キャメル シガー メンソール タール。 キャメルシガーメンソールを吸ってみた|喫煙家Kのタバコ日記|note

【レビュー】キャメルの新製品シガーライトボックスを吸ってみた

キャメル シガー メンソール タール

「プルーム・エス」の専用たばこスティックはこれまで「メビウス」銘柄の4種類のみと物足りなかったが、ここに来て有名海外たばこ銘柄「キャメル」の2種類が追加。 2020年1月20日より順次、全国のコンビニエンスストアなどで発売される。 しかも、20本入り460円(税込)と、メビウスより30円安い低価格路線だ。 かつて紙巻きタバコの「キャメル」を愛用していたこともある筆者なので、これは非常に楽しみである。 ついに海外タバコの人気ブランド「キャメル」が登場。 既存の「メビウス」4種と合わせ、「プルーム・エス」の専用たばこスティックは計6種類に拡充となる 「マールボロ」「ラッキーストライク」と肩を並べる存在感があった洋モク(海外タバコ)ブランド「キャメル」 かつては「マールボロ」「ラッキーストライク」と肩を並べるほどの存在感を放っていたのが、米国の人気タバコ銘柄「キャメル」である(現在はJT製造)。 箱に描かれた「オールドジョー」という名前のラクダが目印で、ついついパケ買いしたことのある人も多いのではないだろうか。 ただ実際に吸うと、非常にクセの強い重めのタバコで、オリエンタル葉の独特の金属感と、ほこりっぽいような乾いた味わいの特殊さに、日本人スモーカーはくじけることが多かった。 そのため「キャメル」人気は常にコア層が中心で、日本では2011年の震災後の一時期、廃番になってしまった時期もある。 なぜか筆者は、その強いクセに魅せられてしまって、くじけつつも時間が経つとまた挑戦していたものである。 そして複数回の挑戦の結果、ニオイやクセの強すぎない「キャメル・マイルド」に落ち着いた。 その後、ほかの銘柄に切り替えた後も、たまに吸いたくなって購入していた。 だから今回、「プルーム・エス」専用たばこスティックとして「キャメル」が登場したのは、非常に感慨深い。 紙巻きの「キャメル・ボックス」。 かつてはパッケージにはエキゾチックな背景も描かれていたが、今はラクダのみ 今回改めてキャメルの味を思い出すために、「キャメル・ボックス」を久々に吸ってみた。 するとタール値12mgでズンとした重みはあるが、クセはほぼ抑えられ、吸いやすいバーレー葉中心のアメリカンな王道タバコ味になっていた。 おいしいのだが、不思議な魅力を生み出していたクセがあまりない。 唯一、喉奥の上のほうが刺激される特徴だけが、一応受け継がれている程度だ。 軽さで人気の紙巻きタバコ「キャスター」に似た甘い香りである。 ところが実際に吸ってみると、ポップコーン臭をバニラ感が吸収して、いい感じのバランスでまとまっていくので、どちらもあまり気にならない。 「キャメル・レギュラー」は紫に近い青がキーカラー。 "タピる"的な言い回しでアピールする紙が入っていた クセがなくて吸いやすい 喫味は強くないが、ゆっくり吸うと深みと甘味のバランスがよく、旨味のある蒸気がおいしい。 そして弱めだが、喉奥が刺激される特徴も踏襲している。 ただ、喉奥上というより、喉奥下の気管支側を刺激してくるのがちょっと違う。 同じく「プルーム・エス」専用たばこスティックの「メビウス・レギュラー」はほのかな甘みだが、これはしっかりとした甘みがある。 その分、吸い心地はこちらのほうが強い。 加熱温度が低いので、速吸いは厳禁で、10秒はインターバルを置いて、ゆっくりめに吸い込むようにすると、甘みと旨味をしっかり感じられるはずだ。 周囲に対しても、バニラ感でコーティングされたニオイはたばこ感が低く、室内で喫煙しても気になりにくいようだ。 タバコというより、「何か甘いもの食べた?」という香りだ。 とはいえ、喫味が強めの「アイコス」に慣れている人だと、明らかに喫味は弱いので、物足りなく感じるだろう。 紙巻きタバコ派の人でも、もともとタール値1〜3mg程度のものを吸っていた人でないと、満足するのはかなり難しいだろう。 往年の「キャメル」ファンとしては、クセのなさが物足りない。 クセの少なくなった近年のキャメルともまた違う。 甘みと旨味が共存していて、高品質なタバコ味を実現していると思うが、「キャメル」ならではのクセを期待するとガッカリするだろう。 「キャメル・メンソール」は強力に辛いペパーミント系の清涼感 JT独自技術でかつてないほどの"すっきり"を実現したという「キャメル・メンソール」。 そのすっきりの正体は、どうやら「強烈」という意味らしい。 実際に吸うと、強力に辛いペパーミント系の清涼感で、むせそうになった。 「メビウス・メンソール」とは比べ物にならない強烈な清涼感・刺激感だ。 そして、喉から鼻奥に至るまで走る猛烈なスースー感。 冬場には向かない冷感にゾクッとする。 メンソールファンでないと1本吸いきるのが大変なくらいだ。 激辛メンソールが好きな人には好まれるかもしれないが、強烈すぎてキャメル感がほぼ吹き飛んでしまっているのはどうなのだろう。 箱を開けた途端に清涼感が飛び出してくる「メンソール」。 グリーンがキーカラー メビウスより30円安いとは思えない高品質な味わい 「プルーム・エス」専用たばこスティックに関しては、メビウス銘柄は490円(税込)で、このキャメル銘柄はそれより20円安い460円(税込)という価格設定だ。 タバコは1日1箱の人なら1か月に約30箱必要なので、この差は大きい。 月間のランニングコストにするとメビウスが14,700円で、キャメルだと13,800円。 900円の差がついてしまう。 「プルーム・エス」ユーザーで、甘みが苦手でなければ「キャメル・レギュラー」は十分おいしい選択肢である。 いっぽう、「キャメル・メンソール」は、辛めのメンソールが好きな人限定ならおすすめできる。 ただ、「キャメル」の味はあまり強くないので、「廉価版メンソール」として活用するのがいいかもしれない。 「キャメル」の特徴であるコルク色のフィルターは採用されず、ラクダのシルエットがプリントされた白色フィルターになっていた.

次の

キャメル新作!シガーメンソールボックスのレビュー!タバコとリトルシガーの違いって?

キャメル シガー メンソール タール

リトルシガーという新ジャンル キャメルの新製品は「リトルシガー」という新ジャンル。 これは巻紙にタバコ葉を使った紙巻きたばこです。 吸い方は紙巻たばこと全く同じになり、よりシガーを手軽に楽しむための新製品として捉えて間違いないでしょう。 キャメル・シガーボックス• キャメル・シガーライトボックス• キャメル・シガーメンソールボックス 3タイプあり、好みに応じて選べるのも魅力的ですね。 今回、キャメル・シガーライトボックスを試しに吸ってみました。 開封 さっそく開封していきます。 ボックスを開けるとタバコ葉の良い香りが漂ってきます。 プルーンを思わせるような、酸味を含んだフレーバーもツンと鼻の奥を刺激します。 タバコに鼻を付けるとよりプルーン感が鮮明に。 通常の紙巻たばこと違い、白のペーパーではなくタバコ葉を使ったペーパーで茶色がかった色をしています。 手巻きタバコにも言えることですが、巻紙の良し悪しでタバコの味は決まるので期待が高まります。 喫煙開始 着火して喫煙開始。 これがパッケージにも記載されていた紙巻タバコとまったく同じ吸い方でシガーの味を再現した本製品の真骨頂というところでしょうか。 ・・・ 確かに吸ってみるとシガーを思わせる香り、喫味があります。 これ美味いな! キャメル・シガーライトボックスの感想 JTさんやってくれましたね、という印象です。 シガーを吸いたいと思っても、気軽に購入することができるものでもなく、吸い方も紙巻タバコと異なります。 タバコとシガーを掛け合わせた本製品ですが、シガーを気軽に試してみたいとニーズに見事応えた製品だと感じました。 フィルターがある分、吸いやすいという点も魅力ではないでしょうか。 大のキャメル嫌いの友人にも試させたところ、このキャメルなら吸える!と言っていました。 今回、試したのはライトですが割と幅広い人に受け入れられる喫味・香りだと思います。 キャメル・シガーシリーズの価格 香り・喫味共に大満足なキャメル・シガーシリーズですが、 一箱20本入りで360円。 値段表記を見て、二度身してしまいました。 現在だと紙巻タバコは500円オーバーの価格ですよ? リトルシガーというジャンルに属するためタバコ税の関係などでこの金額を実現できているのでしょうか。 タバコ業界の発泡酒的な感じ? とにかく、安い・美味いとコスパの良い製品なので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?.

次の

リトルシガーとは税金の違いで安いタバコ!コンビニで買える種類も

キャメル シガー メンソール タール

スポンサーリンク まずは、消費増税で値上がりした、 2019年10月の 値上げ状況から見ていきます。 細かい銘柄まで記載すると膨大な量になりますので 大きなシリーズ名毎の値上げ後価格を表にしています。 主要なシリーズの値上げ額は、 10円か 20円かの2種類です。 シリーズ名 値上げ後価格 値上げ額 マールボロヒートスティック(アイコス) 520円 20円 マールボロ 520円 10円 ラーク 460円 10円 パーラメントロング 540円 10円 パーラメント 500円 10円 バージニアエス 490円 10円 メビウス 490円 10円 セブンスター 510円 10円 アメリカンスピリット 530円 10円 ピース(アロマ・インフィニティ等除く) 510円 10円 ホープ(10本入) 260円 20円(20本換算) ピアニッシモ 490円 10円 プルームテックエス 490円 10円 ケント 460円 10円 クール 490円 10円 ラッキーストライク 520円 20円 ケントネオ(グロー) 500円 10円 JPS 480円 20円 ご覧のように、普通のタバコは 490円~520円になっています。 ラーク・ケントが460円と比較的安い部類で アメリカンスピリットの530円、パーラメントロングの540円が 高価格帯という分布になっていますね。 値上げ幅ではアイコスヒートスティック、ラッキーストライク、JPSが 20円値上げとなっています。 また、10本入りで10円値上げというホープが20本換算では20円値上げです。 これに対して、値上げがないタバコもいくつかあり キャスター・キャビン・ハイライト(450円)や 400円のタバコなど 安いタバコが値上げされない傾向がありました。 紙巻きタバコとリトルシガー 安いタバコを考える 安いタバコについて考えるに際して タバコの種類を知っておく必要があります。 というのも、これまでのタバコ市場では 紙巻きタバコという種類が大多数を占めてきました。 が、ここ近年のタバコの値上げに呼応する形で リトルシガーという種類のタバコがシェアを延ばしてきています。 リトルシガーとは リトルシガーは、紙巻きタバコとは区分が異なり 区分で言えば葉巻という扱いになっています。 つまり紙ではなく、タバコ葉を加工したペーパーで巻いてあるタバコということです。 リトルシガーがシェアを延ばしている理由は安いからなんですが 葉巻と紙巻きタバコではタバコ税のかかり方が異なる というのが安さの理由となっています。 リトルシガーについては、詳しくは別の記事で解説していますので 詳細を知りたい方はをご覧ください。 紙巻きタバコとリトルシガーは分けて考える つまり、 リトルシガー=安いタバコでもありますので 安いタバコを考えるには• 紙巻きタバコで安いタバコ• リトルシガーで安いタバコ というように分けて見ていく必要があります。 紙巻きタバコの安いタバコ 400円のレギュラータバコ 20本入りでキングサイズというのが、所謂普通のレギュラータバコです。 分かりやすいところだと、セブンスターなどと同じサイズです。 この レギュラータバコの中で、安いタバコに一箱400円のタバコがあります。 ウェスト(インペリアルタバコジャパン)• ラッキーストライクエキスパートカット(ブリティッシュアメリカンタバコジャパン)• キャメルライト(日本たばこ) 以上3社からそれぞれ販売されているシリーズです。 各シリーズのレギュラーとメンソールのラインナップは以下の表の通りです。 今回安いタバコとして復活させたという形になっています。 リトルシガーの安いタバコ 種類が増えてきているリトルシガー リトルシガーは元々ニッチなニーズのタバコだったので メジャーではない銘柄も多いですが 近年安いタバコとして市場伸長しており 主要三社からもリトルシガーが発売されています。 種類が多くなってきているので、分かりやすくまとめる為 ここでは、値段別に見ていきます。 360円のリトルシガー 一箱360円は、リトルシガーでは一番高い部類になります。 紙巻きタバコと比べると、これでもかなり安いですね。 リトルシガーには紙巻きタバコと違ってタール表示がありません。 そのため、 吸いごたえの目安は名称で表されています。 それぞれのシリーズで表現が異なっていて、少し分かりにくいですね。 また、紙巻きタバコと違って、リトルシガーは タバコの葉の量が少ないとその分安くしやすい特徴があります。 そのため、 スリムタイプという一本が細いタイプのタバコも多くなっています。 次の表では、 各シリーズで発売されている種類と合わせて、サイズも表記しています。 シリーズ名 種類 サイズ(太さ) クールループドシリーズ 無印・プラス・サングリア・トロピカル スリム ラッキーストライクシガリロ ブラック・ブロンズ スリム キャメルシガーシリーズ 無印・ライト・メンソール レギュラー ここでの無印とはシリーズ名そのままということです。 例えば、クールループドシリーズのクールループドというタバコを無印と表記しています。 ここでは割愛していますが、360円のリトルシガーにはハーベストというシリーズもあります。 340円のリトルシガー 360円でスリムタイプが発売されているラッキーストライクシガリロ。 また、 ラッキーストライクシガリロでメンソールがあるのはこちらの方だけです。 シリーズ名 種類 サイズ(太さ) ラッキーストライクシガリロ ライト・メンソール レギュラー 330円のリトルシガー キャメルシガーはレギュラーサイズが360円ですが スリムタイプは330円で発売されています。 スリムタイプはメンソールのみの展開です。 また、紙巻きタバコのレギュラーサイズ380円の フィリップモリス。 このシガー版もスリムタイプ330円で発売されています。 シリーズ名 種類 サイズ(太さ) キャメルシガー メンソールスリム・メンソールライトスリム スリム フィリップモリスロードスター 無印・メンソール・ミックス スリム 270円のリトルシガー 270円という値段はコンビニのタバコでは一番安いです。 また、 270円のフォルテというリトルシガーは コンビニでのリトルシガー市場の先駆けでした。 フォルテというマイナーな銘柄ですが クール・ラッキーストライク・フィリップモリス・キャメル これらメジャーな銘柄のリトルシガーと並ぶほど コンビニのリトルシガー市場では主要銘柄となっています。 ただ、サイズはレギュラーよりも小さめのサイズのタバコです。 シリーズ名 種類 サイズ フォルテ オリジナル・ライト・エクストラライト スリムより太く、長さは短め フォルテメンソール メンソール・エクストラライトメンソール スリムより太く、長さは短め 種類が多いので同じフォルテですが、メンソールと二段に分けています 番外編|わかばシガー・エコーシガー 旧3級品は長らく安いタバコとして普及していました。 その安さは、タバコ税が軽減されていたからの安さだったんですが 2019年10月1日でこのタバコ税軽減が完全に撤廃されました。 同じままの商品で販売すれば、今回の値上げで90円値上げとなってしまいます。 エコー 440円• わかば 450円 これを避けるために、旧3級品でも人気の高い2銘柄エコーとわかばは 商品自体を仕様変更、リトルシガーとしてリニューアルされました。 これによって2019年10月以降も エコーシガー・わかばシガーは価格据え置きで、安いタバコの一角を担い続けます。 銘柄名 2019年値上げ後価格 2019年値上げ額 エコーシガー 350円 0円 わかばシガー 360円 0円 【番外編】コストパフォーマンスが良いタバコ 葉が多く、燃焼時間が長いアメリカンスピリット アメリカンスピリットは 無添加のタバコというのが謳い文句です。 普通、タバコには燃焼剤というのが入っていて 燃焼が促進されているそうです。 アメリカンスピリットにはこの燃焼剤も少ないので 他のタバコと比べると燃焼時間が長いという特徴があります。 また、タバコ葉が他のタバコと比較してぎっしり詰められています。 このことはアメリカンスピリットのパッケージ側面にも記載されていて、それによると 同サイズの上位20品目の平均と比較して 、 タバコ葉を約25%多く使用しているとのことです。 そういう意味で、 コストパフォーマンスの良いタバコと言えるでしょう。 昔は置いてあるコンビニも少なかったですが、最近は多くのコンビニで品揃えされていますね。 当サイトでは、コンビニのタバコについて、以下のコンテンツもご紹介しています。 松山様 コメントありがとうございます。 タバコ税については賛否両論ありますね。 税収UPの他、禁煙者が増えることで医療費が抑えられるというのも増税のメリットとして言われます。 また、外国と比べてタバコ税が安いので水準を合わせるべきという考え。 生活必需品ではなく嗜好品なので、それを買える=経済力のある人に税金を負担してもらうという考え。 未成年の喫煙防止の一環。 このあたりが、タバコ増税の根幹ということです。 ですが、同じ嗜好品の酒などと比べてもタバコだけが税金が高い。 タバコだけが狙い撃ちのように増税される、ということで批判もありますね。 タバコも一つの文化です。 私は非喫煙者ですが 昨今の風潮のように極端に嫌煙になるのもいかがかなと感じています。

次の