手 が 震える。 手が震えるのは病気?原因や症状、治療方法を紹介!

手が震える病気『本態性振戦』の原因と顔や手の震えを改善する方法

手 が 震える

スポンサーリンク 寒い時にも体ががたがた震える事はありますが、特に原因がわからず手が震える時は病気も疑ってみた方が賢明です。 手が震える症状が10代で発症する原因に病気がある場合を解説しています。 【手が震える症状が10代で発症する原因になる病気】 単にストレスが蓄積されているというばかりではなく、発症原因に思いがけない病気が隠れている事もあります。 小児糖尿病がちまたで話題になっていますが、低血糖症になると全身の脱力感や冷や汗と共に、自律神経失調症のような症状も発症します。 放置すると集中力低下やめまいおよび錯乱状態に疲労感といった中枢神経系統の異常が診られるようになり、最悪昏睡状態や意識障害を経て死に至ることもありますから、異変に気付いたらただちに糖分を補給してください。 手が震えると言えばこれしかないと言われるほど代表的な病気に本態性振戦があります。 遺伝性の可能性も指摘されており、家族に同じ病気の人がいる事も多いのが特徴です。 【手が震える症状が10代で発症する原因には社会不安障害も】 手が震える症状が10代で発症する原因として社会不安障害をあげる事ができます。 かつては対人恐怖症とも言われていたもので、人の前で何かをしなければならない時に発症します。 女性に特に多いのですが10代後半から20代にかけて多く発症します。 育った環境や性格が原因で引き起こされる事も多く、二次障害としてうつ病やパニック障害あるいは強迫神経症やアルコール依存症を発症する事もあります。 スポンサーリンク 【手が震える症状が10代で発症する原因の病気への対処法】 本態性振戦の大半は治療というよりはリラックスさせる生活の工夫や、リラクゼーション療法あるいはイメージ療法などで緩和される事が多いのですが、低血糖症の場合は糖尿病治療を優先させて受診するのが賢明です。 社会不安障害はカウンセリングや薬物療法で緩和される事が多いです。 心療内科を受診してみてください。 【手が震える症状が10代で発症する原因の病気に役立つ予防医学療法】 本態性振戦にせよ社会不安障害にせよ、共通して根底にあるのはストレスである場合が多いですから、腹式呼吸やイメージ法などで自分をリラックスさせる事や睡眠を充分とる事、食生活の見直しをしてみる事などを継続して行っていく事で、症状緩和につながります。 手が震える症状は10代でも充分起こりえる事がわかりました。 早めに専門医を受診するか生活環境を見直して規則正しい生活をめざす事でも、緩和につながります。 スポンサーリンク.

次の

手がふるえる原因は?|健康知識の宝箱

手 が 震える

細かい動作を必要とする手の震えは、日常生活に不便を感じやすい症状のひとつです。 手が震えて上手く字が書けない• 手に持ったコップの飲み物が、震えでこぼれる• 着替えをする時、手が震えてボタンをかけるのに手間取ることがある もしこのような心当たりがある場合、考えられる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。 何らかの病気により手が震える よくある手の震えの原因 手の震えを起こす主な病気としては、次のようなものがあります。 本態性振戦 ほんたいせいしんせん 震えだけを特徴とする病気です。 40歳以上で4%、65歳以上で5~14%の人に見られるといわれています。 手の震えの他、頭部の揺れ、震え声などが出ることも特徴です。 自分の意思とは関係なくこれらの症状が出ますが、日常生活に支障をきたす程強い症状がある場合は医師に相談してみるとよいでしょう。 パーキンソン病 脳の黒質という部位が変性し、筋肉の動きを上手く調節できなくなる病気です。 手の震えの他、表情が乏しくなる、筋肉のこわばり、動作がゆっくりになるなどの症状が見られます。 比較的ゆっくり進行する病気のため、初期には転びやすくなったり、つまずきやすくなったりするという些細な症状として現れることも多いのが特徴です。 薬剤性パーキンソニズム 一部の胃腸薬などの副作用でのような症状を呈する病気です。 手の震えの他、動作が遅くなる、つまずきやすくなる、歩き方が小刻みになる、筋肉がこわばるなどの症状が見られます。 原因と思われる薬を処方された病院で相談するのがよいでしょう。 受診の目安とポイント 受診のタイミングとしては、手の震えが強く日常生活に不便が出ている、他の症状があるときなどです。 原因によって専門の診療科は異なりますので、まずはかかりやすい近くに内科やかかりつけで相談するとよいでしょう。 受診時には、手の震えがいつから、どのくらい続いてるのか、どんなタイミングで出るのか、他にはどんな症状があるのかなどを伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 日常生活上の原因で手の震えが起きることもあります。 年齢によるもの 年齡とともに手が震えるようになる人は少なくありません。 年齡とともに筋肉が衰えたり、神経細胞が減少するためといわれています。 年齢による手の震えを感じたら 年齡による手の震えは、ある程度はやむを得ない部分もあります。 手先を使う動作や趣味などを積極的に取り入れ、加齢による手の震えを予防するのもよいでしょう。 怒りや緊張 怒りや緊張を感じた時も手が震えることがあります。 適度なストレスはパフォーマンスを向上させることもあります。 しかし、手が震えるほどのストレスはかえって良くない結果を招きかねません。 怒りや緊張を感じたら 強い怒りや緊張は自律神経の働きを乱します。 まず、自律神経の働きを正常化するために、深呼吸をしてみるのも良いでしょう。 筋肉の疲労 筋肉は神経の命令によって収縮しています。 しかし、筋肉が疲労したり、ミネラルのバランスが崩れると、意志とは関係なく手が震えたり足がつったりすることがあります。 筋肉の疲労を感じたら マッサージ、ストレッチ、入浴などで筋肉の疲労を取り除くようにしましょう。 カルシウムなどのミネラルの多い食品をこころがけて摂取するとよいでしょう。 よくならないときには 以上のような日常生活でできる改善を行っても手の震えがとまらないこともあります。 そのような場合には、一度病院で相談してみましょう。

次の

夕方の空腹時に手が震えるのは低血糖?→糖質制限で対策?

手 が 震える

こんにちは。 心理カウンセラーの深海です。 MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。 今回は、「会社で苦手な上司に会うと手が震えてしまって……」というご相談に、お答えしたいと思います。 人間、会社に勤務していれば、苦手な上司の一人や二人出会うものですが、通常の場合は彼や彼女を目の前にしても、緊張するくらいで、「手が震える」などといった身体症状を伴うことはそうありません。 ただ、これが緊張のあまり手が震えるというようなことですと、 「対人恐怖症」という、心理状態からくる症状のひとつかもしれませんね。 例えば、こうした実例があります。 30代男性の方ですが、通常は、オフィスの一人部屋で仕事をしています。 それまで、何ら問題なく仕事を続けてこられていましたが、新しい上司が来た途端に、仕事の環境が一変してしまいました。 今までうまくいっていたホウレンソウがうまくいかない。 その新しい上司が、重箱の隅をつついたようなミスの指摘を行う。 それまでの上司は、職場全体で仕事をすすめ、ミスはお互いにカバーする姿勢であったのに、新しい上司は、職場全体の連携ということをあまり考えず、部下との報告や連絡を怠り、結果的に生じたミスには、部下を叱りつけるという対処をするのです。 元々、男性は完璧主義の気があり、ミスといってもそれほど多くはありませんでした。 上司がきちんと、自分や他の部下の仕事を把握し、うまく回してくれれば、しなくてもよいミス。 それが、上司が変わってから劇的に増え、しかもその責任はすべて彼のせいにされてしまう……。 彼はこの新しい状況に非常に大きなストレスと緊張を覚えます。 「これ以上、ミスを重ねてはいけない……」 そんな気持ちで、日々真剣に仕事に取り組んではいましたが、やがてオフィスに上司が顔を見せるたびに、「またミスを指摘され、怒られる……」という緊張から手が震え、身体のコントロールがきかない状態になってしまったのです。 対人恐怖症には、色々な症状のパターンがあるのですが、例えば、会議やプレゼンテーション、或いは結婚式のスピーチなどで、大勢の人の前に立つと緊張して手が震える! といったことも、類似した症状のひとつです。 大体は、手は震えるけれども一所懸命落ち着こうとすれば話はできます。 これが、落ち着こうとしてもできず、大勢の前で声が出ない、話ができない……というようになってしまうと、やはり対人恐怖症と判断されます。 苦手な上司があらわれて、手が震えてしまう……というような場合も、主な対処方法はこれと同じです。 症状の原因が「苦手な上司」とハッキリしていますから、比較的対処がしやすい対人恐怖症であるともいえます。 手が震えるメカニズムとしては、誰か緊張する相手を目の前にすることで、緊張が極度に達し、自律神経のひとつである交感神経が興奮して、手の震えを引き起こすようになります。 震えが止まらないというのは、このときに、交感神経を抑制し、身体をリラックスさせる働きである副交感神経が上手に働いていない、ということを示しています。 ですから、副交感神経を活発に呼び起こす行動をしてあげましょう。 具体的には、深呼吸や、「てのひらに3度「人」と書いて飲み込む」などといった、おまじない的なものです。 深呼吸は、子どもの頃体操でやった深呼吸を思い出して、ゆっくりと行うとよいでしょう。 昂ぶった交感神経を沈静化させるのに非常に効果の高い方法です。 落ち着くためのおまじないは人によって違う部分もあるようなのですが、「てのひらに3度「人」と書いて飲み込む」というのは全く根拠のないことながらも、日本では古くから言われてきたおまじない。 オリンピックに出るようなアスリートにも、競技前に実行している人がいらっしゃるようです。 根拠はなくとも、「これで落ち着ける」と信じられていることを実行するのは、心を落ち着けるには有効な方法なのですね。 こうした、心理的なものとは別に、薬物療法もあります。 これはどういったお薬かというと、不安を和らげる効果のあるお薬です。 苦手な上司に対して、大きな不安を持ち続けたまま長期間過ごしてしまうと、上司に対する純粋な不安だけではなく、上司の前で震えるということについても不安を感じ、その不安で余計に自分を追い込んでしまって、余計に震えが治らない……というような悪循環を作り出します。 そこで、一時的にでも不安感をやわらげるお薬を使っていただき、「上司の前で震えない、大丈夫な自分」を自覚します。 すると、「あ、大丈夫だ」という自覚が生まれ、やがてお薬なしでも震えが来ないようにすることができるのです。 最後に、少しさきの実例でも述べましたが、こうした「上司が苦手で、手が震えます!」というような症状を持つ方は、完璧主義であったり、自分の失敗が許せないタイプであることがほとんどです。 自分の失敗が許せないだけに、他人からミスを指摘されると、緊張したり、「人に迷惑をかけてしまった……」と落ち込んでしまいます。 そして次に同じことにならないように神経を張り詰めさせてしまうのです。 あなた自身がどんなに気をつけても、重箱の隅をつつくやつはつつく。 これを自覚し、 ご自分の完璧主義を少しずつでも緩めることが、手の震えを抑えることに役立っていきますので、ご参考になさってくださいね。 完璧主義から抜け出すためには一歩ずつ完璧ではない自分を認めるトレーニングが必要 完璧主義というのは真面目な方や責任感の強い方ほど陥りやすいともいえます。 完璧主義で生き辛さを感じる方は沢山いらっしゃいます。 また完璧主義は自分にも他人にも厳しくなってしまったりしてしまいます。 もう少し肩の力をゆるめたら?なんて言われたことがあるかもしれません。 …でも、なんかできないんですよね。 心のどこかに引っかかりみたいなのがあって、それがその主義のようなものを曲がらないようにしているんだと思います。 そこから抜け出すためには一歩ずつ完璧ではない自分を認めるトレーニングをする必要があります。 失敗してしまう自分、全部は上手く行かない自分を否定する心を修正していくのですね。 そして一歩ずつ自分の心と向き合ってみる必要があります。 詳しく知りたい方はぜひ下のリンクから情報を見ていただけたらなと思います。

次の