あかね こ 漢字 スキル。 あかねこ漢字スキルのユースウェア

あかねこ漢字スキルのユースウェア

あかね こ 漢字 スキル

小学校では国語・算数の教科書のほか、副教材としてドリルを渡している学校が多いと思います。 そしてそれらのドリルは漢字や計算力を定着させるのに、非常に活躍しています。 我が子が使っている副教材は、調べてみると全国の学校でも、非常によく使われている副教材のようです。 皆さんのお子さんの学校でも使っている所が多いのではないでしょうか? その副教材とは 「あかねこ漢字スキル」と 「あかねこ計算スキル」です。 子供の学校では、小学1年生は、 光村教育図書の「あかねこ漢字スキル」と「あかねこかんじスキト」、 算数はあすとろ出版の「あかねこ計算スキル」を使っています。 (以下、まとめて「あかねこシリーズ」と表記します。 我が子の学校は、国語は光村図書、算数は東京書籍を採用しているので上記の出版社のあかねこシリーズ。 そこで今回は、 副教材「あかねこシリーズ」に関するおすすめ情報を、お話したいと思います。 学んだことを「あかねこシリーズ」で定着させる小学校 小学校では先生によって使い方は異なるかと思いますが、教科書で新しいことを学んだあと、しっかりと学んだことを定着させるために、あかねこシリーズを使っています。 例えば、国語の漢字を新しく覚えるために「あかねこ漢字スキル」を単元ごとに学校で学びます。 その後、宿題として「あかねこかんじスキト」に取り組みます。 さらに学校で「あかねこ漢字スキル」についている「単元テスト」を行っているのです。 あかねこ以外にも先生独自のプリントなども、もちろんありますが、このように子供たちは、漢字を習得していくのです。 では、これで身につくのでしょうか?もちろん覚えられる漢字もありますが、 なかなか覚えられないもの出てきます。 そこで、必要なのが家庭学習です。 子供が漢字を覚えるために、家庭でどんなことができるのか、色々と考えてみました。 「あかねこシリーズ」を家庭でも活用する? 覚えられない漢字や読みを、何度もノートに書くということを子供と取り組みました。 しかし、何度も書くというのは、思っているより子供にとっては大変なようです。 毎日少しずつなのですが苦痛に感じるようになりました。 そこで、副教材の「あかねこシリーズ」を活用できないかな?と思った私は、ネットで「あかねこシリーズ」について調べてました。 すると、サポートサイトにたどり着きます。 あかねこの問題が無料でダウンロードできる サイトをみてみると、「教材プリント」がダウンロードできると書いてあります。 なんと、 あかねこの単元テストがもう一度できるようにダウンロードができます。 さらに、見てみると、しっかりと定着できるようにと、 追加問題もダウンロードできるようになっています。 また、教材の使い方や学び方も紹介されているではないですか! これは、このサイトを活用し、プリントを使わないともったいない!!と思い、早速、ダウンロードをしました。 どんな内容のプリントなのか 基本的にダウンロードできるプリントは、問題形式。 漢字であれば、かきとりとして何度も練習するようなものはありません。 ですから、サクサクっとこなしたい我が子にとっては非常にありがたいものばかりです。 ダウンロードしておけば、何度も家庭で印刷ができます。 反復練習するにはもってこいです。 新しい問題を追加でするのではなく、学校と同じものを取り組んで定着させたいと考える家庭やお子さんには嬉しいサポートです。 私も、漢字や計算類は新たにドリルを買う必要はないかなと?と思っています。 はやく気がつけばよかった・・・。 とも思いますが、サポートサイトを見つけられてすごく嬉しい! ですから、皆さんもお子様が「あかねこシリーズ」を使っているのであれば、ぜひサポートサイトをのぞいてみてくださいね! サイトから問題をダウンロードするには、ドリルについているコードが必要です。 手元にドリルを用意してくださいね! mamapri.

次の

三年生の漢字プリント

あかね こ 漢字 スキル

優れもの教材を正しい使い方で指導すると様々なドラマが生まれる。 スキルの1を開きなさい。 隣と確認します。 まず初めに筆順を見ながら机の上に指で書きます。 これを「指書き」といいます。 指書きをするときは必ず筆順を声に出して数えます。 目と手だけではなく、口と耳も使って覚えます。 見ないでも書けるようになるまで何度も何度も練習します。 3つのステップで最も重要なステップがこの「指書き」である。 覚えるまで筆順を口で言わせながら何度も書かせるのがポイントである。 (覚えるまでは鉛筆を持たない。 ) 念のために空に書いてみます。 指を出して先生に向かって筆順を言いながら書きなさい。 (空書き)さん、はい。 今度は目を閉じて、さん、はい。 教師は子どもの書き順を確認する。 男女別に、列で、班で、とパターンを変えて何度か練習させる。 (まがりは「サーン」と伸ばして言わせる。 )このステップは初めての指導なので行う。 次からはその日の漢字をすべて練習した後に行う。 これを「なぞり書き」と言います。 1mmもずれないようにして書きます。 書いてごらんなさい。 最初は全員持ってこさせて個別評定するなどの指導が大切になる。 なぞり書きができたらその下の段にそっくりそのまま写して書きます。 これを「写し書き」といいます。 これも筆順をいいながら書きます。 通常はここまでだが、伴一孝氏はこのステップに加え、「一人書き」というステップを加えている。 写し書きをしたその下の段に、何も見ないで書かせるステップである。 「上の字をかくして書きなさい。 」と指示する。 漢字の練習は今やったようにやります。 最初は指書きです。 手本を見なくても書けるまで練習します。 こう言って、右ページの半分の漢字を練習させる。 最後に今日練習した漢字すべてを空書きさせて確認する。 みんな書けるようになったか確認します。 指を出して先生に向かって筆順を言いながら書きなさい。 さん、はい。 「2人書けなかった子がいます。 もう一度確認して、もう一度、さん、はい。 」などと徹底する。 以上で1日目の指導を終える。 10分〜15分程度である。 1日目と同じ要領で5分間練習する。 はやく終えた子はノートに練習させる。 10分なら10分をルール化させる。 今日はスキル1の左ページをします。 最初に読み仮名を書きなさい。 わからなかったら下に書いてありますよ。 テストの予告と読み仮名書きをさせる。 1番の漢字から「指書き」を1回してから「なぞり書き」します。 初めての指導なのでここで1度区切る。 次に2の漢字に進みます。 左ページは横に進んで行くのです。 1段目が終った子は2段目の「写し書き」へ進みます。 左ページのユースウェアは「横に進む」ということである。 縦にやっていくと速い子が終った時に遅い子はまだ練習していない漢字がある状態を作ってしまう。 横に進めば速い子が2段目、3段目に進んでいるうちに遅い子もすべての漢字を1回は練習できるのである。 と告げて、3日目は終りになる。 テストページから「1」のテストをていねいに切り取りなさい。 ていねいに名前を書かせる。 私は日付けも書かせている。 テストの時間は2〜3分。 時間を告げて終りにするが、隣同士、終ってしまったところは合図を待たずに答えあわせに入ってよい。 上段が解答欄。 下段は再テスト用である。 丸付けをします。 お隣同士で交換しなさい。 しかし、正しい見方を学ばせるために子ども同士で行わせる。 間違えているところはそのままにします。 採点していてお隣同士、意見が食い違うときは2人そろって先生のところにいら っしゃい。 返された子は先生に見せにきなさい。 採点基準によってもめないようにルール化しておくのである。 子どもがテストを持ってきたら次のことをする。 100点の子には赤で大きな100点を書く。 100点でなかった子は欄外に小さく得点を書きこむ。 欄外に書くのは再テストの得点を得点欄に書きこむためである。 100点の子はあかねこシールを貼りなさい。 間違えた子は間違えたところをテストの裏に練習しなさい。 練習の仕方はスキルを見ながら「なぞり書き」「写し書き」の順です。 あかねこシールは100点の子と間違えた子の時間調整のためにある。 つまり、間違えた子の練習時間を確保するのである。 あかねこシールが貼れた子はテストをノートに貼りなさい。 シールの貼れた子はさらにノートに丁寧に貼らせる。 (私は漢字練習帳に見開きで貼らせている。 )この時間も100点がとれなかった子の練習時間を確保させる。 今日のテストの得点を発表しなさい。 出席番号順に発表させる。 教師は記録する。 皆の前で得点を発表することで、次は自分も100点をとらないと!という緊張感を生む。 励みになるのである。 ただし、 100点をとった人でも言いたくない人は先生のところに来て点数をみせてください。 と言っておくことが大切である。 この点数発表の時間も間違えた子の練習時間にあてられる。 ポイントは、「間違えたところのみをテストする」ということだ。 テストの下段に間違えたところだけをテストする。 再テストを5日目に一斉に行うときは、 再テストをします。 間違えたところだけを下の段に書きます。 100点だった子は念のためにもう一度練習しておきなさい。 と言う。 また、4日目の授業の最後の時間を使って再テストをしてしまうという方法もある。 授業を1分ほどはやく終了し、テストの練習をチェックする。 そして再テストをさせる。 私はこの方法でやっている。 100点になったらあかねこシールを貼らせ、ノートに貼らせて休み時間としている。 1週間で1サイクルの漢字指導が進んでいく。

次の

小学校の副教材「あかねこ漢字スキル」と「あかねこ計算スキル」の家庭での活用方法(サポートサイト「エデュサプリ」とは?)

あかね こ 漢字 スキル

あかねこ中学漢字スキルで新出漢字の9割強を習得させる 「あかねこ中学漢字スキル」で新出漢字の9割強を習得させる 長谷川博之(トークライン中学秩父JEサークル) 漢字に根強い苦手意識を持つ1年生に「漢字スキル」を用いて指導した。 ひと月もたたないうちに漢字テストの学級平均は90点を超えた。 指導方法はもちろんTOSSで学んだものである。 毎時間最初の7分間を漢字学習に当てている。 指書き・なぞり書き・写し書き・空書き・テスト このステップで指導する。 TOSSで学んだ方法である。 この指導を行えばすべての生徒に9割以上の習得度を保障できるという。 今年度初めて漢字スキルを採用した。 4月、早速指書きから指導を始めた。 効果はすぐに表れた。 ひと月もたたないうちに10問テストの平均点は90点台に乗り、95点に迫った。 【1・2日目 新出漢字練習】 さっと授業に入る。 指示1 最初に指書きをします。 書かれている筆順を見ながら、その横に指で書きます。 筆順を唱えながら書 くのですよ。 声を出している生徒を力強く褒める。 覚えたら鉛筆を持たせる。 3〜5回で覚える。 指示2 次になぞります。 筆順を唱えながら、1ミリもずれないように書きなさい。 丁寧に書いている者を褒める。 ずれている生徒には書き直させる。 筆順も唱えます。 枠に触れないよう指示する。 ここで正確な字形を覚えさせる。 指示4 同じように五つ目の漢字まで練習しなさい。 枠に触れたりはみ出したりしている漢字は書き直させる。 指示5 空書きします。 全員起立。 右手を準備。 さんはい。 筆順を唱えながら右手で宙に書く。 全員でそろえる。 教師は左手で鏡文字を書く。 難漢字は教師の板書に合わせてから書きさせることもある。 記憶の怪しい漢字は目をつぶらせて再度から書きさせる。 次時の学習の初めに前時学習した漢字を再度空書きさせる。 小刻みに確認することで漢字の一つ一つが確実に定着していく。 【3日目 問題】 スキルの下半分を学ぶ。 読めない漢字は下の答えを見ていいですよ。 わからなければ答えを見ればよい。 最終的に習得すればよいのである。 指示2 筆順を唱えつつなぞります。 横方向に進めなさい。 常に励まし続ける。 すべて正確になぞれている場合、「合格」と言って小さく赤丸をつけてやる。 指示3 写し書きをしなさい。 最後の段 三段目 は自分でテストをする。 下敷で上を隠して書き、採点まで行う。 間違えた漢字だけを家庭で練習する。 【4日目 テスト】 テストの前に学習状況を確認する。 方法は、列ごとに当該ページを私のほうに向けさせるだけ。 三段目に模擬テストをし、採点までしてあれば合格である。 不合格者が多い場合は練習の時間を2分とる。 指示1 テストを切り取りなさい。 指示2 止め。 テストを交換しなさい。 友達のことを思って厳しく採点しなさい。 スキルを見て丸だけをつけさせる。 バツは後に私がつける。 生徒は毎回真剣に採点している。 友人のテストを採点するという作業、ここにも立派に学習が成立している。 記憶の定着が進むのである。 正解か不正解か判断に迷う場合は二人揃って持ってくるよう指示する。 指示3 間違いのあった人から持ってきます。 席に戻ったら間違えた漢字だけを裏面に練習していなさい。 列をつくらぬようすばやく誤答をチェックし、点数を記入する。 四角の中でなく隅に得点を記入する。 再テスト後、四角 に100点を書いてやるためである。 間違いのあった生徒から持ってこさせるのは、再テストに向けた練習時間を確保するためである。 席に戻り、満点の生徒がチェックを受けている間練習を進める。 指示4 100点だった人は持って来なさい。 席に戻ったらシールを貼っていなさい。 シールを貼らせるのは空白の時間をつくらないためである。 貼り終えた生徒はテスト用紙裏面の「アドバンテージ」に挑戦している。 指示5 点数を名簿順に発表してもらいます。 1番からどうぞ。 100点でもみんなの前で言いたくない人がいますよね。 その場合は前に言いに来なさい。 なぜ点数を言わせるのか。 満点だった生徒を褒め、間違いをした生徒に「次は満点を取る」という気持ちを持たせるためである。 この後全体を評価する。 前回と比べて点数が上がった者を褒め、下がった者を励ます。 その授業の最後に再テストを行う。 授業はチャイムと同時に終えているので、テストは休み時間に一分ほど食い込むことになる。 ほとんどの再受験者が一問程度であるからすぐに終わる。 |||| Copyright C 2002 TOSS-JHS. All Rights Reserved.

次の