メール お悔やみ。 英語で「お悔やみ」を伝えるには?メールや口頭での例文を紹介

言葉遣いは?返信は?お悔やみメールの文例・マナー

メール お悔やみ

お悔やみメールの文例。 友人や友達に硬くない文面を送りたいとき。 お悔やみをメールで伝えるのはマナー違反? 葬儀のマナーとして、 お悔やみの言葉は弔電や手紙で述べるのが一般的です。 「お悔やみをメールで送るのは失礼」 といったことを言う人もいます。 しかし、読者がまだ高校生ぐらいの年齢であったり、相手からの連絡もメールだったりした場合は、 メールでお悔やみの言葉を返してもよいと思います。 メールにはメール、手紙には手紙。 相手との関係の深さや、その時の状況に応じて、ふさわしい手段を選べばよいのではないでしょうか。 ただし、電話でのお悔やみは控えたほうがよいです。 遺族は悲しみにくれているうえに、通夜や葬儀の準備で忙しいからです。 お悔やみメールで使う敬称 お悔やみのメールを打つ前に、まずは遺族を呼ぶときの敬称を押さえましょう。 対象となる人物と敬称との関係は以下のようになっています。 お悔やみメールの文面では、以下の表現を用いないように気をつけてください。 不幸が繰り返されることを連想させる言葉 くれぐれも、まだまだ、たびたび、ますます、しばしば、いよいよ、といった重ね言葉や、 また、次々、再び、引き続き、続いて、繰り返し、重なる、重ね重ね、追って、などの言葉。 悲しみが繰り返されることのないよう、追伸も書かないのがエチケットです。 生死を意味する生々しい表現 死亡、死去、死ぬ、生きる、ご存命 これらの言葉は、「ご逝去」「永眠」「世を去る」などに言い換えます。 不吉なことを連想させる言葉 四(死)、九(苦)、とんだこと、とんでもない、不幸 仏式で避ける言葉 迷う、浮かばれない 神道やキリスト教で避ける言葉 冥福、供養、成仏、仏、焼香、冥土、お経、などの仏教用語。 お悔やみメールの文例 遺族への敬称や忌み言葉について理解できたら、早速文面を作成していきます。 お悔やみメールのポイントとしては、 (故人)様が旅立たれたと聞き、信じられない気持ちです。 何と言っていいかわからないけど、ゆっくり元気出してください。 落ち着いたらどこか遊びに行きましょう。 待ってます。 驚きの言葉を述べてください。 その他、お悔やみメールで使える例文 その他、状況に応じて以下の例文も参考にしてみてください。 一般的な例文 ・このたびは、ご愁傷様です。 ・このたびは突然のことで、心よりお悔やみ申し上げます。 ・手伝えることがあれば、何でも言ってください。 ・悲しいお知らせで、何と言っていいのかわかりません。 ・心からご冥福をお祈りいたします。 (相手が仏教のとき) ・悲しみにくれていることと察します。 ・ご家族の悲しみはどれほどのものでしょう。 ・ご家族もお力落としのことだと思います。 ・ご生前、(故人)様には大変お世話になりました。 急死の場合 ・突然のことで、いまだに信じられません。 ・どうか気持ちをしっかり持ってください。 ・ご家族の悲しみを思うと、言葉もありません。 ・思いがけないことで、本当に驚きました。 病死の場合 ・一日も早い回復を願っていたのに、残念です。 ・病気とは聞いていたけど、このようなことになって残念です。 ・あんなに元気だったのに、心残りです。 若い人の場合 ・まだまだ若いのに、言葉がありません。 高齢者の場合 ・長生きしていたのに、残念です。 友人や友達に送る場合 ・大変なときに連絡ありがとう。 ・話聞くよ。 力になれることがあれば言ってね。 ・元気が出たら、お茶でも飲みに行こう。 ・体だけは気をつけてください。 まとめ いかがでしたでしょうか。 お悔やみメールも、基本を押さえれば決して難しくありません。 遺族にとって一番辛いのは、家族を亡くしただけでなく、それを機に周りの人が離れていってしまうことです。 友人から身内の不幸を知らせるメールがあったら、ぜひ返信してあげてほしいと思います。 あなたから届く、温かい思いやりや励ましの言葉。 それは、悲しみで疲れた心を癒してくれるのですから。

次の

「お悔やみメール」お悔やみの言葉や挨拶の文例!返信例文も紹介

メール お悔やみ

お悔やみの言葉を述べるケースは? A1. 訃報に接した時や、通夜・葬儀に参列した時にはお悔やみの言葉を述べる。 どうしても弔問がかなわない時には弔電やお悔やみの手紙を出すのがマナー。 お悔やみの言葉は本来直接相手に伝えるものです。 通夜葬儀に参列できなかったり、遠方などの理由で弔問できない際には弔電を送ります(弔電を打ちます)。 ただし、本来のマナーから言えばメールはあくまでも略式です。 ラインなどのSNSで伝えたりするのも本来のマナーから言えばマナー違反であり、相手に不快な思いを与えてしまう可能性があります。 相手との関係を良く考えて使うようにしましょう。 上記以外のケースとして、以下のケースでもメールでお悔やみの言葉を送るのは許されるでしょう。 突然のことで言葉もありません。 どうかお力を落とされませんように。 ・連絡ありがとう。 突然のことで言葉もありません。 心からお悔やみを申し上げます。 お悔やみにも伺えず本当に申し訳なく思っています。 何かできることがあれば遠慮なく連絡ください。 ・メールを読んで驚いています。 大変な時に知らせてくれてありがとう。 お悔やみにも伺えず本当に申し訳なく思っています。 後日改めてお参りに伺わせてください。 故人のご冥福をお祈り申し上げます。 友人・友達のペットが亡くなった場合 (カッコ)はペットの名前 ・メールを読んで驚いています。 寂しくなりますね。 (ミーちゃん)のご冥福を心からお祈りします。 ・メールを読んで驚いています。 あなたと出会えて(ミーちゃん)は幸せだったと思います。 いつまでも忘れないことがきっと何よりも供養になりますね。 (ミーちゃん)のご冥福をお祈りします。 ・(ミーちゃん)のこと、メールを読んで驚きました。 こんなに思ってくれる人がいて(ミーちゃん)は幸せだったと思います。 寂しいけどどうか元気出して。 ご冥福をお祈りします。 訃報をあとになって知った場合 訃報を知って驚いています。 お悔やみに伺えず申し訳ありませんでした。 どうかお力を落とされませんように。 ご冥福を心からお祈りします。 メールで失礼いたします。 喪中はがきが届き、驚いています。 お母様にはお世話になったのに、お悔やみも申し上げず本当に申し訳ありません。 ご家族の皆様にもお詫び申し上げます。 年末には帰省しますので、ぜひご焼香に伺わせてください。 故人のご冥福を心からお祈り申し上げます。 2-2)親戚あて お悔やみの言葉メール文例 親戚が亡くなった場合(カッコ)は故人の名前 ・連絡ありがとう。 突然のことで驚いています。 お悔やみにも伺えず本当に申し訳ありません。 また、お手伝いもできず心苦しく思っています。 お香典だけ送らせていただきます。 お盆には改めてご焼香に伺いたいと思っていますが、何かできることがあれば遠慮なく連絡ください。 ・メールを読んで驚いています。 大変な時に知らせてくれてありがとう。 お悔やみにも伺えず本当に申し訳なく思っています。 後日改めてご焼香に伺わせてください。 忙しいと思いますのでお返事は不要です。 あなたもどうぞ無理をしないで、体をいたわってください。 ・メールを読んで驚いています。 大変な時に知らせてくれてありがとう。 お悔やみにも伺えず本当に申し訳なく思っています。 お香典だけ送らせていただきます。 2-3)ママ友あて お悔やみの言葉メール文例 ママ友の身内が亡くなった場合 ・大変な時にメールしてごめんなさい。 お母様のこと、突然のことで言葉もみつかりません。 心からお悔やみ申し上げます。 私も数年前に父を亡くした時に経験しましたが、 これから数日間、遺族は本当に大変だと思います。 何かお手伝いできることがあれば遠慮なく連絡ください。 ・お義父様のこと、突然のことで驚いています。 心からお悔やみ申し上げます。 大変な時にメールしてごめんなさい。 どうか遠慮なく連絡ください。 何もなければ返信不要です。 無理をしないでくださいね。 ・こんな時にメールなんかしてごめんなさい。 お悔やみにも伺わず失礼いたしました。 何かお手伝いできることがあればいつでも連絡ください。 お母様のご冥福をお祈りします。 2-4)返信の例・文例 お悔やみのメールを頂いた場合の返信例 ・メールありがとう。 おかげで元気が出ました。 明後日には自宅に戻ります。 心配かけてごめんなさい。 色々ありがとうございました。 ・いつも心配してくれてありがとう。 細やかなお気遣いに涙が出ました。 色々ありがとう。 おかげで元気になりました。 ・メールありがとう。 やっぱり友達はありがたい…と心から思いました。 おかげさまで葬儀も無事終わりました。 ご心配をおかけしてすみませんでした。 ありがとうございました。 ・メールありがとう。 忙しいかなと思って知らせずにいたのですが、かえってご心配を おかけしてしまい、すみません。 母も喜んでいることと思います。 ありがとうございました。 また会いましょう。 色々とありがとう。

次の

お悔やみの言葉 メール ビジネス・取引先》例文・文例

メール お悔やみ

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 「お悔やみ申し上げます」は上司に使っても問題ない 「悔やむ」という表現は「故人の死を悲しんでいる」という意味を持ち、敬意を払った表現とされます。 上司はもちろん、 誰に使用しても問題のない言葉です。 しかし、 弔いの言葉は宗教によって表現方法を変える必要があります。 なかでも キリスト教では、人は亡くなった後に天国で永遠の安らぎを得ると考えられているため、「悔やむ」という表現が使えません。 「平安をお祈りします」など、神様のもとで穏やかに過ごせるようにと祈る言葉にするのが一般的です。 上司の家族が亡くなった場合のお悔やみの言葉と例文 上司の家族が亡くなった場合、 誰が亡くなったかによって言葉が変わります。 場合によっては喪失感で体調を崩してしまうこともありますので、かける言葉は慎重に選ばなければなりません。 この項目ではどのような言葉をかければよいのかをご紹介します。 いくつか例文もご紹介しますので、チェックして頭に入れておきましょう。 上司の祖父・祖母が亡くなった場合 突然の訃報にただただ茫然としております。 ご家族の皆様はさぞ無念だったとお察し申し上げます。 私にできることがございましたらお申し付けください 上司の祖父・祖母が亡くなった場合は、 一緒に住んでいたかどうかで言葉が変わります。 また、ご長寿であった可能性も考えられます。 「天寿をまっとうされて……」「大往生で……」といった言葉を慰めとして用いるケースがありますが、お悔やみの言葉としては不適切ですので、注意しましょう。 上司の親が亡くなった場合 この度はご愁傷様です。 ご母堂様 もしくはご尊父様 の訃報にただ茫然としております。 おつらい時に申し訳ございませんが、事務的なことをお伺いしてもよいでしょうか。 お休みされる間、仕事で何か引き継ぎやフォローできることはありますか 自身の肉親が亡くなった場合は特につらいものです。 上司の気持ちに寄り添うような一言を添えるとよいでしょう。 また、場合によっては一週間近く上司が会社を休むケースも考えられます。 仕事の引き継ぎについて尋ねておきましょう。 上司の兄弟が亡くなった場合 上司の兄弟が亡くなった場合も祖父母のケースと同じように、 一緒に住んでいたかどうかで言葉が変わります。 また、自分と血が繋がった兄弟が亡くなるというのはやはりつらいものですから、 寄り添いの言葉を忘れないようにしましょう。 兄弟姉妹が亡くなった際の忌引き日数は、一般的に 3日前後とされています。 しかし、遠方地で葬儀を執り行う場合は、上司が3日以上会社を離れることも頭に入れておかなければなりません。 そのため、仕事の引き継ぎに関することも尋ねておきましょう。 上司の配偶者が亡くなった場合 この度はご愁傷様です。 奥様 もしくはご主人様 の突然のご不幸、さぞお力落としのことと存じます。 どうぞご心労で体調を崩されないよう、お祈り申し上げます 連れ添ったパートナーを失ってしまった上司の悲しみはとても深く、これからのことを考えると不安も大きなことでしょう。 特に奥様が亡くなってしまった場合、家事をする人がいなくなってしまい、慣れない生活環境になることによって体調を崩してしまうケースもあります。 上司の子どもが亡くなった場合 この度は、本当に残念でなりません。 心よりご冥福をお祈りいたします。 突然のことで、さぞかしお力落としのことと存じますが、どうか気をしっかりとお持ちください。 また、私になにかできることがございましたらお申し付けください お子様を亡くされた上司の気持ちは計り知れません。 悲しい気持ちをあまり出さないよう、 感傷的にならないような言葉を選ぶことが大切です。 また、上司の気持ちに寄り添うような言葉を忘れないようにしましょう。 上司本人が亡くなった場合のお悔やみの言葉と例文 上司本人に不幸があった場合は、遺族となったご親族の方に哀悼の意を伝えることとなります。 肉親を亡くしてしまったことの悲しみは計り知れず、立場や関係性によってかける言葉が違ってきます。 この項目ではどのような言葉をかければよいのかをご紹介します。 いくつか例文もご紹介しますので、チェックして頭に入れておきましょう。 上司の両親にかける言葉 上司の両親から電話などで訃報を知ったときは「 ご連絡感謝します。 もし可能であれば式へ赴きたいのですが」とお伝えしましょう。 上司の両親には適切な言葉で追悼の言葉を伝えます。 また、式に参列する際に、面識がない場合は自己紹介を忘れずにおこないます。 その後、改めて追悼の言葉を伝えます。 自分よりも子どもが先に亡くなってしまうということは親にとってこれ以上ないショックなことですから、寄り添いの言葉が一言あると、なおよいでしょう。 上司の兄弟にかける言葉 上司の兄弟にかける言葉は、両親にかける言葉と同じです。 血のつながった兄弟姉妹が突然亡くなることは想像できないほどにショックなことですので、「 何か手伝えることがあれば……」などの寄り添いの言葉をかけるようにしましょう。 初対面であれば「〇〇様の部下の者です」などと自己紹介をおこない、「ご兄弟 もしくはご姉妹 の〇〇様には生前よくしていただいていました。 」と伝えるのもよいでしょう。 また、あまり感傷的な言葉をかけることは避け、 簡潔な言葉を選ぶようにします。 上司の配偶者にかける言葉 上司の配偶者にかける言葉は、両親やご兄弟にかける言葉と同じです。 寄り添ったパートナーが突然いなくなってしまうことは思っている以上にショックなことですので、「 できることがあればおっしゃってください」と気持ちを理解しようとする言葉をかけましょう。 また、パートナーがいなくなってしまうことで体調を崩してしまう人もいます。 「〇〇様もご心労で倒れることのないよう」と不安や寂しさを察する言葉をかけることも大事です。 上司の子どもにかける言葉 上司の子どもにかける言葉は、お子様の年齢が何歳なのかによって異なります。 お子様が小学生以下の場合は「お父様 もしくはお母様 のこと、寂しくなりますね」といった言葉をかけましょう。 難しい表現を使用せず、敬意を払うことが大切です。 もしお子様が 中学生以上であれば、両親や兄弟、配偶者と同じ言葉をかけます。 中学生ともなると難しい言葉を理解する子もいますから、大人と同じように対応し、敬意を払いましょう。 メールでお悔やみの言葉を伝えても良い? 上司などの目上の人の中にはメールで追悼の言葉を送ることをよしとしない方もいるので、あまり交流のない上司の場合は避けたほうが無難ですが、親しい間柄であればメールで伝えても問題ありません。 また、時には上司からメールで訃報の連絡が来ることもあるでしょう。 その場合はそのままメールで返すことが自然の流れですし、相手を気遣うことにもつながります。 上司と自身の関係性を踏まえた上で、メールで伝えるかどうかを判断することが大切です。 お悔やみの言葉をメールで伝える際のポイント メールで伝える場合は口頭で伝えるのと違い、送る前に読み返すことが可能です。 忌み言葉が使われていないかなど、きちんとチェックするよう心がけましょう。 そのほかにも、タイトルを一目見ただけで追悼のメールと分かるようにしておくなど、ポイントがいくつかありますので、この項目で押さえておきましょう。 簡潔なタイトルにする 仕事のやり取りをメールでおこなう習慣のある会社ではメールが埋もれてしまい、読まれずに放置されてしまう可能性があります。 そのため、メールで送る場合はタイトルに余計な情報を盛り込むことはせず、タイトルを見ただけで追悼のメールだと分かるようにしておくことが大切です。 具体的には「 〇〇 名前 です。 お悔やみ申し上げます」のように、名前と具体的な情報を入れるようにします。 気持ちに寄り添う言葉などを入れてしまいがちですが、簡潔なタイトルにしましょう。 忌み言葉の使用は避ける 「重ね重ね」「ますます」といった 重ね言葉や「再び」「続いて」など、 不幸なことが連続で起きることを連想させる言葉、また「消える」「落ちる」数字の4や9といった 不吉な言葉や「死ぬ」「生きていた時」などの 直接的な言葉は忌み言葉にあたるので、避けるようにしましょう。 メールを送る前には忌み言葉が使われていないか読み返すことが大切です。 書いているときには気が付かず、知らず知らずのうちに使っているケースもあります。 宗教に合わせた表現を使う 宗教に合わせて表現方法を変えることも大切です。 例えば「冥福」や「供養」、「成仏」や「往生」といった言葉は仏教で生まれた言葉ですので、神道やキリスト教の人に使用するのは適切ではありません。 神様のもとで無事に過ごすという意味がある「平安」などの言葉を用います。 また、キリスト教では故人が亡くなることを「神のもとへ行く」という意味で前向きに捉える風習があるので、哀悼の言葉を使うのは適切ではありません。 「突然のことで……」などのように表現を変えることが大切です。 上司からのお悔やみメールが届いた場合の返事は? 上司からのお悔やみメールが届いた場合は、追悼の気持ちを伝えてくださったことに感謝する意味でも返信を送るようにします。 ただし、式の準備などやることがたくさんあるので、無事に終わったことの報告も含め、通夜や葬儀が済んだタイミングでも問題ありません。 具体的には「 メールありがとうございます。 式を無事に執り行えました。 お心遣いありがとうございます。 〇日より出社します。 ご心配ご迷惑をおかけして申し訳ありません」と感謝やお詫びの言葉を入れるようにします。 まとめ 追悼の言葉のマナーについて理解できたでしょうか。 一口に哀悼の言葉といっても忌み言葉を使用しないなどのマナーがあります。 誰が亡くなったのか、誰に伝えるのかによって表現方法を変えることも大切です。 また、自身に不幸があった際に上司からメールが来た場合は、相手の気持ちに対し感謝の意を伝えるためにも返信するようにしましょう。 ただし式などやることがたくさんあるので、落ち着いてから返信しても問題ありません。 マナーに沿って追悼の言葉を伝えましょう。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の