岡村 孝子 ピエロ。 一人息子

ピエロの歌詞

岡村 孝子 ピエロ

解説 [ ] の活動停止後、再び上京して音楽活動を再開したのソロデビュー・アルバム。 あみん時代のアルバムを含め、岡村自身がすべての作詞・作曲を担当した初めてのアルバムでもある。 先行シングルを含まず、収録曲の「」がとして本アルバムと同時発売された。 当楽曲は、 "風は海から" キャンペーンのイメージ・ソングに起用されている。 なお、シングル曲も同じく収録曲の「冷たい雨」。 数少ない楽曲提供曲のひとつ「雨の街」のが収録された。 原曲歌唱は。 高部には「片想いはHAPPY気分」という楽曲も提供している(ともに)。 「ピエロ」は2枚目のシングル「」のB面曲にされて収録された。 セレクション・アルバム『』(1987年11月25日発売)にも別リミックスが収録されている。 には、価格を改定したリニューアル盤が再発売された(規格品番:FHCF-2511)。 収録曲 [ ]• (4:41)• ソロデビュー・シングル。 "風は海から" キャンペーン イメージ・ソング。 (3:52)• ソロデビュー・シングル「風は海から」の。 一人息子(4:42)• 見返してやるんだわ(3:32)• 歌詞のラスト・フレーズにトリックがある、と岡村自身が語っている。 雨の街(3:03)• ソロデビュー前のにへ提供した楽曲。 (4:24)• ライヴの定番となっている楽曲。 2ndシングル「今日も眠れない」の。 29thシングル「」(2004年8月25日発売)の限定盤にライヴ映像が収められている。 煙草(4:58)• 砕ける波に…(4:58)• 夢の樹(5:04)• アルバム・タイトルチューン。 全曲作詞・作曲: 岡村孝子、全編曲: 関連作品 [ ]• 風は海から• 一人息子• 見返してやるんだわ• ピエロ• 砕ける波に…• 夢の樹• 脚注 [ ].

次の

夢の樹 (岡村孝子のアルバム)

岡村 孝子 ピエロ

80年代・90年代のポップシーンで独自の世界観を確立した岡村孝子さんは、 「OLの教祖」 とも呼ばれ、若い女性を中心に絶大な支持を集めました。 好きなミュージシャンは他にもたくさんいるんですけど、女性の歌い手さんで一番影響を受けているのは、おそらくこの人ですね。 アルバムが出れば即購入し、歌詞も暗記するほど聴きこみ、イントロを聴いただけでなんの曲かだいたい分かるくらいのハマり具合。 耳馴染みがよくてドラマチックなメロディーと、透明感のある優しい歌声。 そしてなにより、繊細な女性の心の揺れを丁寧に活写した、リアリティ抜群の詞の世界。 当時の純粋無垢な私にとって、彼女の歌は 完璧すぎました。 と並んで神のような存在でしたね。 そういう時代でした。 中でも、岡村孝子のいわゆる 「失恋ソング」「別れの曲」は珠玉。 大人になってあらためて聴いてみても少しも色褪せませんね。 切ない輝きに満ちています。 まだ失恋なんてしたことも無いくせに、胸を痛めて失恋ソングを聴いていた少女時代のことを昨日のように思い出すことができます。 歌詞がいいんですよ、歌詞が・・・・ 忘れないでね 二人で生きた キラキラ輝く季節を いつの日か素敵な誰かと出会っても がんばれ女の子!! って思わず拳を振り上げちゃうカンジです。 それは仕方がないこと。 誰でも落ち込んでふさぎ込みますよね。 でもいつかは吹っ切れて、また元気に生きていかなくちゃいけません。 そこから這い上がるための最強のきっかけソングがこちら。 これも好きなんだよなぁ。 謎の前向きパワーが湧いてきますよ! しっとりしたバラードで、ヘッドホンで聴くとじんわり沁みます。 あれが異人館ね それから 長く続いた坂道 寒くないかと あなたは 照れて聞いてくれた あれから冬は三度過ぎたけど 二人 二度と 来ることもなかったね まずね。 「あれが異人館ね」っていう出だしが素敵。 この最初の歌詞でグッと引き付けられるすごいバラードです。 失恋したてほやほやの女子におススメの曲です。 おもっくそ泣きましょう!!!! 第7位 ラスト・シーン 勢いでケンカして、そのまま自然消滅で別れちゃった、 というなんともやりきれない別れのパターンの歌。 悔やまれますよね。 そんなときはヤケクソになってもう次の恋探しましょ! あなたと最後にケンカした日 闇にとび出した 知らない誰かがかける声が耳にこだまする 帰ってなんてあげないわ 見違えるほど いい女だと 言われたくて 今夜は 背中の空いたドレスと 赤いルージュで来たわ 思わせぶりな 言葉ささやき あなた誘ってみれば 「今度またね」と優しく言われ みじめな夜更け なんつー見事な歌詞! 四コマ漫画か! そこのアナタ、 身に覚えありませんか? 私はあるよ。 めっちゃある。 恋のさや当ての場面では、知らず知らずのうちに「ピエロ」になってしまっていることありますよね。 誰かの引き立て役とか。 何度聴いても飽きない、いろんな感情が渦巻く一曲です。 第5位 夢をあきらめないで はい、これは入れないわけには行きませんね。 おそらく後世に語り継がれるであろう、岡村孝子の代表作のひとつ。 「夢をあきらめないで」です! 乾いた空に続く坂道 後ろ姿が小さくなる 優しい言葉探せないまま 冷えたその手を振り続けた この歌も出だしが詩的でいいですねぇ・・・・ 「乾いた空」って言葉に並々ならぬセンスを感じます。 これ、サビだけよくテレビで流れるから、いわゆる「がんばれソング」と思っている人が多いんじゃないかと思いますが、ちゃんと 失恋ソングなんです。 「夢を追いかけるために女を捨てる」男と、「自分を押し殺して別れを受け入れる」女のラストシーンを切り取った名曲なんですよね。 岡村孝子さんをあまり聴いたことがない人は、この曲のサビだけで、彼女のミュージシャンとしての実像を勘違いしているところがあると思うんですよ。 「キラキラしたお嬢様の夢物語」的な世界観の人だと思われがちですが、実は相当リアリスティックでブラックな怖い歌詞もあるんです。 この曲も意外とシニカルな表現が随所にあって、じっくり歌詞を聴きとると面白いと思いますよ。 そんな品行方正な単純な歌ではないです。 心配なんて ずっとしないで 似てる誰かを愛せるから せつなく残る痛みは 繰り返すたびに薄れていく 「似てる誰かを愛せるから」か・・・・ リアル過ぎてちょっと背筋が寒くなるような歌詞ですね。 あなたの夢をあきらめないで 熱く生きる瞳が好きだわ あなたが選ぶすべてのものを 遠くにいて信じている 「ふうん、そう、わかった。 じゃあ別れてあげるから、そのかわりアンタ大成しなさいよね。 ずっと見てるわよ・・・・」 という意味にもとれますよね。 アマゾンで視聴できるみたいです。 夏の緑。 雨上がりのアスファルトの匂い。 別れのシーン。 それを想像するだけで「ああっ・・・・」って切なくなります。 アレ?重症患者かアタシ???岡村病か??? あふれる陽ざし 緑が燃える 雨上がりの街角 夏を待たずにあなたは行くの もう引き止められない これは、 だいぶ大人な別れの曲、という感じがします。 ある程度長く一緒に過ごしたカップルが分かれる時の雰囲気が漂っています。 想像するに、学生時代から付き合っていた二人が、社会人何年目かに仕事が忙しいとか転勤とかほかに女ができたとかですれ違いになって別れちゃう、という黄金パターンですよ。 忘れないで あの日の夢 あの日の空 語り合った熱い想い もう一度 悲しいほど輝いてた 悲しいほど傷ついて とまどってたあの頃を 「離れ離れになるけど、二人でいられた時間を忘れないでね」 という切なさに満ちています。 失恋直後に聴くと、どこまでも落ちていけます。 別に失恋うんぬんの状態じゃない時でも、折に触れて聴いています。 悲しみと可笑しみが同居する不思議な聴き心地で、 なんか聴いてて前向きになれるんですよね。 10位の『adieu アデュー 』、 7位の『ラスト・シーン』、 6位の『ピエロ』も、 歌詞はフラれて切ない内容なんですけど、曲自体は明るい曲調です。 このギャップが心地いいんですよ・・・・ この『ポプラ』も初めて聴いた時はなんだか楽し気な曲調なので、どんな話かなぁと歌詞を聴いていると、 「あれあれ、雲行きが怪しいぞ・・・?」とニヤニヤしてしまいました。 難しすぎない捻り方で、心にスッと入ってきますね。 そして情景描写の見事なこと!! 非常に映像的というか、シーンが浮かんできます。 第1位 Believe 第1位はやっぱ Believe でしょ!!!! メロディーも歌詞もカンペキすぎるっ!! 恋愛映画のラストにでもかけたいです。 長年の孝子ファンの方もきっと「まぁそうだろうね」と納得していただけるのではないかと思いますね。 そのくらいの名バラードです。 これは定評のある名曲なので知っている方も多いかも知れませんね。 中学校の合唱でも歌われているのを見たことがあります。 ビックリしました。 リピートして ガンガンに浸ってください。 そしてまた元気になってください。 落ちるとこまで落ちたら、あとは自然と上がっていくだけです。 大丈夫、この曲でも歌ってくれています。 「明日を信じよう」ってね! もういちど 明日を信じたい どんなことに出会っても 息づく時間をいつまでも 感じていたい この曲は映画の別れのシーンをスローモーションで観ているような、時間が止まったような、不思議な没入感があるんですよ。 たぶん余韻のあるバックの雰囲気のせいだと思うんですが・・・・ おそろしいほどの鉄板の泣きソング!!!! 歌詞の最後もビシッと決まっていて、非常に映像的で綺麗な終わりです。 未視聴の方はご自分で聴いて確かめてみてください。

次の

ピエロ

岡村 孝子 ピエロ

解説 [ ] の活動停止後、再び上京して音楽活動を再開したのソロデビュー・アルバム。 あみん時代のアルバムを含め、岡村自身がすべての作詞・作曲を担当した初めてのアルバムでもある。 先行シングルを含まず、収録曲の「」がとして本アルバムと同時発売された。 当楽曲は、 "風は海から" キャンペーンのイメージ・ソングに起用されている。 なお、シングル曲も同じく収録曲の「冷たい雨」。 数少ない楽曲提供曲のひとつ「雨の街」のが収録された。 原曲歌唱は。 高部には「片想いはHAPPY気分」という楽曲も提供している(ともに)。 「ピエロ」は2枚目のシングル「」のB面曲にされて収録された。 セレクション・アルバム『』(1987年11月25日発売)にも別リミックスが収録されている。 には、価格を改定したリニューアル盤が再発売された(規格品番:FHCF-2511)。 収録曲 [ ]• (4:41)• ソロデビュー・シングル。 "風は海から" キャンペーン イメージ・ソング。 (3:52)• ソロデビュー・シングル「風は海から」の。 一人息子(4:42)• 見返してやるんだわ(3:32)• 歌詞のラスト・フレーズにトリックがある、と岡村自身が語っている。 雨の街(3:03)• ソロデビュー前のにへ提供した楽曲。 (4:24)• ライヴの定番となっている楽曲。 2ndシングル「今日も眠れない」の。 29thシングル「」(2004年8月25日発売)の限定盤にライヴ映像が収められている。 煙草(4:58)• 砕ける波に…(4:58)• 夢の樹(5:04)• アルバム・タイトルチューン。 全曲作詞・作曲: 岡村孝子、全編曲: 関連作品 [ ]• 風は海から• 一人息子• 見返してやるんだわ• ピエロ• 砕ける波に…• 夢の樹• 脚注 [ ].

次の