ポケモンバンク マイル。 ポケマイル

ポケモンバンク (ぽけもんばんく)とは【ピクシブ百科事典】

ポケモンバンク マイル

概要 とは別に存在する通貨で、その設定は現実世界のに近い。 入手方法• 歩く 1000歩で1マイル• でやを行う• にポケモンを預ける• ミラクル交換をする 用途 ゲーム内で貯めたポケマイルはを通じてポケモングローバルリンクに送ることができる。 アイテムとの交換 ではサウスサイドSt. 、ではでアイテムと交換することができる。 他にもPGLでも交換可能。 PGLで買う場合は獲得したメダルの個数が20を超えているかいないかで値段および買えるアイテムが変化する。 アイテム ゲーム内での値段 PGLでの値段 XY ORAS ~19 20~ 10 10 5 4 - - 7 5 20 20 10 8 30 30 15 12 35 35 17 13 60 60 30 24 60 60 - - 120 120 60 48 125 125 62 49 125 - - 100 300 300 150 120 400 400 - 200 500 500 - 250 1000 1000 - 500 アトラクション PGLでアトラクション ミニゲーム を遊ぶ際に必要となる。 アトラクション 必要ポイント Lv. 1 Lv. 2 Lv. 3 100 100 100 20 100 200 100 100 100 100 100 100.

次の

スマホのみで気軽にポケモン交換可能、ポケモンのみならずトレーナーも集結するサービスに ─ 『Pokémon HOME』メディア試遊会レポート

ポケモンバンク マイル

ポケマイルポイントとは: ポケマイルポイントは、ポケモンXY版 ポケモングローバルリンク で使えるポイントのこと。 ポケモンXY版PGLにはポケマイルクラブというコンテンツがあり、そこでアトラクションを楽しんだり、アイテムを購入するためにポケマイルポイントを支払う。 ポケマイルポイント入手方法: ポケマイルポイントは、基本的にポケモンXYのゲーム内で獲得する。 ポケマイルポイントはカロス地方を歩いて歩数を稼ぐことで少しずつたまる。 また、他プレイヤーとポケモン交換をしたり、すれ違い通信で他プレイヤーとすれ違ったときにたまっていく。 遠くのプレイヤーと通信: ニンテンドー3DSにはプレイヤーが住んでいる地域が登録されている。 ポケモン交換やすれ違い通信したとき、プレイヤーお互いの住所が遠ければ遠いほどもらえるポケマイルポイントが多い。 ポケマイルポイントの用途: ゲーム内で溜めたポケマイルポイントはゲームシンクでPGLに送ることができ、ポケマイルクラブで使用できる。 また、 サウスサイドストリートのポケモンセンター内にいる男性はポケマイルポイントをどうぐと交換してくれる。 交換できるアイテムの一覧はを参照。 ポケマイルストア: ポケマイルクラブにはポケマイルストアというお店があり、そこでポケマイルポイントを支払うことでアイテムを購入できる。 買ったアイテムはポケモンXYのゲームに送り、ゲーム内で使うことができる。 ゆめポイント換算: ポケモンBW・BW2版ポケモングローバルリンクを利用していたプレイヤーには、ユーザー特典としてBW・BW2版PGLで貯めたゆめポイントがポケマイルポイントに換算される。 詳細はBW・BW2版ユーザー特典を参照。 ポケモンXY新要素.

次の

ポケマイル

ポケモンバンク マイル

ポケモンバンクとは、より配信を開始した及びそれを利用した有料である。 ここではポケモンバンクと連動して機するポケムーバーについても説明する。 概要 に放送されたPokn Dct内で発表された管理。 ・以降の作品で捕まえたを上の自分専用のボックスに預けて管理することができる。 その数はなんと 0匹にもなる。 なんという。 多くのの中からのを探し出すための機も付いている。 自分ののと連携して通信するため、版も含めた複数のでも1台のだけでに何匹も出し入れができる。 つまり、一度をに預けた後にを売る・を消すなどしても、新しいや新しく購入したにを引き出すことが可ということになる。 預けているの数と経過した日数に応じてが貯まり、それをポケやとしてに送ることが出来る機もあるため、特に用がなくても孵化・厳選のを預けておけば何かと役に立つ。 自体はで出来るが、を使うには利用料として 1年ごとに分の利用券を追加購入する必要がある。 (この操作は本を起動した状態で行う。 から直接購入することは出来ない) 一人一人が大切に育てたであろうの管理や維持をするには、やはりというわけにはいかないようだ。 ただ、額に換算すると約42円となるのでそう考えると安いと言える。 さらにこのポケモンバンクは、将来発売するであろうにも対応させていくなどと、長期にわたるになる予定だ。 ただし、を利用するにあたって以下のことに注意しなければならない。 をさせることはできない。 また具を持たせた状態で預けることもできない。 持たせていた場合は自動的にバッグに戻される。 新しい世代のに送るとの世代に戻せなくなる。 一例としてに送ると・に戻す事が出来ない。 本体が壊れて通信できなくなった場合、まずは。 なくした場合はに連絡。 期間や利用券の有効期限が終了して、そこから一定期間料を支払わなかった状態が続いた場合、 ボックスに預けたままにしていたは消えてしまうので注意。 『ポケモンバンク』および『ポケムーバー』をする為には本体への「」の登録が必要 これは他のやなどでも同様。 ちなみに、配信日であるから、までの間にすると、お試し期間としてその日から日間でポケモンバンクを利用することができるが実施された。 また配信当初は、集中により障が発生したため、本の配信を一時的に停止していたが、に配信が再開された。 ポケムーバー 加えてこのポケモンバンクをすると、追加で「ポケムーバー」というをすることができる。 この操作はポケモンバンクを起動し使用料を支払った状態でするため、ポケムーバーだけを・使用することは出来ない。 画面のはとムーの2つになる。 これを使うとポケモンバンクを経由することで第5世代(・)から第代(・)、第5世代・版の第1世代(・・)・版の第代()から第7世代(・)へを連れてくることができる。 当然だがこちらも本体を2台使う必要がない。 ちなみにこのポケムーバーを利用しないと・と通信することはできない。 そしてこのポケムーバーも、今までのように送ってしまったら元のに戻せないので注意。 また不正な方法で手に入れた(いわゆる)も送ることができない場合もあるが、全ではない。 手順 1.・及び版の・・・のボックス1に 送りたいを任意の数だけ集めておく( 1ボックス全部まとめてするため、この中から数匹だけを選ぶといったことは出来ない) 2.が本体に入った状態でポケムーバーを起動 3.ムー側の操作での専用ボックスにする。 ( この操作をした時点でをに戻すことがになる。 ) 4. ・・・のが本体に入った状態でポケモンバンクを起動 5.専用ボックスのを全て他の通常ボックスに移動させるか側に引き出す(この操作をしないと新たに等からを出来ない) ちなみに余談であるが、第代・第7世代から的に最も遠いにある第3世代、・からを連れてくる場合は… 1.「」と「」を「専用」で繋ぎ、まずは「」に移動。 2.「 」の機で「第4世代 Pt・ 」に移動。 3.「及びを2台」使ったで「第5世代 ・ 」に移動。 という手順を踏まなければならないため、最終的に5種・5種が必要になるというかなり大掛かりな作業である。 それでも10年以上前に発売されたと間接的に通信が出来ること自体が充分凄いことであるが。 版第1世代産のはがで固定、は3V以上確定となる。 性格はの数値に応じて決まる模様。 関連動画 関連商品 関連項目• (に発売された管理用の。 ポケモンバンクに登場するアは、このでも開発者として登場した)• (第4世代から第5世代へを移動させるための)•

次の