殺 りん。 里帰り

ネマトリンエース粒剤

殺 りん

この犬夜叉ワイド版コミックスの予約特典にはドラマCDがついていたんですね。 内容は……、ちょっと信じられないです。 キャラクターの性格もアニメより? 殺生丸がそんなこと言うかなぁー? ってのが感想です。 あれだけ自分の内心を他人に悟られるのを嫌がっている殺生丸がですよ? 邪見に相談するとかも、原作を読むとあり得ないし邪見も怖くて聞きたくないでしょう。 かごめも何か怖いし、原作の彼女はあんな強引にプロポーズを強請ったりしないでしょ。 弥勒と珊瑚は幸せそうでした。 珊瑚の悩みも奈落がいた頃に比べたら幸せすぎて、な感じ。 弥勒が浮気するはずないですよ、だって今の彼に双子の娘達以上に心奪われる女子がいる わけないんですから。 犬夜叉の父の遺骨が木っ端みじんってのもありえないです。 あんなにデカいのに、犬夜叉達全員が落ちても穴が開くぐらいでは? しかもあんな骨密度高そうな遺骨、落ちた犬夜叉達の方が複雑骨折しそう。 まぁ、いきなり弟が降って来て父親の遺骨を真っ平らにした瞬間を目にした 兄がどんな顔をしたのか見てみたい気もしますが。 最後壊した父の遺骨を 犬夜叉とかごめが組み立て直すのですが、二人に正しいワンコの骨格知識 があるとは思えないので、珍妙な組み立て方をされそうです。 それ見てまた、殺生丸激怒しそう。 殺生丸のりんへの言葉は、プロポーズと言うより 進学のため実家を離れて一人暮らしを始めた娘を心配する父親みたいです。 あれでヨメに来いとは…、 りんじゃなくても、ごめん、分からないと思います。 しかも何故主婦達( かごめと珊瑚 )の愚痴!? を参考にするの? だいたい、プロポーズなんて、一番回りくどい言い方をしてはいけないものでしょう。 言葉自体は、コメディなお話なのに結構まじめでした。 ただ原作派としては、なんか違う。 そもそも殺生丸って自分の意思は言葉ではなく 行動で示す性格と思っているので、プロポーズなんて言うのかな? それに結婚とか、 家族とか形式的な概念も持っていないと言うか、関心が一切無さそうに思うのですが。 プロポーズと思うから違和感があるんですよね。 この言葉を違う角度から見てみようと思います。 こっからはドラマCDからの殺生丸がりんへ向けた言葉の感想です。 りんよ、里の暮らしにはなれたか? いや、もう三年も立てば慣れるとかの問題ではないと。 りんは適応能力抜群なんで 2・3ヶ月ぐらいで慣れたはず。 人間で3年って短くはない年月だけど、妖怪の 殺生丸にとっては半年ぐらいの感覚なのかな。 なのに楓に「 また来た 」みたい な言われ方してたけど、本当何日おきに会いに来ているの? 誰かに虐められたりしていないか? りんの生まれた村と違って楓や珊瑚がそんなことさせないと思うけど。 っていうか、殺生丸は最初の出会いで何でりんの顔が腫れていたか、 知っていたんですね。 まぁ、臭いで村の大人達に殴られたと分かって いたんでしょうが、あえて聞いたとしたらその時からりんに心許していた? この間の反物、着物にしたか? お前は何本反物を贈っているんだ!? と言いたいです。 でも贈ったその後を気にする なんて不思議だなと思ったのですが、物欲のないりんのこと、案外貰った反物を 村の病人の治療薬( 明からの輸入した漢方薬とか )入手のために使っているとか。 もちろん殺生丸の許しを得てでしょし、贈った方もりんが喜ぶなら、まぁいいか、 な感じでしょう。 でも本心を言えば生きようが死のうが興味のない村人達より、 りん自身のために使って欲しいと思っているのかも。 困った時、辛い時、悲しい時、いつどんな時でもこの殺生丸を呼ぶがよい。 すぐに駆けつけてやろう。 戦国最強のセコムですか? 警備っつーより強力すぎて扱いに困る核兵器だと 思うのですが。 基本、殺生丸はりん以外はどうでも良いので状況によっては トラウマ確実な大量虐殺の可能性が……。 本当、りんさえ無事なら良いの。 ただ、りんは命の危機以外、誰かを頼ったりしないでしょう。 要は 甘えて 欲しいってこと? の割に上からの物言いが殺生丸らしい。 遥か彼方にいても、我が名を呼べば必ず飛んで行く。 声が出なければ口笛でよい。 指笛でもよい。 どんだけ呼んで欲しいんですか!? 指笛って犬じゃないんだし……って、 あ! 犬か化け犬の妖怪でしたね。 声が出ないってのは最初の出会いででしたね。 過去なんて片端から忘れているような殺生丸ですが、意外と覚えているんですね。 しかしここまで念の入れよう。 裏を返せばりんから「 会いに来て欲しい 」とか、 「 一緒に連れて行って欲しい 」との言葉を3年間一回も言われた事ないとか。 隔たりは何もない。 心は繋がっておる。 いや、あなたと心が繋がっているのはりんより 邪見だと思います! ( 断言 ) 信じる力があれば恐れることはない。 その気持ちさえあれば心は満ちるはずだ。 これ、りんに対してより 自分に言い聞かせているようにしか思えない言葉なんですが。 だから今はまだこのままでよい。 時は十分にある。 ゆっくりとお前の心を見つめておればよい。 怖い!! なんか色々考えだしている!? やばい、かつて死神鬼に自分に逃げと言う言葉は無い! とか言っていた殺生丸ですが、 りんに対しては選ばせると言う言葉は……、無さそうです。 奈落と違って策略とかじゃ無く 天然で外堀を埋めてきそうなのが、本気で怖いんですが……。 それまで己を大事にしろ。 確かにりんは、琥珀を助けるため毒蛇を掴もうとしたり、曲霊の毒気にあたって気絶したり、 神楽を助けようとして溺れたり、我が身にたいしては無頓着ですからね。 殺生丸も心配 でしょう。 小さいし、怪我したらすぐ死ぬとか、結構失礼な心配の仕方をしてそうです。 なんだろう、りんは誰かに頼る子ではないし、一緒に旅をしている時は その独立心と手を煩わせない所が気に入った理由の一つだと思うのですが、 離れてみるとその独立心ゆえに甘えてくれなくて「 寂しい 」と言う感情を覚えた? 一緒にいるときは、半ば育児放棄ぎみだったのに、離れて暮らすと寂しがる。 なんて自分勝手な男なんだ、殺生丸。 でも弟の犬夜叉もかごめが現代に 帰ってから三年間、三日に一度の割合で骨食いの井戸に入ってかごめを 待っていましたね。 あれー……、今わたしの頭の中で愛犬雑誌によく投稿されている、 飼い主から離れると寂しがってお留守番が出来ない、 分離不安の ワンコに対するお悩み相談が浮かびました。 りんからすれば、殺生丸を含む周囲の大人達( 楓や犬夜叉たち )が自分の将来を 本気で思ってくれた結果が人里での訓練なら、頑張らないと! と思っているのでしょう。 それにたまに? 頻繁に? 会いにも来てくれるし、贈り物も沢山持って来てくれるし、 これ以上好意に甘えてもいけないと気を使っているのかも。 りんも大人になりますし。 でもりんよ、 「 ふり 」でも良いから少しは甘えてあげて。 でないと「 寂しさ 」なんて今まで感じた事のない感情に何しでかすか 分からないよ? 貴女と旅をしたワンコは……。 しかし読み切りのりんは敬語で話す、ちょっとお淑やか系女子になっていましたね。 映画での十六夜さんといい、 父と長男の好みのタイプは温和で素直、従順な人 なんですかね? 女性の好みが親子で同じなんだなと思いました。 しかしこの映画でのラスト、自分に守るものなどない! と言いきっていた殺生丸。 多分、りんにも聞こえていたんじゃないんですか? あれ。 彼女が甘えない理由の 一つに自分の言動も含まれているって、気づく日がくるのでしょうか? 原作の二人は、りんが本当に嫁にでもならない限り、りんからのスキンシップって 無さそう。 何かあったら殺生丸の邪魔にならないよう、真っ先に阿吽の方に駆けて いくりんしか想像できません。 そして邪見が代わりにくっついている……。 父親の影響から脱却し、自分の刀も手に入れ、妖怪の頂点を極めた感じの 殺生丸ですが、それだけ絶対的な力を手に入れても、自分の思うように いかない事が一つくらいあっても良いですよね。 それがりんに関する事なら面白いなーと思っています。 とりあえず、嫁云々より、 身近な異性として認識してもらう方が先だと思いました。 これも心の成長のための試練ってやつでしょうか。

次の

東かりん

殺 りん

犬夜叉とは? 戦国御伽草子! 「犬夜叉(いぬやしゃ)」は、「高橋留美子」原作の1996年から2008年まで「週刊少年サンデー」にて連載されたファンタジーバトル漫画。 アニメは第1期が2000年から2004年に全167話、第2期「犬夜叉 完結編」が2009年から2010年に全26話が放送されました。 本作のヒロインの「日暮かごめ(ひぐらし かごめ)」は15歳の誕生日に実家の神社の祠にある「骨喰いの井戸」から突然出て来た百足上臈に引きずられ戦国時代へとタイムスリップしてしまいました。 そこで御神木に封印されていた人間と妖怪との間に生まれた半妖の「犬夜叉」を見つけ、 かごめは封印を解いて犬夜叉を復活させてしまいました。 かごめは500年の時を経て転生した戦国時代に生きた巫女の「桔梗(ききょう)」の生まれ変わりだったのです。 そんな 犬夜叉と深い関わりを持つ殺生丸と人間の少女りんの2人についての公式エピソードを紹介したいと思います! 殺生丸のプロフィール ドラマCDで毎回面白い成田さん! 犬夜叉ワイド版特典のドラマCDではりんちゃんに言ってあげてるの凄く素敵でした!ただ、早口言葉で早く言ってたけど早過ぎて「ペロペロペロ」ってりんちゃん舐めたのかと思いました 笑 — 祥花 ugogayapoke 「殺生丸(せっしょうまる)」は、犬の大妖怪の父親と妖怪の母親の血を濃く受けついだ妖怪。 人間換算年齢は19歳で実年齢は200歳以上。 普段は人間の姿をしていて外見は銀髪の美男子。 犬夜叉の異母兄で、母親が人間で半妖の犬夜叉に嫌悪感を示します。 演じる声優は「成田剣(なりた けん)」。 四魂の玉にも関心がなく 四魂の欠片を手にしていなくとも「戦国最強の妖怪」とされています。 戦闘時も人間形態のままですが、犬の姿は作中3度しかなりませんでした。 中性的な美貌の持ち主ですが、性格は名前の通り冷酷。 「技」においては、長い爪を使った「毒華爪(どっかそう)」。 普段は殺生丸自身の刀「爆砕牙(ばくさいが)」を使用し、「天生牙(てんせいが)」を使った「冥道残月破(めいどうざんげつは)」。 「闘鬼神(とうきじん)」を使った「蒼龍破(そうりゅうは)」などがあります。 関連記事をご紹介! A post shared by on Nov 25, 2015 at 3:42am PST 「りん」は、戦国時代に生きる人間の少女。 野盗に目の前で親兄弟を殺害された以降は言葉を失い身寄りが無くなってからは畑の野菜を盗んで食いつなぎ、時には見つかった時に大人から暴力を振るわれることもありました。 演じる声優は「能登麻美子(のと まみこ)」。 言葉を話せなくなっていても 天真爛漫で人懐っこい性格で笑顔を見せることもありました。 殺生丸と出会ってからは「邪見(じゃけん)」も含め3人と殺生丸の連れていて乗り物にしている妖怪の「阿吽(あうん)」で行動を共にし、ファンの間では「殺生丸一行」と認識されるようになりました。 同じ人間のいる犬夜叉達と接触することも何度かありましたが、決して殺生丸の元を離れようとせず終盤では「珊瑚(さんご)」の弟の「琥珀(こはく)」とも一緒に行動するようになりました。 関連記事をご紹介! 『殺りん』2人の出会いは!? 心と体に傷を負った者同士で対面 原作14巻で犬夜叉と戦った末に「風の傷」を受け負傷してしまった殺生丸は「天生牙」に守られ一命を取り留めました。 体が動かなくなり森の中で倒れ込んでいると人間の匂いがしたので威嚇すると、そこにはりんの姿がありました。 りんは殺生丸の血で汚れた顔に水をかけ、 殺生丸は直ぐに自分を救おうとしていることに気付きます。 数日経っても同じ場所から動けない殺生丸の元へ通うりんは食事を運びますが、殺生丸の方から「余計なことをするな」と声をかけました。 りんは生簀から勝手に魚を盗んでいる所を見られ村人に暴力を振るわれて怪我をしたまま殺生丸の元へ行くと「顔をどうした?」と聞かれ、 自分のことを気にかけて貰えたことが嬉しく微笑みます。 しかし、口がきけないりんは喋りたくても喋れず、殺生丸も「言いたくなければいい」と口がきけないことを察します。 2人はお互いに弱っている時に出会い、気にかけ合った所から以降も関係が続くことになりました。 しかし、見た目は青年と幼女なので夫婦には全く見えません!親子や兄妹にしても少し違和感があります。 そんな2人の関係性ですが 公式ガイドによれば、りんは殺生丸の「僕(しもべ)」の立ち位置のようです。 りんより先に長年殺生丸を慕って付き添っている邪見からは、途中で加わった人間の小娘のりんに対して劣等感を抱いているのか気に入らない様子で態度や口に出してしまい、邪見ばかり殺生丸から「うるさい」と怒られ、それも全てりんの所為だと不満を漏らします。 「殺生丸一行」として行動を共にしている仲間であり、 夫婦のような関係性ではありませんが家族のようにお互いを大事に思っていることは口に出さなくても分かりますね! 妖怪と人間の2人は結婚するの?? 殺りんが好き あれだから、殺りん公式だから。 — Rita hurricanelily32 犬夜叉では物語の中で多くのカップリングが存在し、 妖怪同士や人間同士だけではなく様々な組み合わせの形があります。 作中で殆どのカップリングは順調に結ばれたのではなく、ハッキリしなかったりすれ違いがあったりして見ている方もハラハラします。 最初に半妖の犬夜叉と人間の桔梗の叶わぬ恋から始まり、浮気性の「弥勒(みろく)」は「珊瑚(さんご)」と何度も苦難を乗り越え最終的に結婚をして3人の子供を授かりました。 犬夜叉と狼妖怪の「鋼牙(こうが)」はかごめを巡ってライバル関係になりましたが、無事かごめは犬夜叉と結ばれ現代に暮らす弟の「草太(そうた)」は友達に対して姉は「嫁に行った」と発言しています。 なので妖怪と人間であっても殺生丸とりんも他のカップリングのキャラクターのように最終的には結婚するのでは!?と思われましたが、結婚した様子はありませんでした。 pipiiio 殺生丸とりんが出会った14巻では、数日りんが介抱した後に殺生丸の元に邪見が迎えに来て帰ろうとした時に、妖狼族の人食い狼に噛み殺されたりんに「天生牙」を振りかざして生き返らせ胸に抱きよせ、この時をキッカケに共に行動するようになりました。 48巻でりんは危険な冥界に足を踏み入れ再び命を落としてしまいます…この時 何の躊躇いもなく「天生牙」で生き返らそうと試みる殺生丸ですが、本来見えるべきあの世の使いどもが見えずに救命出来ません。 そこで殺生丸はりんを連れて帰る為に冥界の闇に向かいます。 「天生牙」は命を呼び戻せるのは1度きりと知った 殺生丸は「りんの命と引き換えに得るものなどなにもない!!」と唇を噛み締めていると、殺生丸の母親が冥道石を使いりんを蘇らせ「変なところが父親に似てしまったな」と話します。 りんにより慈悲の心を知った殺生丸…とてつもなく壮大な絆で結ばれた2人ですね。 アニメで続きの内容も見れないと思われたいましたが5年の時を経て原作エピソードを忠実に描いた続編となる「犬夜叉 完結編」が放送されました。 アニメ1期では描かれなかった原作での「殺りん」ラストは、「四魂の玉」に関する全てのことが解決してかごめは「骨喰いの井戸」から戦国時代から現代に戻ると井戸が繋がらなくなり3年が経過しました。 しかし、 かごめが犬夜叉に会いたいと強く願うと再び戦国時代へと繋がったのです。 3年経った戦国時代でりんは桔梗の妹の巫女「楓(かえで)」の元に預けられ、 殺生丸と普通の暮らしをどっちでも選べるように人里に戻す訓練として生活していました。 そんなりんの元へ現れては新しい着物を届けたりと、殺生丸も徐々に変わっていき2人の関係がこれからも続きそうなエンディングでした。 特別な感情もなく慕って来る邪見を共にして今までは過ごしているように見えました。 しかし、負傷した殺生丸を看病していたりんに対して「天生牙」を興味本位で使ったことをキッカケに、 これまで関わることのなかった人間と過ごすようになり、口や感情には出さなくても情が沸いて何時の間にか大切な存在へと変わっていきます。 りんも妖怪であろうと自分を助けてくれた殺生丸の元から離れようとはせずに慕い共に旅することを望みました。 妖怪と人間の子供である異母弟の犬夜叉には敵対心を持っていた殺生丸でしたが、 りんの存在で考え方も変わっていき命の尊さも知ったのでした。 関わった相手によって冷酷な妖怪でも強く心動かされることが分かりましたね! 関連記事をご紹介!.

次の

リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件

殺 りん

犬夜叉とは? 戦国御伽草子! 「犬夜叉(いぬやしゃ)」は、「高橋留美子」原作の1996年から2008年まで「週刊少年サンデー」にて連載されたファンタジーバトル漫画。 アニメは第1期が2000年から2004年に全167話、第2期「犬夜叉 完結編」が2009年から2010年に全26話が放送されました。 本作のヒロインの「日暮かごめ(ひぐらし かごめ)」は15歳の誕生日に実家の神社の祠にある「骨喰いの井戸」から突然出て来た百足上臈に引きずられ戦国時代へとタイムスリップしてしまいました。 そこで御神木に封印されていた人間と妖怪との間に生まれた半妖の「犬夜叉」を見つけ、 かごめは封印を解いて犬夜叉を復活させてしまいました。 かごめは500年の時を経て転生した戦国時代に生きた巫女の「桔梗(ききょう)」の生まれ変わりだったのです。 そんな 犬夜叉と深い関わりを持つ殺生丸と人間の少女りんの2人についての公式エピソードを紹介したいと思います! 殺生丸のプロフィール ドラマCDで毎回面白い成田さん! 犬夜叉ワイド版特典のドラマCDではりんちゃんに言ってあげてるの凄く素敵でした!ただ、早口言葉で早く言ってたけど早過ぎて「ペロペロペロ」ってりんちゃん舐めたのかと思いました 笑 — 祥花 ugogayapoke 「殺生丸(せっしょうまる)」は、犬の大妖怪の父親と妖怪の母親の血を濃く受けついだ妖怪。 人間換算年齢は19歳で実年齢は200歳以上。 普段は人間の姿をしていて外見は銀髪の美男子。 犬夜叉の異母兄で、母親が人間で半妖の犬夜叉に嫌悪感を示します。 演じる声優は「成田剣(なりた けん)」。 四魂の玉にも関心がなく 四魂の欠片を手にしていなくとも「戦国最強の妖怪」とされています。 戦闘時も人間形態のままですが、犬の姿は作中3度しかなりませんでした。 中性的な美貌の持ち主ですが、性格は名前の通り冷酷。 「技」においては、長い爪を使った「毒華爪(どっかそう)」。 普段は殺生丸自身の刀「爆砕牙(ばくさいが)」を使用し、「天生牙(てんせいが)」を使った「冥道残月破(めいどうざんげつは)」。 「闘鬼神(とうきじん)」を使った「蒼龍破(そうりゅうは)」などがあります。 関連記事をご紹介! A post shared by on Nov 25, 2015 at 3:42am PST 「りん」は、戦国時代に生きる人間の少女。 野盗に目の前で親兄弟を殺害された以降は言葉を失い身寄りが無くなってからは畑の野菜を盗んで食いつなぎ、時には見つかった時に大人から暴力を振るわれることもありました。 演じる声優は「能登麻美子(のと まみこ)」。 言葉を話せなくなっていても 天真爛漫で人懐っこい性格で笑顔を見せることもありました。 殺生丸と出会ってからは「邪見(じゃけん)」も含め3人と殺生丸の連れていて乗り物にしている妖怪の「阿吽(あうん)」で行動を共にし、ファンの間では「殺生丸一行」と認識されるようになりました。 同じ人間のいる犬夜叉達と接触することも何度かありましたが、決して殺生丸の元を離れようとせず終盤では「珊瑚(さんご)」の弟の「琥珀(こはく)」とも一緒に行動するようになりました。 関連記事をご紹介! 『殺りん』2人の出会いは!? 心と体に傷を負った者同士で対面 原作14巻で犬夜叉と戦った末に「風の傷」を受け負傷してしまった殺生丸は「天生牙」に守られ一命を取り留めました。 体が動かなくなり森の中で倒れ込んでいると人間の匂いがしたので威嚇すると、そこにはりんの姿がありました。 りんは殺生丸の血で汚れた顔に水をかけ、 殺生丸は直ぐに自分を救おうとしていることに気付きます。 数日経っても同じ場所から動けない殺生丸の元へ通うりんは食事を運びますが、殺生丸の方から「余計なことをするな」と声をかけました。 りんは生簀から勝手に魚を盗んでいる所を見られ村人に暴力を振るわれて怪我をしたまま殺生丸の元へ行くと「顔をどうした?」と聞かれ、 自分のことを気にかけて貰えたことが嬉しく微笑みます。 しかし、口がきけないりんは喋りたくても喋れず、殺生丸も「言いたくなければいい」と口がきけないことを察します。 2人はお互いに弱っている時に出会い、気にかけ合った所から以降も関係が続くことになりました。 しかし、見た目は青年と幼女なので夫婦には全く見えません!親子や兄妹にしても少し違和感があります。 そんな2人の関係性ですが 公式ガイドによれば、りんは殺生丸の「僕(しもべ)」の立ち位置のようです。 りんより先に長年殺生丸を慕って付き添っている邪見からは、途中で加わった人間の小娘のりんに対して劣等感を抱いているのか気に入らない様子で態度や口に出してしまい、邪見ばかり殺生丸から「うるさい」と怒られ、それも全てりんの所為だと不満を漏らします。 「殺生丸一行」として行動を共にしている仲間であり、 夫婦のような関係性ではありませんが家族のようにお互いを大事に思っていることは口に出さなくても分かりますね! 妖怪と人間の2人は結婚するの?? 殺りんが好き あれだから、殺りん公式だから。 — Rita hurricanelily32 犬夜叉では物語の中で多くのカップリングが存在し、 妖怪同士や人間同士だけではなく様々な組み合わせの形があります。 作中で殆どのカップリングは順調に結ばれたのではなく、ハッキリしなかったりすれ違いがあったりして見ている方もハラハラします。 最初に半妖の犬夜叉と人間の桔梗の叶わぬ恋から始まり、浮気性の「弥勒(みろく)」は「珊瑚(さんご)」と何度も苦難を乗り越え最終的に結婚をして3人の子供を授かりました。 犬夜叉と狼妖怪の「鋼牙(こうが)」はかごめを巡ってライバル関係になりましたが、無事かごめは犬夜叉と結ばれ現代に暮らす弟の「草太(そうた)」は友達に対して姉は「嫁に行った」と発言しています。 なので妖怪と人間であっても殺生丸とりんも他のカップリングのキャラクターのように最終的には結婚するのでは!?と思われましたが、結婚した様子はありませんでした。 pipiiio 殺生丸とりんが出会った14巻では、数日りんが介抱した後に殺生丸の元に邪見が迎えに来て帰ろうとした時に、妖狼族の人食い狼に噛み殺されたりんに「天生牙」を振りかざして生き返らせ胸に抱きよせ、この時をキッカケに共に行動するようになりました。 48巻でりんは危険な冥界に足を踏み入れ再び命を落としてしまいます…この時 何の躊躇いもなく「天生牙」で生き返らそうと試みる殺生丸ですが、本来見えるべきあの世の使いどもが見えずに救命出来ません。 そこで殺生丸はりんを連れて帰る為に冥界の闇に向かいます。 「天生牙」は命を呼び戻せるのは1度きりと知った 殺生丸は「りんの命と引き換えに得るものなどなにもない!!」と唇を噛み締めていると、殺生丸の母親が冥道石を使いりんを蘇らせ「変なところが父親に似てしまったな」と話します。 りんにより慈悲の心を知った殺生丸…とてつもなく壮大な絆で結ばれた2人ですね。 アニメで続きの内容も見れないと思われたいましたが5年の時を経て原作エピソードを忠実に描いた続編となる「犬夜叉 完結編」が放送されました。 アニメ1期では描かれなかった原作での「殺りん」ラストは、「四魂の玉」に関する全てのことが解決してかごめは「骨喰いの井戸」から戦国時代から現代に戻ると井戸が繋がらなくなり3年が経過しました。 しかし、 かごめが犬夜叉に会いたいと強く願うと再び戦国時代へと繋がったのです。 3年経った戦国時代でりんは桔梗の妹の巫女「楓(かえで)」の元に預けられ、 殺生丸と普通の暮らしをどっちでも選べるように人里に戻す訓練として生活していました。 そんなりんの元へ現れては新しい着物を届けたりと、殺生丸も徐々に変わっていき2人の関係がこれからも続きそうなエンディングでした。 特別な感情もなく慕って来る邪見を共にして今までは過ごしているように見えました。 しかし、負傷した殺生丸を看病していたりんに対して「天生牙」を興味本位で使ったことをキッカケに、 これまで関わることのなかった人間と過ごすようになり、口や感情には出さなくても情が沸いて何時の間にか大切な存在へと変わっていきます。 りんも妖怪であろうと自分を助けてくれた殺生丸の元から離れようとはせずに慕い共に旅することを望みました。 妖怪と人間の子供である異母弟の犬夜叉には敵対心を持っていた殺生丸でしたが、 りんの存在で考え方も変わっていき命の尊さも知ったのでした。 関わった相手によって冷酷な妖怪でも強く心動かされることが分かりましたね! 関連記事をご紹介!.

次の