バトルゾーンに出したときに条件を達成していれば「墓地肥やしと手札補充」を行うことができます。 ジョーカーズという特性上、条件を達成することは難しいと思われますが、GRクリーチャーの単純な手札補充はとても貴重です。 超天篇 拡張パック第2弾 青きC. 2019年4月20日に発売したパックです。 参考 1パック3枚入り100円と若干値上げされていますが、新要素であるGR召喚を前面に押しだしています。 このパックでのアドが取れるカードは、「 ドドド・ドーピードープ」です。 「ドドド・ドーピードープ」はGRクリーチャーの中では火力が高くWブレイカー持ちです。 攻撃する度に手札を2枚捨てる必要がありますが、手札が2枚未満でも攻撃はできます。 逆に言えば意図的に手札を無くして次のカードへつなげるといった戦略をたてることが可能です。 このパックで手に入る「 BAKUOOON・ミッツァイル」はGR環境では必須というほど猛威をふるっていたカードなのですが、あまりにも性能が良すぎたため殿堂入りした結果、価格が暴落しました。 まだ殿堂入りですのでデッキには入れることが出来ますので、買取価格0円ということはないのですがプレミアム殿堂入りになるのもそう遠くないでしょう。 2018年12月21日に発売したパックです。 参考 この拡張パックのトップレアは「 偽りの王 ヴィルヘルム」のUGCになります。 「偽りの王 ヴィルヘルム」はcip能力が確定除去とマナ破壊とアタックトリガーに任意のマナブーストでなおかつTブレイカーを持っています。 召喚に必要なマナ数は9と決して軽いとは言えませんが、コスト踏み倒しできるカードと併用するのがベストな使い方と言えるでしょう。 このカードが登場してから6年以上経ちました。 しかし、現在でもこのカードが使えるとなると、6年前の環境では本当にぶっ壊れているカードなのではと感じてしまいます。 また、このカードは現在でも再録されているにもかかわらず入手難度が高いのも相まって高値で取引されているのではないでしょうか。 双極篇 拡張パック第4弾 超決戦! バラギアラ!! 2018年6月23日に発売したパックです。 参考 双極篇の第三弾にあたる今回のパックは、初めてシールドトリガーを持っているツインパクトが登場しました。 クリーチャー面は召喚に必要なマナ数が6です。 このカードの能力は• このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、カードを2枚引き、その後、自分の手札を1枚捨てる• 各ターン、コスト5以下の呪文を自分の手札からはじめて捨てた時、その呪文をコストを支払わずに唱えてもよい といった効果になります。 つまり、このクリーチャーが攻撃したときに2枚引いて、コスト5以下の呪文を捨てる代わりに発動するといった使い方が可能です。 呪文面は消費マナ数4で「次の自分のターンのはじめまで、相手は各ターン1度しか、クリーチャーで攻撃もブロックもできない。 」といった能力となります。 殿堂入りカードでもないのでデッキに複数枚入れることが出来ます。 さらに、呪文面の消費マナ数が4でクリーチャー面にある能力の条件を満たすので、複数枚入れることによって相手にとどめを刺す、相手のターンを凌ぐといった使い方が出来る訳です。 1種類のカードでコンボができるといった優秀なカードというのが人気の理由ですね。 双極篇 拡張パック第2弾 逆襲のギャラクシー 卍・獄・殺!! ジョラゴンGo Fight!! 2018年3月31日に発売した拡張パックです。 参考 「豪快!! ジョラゴン GoFight!! 」はゴールデン・ベスト以来となるウルトラゴールデンカード(以下UGC)が登場しています。 収録カードは「ショット・ガン・ジョラゴン」、「ガヨウ神」が有名です。 有名カードの中で特に注目したいのが2016年発売の「超ブラック・ボックス・パック」に登場した超高額カード「 ニコル・ボーラス」がUGCとして再録されたことですね。 しかし、重めのマナを補うかのようにcip能力が手札7枚破壊と、アタックトリガーが確定除去といったかなり魅力的な能力になっています。 オリジナル版の価格には及びませんが、UGCが1BOXにつき1枚しか入っていないため、高額で取引されているカードです。 双極篇 拡張パック第1弾 轟快!! ジョラゴンGo Fight!! 2015年12月18日に発売した拡張パックです。 このカードのシークレットレア版は品番以外が すべて禁断文字で記載されています。 入手難易度も相まって超高額で取引されているカードの一つです。 禁断文字のテキストは効果が分かるよう別途日本語テキストを用意していれば、公式でも使用可能なので、機会があれば使用してみるのもありですね。 ただし、 運営の裁量で使用禁止の場合があるのでそこには注意が必要です。 カード効果は封印開放までの手間がありますが、強力なものになっています。 ただし、「コスト4以下の呪文によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。 」とありますが、裏を返せばコスト5以上の呪文であれば選択が可能です。 また、「このカードがバトルゾーン以外のゾーンにあれば、自分はゲームに負ける」効果によりデッキ・手札・墓地・マナゾーン等に移動してしまえば負けてしまいます。 なので、コスト5以上の除去呪文で選択されてあっさり負けないように気を付けたほうがいいでしょう。 ちなみに管理人が最初に浮かんだコスト5以上の除去呪文と言うと初期から収録されている「 デーモン・ハンド」でした。

次の

【デュエマ企画】あの男と『300パック早剥き&買取バトル』で神引き連発なんだがwww

ブラック ボックス パック 買取

自分の水のハンターは攻撃されない。 キズナ(このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャー1体のKP能力を使う)• エスケープ(このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分のシールドを1つ手札に加えてもよい。 スピードアタッカー• このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。 その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。 このクリーチャーは、可能なら毎ターン、相手プレイヤーを攻撃する。 自分のクリーチャーがバトルに勝った時、カードを1枚引く。 再録カードのシングル購入はこちら。 遊戯王暦19年!カードゲームは色々と遊び続けて20周年! ブログ運営は5年以上になりましたが、まいログはまだまだ1周年も迎えていません!笑 遊戯王の環境情報とインタビューを交えつつ最新の遊戯王優勝デッキをお届け!まいログも本格始動1周年のために様々な内容を更新中! 現在ツイッターフォロワー数も6000突破!企業案件も承るキャラブログを運営中です!カーナベル等各種TCGショップのスポンサーサイトと複数契約中。 参加・興味のある企業様等はメールにてご連絡ください。 ご連絡はこちら>>mailog2020 gmail. com.

次の

謎のブラック・ボックス・パック買取相場表まとめ

ブラック ボックス パック 買取

マンガ倉庫と同様にお宝中古市場もブラックロータスの買取価格に 10,000円を提示していることが確認できた。 こちらの買取業者では店舗買取だけではなくWEB宅配買取にも対応している。 この買取方法は、 お宝中古市場に売りたいカードを申請し、宅配するという方法である。 身近にこの買取業者の店舗がなかったとしても、買取の利用をすることができるため、安心してほしい。 ブラックロータスを高く売るテクニック さて、ここまでブラックロータスの買取価格について、10社の買取業者で徹底的に比較をしてきた。 結果として、お宝中古市場やマンガ倉庫では10,000円という非常に高い値段でブラックロータスの買取をおこなっているということがわかった。 しかし、はじめにも述べた通り、こちらのトレカは18個のカードボックスに1枚含まれているかどうかわからないほどに希少価値が高いものだ。 できるのであれば、より高い値段で売りたい。 そこで本コラムの最後に ブラックロータスの買取価格を高めるためのコツを2点紹介しよう。 複数の買取業者へ査定依頼を出す ブラックロータスを買取に出す際には絶対に1社だけに査定依頼を出してはいけない。 貴重なトレカなので手間はかかるが 複数の買取業者へ査定依頼を出すことがおすすめだ。 上記で見た通り、買取業者によって買取価格が大きく異なる。 トレカの買取価格は常に変動しており、買取査定に出す時期によっては、高価買取をおこなっている業者が異なる可能性もある。 そうであるならば、複数の買取業者に出し、最も高い買取価格を提示してくれた業者に査定依頼を出すというのが得策なのである。 キャンペーンの利用をする ブラックロータスも対象となるキャンペーンの利用を考えることもおすすめだ。 時期によっては非常にお得なキャンペーンを展開している買取業者もいるため、トレカを売る時期に合わせて、お得なキャンペーンを探すと良いだろう。 キャンペーンの利用にあたっては、ブラックロータスのようなカードもキャンペーンの対象となるか確認することが重要だ。 その上で該当キャンペーンから最も条件が良いもの、また、通常の買取価格と掛け合わせて結果的に 最高買取額となる業者の利用を検討しよう。 magiを利用する もし買取業者の提示する査定額に納得がいかなければ、 トレカ専門フリマアプリのに出品してみてもいいだろう。 こちらのフリマアプリはトレカだけを専門にしているため、価値の高いトレカをその価値に見合った値段で買い取ってくれるユーザーが多い。 そのため、 買取業者以上の値段で売れる可能性もあるのだ。 まとめ 今回のコラムでは、ブラックロータスの買取価格について、10社の買取業者で徹底的に比較をしてきた。 最も高く買い取っている業者で 10,000円という値段を提示している通り、 こちらのトレーディングカードは非常に価値の高いものであると認識してほしい。 その上で、より高く買取してもらうことができるように、キャンペーンを利用したり、複数の買取業者に査定依頼を出したりする手間を惜しまないでほしい。 その上で値段に納得できなければ、に出品してみてもいいだろう。

次の