納骨 は いつ。 納骨の時期はいつごろが良いのか

納骨の時期はいつが一般的?納骨までの流れを解説します

納骨 は いつ

納骨の時期 納骨の時期に決まりはあるのでしょうか?一般的な考え方、および納骨の日程が決まってからの準備について解説します。 ひとつひとつの行動や思いが、故人への供養になります。 一般的な納骨時期と考え方 一般的には四十九日の法要の際に納骨する場合が多いですが、納骨の時期に関しては、特に明確な決まりはありません。 以下のようなタイミングで納骨をすると良いでしょう。 四十九日の法要当日に納骨する すでに代々のお墓がある人などは、親族一同が集合する四十九日の法要当日に納骨する例がほとんどで、法要後に納骨式を行うという流れです。 火葬当日に納骨する 墓地やお寺の都合次第ですが、火葬後、そのまま墓地に親族や住職などとともに移動して納骨する、という例も見られます。 この場合、住職は、斎場から火葬場、墓地まで、終日親族に付き添う形となります。 その他の節目に間に合うように納骨する 墓石を新たに注文した場合、完成までに2~3ヶ月かかります。 四十九日には間に合わず、中途半端な時期に墓石は完成します。 そのため、一周忌や初盆など、比較的親族が集まりやすい節目に間に合うよう納骨をする、という例も見られます。 親族全員が納得したら納骨する 長年付き添ったご夫婦や、お子様などの不幸の場合、納骨するための心の整理がつかないという例も見られます。 時期を決めずに、親族全員が心から納得したときに納骨する、という場合もあります。 納骨の日程が決まってからの動き お寺に予約を入れる なるべく多くの親族が集まりやすいように、納骨式は土日や祝日を選ぶ人が多いです。 他の方の予約なども入りやすいので、納骨日が決まったら早めにお寺に連絡を入れましょう。 石材店に戒名彫りの注文を入れる 戒名を墓石に入れる場合は、納骨式に間に合うよう石材店に依頼しますが、完成には長くて3週間程度かかります。 余裕を持って注文をしましょう。 埋葬許可証を用意する 火葬許可証に火葬場の捺印がされてあるものを、埋葬許可証といいます。 役所で発行された火葬許可証が、火葬されたことを証明する火葬場の印が押されることで、埋葬許可証となるのです。 納骨当日は忘れずに持参しましょう。 念のため印鑑も持参します。 親族などに納骨の日程を伝える 親族だけでなく、故人が特に親しくお付き合いしていた人にも日程を伝えましょう。 お供え物を準備する 花、果物、お茶、お菓子などは一般的ですが、故人が好きだったものがあれば、それも特別に準備します。 お酒や煙草などを供える例も見られます。 会食予約と引き出物を準備する 納骨式の後にホテルなどで参列者が会食するのが通例です。 会場や食事の予約、参列者への引き出物の予約も忘れずに手配しておきましょう。 なお、通常、会食は会費制になります。 このページを見ている人におすすめのページ.

次の

納骨・永代供養・塔婆

納骨 は いつ

供養 作成日:2019年02月12日 更新日:2020年01月24日 納骨の時期はいつが一般的?納骨までの流れを解説します• この記事は小さなお葬式が書いています 故人のお通夜やお葬式を終え、火葬を行ったあとは遺骨を骨壺へ納めておくことが一般的ですが、この骨壺をお墓に納める儀式のことを「納骨」といいます。 突然の不幸であわただしく葬儀が行われていき、「納めるお墓がまだない」「まだ骨壺を手元に残しておきたい」と悩んでいる方もいるかもしれません。 この納骨は、どんな時期に、どのように行うのが良いのでしょうか。 この記事では、納骨に適した時期や納骨式の流れ、お供えものなどについて解説をしていきます。 【もくじ】 ・ ・ ・ 納骨の時期はいつが一般的か 納骨を行う具体的な時期について、法的な決まりは特にありません。 しかし、葬儀が一段落した後には「四十九日」や「百か日法要」、「 」、「 」などさまざまな法事があり、遺族が集まる機会が何度かあります。 これらの法要のうち、いずれかのタイミングで一緒に納骨を行うことが一般的といわれています。 四十九日 四十九日は、仏教において「その人が極楽浄土に行けるかどうかが決定する日」とされており、故人の 遺族が集まって「故人が極楽へ行けるように」という願いを込めて供養をする日です。 故人が現世から死後の世界へ向かう日であると考えられていることから、遺骨をお墓へ納める日としては最適だといえるでしょう。 それぞれの法事の中で最も納骨が行われることの多い日は、この四十九日といわれています。 しかし、お墓がまだ用意されていない場合は納骨ができませんので、その後の法要のタイミングで納骨を行います。 百か日法要 百か日法要とは、故人が亡くなった100日後に行われる法要のことです。 大切な人が亡くなってしまうと、悲しみに暮れる毎日を過ごすことになってしまいますが、死後100日が経った時期に「悲しみは消えずとも、区切りをつけていつもの生活に戻ろう」という意味を持つ法要で、遺族や関係者が集まる大切な儀式です。 100日というと約3か月になりますので、この頃にはお墓の準備ができている方も多いことから、百か日法要のタイミングで一緒に納骨を行う人もいます。 一周忌 一周忌は、近親者が喪に服すということへ区切りをつけるタイミングになります。 喪中はお正月のお祝いや結婚式などの祭事をつつしむことが一般的ですが、一周忌を迎えると喪に服す期間は終わり、心新たに生活をスタートさせます。 これまで遺骨が手元から離れることに抵抗のあった人も、一周忌をむかえ少し心の整理をすることができたら、この時期に納骨へ踏み出すのも良いでしょう。 三回忌 納骨をする時期には特に決まりがないとお話しましたが、三回忌は納骨を終わらせる目安の時期であると考えられています。 故人が亡くなってから遺族が集まる法要も三回忌で一区切りつくということや、あまり長い間納骨をしないと遺族が心配をしてしまうことも考えられるため、可能であれば三回忌までに納骨をとり行うようにしましょう。 納骨の流れ 納骨の時期が決定したら、納骨式を行うための準備に入ります。 納骨するためのお墓を用意するほか、納骨をする際は「 納骨式」が行われるため、 事前の予約や準備が必要です。 無事に故人の納骨を行えるよう、準備の流れをあらかじめ押さえてきましょう。 納骨方法を検討する 先祖代々続いているお墓へ納骨する場合など、既に故人のはいるお墓が決まっている場合は別ですが、お墓がない場合はその準備から始めましょう。 近年では「お墓を継承する人がいない」「お墓を建てると高額になる」などの理由で、 永代供養や樹木葬など遺族の負担が少ない納骨方法を検討する方が増えています。 お墓を一から準備する場合は、墓地選びやお墓のデザインや大きさの決定・契約など、墓石が完成するまで2か月から3か月ほどかかるため、早めに準備を始めることをおすすめします。 お寺に納骨、法要の旨を伝える 納骨先が決まったら、お寺へ納骨式についての相談をします。 納骨を希望する時期の候補を出しておき、大体の費用を調べておくなど、あらかじめ準備していくとスムーズに話を進めることができます。 法要と一緒に行いたい場合は、その旨も伝えるようにしましょう。 納骨式の費用を決定する 納骨式は、数万円から10万円程度かかるのが相場と言われています。 納骨式を行わせてもらうお寺や僧侶へのお布施として3万円から5万円、墓石の開け閉めのために石材店に来てもらうのであれば1万5千円から3万円程度の費用がかかります。 そのほかの費用については葬家やお寺によって変動しますが、総額で10万円程度はかかると考えておいた方が良いでしょう。 納骨の時期を決定する 納骨をするお墓や費用が決まったら、納骨の時期を決定しましょう。 上記で解説してきたように、三回忌までのいずれかの法要の時期に、納骨式も一緒にとりおこなうのが一般的です。 どのタイミングで行うのかは、遺族のしかるべき人達で話し合って時期を決めていきましょう。 また土日は混雑が予想されるため、土日を希望する場合は早めにお寺の都合を確認しておきましょう。 遺骨埋葬許可証を準備する 「 」とは、「 」に「火葬執行済」の認め印が押されているもので、納骨式および納骨を行う際に 必ず持参しなければならない書類です。 大切な書類であるため、納骨するまでは無くさないようきちんと管理しておきましょう。 埋葬許可証は納骨の際、お墓を管理している霊園や寺院に渡します。 参列者の決定、当日の流れを決める 納骨式について具体的な概要が決定したら、最後に参列者を決定しましょう。 親族や関係者のうち、誰へ声をかけるのかを相談します。 また、当日の集合時間や納骨式および法要の流れ、会食の場所などについて、施主をはじめとした遺族の代表者の間で相談をし、お寺にも流れをお伝えしておきましょう。 参加者に納骨式の詳細を伝える 納骨式の詳細が決まれば、あとは参列してもらう遺族や関係者へ案内を出し、当日を迎えます。 参列者には、遠くから足を運んでくれる人もいますので、どのような法要を行うのかということに併せて、法要後にお墓へ行って納骨式を行うということや、その後に会食を行うということなど、流れをあらかじめ詳細に伝えておくと親切です。 納骨のお供えものについて 納骨式では祭壇に花を飾りますが、これは施主が用意するのが一般的です。 施主は納骨式の前日や当日は忙しいため、あらかじめお供えものの手配をしておきましょう。 納骨のときの生け花に関する注意点 納骨式では、祭壇に生花を飾りますが、お花を選ぶ際に注意点があります。 それは、 縁起が悪いといわれている花を選んではいけない、ということです。 椿など「花が落ちやすい」物は、首が落ちるように見えることから武士の時代に縁起が悪いとされていたという歴史があり、藤など「垂れ下がっている」花は、家の運を下げてしまうと考えられています。 縁起が良くなく、葬儀には向いていないと言われている花は避けましょう。 お花以外のお供え物の選び方 上記の生け花以外にも、納骨式に際して、故人へ向けてお供えものを用意しましょう。 お供えものは宗派によって異なりますが、日本でよく取り入れられている仏教のお供えものには、故人に楽しんでもらうための食べ物や飲み物、心を浄化する香りもの(お線香など)、故人がいる場所を明るくともすロウソクなどがあります。 お供えものは、その後遺族が使い消費できるものが良いといわれており、お供えの期間が終わった後に使えるもので選ぶとよいでしょう。 そのほかにも、故人の趣味に関係するものや好きだったものなどをお供えし、故人をしのびます。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

納骨の日取りはどう決める?|時期・忌避日・仏滅・友引・四十九日|終活ねっとのお墓探し

納骨 は いつ

宗教による違い 結論から言えば、納骨の時期は「いつでもいい」というのが解答です。 納骨の時期には明確な決まりはありませんが、四十九日法要を目安に行うのが一般的です。 お墓を新規に購入する場合は、四十九日までにお墓の準備が整わないことが多いです。 そのため、お墓を新しく建立される方は、一周忌のタイミングで納骨を行う方が多いです。 経済的、精神的理由で納骨が難しい方もいらっしゃるでしょうが、区切りをつける意味でも、納骨は早めに済ませてしまいましょう。 また、遺骨をいつまでも自宅に置いておくと、急用、急病で自分が管理できない状態になったときに不便です。 また宗教によって納骨の時期の考え方が違う場合があります。 ここでは宗教別で納骨の時期について解説します。 浄土真宗 西本願寺を本山とする浄土真宗本願寺派では、納骨の時期の決まりはありません。 一般的には四十九日、あるいは一周忌に納骨される方が多いですが、遺骨を手元に置いておいて、納得のいく供養方法をじっくり考えることもできます。 また、火葬後、そのまま納骨してしまう地方もあります。 お墓の準備ができていない場合は、一時的にお寺で預かってくれるところもあります。 真言宗 真言宗は弘法大師によって高野山金剛峯寺に開かれた仏教の宗派です。 納骨の時期は特に決まりがなく、納骨してあげたいと思い立った日で大丈夫です。 納骨する場所はお墓が望ましいのですが、無い場合などは納骨堂のあるお寺に収めることも可能です。 納骨料はお寺によって違うので、納骨したいと思ったらまずお寺に相談してみましょう。 浄土真宗大谷派 浄土真宗の宗派の一つ、真宗大谷派は東本願寺を本山とする宗教法人です。 浄土真宗大谷派での納骨の時期は、特に決まりはありませんが四十九日法要後(三十五日の場合もあり)に納骨する方が多いですが、法要の日でなくとも家族が集まれる日に行うこともできます。 また分骨して御本山に納骨する場合は、一周忌や三回忌法要が過ぎていても問題ありません。 総本山への納骨の方法は各お寺に問い合わせてください。 浄土宗 浄土宗は法然を宗祖とし、ご本尊は阿弥陀如来の日本の仏教宗旨の一つです。 浄土宗での納骨の時期ははっきり決まっているわけではありませんが、一般的には四十九日法要と併せて行うことが多いです。 地域によっては火葬後、すぐ納める場合もありますし初七日から四十九日の間に納めることもあります。 納骨式には卒塔婆や埋葬許可証なども必要ですので、菩提寺の和尚さんによく相談をされてから納骨の時期を決めた方が良いでしょう。 神式 神道(神式)は、日本の固有の神々を信仰する多神教です。 神式の納骨の時期は、火葬後にすぐ納めるのが一般的です。 遺骨を自宅に持ち帰った場合は、十日祭から忌明けの五十日祭までの間の都合の良い例祭の日を選んで行います。 神式では納骨の際には埋葬祭という儀式が行われます。 その時は、埋葬許可証のほか玉串や榊、銘旗、塩、米などが必要ですので、よくわからない時は神職に尋ねてみましょう。 永代供養の場合 先祖のお墓に納骨しない 納骨といっても、必ずしも家のお墓に入る必要はありません。 永代供養という供養方法があります。 永代供養とは、家のお墓に入らず、お寺や神社に供養をお願いする供養方法です。 一定期間の供養ののち、お願いしたお寺や神社が共同墓地や合祀墓に埋葬してくれるので、後継者にお墓管理の負担がかからないのが特徴です。 また、家のお墓が遠い、そもそもお墓の後継者がいないなどの理由から、永代供養を選ぶ方も少なくありません。 費用や、供養してくれる期間、埋葬方法はお寺や神社によって異なりますので、問い合わせてみてください。 節目の時期に行う お盆に 納骨の時期に決まりはないので、お盆など節目の時期に行うのもいいでしょう。 お盆は親戚が集まり、みんなで故人を見送ることができるいい機会ですが、お盆はお寺や神社の繁忙期です。 宗教者の方が来られない場合があるので、注意しましょう。 納得のタイミングで 本人の意向 生前の本人が、死後、自分の骨をどのようにして欲しいか希望を述べていたのならなるべく本人の意向を尊重しましょう。 家族で話し合う 故人が亡くなって悲しいのは一人だけではありません。 自分の一存で決めてしまうのではなく、家族全員の意見が一致するまで話し合って納骨のタイミングを決めましょう。 納骨の時期のまとめ カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の