塾 大学受験。 大学受験のために塾にかかる費用はいくら?:常陽銀行

国語専門塾 鶏鳴学園 -大学受験の国語塾

塾 大学受験

【2018年最新】元塾講師が選ぶ大学受験におすすめの通信教育ランキング 大学受験の通信教育が受験勉強事情を変えた はじめまして。 私は大学卒業後、大学時代にアルバイトで塾講師をしていた塾に就職し、いろいろな生徒を教えてきました。 昨年、思い立って退職し、その後は教材執筆やライターをして生計を立てています。 長年塾講師を続けてきた経験から思っているのは、 受験勉強事情もだいぶ変わったなということです。 特にこれは公立の場合ですが、かつて高校生というと、3年になると学校の授業はそっちのけにして、予備校や塾にひたすら通って勉強するというスタイルが主流でした。 公立高校も公立高校で、予備校や塾にちゃんと通えるように、生徒にはあまり口出ししませんでした。 今は、公立高校は大学受験対策に本気で取り組むようになり、教材の選び方、授業の教え方もかなり変わっています。 各校が競って、大学進学実績をアピールしています。 そんな中、高校の代替としての予備校や塾の存在感が薄れてきて、代わりに伸びてきたのが通信教育です。 大学受験の通信教育はICTの伸長によって発達してきた感があります。 生徒たちもスマホを当たり前に持つようになり、わざわざ塾に通わずとも自宅で、移動中に、好きなときに映像授業を視聴したり、デジタルの問題集を解いたりできるようになってきたのです。 しかも 費用は、予備校や塾に比べ、各段に割安です。 三大予備校なら1年通えば費用総額はだいたい 100万円が相場ですが、 通信教育にすればその10分の1にすることも可能です。 しかもクオリティも保証されています。 通信教育を支える映像授業の発展 たとえばZ会がその代表です。 東大・京大をはじめとした難関大学対策の通信教育として難易度の高い紙教材を提供してきたZ会ですが、近年は映像授業も取り入れて、さらにその場で、むっずかしい授業をガンガン見せています。 映像授業をやるようになってから、Z会の大学受験通信教育の質はさらに向上したと感じます。 さらには、資格試験宅講座で実績のあるフォーサイト大学受験講座、ソフトバンク(とベネッセ合弁)のClassiなど、他業界からの参入も相次いでおり、大学受験市場はいわば、通信教育戦国時代に突入しています。 リアルの塾や予備校は置いていかれた感があります・・・たしかに、スマホで優秀な講師の授業を見られるなら、わざわざ塾に行くメリットは薄れますよね。 勤めていた塾は退職しましたが、私はいまだ、教材執筆という形で教育業界に身を置いており、教育系のライターをしています。 その関係から、大学受験の最新事情を知る必要があり、いろいろ調べているうちに、今、流行っている大学受験通信教育の事情をまとめてみたいと思い立ち、この大学受験通信教育比較サイトをつくりました。 大学受験を控える高3生、その保護者、また教育関係者の情報収集にお役立ていただければ幸いです。 まず、元塾講師という目線で、大学受験通信教育をランキングにしてみました。 Z会、進研ゼミ、スタディサプリ、Try IT、アオイゼミ、東進衛星予備校、Classi、フォーサイトという、8通信講座を比較しました。 通信教育名をクリックすると各通信教育の詳細ページにジャンプします。 【2018年度最新版】元塾講師が選ぶ大学受験におすすめの通信教育ランキング 超有名講師の授業を受けられるという得難いバリュー。 林先生がいる。 映像教材の難易度・クオリティはさすがZ会という納得感。 難しすぎて授業についていけないおそれがある。 添削を二次試験対策や論述対策に使える。 有名講師による神授業が受けられる。 授業生放送が見られる。 子供を金儲けの道具として見ているふしがある(これは東進もか)。 コスパ(費用に比して映像授業、テキストの品質が素晴らしい)。 東大生によるサポートがある。 映像授業は「勉強についていけない子の補習」的レベル。 「合格への100題」は時短学習には便利。 子供がどうというより学校の先生にとって便利。 動画のクオリティは普通。 映像授業は「勉強についていけない子の補習」的レベル。 映像授業のクオリティは塾の学生バイト並み。 見方によってはいいところもある(詳細ページ参照)。 トップページでありながらまとめの意見になってしまっていますが、このあとに続く項目ごとの比較を総合してランキングしています。 元塾講師の目線から選んだので、どうしても「実績(期待値)重視型」になっています。 難関大学を目指すなら、この順番でおすすめできます。 正直、難関大学に受かるならどの通信教育か? ということを考えるうえで悩んだのは Z会、東進衛星予備校、スタディサプリ、フォーサイトの四択でした。 他の通信教育は、補習の意味合いが強かったり、違うニーズに応えることを目的としているので、上位はつけられませんでした。 またクオリティ的に上位はつけがたいという通信教育もあります。 まあ、そういうものもニーズによっては魅力的だったりして、長短あるので、一概にこれが良い、悪いとはいえないのですが。 このランキングで上位につけた通信教育もデメリットはあります。 詳しくは各通信教育の詳細ページの「メリット・デメリット」の欄を見ていただければと思いますが、そうしたデメリットと、メリットを合わせて考えて、順位付けしました。 それぞれの特色を見極めた通信教育選び 他のページでは、費用比較、教材ラインナップ比較、映像授業比較、サービス比較、そして総合比較と名付けて、それぞれの項目の特色にフューチャーして比較しています。 一口に大学受験通信教育といっても、それぞれで特色がかなり違います。 正直、クオリティもかなり違います。 そして適性も違います。 つまり、超ハイレベルで、ついていけば絶対東大・京大目指せるよ! というスパルタ的通信教育が万人に適しているのかというと、必ずしもそうではないですよね。 高校の授業についていけなくて、それなりの大学に受かるだけの学力を身に着けたい、というニーズに対しては、難易度の高い通信教育は合わないのです。 そうした細やかな事情も考慮しながら比較していきたいと思います。 最後までおつきあいいただけると嬉しいです。

次の

大学受験に強いおすすめの塾ランキング11選

塾 大学受験

大学受験対策は、大手の予備校や集団指導塾、家庭教師などでも可能です。 しかし、個別指導塾には個人指導塾ならではのメリットがあります。 ここでは、個別指導塾のメリットを改めて確認していきましょう。 自分専用のカリキュラムで勉強できる 個別指導塾の大きなメリットは、 自分専用のカリキュラムで受験対策をすることができる点です。 個別指導塾では、生徒一人ひとりに合ったカリキュラムを作成して指導をしてくれるため、志望大学が決まっている生徒や、大学受験のために苦手教科を集中的に対策したい生徒にはぴったりです。 予備校や集団授業型の塾では、生徒全員に対して指導を行うため、授業の進むスピードに遅れてしまったり、自分の苦手分野に時間をかけることができなかったりすることも考えられます。 その点、 個別指導塾であれば自分の学習状況に応じた計画をたてて勉強を進めることができるため、より効率よく大学受験対策ができるでしょう。 講師に質問がしやすい 個別指導塾では、講師と生徒1対1、もしくは講師に対して生徒2人などの指導になるため、 質問がある場合にはすぐに対応してもらうことができます。 特に大学受験対策では、これまでに学んだ基礎をしっかり定着させたうえで、応用問題もしっかり解ける力を付けなければいけません。 そのためには、問題数をこなすだけではなく、自分が分からなかった点をきちんと解消していく必要があります。 集団授業型の塾や予備校では、質問するために授業が終わってから講師のところに行ったり、他の生徒もいるため十分に質問しきれなかったりすることもあります。 その点、 授業中でも講師に質問がしやすく、他の生徒を気にしなくて済む個別指導塾の環境は非常に有利と言えるでしょう。 大学受験までの学習計画をしっかり管理してくれる 先程も説明したように、個別指導塾では生徒一人ひとりに合ったカリキュラムで指導をしてくれます。 そのため、大学受験までの学習の進捗や、模試の成績などもきちんと管理しれくれるケースがほとんどです。 大学受験は、本命の志望校の2次試験だけでなくセンター試験や私立大学受験もあるため、様々な対策を並行して行う必要があります。 そんな状況の中で、 個別指導塾では、どのタイミングで大学の過去問題やセンター試験対策を始めるのかを個人の状況に合わせてしっかりとスケジュールを立ててくれます。 また、模試の成績に応じてどの対策に力を入れるべきか細かく調整してくれるため、本命の大学受験まで無駄なく対策を行うことが可能です。 塾を選ぶ際のポイント• 自由に使える自習室があるかどうか• 授業時間外にも質問に対応してくれるか• 大学受験対策をしてくれる講師の質は十分か この3点です。 自由に使える自習室があるかどうか 大学受験では、自分で勉強する時間も非常に多くなります。 そのため、集中して勉強できる環境があるかどうかという点は重要です。 学校や自宅よりも、塾の自習室の方がしっかり勉強ができるという生徒もいるため、 通う個別指導塾に自習室があるかどうかはチェックすべきポイントとなるでしょう。 授業時間外にも質問に対応してくれるか 自分で大学受験対策の問題を解いている際に、解答や解説を見てもわからないというケースは多くあります。 そんな時に、次の授業時間まで待たなければわからない点を解消できないとなると、受験対策はスムーズに進みません。 授業時間外にも質疑応答に対応してくれる個別指導塾であれば、そういった心配もなくよりスピーディに勉強を進めていくことが可能です。 生徒の質問に柔軟に対応してくれる個別指導塾を選ぶと良いでしょう。 大学受験対策をしてくれる講師の質は十分か 大学受験の対策指導を行っている個別指導塾では、大学受験専用の質の高いプロ講師を揃えていることが多いです。 しかし、 大学受験専用の対策コースなどがない個別指導塾では、受験対策の指導に関する経験や知見が少ない講師がつく可能性もあります。 そのため、大学受験のために個別指導塾に通う際には、 体験授業や無料見学などを利用して講師の質をチェックするのがおすすめです。 講師の質は評判や口コミで確認することもできますが、講師や塾の雰囲気が自分にあっているかどうか を体感するためにも、実際に授業の場を見てみることは重要です。

次の

【大学受験】個別指導塾はやめるべき3つの理由

塾 大学受験

子どもの人口が減りつつも、進学率はここ20年で男子が2倍に 平成27年における人口約1億2700万人のうち年少人口と言われる0歳から14歳は全体の12. 6%(20年前の平成7年は16. 0%)、生産年齢人口と言われる15歳から64歳は全体の60. 7%(20年前の平成7年は69. 5%)となっています。 さらには、10年後の平成37年には、年少人口は11. 0%に、生産年齢人口は58. 7%に減少する予想です。 このようななかで進学率と就職率にも変化が見られます。 平成27年の高等学校における大学等進学率は、男子52. 1%・女子56. 9%と半分以上が進学をしています。 男子29. 7%・女子45. 4%だった20年前の平成7年と比べると、男子は2倍近くに増加しています。 つまり、子どもの人口が減りつつも、進学率は増加の一途に変化しているということになります。 人口の減少は教育業界にとっては厳しい状況ではありますが、進学率の伸びは逆に追い風になる可能性もあるでしょう。 生き残るための斬新な経営改革や高い付加価値を提供してくれる塾が登場するかもしれません。 また、共働き世帯では家庭でのフォローができるかどうか、心配が尽きません。 そのため、カリキュラムが整った塾にニーズが生まれるのは自然の流れでしょう。 塾では入試制度や新しい情報などを常に最新のものを入手しています。 例えば、情報をまとめて、保護者会で配布したりしてくれるのも塾を利用する大きなメリットです。 学校では現状の成績から考慮し、合格を望めるラインを提示されがちです。 一方、塾の場合は、受験の目的や学校レベルを目標に準備し学習を進めることができます。 このように、学校だけでは学習面や進学相談のサポートは不十分になりがちなのです。 各進学ステージの塾の費用 塾にかけるお金はどのくらい支払っているのか、各進学ステージ(公立・私立別)に見てみましょう。 年間で支出した平均額は次のとおりです。 幼稚園では、公立約51000円・私立約72000円 小学校では、公立約146000円・私立約319000円 中学校では、公立約292000円・私立約252000円 高等学校では、公立約286000円・私立約365000円 塾にかけるお金は、塾へ通うために支出した全ての費用のことです。 例えば、入会金、授業料(月謝)、講習会費、教材費、通っている塾での模擬テスト代、塾への交通費がこれに当たります。 中学生から高校生になると、月額では2万円から3万円くらいの支出をしています。 幼稚園や小学校受験をする家庭も少なからずありますが、多感な時期を過ごす中学・高校以降は安心して学業や学校生活に専念できる環境をと、考える家庭も多いでしょう。 また、地域の学校事情を心配して、地元を離れて受験を考えるというケースもあります。 親子の二人三脚となる中学受験 中学受験は、まだ幼い子どものお尻を叩きつつも受験に臨まなければならないという点が高校受験とは大きく違います。 よく「中学受験は親の受験」とも言われますが、子ども一人ではとても太刀打ちできないため、親のサポートは不可欠です。 子どもの健康管理から学習スケジュールなどあらゆる場面で親のサポートが必要になります。 したがって、なぜ、中学受験をするのかを明確にするとともに、「受験までのカリキュラムがしっかり組まれている塾」を選ぶことが大切です。 また、5・6年生にもなれば反抗期に入ります。 親の言うことは聞かなくても塾の先生の話は素直に聞くということもあるでしょうから、塾を賢く利用するくらいの気持ちを持ってみてはいかがでしょうか。 学ぶ楽しさを教えてくれる塾選びを 子ども本来の思考力や記述力を付けることを教育の基本にしている塾が見受けられます。 子どもの持つ潜在能力を引き出し、「学ぶ喜び=中学受験」と結びつくように工夫された授業を展開しています。 一般的に小学3年生からが入塾時期と言われますが、1年生から低学年教育を実施している塾であれば、通塾の習慣と学習の意義をしっかり根付かせることもできるでしょう。 子どもによっては、集団塾が馴染まないこともあります。 その場合は、個別指導の併用を検討するか、個別指導を中心に行う塾を選ぶなど、子どもに合った学習環境を見つけてあげたいですね。 塾選びで気になるのは、合格実績です。 ほとんどの塾では、年度ごとの合格実績を公開しています。 志望校の合格人数をどれくらい輩出しているのかはチェックしておきましょう。 大手の有名塾では、過去問データを会員登録すると無料で閲覧できるサービスもあります。 塾は首都圏以外に、地元ならでは名門の塾もあります。 子どもの安全という治安性を考えると、通いやすさも大切なポイントとなります。 子どもが目指したい志望校を目標に準備することになります。 通塾にするのか、それとも近くに塾が見つからなければオンラインや通信教育も検討することができるでしょう。 塾に何を求めるのかを明確にする 最終志望校は、塾や学校、参考書などの情報をもとに学校見学や説明会に足を運び、子ども自身が決めることになります。 中学生ともなれば、ある程度スケジュールの立て方や学習方法も身に付いている年齢です。 学習計画などを自己管理することも求められます。 とはいえ、塾では個々の学力や目標に合った学習サポート体制を整えています。 できること、できないことなどしっかり伝えて、これまでの学習に関わる悩みやつまずいた箇所を解消しながら、安心して進めることができます。 塾では、個別に質問ができたり、定期テストの対策を行うなどの学習サポートがあります。 また、自習室の設置があれば、ちょっとした時間の有効活用を子どもから進んで行うようになるでしょう。 中学生で気になるのが、部活との両立です。 通塾が可能かどうか時間割を確認しておきましょう。 また、都合が悪い時に授業の振替ができるかどうかもあらかじめ確認しておきたいですね。 今後の大学入試も見据えた丁寧な指導選びを 学習において、ノートの取り方は非常に重要です。 ノートの取り方を指導する塾が意外に多いのもこのためです。 ただ書くのではなく、内容を組み立て、確認しながら書くことで、試験対策としても使える自分だけの参考書ができあがります。 最近の中学生に足りないと見られがちな「自ら考え、解決し、表現する力」を養う訓練とも言えるでしょう。 カリキュラムは、一般的には、本科があり、そのほかに夏や冬などの季節講習と、追い込み時期の特訓講座など第1志望校の合格を確実にするためのカリキュラムが用意されています。 クラスは、少人数制を実施する塾がほとんどですが、個別指導も並行して実施する塾もありますので、まずは体験を申し込んでみてから子ども自身に決めさせても良いでしょう。 集団塾では質問や意見が言いにくいということがあると、わからないことが解決できずにそのまま進んでしまうことになりかねません。 個別指導の良さは、いつでも質問ができること、そしてその日の目標達成が見えやすいところです。 先生のアドバイスを受けながら1回1回確実に目標達成ができます。 集団塾と個別指導、または両方の利用も可能ですので、忙しい中学生生活でも高校受験を合格という目標を達成できるように上手に利用しましょう。 高校3年生の年明け前に合格が決まる「推薦」「AO」、年明け後に合格が決まる「センター入試」「個別入試」です。 センター入試や個別入試では、志望大学に合格するための学習計画を立てることが必要です。 そこで、塾か、それとも予備校に通うケースが多くなります。 塾と予備校の違いは? 塾と予備校との違いは、塾は小学生以上を対象にしており、予備校は高校生以上を対象にしている学校ということです。 受け入れる生徒が違う点に特徴があります。 また、大学受験では専攻・学科に合った塾・予備校を選ぶことが大切です。 芸術系であれば専門の学校に通うことも考えられます。 予備校と言うと、受け身の授業というイメージがあるかもしれません。 予備校は、塾のようにいつでも質問を受付けてくれる体制や進路指導は基本行いません。 例えば、「東大必勝コース」というように目標が決まっていてそのために勉強に専念することができるのが予備校のメリットです。 メディアにも紹介されるような人気講師も多くいます。 これらを整理すると、塾は苦手な科目や単元を確実に克服しながら、自分に合ったカリキュラムで進めたい場合に、予備校は最終目標がすでに決まっていて受講したい講義があるなど入試へのスパートをかけたい場合というように、それぞれの違いを理解し検討してみましょう。 塾の良さと予備校の良さのどちらも理解して、賢く選びたいですね。 高校3年生の春に第1志望大学合格のサクラを咲かせてください。 大学入試センター試験改革と英語対策 平成32年度には大学受験が大きく変わることになります。 この大学入試改革は、大学入試センター試験が「思考力」「判断力」「表現力」を一層重視する共有テスト(新テスト)に変更されます。 例えば、現在のマークシート式問題を改善し、記述式の問題の導入となります。 また、英語試験では、学習指導要領により提示されている「読む・聞く・話す・書く」の『英語の4技能評価』が導入されます。 英語によるコミュニケーション能力の向上が求められることが課題となります。 そのため、英語試験については、共通テストのほか、英検などの認定試験の活用が見込まれています。 塾は英会話に力を入れたり、英会話学校が大学受験入試に対応できるカリキュラムを導入するなど、それぞれが新しい取り組みを検討・実施することが考えられます。 少なくとも、これまで以上に塾の必要性はこうした変革を転機にさらに高まるでしょう。 塾は、大手から個人経営までさまざまあります。 受験となると学校教育だけでは学習面や情報、進学指導においてどうしても不足してしまいます。 また、入試制度も長年にわたり変革をしてきたことから親自身もよくわからないということが多いものです。 しかし、受験は一発勝負であり、人生の大きな契機となります。 何度もやり直しがきかないことから事前の準備が非常に重要であると言えるでしょう。 公立・私立・難関校など得意とするところは塾それぞれで違いますから、自分に合った塾選びをしっかり行い、早めの準備・検討をしてみてはいかがでしょうか。

次の