水 2 リットル ダイエット。 水を一日2リットル飲み初めて、痩せた方本当にいらっしゃい...

毎日2Lのお水を飲むのと、毎日2Lの麦茶を飲むのとではどちらが体に良

水 2 リットル ダイエット

水を飲むとダイエット効果があると聞いて、水ダイエットを始めようかと思ったが、水道水を飲んでもダイエット効果があるのか?と疑問を感じる方も多いだろう。 水を飲むことは健康的にも良いことだし、ダイエットにおいても効果的だ。 水ダイエットすることで代謝が良くなり、ダイエットしてもリバウンドしなかったり、太らない体質になることができる。 結論を言うと、水ダイエットを実践するにおいて、 水道水は間違いなくNGである。 このページでは、 水ダイエットで水道水を飲むのはNGだと分かる6つの問題点と、その改善策、水道水の安全性について簡単にまとめている。 水ダイエットを正しく実践するためには必ず必要な知識なので、誤解のないように、しっかり理解しておこう。 1.水ダイエットで水道水を飲むのはNGだと分かる6つの問題点 水ダイエットを実践するにおいて水道水はお勧めはできない。 確かに、水道水でも水ダイエットの効果はあるかもしれないが、健康を損なってしまう可能性があるので注意が必要だ。 水ダイエットでは、純粋できれいな水を飲むことが正しい方法である。 水道水を飲んではいけないことが分かるよう、6つの理由をまとめたので参考にしてほしい。 1-1.水道水は不衛生だ! 水道水が不衛生だということを理解してもらうために、まずは下記の図を見てほしい。 これは水道水が一般家庭などの蛇口から出てくるまでの流れだ。 簡単に言うと、雨が山や川から浄水場に流れ、水道管を通って家庭の蛇口から出てくるのが水道水である。 山や川から浄水場に流れてきた水は化学物質や雑菌が混入されているため、浄水場で塩素消毒される。 そして、水道管を通り家庭に流れ着くのだが、この水道管がかなり不衛生なのをご存じだろうか。 こちらの図が水道管の中の写真だ。 少し考えれば分かることだが、水道管の中は誰かがきれいに掃除してくれるわけもなく、長年、サビだらけで放置されているのだ。 この汚くてサビだらけの水道管を通って蛇口から出てくるのが水道水である。 また、マンションに住んでいる家庭の場合は、水道管を通った水が屋上にある貯水タンクに貯められて、それが各部屋の蛇口から出てくる。 下図がマンションの貯水タンクの中の写真だ。 そう、貯水タンクの中は長い間ほとんど掃除されていないのでかなり不衛生だ。 高級マンションでも1~2年に1回しか掃除されないのが現状だ。 貯水タンクの中はコケが生えていたり、ネズミやカラスなどの生き物の死骸が入っていたりする。 従って、水道水は不衛生だということをまずは理解しておこう。 1-2.水道水の安全性について 水道水は決して安全な水というわけではない。 一応、水道水は厚生労働省が定める水質基準(50項目)をクリアしている。 しかし、1-1で説明したように、汚くてサビだらけの水道管を通ってくる際に、 化学物質や菌はどうしても水道水には混入されてしまう。 水道水の安全性は低いということが言える。 1-3.水道水に含まれているカルキ(塩素)とは? 水道水には塩素(カルキ)が含まれている。 これは浄水場で殺菌のために塩素消毒されているからだ。 塩素というのは殺菌のために使われていたりして、身近なところだとプールの消毒のために入っていたりする。 下図は浄水場にある塩素が入っているタンクである。 タンクに「毒」と書いてあるのがお分かりだろうか。 そう、 水道水に含まれる塩素は殺菌効果があるので、当然、 人間の体にとって有害なのである。 1-4.水道水を飲んでも大丈夫!というのは誤解である これまでの説明で既にお分かりかと思うが、水道水を飲んでも大丈夫だというのは完全な誤解である。 先ほど、1-1でご覧頂いたように、水道水はサビだらけの水道管を通って家庭の蛇口から出てくるのでかなり不衛生だ。 浄水場で塩素消毒はされても、そのあと水道管を通ってくる間に化学物質や菌は水道水に含まれてしまっている。 また、1-3のとおり、 水道水には塩素が含まれていて、殺菌効果がある反面、人間の体にとって有害なものである。 例えば、いくら殺菌されているからといって、プールの水を飲むことができるだろうか? もちろん、飲んではいけないということは誰でも分かることだ。 従って、水道水を飲んでも大丈夫というのは完全な誤解である。 1-5.水道水を飲むと、どうなってしまうのか? 水道水を飲むと、下記のようなことがおこってしまう。 塩素はビタミンやたんぱく質と中和する働きを持っているため、人間の体のビタミンやたんぱく質を破壊してしまう。 その結果、ビタミンやたんぱく質が不足して栄養のバランスを崩し、体調不良になる可能性がある。 肌や髪の毛は、たんぱく質でできているため、髪の毛が痛んだり、肌荒れやシミ、そばかす、小ジワの原因になってしまう。 水道水にはトリハロメタンという有害な化学物質(発ガン性物質)が含まれているので、ガンなどの生活習慣病のリスクが高まってしまう。 このように、水道水を飲むと有害な化学物質により、人間の体には悪影響がおこってしまうので注意が必要だ。 1-6.水道水は飲み水ではなく生活用水である 水道水は飲み水ではなく、生活用水だということを理解しておこう。 これまでで説明したように、水道水は不衛生で、塩素やトリハロメタンなどの有害物質が含まれているので飲み水としてはお勧めはできない。 例えば、あなたはトイレの水を飲み水として飲むことができるだろうか? もちろん、不衛生で生活用水なので飲んではいけない。 台所の蛇口から出てくる水道水とトイレの水は出所が違うだけで水質は同じだ。 従って、水道水は飲み水ではなく、生活用水なので飲んではいけないということを理解しておこう。 その理由について簡単にまとめたので、ご存じない方はしっかりと理解しておこう。 2-1.誤解しがちな水道水のカルキ(塩素)抜きの方法 誤解しがちな水道水の塩素(カルキ)を抜く方法として、水道水を沸騰させる方法がある。 水道水を沸騰させて、すぐに火を止めてはいけないというのはご存じだろうか? 水道水を沸騰消毒するには、沸騰してからも15~20分ほど沸騰させ続けなければならないのである。 そうしなければ、水道水に含まれるトリハロメタンを除去することはできないので誤解しないように。 2-2.水道水のカルキ(塩素)抜きで沸騰させるのは危険! 水道水の塩素(カルキ)抜きで沸騰させるの場合は注意が必要だ。 沸騰してからすぐに火を止めてしまうと、水道水に含まれるトリハロメタンが2~3倍になってしまう。 せっかく塩素(カルキ)抜きをしたのに、トリハロメタン(発ガン性物質)が増えてしまっては意味がない。 2-3.水道水を沸騰させた効果は? 水道水を沸騰させると、塩素が除去できる効果がある。 しかし、沸騰してからすぐに火を止めてしまうとトリハロメタンが2~3倍になってしまうので、15~20分、沸騰させ続けることが重要だ。 2-4.水道水を沸騰させても安全ではない! 水道水を沸騰させても安全というわけではない。 塩素は沸騰させることで除去できるが、その他の化学物質は完全には除去することはできないのである。 また、塩素が除去されたことによって、雑菌が繁殖しやすい状況になってしまっているので、沸騰させた水道水は長時間保存することができない。 毎回、水道水を15~20分も沸騰させ続け、その水は長時間保存できないので、すぐに飲まなければならない・・・これはかなり面倒な作業だ。 現実的に考えて実践するのは難しいので、水道水を沸騰させても安全ではないという認識でよいだろう。 また、注意してほしいのが、水道水を沸騰させてお茶を沸かしているケースだ。 先程の説明の通り、この場合、雑菌が繁殖しやすい状態であり、トリハロメタンが増えてしまう可能性があるということを理解しておこう。 その理由は2つあるのだが、詳しくは下記のページで解説しているので、その理由を知りたい方は参考にするとよいだろう。 純粋できれいな水を飲む必要があるのだが、水道水やミネラルウォーターでも大丈夫なのか?というのがよくある質問である。 水道水が水ダイエットに適していないのはこれまでの説明でお分かりかと思うが、実はミネラルウォーターも水ダイエットには適していないのをご存じだろうか? その理由について簡単に説明しておこう。 3-1.ミネラルウォーターと水道水の違い ミネラルウォーターと水道水の大きな違いは水質基準である。 水道水の検査項目は50項目だが、ミネラルウォーターの検査項目は18項目しかない。 つまり、水道水よりもミネラルウォーターの方が水質基準が低いのである。 また、 ミネラルウォーターには大量の防腐剤(発がん性物質)が入っているので注意が必要だ。 下図が防腐剤の写真だ。 水は3日で腐ると言われているのだが、コンビニや自動販売機には長期間ミネラルウォーターが置いてある。 それは、 大量の防腐剤を入れて水が腐らないようにしているからだ。 ミネラルウォーターは水道水よりも水質基準が低く、 防腐剤(発がん性物質)が大量に入っているので、水ダイエットには適していない。 塩素や化学物質(発がん性物質など)が多く含まれているので健康を損なう可能性がある。 ダイエットにおいて、「健康である」ということは大前提だ。 従って、水ダイエットにはミネラルウォーターも水道水も適していない。 4-1.水の質を上げよう! 水ダイエットでは 純粋できれいな水を飲むことが必要なので、まずは水の質を上げることが重要だ。 水の質を上げるには、 ウォーターサーバーを設置するしかない。 塩素や化学物質が除去されている純粋できれいな水を飲もう。 人間の体は1日汚い水が2リットルできるので、それをデトックス(代謝)するために、最低でも水を2リットルは飲む必要がある。 少し多めに水を飲むと、その分デトックス効果(代謝)が上がるので、1日2~3リットルを目安に水を飲むように心がけよう。 極端な例だが、一気に2~3リットルの水を飲んでも水ダイエットの効果は得られない。 ポイントは『喉が渇く前に水をこまめに飲むこと』なので、意識して水をこまめに飲むことを習慣化しよう。 それらは不衛生で、化学物質が多く含まれているので、改善策としては ウォーターサーバーを設置することがお勧めだ。 水ダイエットを成功させるためのポイントは、• 純粋できれいな水を飲むこと• 1日2~3リットルの水を飲むこと• 喉が渇く前にこまめに水を飲むこと なので、水ダイエットについてしっかりと理解して実践してみるとよいだろう。 ダイエットするためには健康であることが大前提である。 太っている人は不健康だから太っているケースが非常に多い。 ダイエットしたいなら、まずは健康になることが大切なので、普段、何気なく飲んでいる水の質に気を使うべきだ。 水ダイエットは正しく実践すれば健康的に痩せることができるので、誤解のないよう、しっかりと理解して実践してみよう。

次の

水2リットル飲めない人も痩せた水の飲み方のコツ《具体例あり》|オトナダイエット

水 2 リットル ダイエット

目次をチェック• 水を一日2リットル飲むメリットとは? 健康的にダイエットをしたいのなら、 質のいい水をたくさん飲みましょう。 体格にもよりますが、目安は 一日2リットル! 「水ならカロリーゼロだ~」とダイエットをしようとして、一日5リットルも10リットルも飲むのは、やり過ぎです。 ほとんど水は飲まないという方は、ダイエットをしていない人でも、積極的に水分をとりましょう。 なぜなら、質のいい水をたくさん飲むことは、体にもいいからです。 血糖値が下がる。 代謝の質があがる。 水分補給をするほど、血糖値が下がり、代謝の質があがる。 最近、糖質を制限して、ダイエットをしている人が増えました。 糖質を制限することとダイエットは切っても切れない関係。 ダイエットのためにも、良質の水をどんどん飲んで、体の中の水分を入れ替えて綺麗になりましょう。 糖質制限の注意点などについては、をご覧ください。 ウソの空腹感を防止する。 水ダイエットをしたい人は、食事と食事の合間に水を積極的に飲みましょう。 ダイエットの敵でもある空腹感。 しかし、その空腹感には、水分不足によるウソの空腹感があります。 お腹がすいていないのに、水分が足りていないために、《お腹がすいたように感じるウソの空腹感》で食べてしまうということにならないように、水分は積極的に摂りたいものです。 詳しくは、も併せてご覧ください。 水をたくさん飲むダイエットの注意点とは? 1.一度に、大量の水を飲み過ぎない。 冒頭にもふれましたが、一時期はやったモデルさんのマネをして、一日に5リットルも10リットルも飲むというのは、行き過ぎです。 一度に大量摂取すると血糖値が下がり過ぎて、かえって空腹を感じてしまったり、ミネラルのバランスが崩れ、体にとても危険だからです。 体格にもよりますが、一日2リットルを目安にすることも大切。 そして、こまめに水分補給をして、一度にたくさん飲むということは避けましょう。 水も胃で消化しなければならないので、ごくごく一気に飲むのではく、唾液と混ぜながら、水を噛むようにして飲むのがオススメです。 ゆっくり、 こまめにがポイントです。 腎臓に負担の強い方は、特に注意が必要です。 濾過するために、更なる負担がかかり、腎臓を弱めてしまう場合があります。 誰でも水分をたくさん摂りましょうという風潮には注意が必要です。 さらに、自分にあった水分の摂り方については、も併せてご覧ください。 内臓調整療法師の勝美先生が丁寧に指導してくれています。 どんな健康法も万人にあうものはないという意識が大切。 いろいろ試しながら、自分に合った健康法を見つける努力も大切です。 2.良質の水を選ぶ。 細胞の代謝には水を必要とします。 あなたの体の入れ替わりと意識して、水にはこだわりましょう。 人によって合う合わないがありますので、「はやっているからこの水がいい」と飛びつくのではなく、 しばらく続けてみて、調子がいい・悪いなど体に意識をして、自分に合う水を探してみてくださいね。 自分にあった硬水・軟水を選んでください。 3.食事中に飲み過ぎない。 食事中に、水をたくさん飲み過ぎれば、消化に必要な胃酸が薄まってしまいます。 胃酸が薄まることは、消化不良の原因。 消化不良でやせるのは、健康的ではありません。 「やせる」のと「やつれる」のは大違いです。 4.ビールやお茶を水代わりにしない。 水分と言えば、「ビールだ」という方が整体によくいらっしゃいますが、ビールやお茶は利尿作用が働きすぎて、かえって体の中の水分不足に陥ってしまいます。 ビールは血糖値をあげてしまいますので、残念ながら、ダイエットには向きませんよ(笑) お茶を水代わりによく飲むという方も多いですが、空腹時のお茶は、胃があれる原因にもなりますので、お茶が大好きな方は、食事中に一杯飲む程度にした方がいいようです。 5.夏場のスポーツドリンクのがぶ飲みに注意 「水分だけでなく、ミネラル不足を」ということで、運動中にスポーツドリンクをがぶ飲みしている人をよくみかけます。 最近では、運動をしていないのに、日頃からスポーツドリンクを飲むという人も多いですよね。 スポーツドリンクは、血糖値を急激にあげてしまいますので、注意が必要です。 糖質はダイエットの大敵。 もちろん甘い炭酸水は生活習慣病の原因にもなりますので、飲み過ぎにご注意ください。 意外と思われるかもしれませんが、果汁100%ジュースや野菜ジュースも糖分たっぷりですので、ダイエットには不向きです。 ミネラル不足を補いたいのなら、岩塩などミネラルたっぷりな塩がオススメです。 ミネラル不足を補えるカラダかどうかは、普段から運動で汗をかく習慣があるかどうかも大きくかかわってきます。 日頃運動により汗をかく習慣が少ない方が大量の汗をかくとミネラル不足に陥りやすいので、特にご注意ください。 6.水の管理にご注意 冷たい水の方が美味しく感じるかもしれませんが、カラダの冷えの原因にも配慮しましょう。 冷たく冷やした水よりも、常温のお水がオススメ。 ただし、口をつけたペットボトルなど・・・ 開封して、唾液がついたまま常温でいつまでも持ち歩くのは衛生的に問題があります。 特に水の腐りやすい夏場は、「コップに移して飲む」「口をつけずに飲む」など衛生管理にご注意ください。 7.寝起きの水分補給は、うがいなどを済ませてから。 寝起きの朝は、口の中が雑菌だらけ。 寝ている間たまった毒素を一緒に飲み込まないようにしましょう。 起きがけは、うがいや歯磨きなど口の中を清潔してから、ゆっくり水分補給をしましょう。 寝起きの冷たい水をごくごく飲むのはオススメできません。 舌苔(ぜったい):舌の上の苔をとってから水分補給を心掛けましょう。 詳しくは、をご覧ください。 最後に・・・ いかがでしたでしょうか? 最後まで読んでくださり、ありがとうございます。 日頃、お客様にお伝えさせて頂いていることや、水を一日2リットル飲み始めてから調子がよくなったという声をまとめてみました。 喉が渇いたと自覚したときは、すでに体は水分不足に陥っています。 そうなる前に、ダイエットのためだけではなく、積極的に水分補給をしましょう。 一日2リットルを目安に!• 一度に大量ではなく、こまめに補給!• 飲むのなら自分の体にあった質のいい水! 以上のことをふまえて、ダイエットのために、カラダのために、積極的に水分を摂りましょう。 人生100年と言われていますが、健康的に長生きできる情報のひとつであったら嬉しいです。 特に夏場のがぶ飲みは、腎臓の負担だけでなく、ミネラル不足に陥りやすい。 水分補給だけではく、塩分などミネラルの補給もお忘れずに! の後は、肝臓も活性化し、デトックス効果も出やすいので、いつもよりも多めの水分補給を! どんな健康法も万人にあうものはないという自覚が大切。 自分に合った健康法を見つける努力も大切です。 少しでも、あなたのお役に立てたら嬉しいです。

次の

水2リットルはお茶でもいいの?水派・お茶派の意見を徹底検証。

水 2 リットル ダイエット

先日私は実行するダイエット方法を幾つか明記していたのですが、 その中に 水を必ず1日2リットル飲むようにするというものがありました。 これ、 大きな間違いを犯すところでありました。 いろいろ調べたら、身体に必要以上の水分を取ることで病気を引き起こす可能性があるというじゃないですか。 ああ危ない危ない。 しかもダイエットに効果的どころか、逆に痩せにくい体質になるかもしれないというじゃないですか。 そんなの怖過ぎですわ。 そもそも水2リットル飲むのはつらい だいたいなぜ私が2リットルの水を飲もうと思ったかというと、数年前なんですが、テレビや雑誌で水を1日2リットル飲むと「基礎代謝があがる」=「カロリー消費量が増える」、結果ダイエットに効果的という理論が紹介されてたんですよね。 それを最近まで覚えていて、まあ水を飲むだけで痩せれるんならと安易な考えで今回のダイエット法に組み込んだんですよ。 ところがですよ、実践してみて分かったんですが、1日に水を2リットルも飲むというのはとても苦痛なことなんですよね。 喉も乾いてないのに飲む水は不味いですし、だんだん胸焼けしたみたいに気持ち悪くなってきて、、、 それで私は思ったんです。 この 水2リットルをもっとラクに美味しく飲める方法は無いものかなと。 アホな思い付きかも知れませんが、わりと真剣になんとかしたかったんで試しにネットで検索してみたんです。 そしたらあれやこれやリンクを辿ってるうちに、「 水毒(すいどく)」という言葉に突き当たりました。 水毒 水毒というのは、摂取した水分量に対して適切な排出が行われず、体内に余分な水分が溜まってる状態のことをいうそうです。 今回の私のように、水を過剰に摂り過ぎたりした場合だけでなく、運動不足だったりすることでも体内に水が滞って水毒となる危険性があるそうです。 では水毒になるとどうなるかというと、 目眩いや頭痛、吐き気や耳鳴り、身体の震え、余計に喉が渇くなどなど、様々な症状が起きるそうです。 また血流やリンパの流れが悪くなるので、「冷え」や「むくみ」といった症状も起きるそうです。 そしてこの 冷えはダイエットする人間にとって問題なんですよね。 冷えはダイエットの天敵 身体が冷えると、脂肪がつき易くなると聞きます。 例えばお腹周りが冷えてる人は(おへその下などを触ると冷たいです)、内蔵温度が下がってるということだそうですが、その冷えた内蔵を守ろうとして身体が脂肪をつけようとするんだそうです。 だからお腹だけがぽっこりと出てしまったり。 また冷えは血流をさらに悪くしてしまうそうで、それによって基礎代謝が下がるんだとか。 ということは、基礎代謝が高い人というのは「たとえじっと寝ていても消費されるエネルギーが多い」ということなんじゃないでしょうか。 それはつまり、脂肪が燃焼し易いということにも繋がります。 なので身体の冷えで代謝を下げてしまうと、いくら頑張って運動しても脂肪が燃えにくいので痩せにくい体質になると。 そういうことになりますよね。 それって困りますよね。 努力しても無駄ってことですから。 とどのつまり冷えはダイエットの天敵ですよね。 では水分摂取はどのくらいが適切? 人間の身体が1日に排出する水分量は約2. 3リットルぐらいなんだそうです。 これは運動などしなくても、呼吸や皮膚を通して失われたり、尿や便などから排出されているのだそうです。 そしてその失われる2. 3リットルの水分ですが、もともと私たちは普段の食生活のなかで、 例えばご飯やみそ汁、肉や魚、野菜に果物、などなどほとんどの食事から自然と800ミリリットルくらいは水分を補給できているそうです。 だから残りの1. 5リットルを飲料水などで摂ると良いと、そういうわけです。 ただ、運動して汗をたくさんかくなど、その時々によって必要な水分量というのは違ってくるでしょうから、これはあくまで目安ということです。 また、いくら1. 5リットルの水分を摂ると良いといっても、一気に飲んだりするのは内蔵に負担を掛けるばかりか、最悪の場合は死に至ることもあるそうなので、これには気をつけなければいけません。 私の調べたところ、水分は1日に6回〜8回にわけてこまめに摂るのがよいようです。 また、 ・朝起きた時 ・運動した後 ・入浴の後 ・寝る前 などのタイミングだと特に水分が失われている時なので補給にベストなようです。 反省 というわけで、 1日に水を2リットル飲むとダイエットに効果的というのは間違った情報だったということが分かりました。 いえ、情報が間違っていたというよりも、私自身が、何故2リットルの水を飲むのがいいのか、その根拠もちゃんと調べないまま目の前に拡げられた情報の中で、自分に都合のいい文言だけを捉えて実行しようとしてたからいけなかったんです。 本当はちゃんと「1日に何回かに分けて飲むと良い」とか、「水毒に注意」とかそういった説明はされていたであろうに.. また、2リットル飲むのがいいというのは数年前の情報であって、そういったものは近年人体のメカニズムが解明されるにあたって修正・変更されるものです。 現に今は1リットル〜1. 5リットル飲むのがいいと云われてるじゃないですか。 だから間違っていたのは情報ではなく私です。 この点について今回はとても反省しております。 水は命。 上手に摂りたいものです。

次の