メディオスターnext pro 湘南美容外科。 レーザー脱毛器「メディオスターNeXT PRO」の特徴

メディオスターNeXT Proの口コミ3年分。効果と痛みを自分で体験してきた。

メディオスターnext pro 湘南美容外科

医療脱毛で使われているメディオスターNext PRO。 メディオスターNext PROは脱毛の際の痛みが少ないことで人気の医療レーザー脱毛器です。 ただ、ヒゲ脱毛の効果には疑問を持つ声を良く聞きます。 それは他の脱毛機に比べて、明らかにヒゲの抜けが悪いというものです。 メディオスターは表立って言えないけど、カウンセリング行くとハッキリ「メディオスターは効果ないです」って言う医師もいるくらい。 メディオでの脱毛価格はライトシェアデュエットやアレキと比べて安い事が多いから分かりやすくて助かる。 少なくとも私はメディオで脱毛するクリニックは選ばない。 痛みが軽減されました!系の最新機器がどんどん出てくるけど、結局20年前からあるアレキサンドライトレーザーほどの効果は出せずに廃れていってる。 鳴り物入りで登場したメディオスターとかまさにそんな感じ。 「メディオスターは効果がない」とは言いませんが、やはりヒゲの抜け具合に関してはヤグレーザーの方が上です。 今回はその理由を詳しく解説していくので、参考にしてみてください。 メディオスターとヤグレーザーの脱毛効果の比較 メディオスターはヒゲ脱毛にも効果があるのか? その事実を調査するために、実際にメディオスターでヒゲ脱毛をしてきました。 結論を先にお伝えすると、「やはりメディオスターでヒゲ脱毛は厳しい・・・特に鼻下やアゴのヒゲには効果がないんじゃないか・・。 」というのが正直な感想です。 ではなぜそう思うのか? その理由を詳しく解説します。 YAGレーザーで脱毛すると、これだけあったヒゲが 数週間後にはここまで抜け落ちます。 ヒゲ剃りは1分くらいで終わります。 では、メディオスターNEXT PROで脱毛した時はどうだったのか? 数週間経ってアゴ下 首 や頬 ほほ のヒゲは抜け落ちるのですが、鼻下とアゴのヒゲは抜けずにそのまま残っていました。 下記は脱毛から約1ヶ月後の写真です。 写真を見てもらえば分かるように、鼻下とアゴのヒゲはほとんど残っていますよね? つまり、 メディオスターでは、毛根が浅い場所にある首や頬のヒゲには効果があっても、毛根が深い場所にある鼻下やアゴのヒゲはには効果がないということ・・・。 ほとんどのヒゲが抜けずに残ってしまうので、YAGレーザーで脱毛した時のように、ヒゲ剃りの手間が減ることはありません。 という訳で、『YAGレーザー』と『メディオスターNEXT PRO』でヒゲ脱毛を体験しましたが、僕的にはヒゲ脱毛に関してはYAGレーザーの方がおすすめです。 脱毛の効果などは人それぞれなので、まずは無料カウンセリングを受けて自分に合ったクリニックを選ぶようにしましょう。 ヒゲ脱毛にメディオスターよりもヤグレーザーがおすすめですが、一応、メディオスターNext PROとはどういった脱毛機なのかということも確認しておきましょう。 医療レーザー脱毛で使われるレーザーには• アレキサンドライトレーザー• ダイオードレーザー• ヤグレーザー という、3種類があります。 メディオスターNext PROはこの中のダイオードレーザーを使用した脱毛機です。 1回に照射パワーが小さいので痛みも感じにくいという訳です。 ヤグレーザーやアレキサンドライトレーザが大砲であるならば、メディオスターNext PROはショットガンを連射しているようなイメージをしてもらえば分かりやすいと思います。 バルジ領域というのは毛根に栄養を送っている組織。 つまり、 毛根 毛乳頭 という総大将を倒すのではなく、栄養補給センターを破壊して毛を衰弱させて脱毛してしまおうというのがメディオスターNext PROの考え方です。 ヒゲ脱毛によく使われるヤグレーザーなどのイメージはこんな感じ。 それがメディオスターNext PROだとこんな感じになります。 メディオスターNext PROの効果はある? では、メディオスターNext PROは脱毛効果があるのか? ネット上には色々な口コミがありますが、もちろん、メンズリゼやゴリラクリニック、湘南美容外科という大手クリニックで使われている医療脱毛器なので効果はあります。 ただ、バルジ領域を破壊して脱毛するという方法は新しい考え方で、現在のところ信頼できる実証データーが取れていないというのが本当のところです。 渋谷高野美容医院の高野洋一医院長が『キレイの教科書』というサイトの中で、『メディオスターは現在のところ積極的にはお勧めしません。 』とおっしゃっているのですが、を参考にするとその理由が良く分かります。 僕がメディオスターNext PROでヒゲ脱毛をしなかった1番の理由 僕はメンズリゼでジェントルヤグというヤグレーザーを使ってヒゲ脱毛を行いました。 選択肢としてはメディオスターNext PROを使ったヒゲ脱毛というのもあったのですが、最新の脱毛機で効果がハッキリしないという理由でメディオスターでの脱毛はしませんでした。 せっかく数万円という高いお金を払うのに効果がなければ何の意味もないですよね? それならハッキリとした効果が実証されているヤグレーザーの方が確実です。 それに加えて、『ヒゲ』という最も濃くてレーザーが当てにくい場所であることと、最新式の脱毛機なので施術するスタッフ 看護師 さんも扱いに慣れていないだろうという理由もありました。 なので、• メディオスターNext PROでの脱毛はデータが少なく効果がハッキリしていない• 施術者がメディオスターNext PROの扱いに慣れていない• ヒゲ脱毛に関しては効果が懐疑的な部分がある という3つの理由で、メディオスターNext PROを使ったヒゲ脱毛をしませんでした。 脱毛を受ける側としても高いお金を払うのだから、確実に効果が期待できる脱毛機を使ってもらったほうがありがたいですよね? そんな訳で 『メディオスターNext PROによるヒゲ脱毛はもう少し様子を見たほうがいい』というのが僕の考え。 特に ヒゲを脱毛する際にはメディオスターでは効果が微妙な部分があるので、肌の奥深くまでレーザーが届くヤグレーザーの方が確実に脱毛できます。 どちらのクリニックもメディオスターを使ったヒゲ脱毛が可能です。 ただ、メディオスターを導入していない医院がある可能性もあるので、必ず無料カウンセリングで確認して下さい。 ネット上でいろいろな情報を見て不安になるよりも、直接話を聞いた方が圧倒的に正確な情報を得ることができるので、悩んでいるのであればまずは無料カウンセリングを受けてみましょう。 どちらのクリニックも下記からカウンセリングの申込をすることができます。 詳しい人にも聞いてみた 長年、医療レーザーの研究や開発に携わっていた田中さんにもメディオスターNext PROについて聞いてみました。 私としては、メディオスターのバルジ領域脱毛はもう少し様子を見る必要があると思います。 この器械を否定する訳ではないので念のため言っておきますが、バルジ領域に与える影響の度合いによっては脱毛効果が長期的に継続し、望むような効果が現れるかもしれません。 このように、メディオスターNext PROを使ってバルジ領域を破壊するというのは、新しい脱毛方法のためまだまだデータが少なく分からない部分も多いようです。 研究の部位が限られていたり人数が少なかったりするそうなので、 確実にヒゲを脱毛したい場合は従来通りアレキサンドライトレーザーやヤグレーザーでの脱毛をおすすめします。 体験者のガチな感想 両方の脱毛器を体験した結果、僕にはメディオスターよりもYAGレーザーの方が合っていました。 メディオスターだとアゴや鼻下のヒゲが残ってしまうのに対し、YAGレーザーだと全体的にヒゲが抜け落ちます。 ただ、効果には個人差があるので、まずは無料カウンセリングを受けてみて、自分に合ったクリニックを選ぶようにして下さい。 メディオアスターとYAGレーザー ジェントルヤグ の取扱がある。 >バルジ領域のみに的確にダメージが与えられるのであれば1回で効果が現れると思います。 >なぜなら、毛(毛包)に直接ダメージを与える場合は休止期や成長期初期はレーザーの効果がないのに対し、バルジ領域(毛包幹細胞)を狙うのであれば毛周期は関係ないからです。 これは正しくありません。 メディオスターであっても、「毛を通してターゲットにダメージを与える」点は変わりありません。 バルジ領域にダメージを与えるにも、毛を通してバルジ領域にダメージを与えるのです。 そのため、毛周期は大いに関係あります。 発毛していない休眠期の毛穴のバルジ領域にダメージを与えることはできず、従ってアレキサンドライトと同様に複数回の施術が必要になるのです。

次の

【メディオスター9回目】ヒゲ脱毛から1年経過!効果は?髭脱毛は痛い?【湘南美容クリニック】|人事部きゅうぞうです!

メディオスターnext pro 湘南美容外科

脱毛部位 回数 料金(税別) 鼻下・あご・あご下 ほほ・もみあげ 首 1回 39,800円 6回 200,000円 10回 300,000円 15回 400,000円 鼻下・あご・あご下 1回 19,800円 6回 98,000円 10回 149,800円 15回 209,800円 鼻下 1回 5,000円 6回 25,000円 10回 40,000円 15回 55,000円 あご 1回 10,000円 6回 50,000円 10回 80,000円 15回 110,000円 あご下 1回 7,500円 6回 37,500円 10回 60,000円 15回 82,500円 ほほ・もみあげ 1回 11,500円 6回 57,500円 10回 92,000円 15回 126,500円 首 1回 7,500円 6回 37,500円 10回 60,000円 15回 82,500円 川崎中央クリニック 脱毛部位 回数 料金(税込) 鼻下・あご・あご下 ほほ 1回 61,000円 7回 185,500円 鼻下 初回トライアル 6,000円 1回 10,000円 7回 42,000円 あご 1回 20,000円 4回 52,500円 あご下 1回 30,000円 4回 105,000円 ほほ 1回 31,000円 4回 108,500円 もみあげ 1回 10,000円 4回 26,500円 メディオスターの髭脱毛が最安値なのは? 平日11:00〜15:00内で通えるなら・・・ ゴリラクリニックです。 6回+3年間100円でヒゲ脱毛ができるので、ヒゲを永久脱毛するまでのトータルコスト(15回以上の照射料金)で考えると格安といえます。 注意点としては、平日11:00〜15:00までという時間制限があること。 土日や平日の夜に通いたいあなたは、TCB東京中央美容外科も選択肢に入れてください。 土日、平日の夜に通いたいなら・・・ TCB東京中央美容外科です。 特筆すべきは、4年間回数無制限コース(鼻下・あご・あご下)があること。 業界最大手の湘南美容クリニックでさえ撤退した、回数無制限コースを続けているクリニックは貴重。 また、ヒゲ3部位(鼻下・あご・あご下)が一回9,070円なので、「どのくらいの痛みなのか試してみたい」という要望にも応えやすい料金設定です。 メディオスターによるヒゲ脱毛の先駆者である湘南美容クリニックですが、2016年7月に4年間回数無制限コースを廃止してしまったためコストパフォーマンスが悪くなりました。 その後、何度も料金改定されて、ついにメディオスターの選ぶことができなくなりました。 (脱毛機の選択は医師の判断に委ねられる) メディオスターの3つの特徴 とにかく痛みが少ない 従来のレーザー脱毛と決定的に違う特徴は「痛みの大幅な軽減」でしょう。 なぜ痛みが少ないかというと、ターゲットが毛根から肌の表面に近いバルジ領域(毛の発毛因子のある場所)になり、今までの強い熱エネルギーが必要なくなったためです。 えっ、いつレーザー当てたの?全く痛くない! 疑念がうずまく中、いよいよレーザー照射! ……えっと今、レーザー当たってます? いつ冷却モードからレーザー照射モードに切り替わったのか全然わかりません。 言われてみると心持ちじんわり温かく感じるかも……という程度です。 かつて経験したレーザーを当てたときのバチンという音や痛みがまるでなく、完全に拍子抜け。 ホントに脱毛されてます? 施術の合間に看護師さんが「以前は途中で痛みに耐えられなくなって『ちょっと休憩させて』とおっしゃる方もいました」「一番痛みが強いのは『鼻の下』ですね。 以前は泣き出す男性もいましたが、このマシンなら大丈夫です」と話してくれる声もだんだん遠くなっていき……。 (2015年4月10日) 施術後の肌の赤みや腫れが出にくい 従来のレーザー脱毛は施術後に照射箇所が一時的に赤みを帯び、若干腫れぼったくなります。 その理由は強い熱エネルギーによる軽度のヤケドによるものですが、メディオスターは熱エネルギーが今までよりも抑えられるので軽度のヤケドも起きにくいのです。 以前、レーザー脱毛をしたときは施術後に、毛穴の一部がブツブツと赤く腫れたようになり、不安になりながらせっせと軟膏を塗り込んだ記憶があります。 でも、今回は肌の赤みもなく、とくにクリームなどを塗る必要もないそう。 (2015年4月10日) 色黒の肌でも脱毛することができる 従来のレーザー脱毛は日焼けしていると照射できないということもありましたが、メディオスターは肌が黒い人でも脱毛することができます。 こんな人におすすめ どうしても痛みに弱い人 痛みに弱いということは恥ずかしがる必要はありません。 わたしもはじめて髭のレーザー脱毛をしたときの痛みは今思い出しただけでも身の毛がよだちます。 髭脱毛したいけど痛みが怖い 以前髭脱毛したけど痛みに耐えられずに諦めた そんなあなたにメディオスターで髭脱毛するという選択肢があることが伝われば幸いです。 メディオスターの導入クリニックが急増 都道府県別にメディオスター導入院をまとめました ここ2〜3年でメディオスターを採用するクリニックが急増しました。 当ブログでメディオスターを取り上げた頃は、湘南美容クリニックくらいでした。 痛みが少ないという特徴にたいする需要が高かったと考えられますね。 北海道・東北 関東 中部 関西 九州・沖縄.

次の

レーザー脱毛器「メディオスターNeXT PRO」の特徴

メディオスターnext pro 湘南美容外科

「メディオスターNeXT PRO」とは? ・Asclepion社製 ・ダイオードレーザーの一種 ・蓄熱式脱毛型のレーザーともいわれます。 ・強力な冷却装置があるため肌が痛みを感じにくい 他の8倍程度の冷却効果) ・810nmと940nmの2種類の波長で照射可能なため、産毛からVIOの太い毛まで、幅広い毛質の脱毛に適している ・発毛因子があるとされるバルジ領域を狙って照射 (今までの他のレーザーは毛乳頭を狙って照射しています) ・バルジ領域への照射のため毛周期に関係なく脱毛を行える ・6000本程度の光ファイバーが先端についており、レーザーを漏らさず効率的に照射 ・出力パワーは800ワット (最新のレーザー脱毛機「GmaxPRO」は16キロワット以上と20倍以上) 痛みが少なくて毛周期に関係なくスピーディに照射できる点が一番の売りでしょうね。 ただ少し気になる点としては、メディオスターが「毛乳頭」ではなくて発毛のエネルギー源になると言われる 「毛包幹細胞(バルジ)」領域をめがけて照射をしている点です。 アレキサンドライト、ダイオードレーザー問わず、今までのレーザー脱毛機はほぼ全部が毛周期をターゲットにして脱毛を行っていました。 そもそも毛乳頭という部位へのレーザー照射が許されているのは医療機関のみで、エステサロンではこの部位をめがけてレーザーを打つことは法律で許されていません。 (エステ脱毛では弱いレーザー光を使っているので、レーザー脱毛ではなくて光脱毛と言っていますが…) 10年ほど前には、エステサロンが毛乳頭めがけてレーザー照射をしていたとしてサロン経営者が逮捕される事件まで起きています。 (裁判の結果、毛乳頭への照射は医療機関のみ、という点が改めて周知徹底されました) つまり美容クリニックでも導入されているメディオスターは、毛乳頭へレーザー照射を行っていないので法律上ではエステサロンでも利用できる機械なのです。 ただし、この数年でさらに脱毛・育毛治療も進化しており、メディオスターがターゲットとしている「バルジ領域」という部分が本当に発毛へ影響を与えている細胞なのであれば、これは法律を見直す必要も出てくるでしょう。 ただしこのバルジ領域については、ここ数年で出てきた研究理論のため永久脱毛に成功したという論文はないのが事実です。 ですので今、メディオスターで脱毛をしても、もしかすると数年後にまた毛が生えてくる可能性があるかもしれない点は否めません。 医療機関の場合、こういったエビデンス(医学的根拠)を重視する風潮があるため、個人的には機械の目新しさや話題性だけではなく、「実際に永久脱毛ができる」という論文がきちんと出た後に導入するべきではないかという気もしております。 痛みが少なくてスピーディに脱毛ができるほうがもちろん消費者も嬉しいとは思いますが、結局エステサロンと同じように単なる「減毛」(=永久脱毛ではなくて毛が減っただけ)という結果になる可能性を秘めているようにも感じます。 新しい機械に対して否定的、懐疑的というわけではなく、メディオスターにも永久脱毛に関するエビデンス(医学的根拠がしっかり出たところで、改めて効果について比較をするのがベストなのではないかと考えています。 2)エステサロン向け エステサロン業界でも、バルジ領域を狙った新しいレーザー機が登場しています。 照射レベルが弱い(光脱毛)ため、医療機関向けとは異なる機械という事になっています。 子供でも脱毛できる機械として謳っていますね…。 この機械もバルジ発毛理論にもとづきバルジ領域を狙って照射し、除毛・減耗を実現させています。 現状の法律ではバルジ領域への照射は制限されていないこともあり、医療業界以上にエステサロンでもバルジ領域への脱毛は盛り上がっているような気がします。 少しだけ前述しましたが、過去に別のメーカーが400msec幅のレーザー機を開発したところ、これは数年で製造中止となりました。 ・・・論文上、永久脱毛できる程度のパルス幅にすると、痛くて打てなかったためです。 まとめると、バルジ領域への照射は確かに永久脱毛に繋がりそうではありますが、その痛みを軽減できるだけの技術があるかどうか、また実際に医療機関で永久脱毛できるレベルのパルス幅で照射をしているのか、という点が今後注目される気がします。 (画像はネットからお借りしました) メディオスターは導入されてまだ間もないため、 「1年経っても毛が生えてこない」 「3年経っても無毛のまま」 のような、「長期的な実績」がほとんどありません。 エステ的な感覚で行うなら良いかもしれませんが、本格的に永久脱毛を行いたいと思われる際には、確実な実績のあるアレキサンドライトなどの昔から使用されているレーザーを使用することをオススメします。 なお以下は、新宿エリアでオススメの脱毛クリニックをそれぞれまとめています。 湘南美容外科の場合、 メディオスターとあわせて実績豊富で業界最大手のアメリカ・キャンデラ社のアレキサンドライトレーザーも導入しているため、肌質などによっていずれかを選択できる点はメリットでしょう。 (2016年10月さらに補足) 新宿などの一部の院でメディオスターを導入していた湘南美容外科ですが、女性向け脱毛ではメディオスターの利用をストップしているようです。 現在は男性のヒゲ等の脱毛のみで使用しています。 キャンデラ社が出している最新のアレキレーザーは「ジェントルマックスプロ」と言い、 2つの機種の違いは以下です。 一言でまとめると、新しい機種のほうがスピーディで、どんな肌でもどんな人でも照射可能です。 1)スピーディに脱毛治療ができる ジェントルマックスのほうが照射口が大きいので、一度にできる照射範囲が広く、治療時間が短くて済みます。 2)日焼け肌・色黒でもOK。 また乳首や肛門もOK。 日焼けしていて脱毛を断られたことのある方もいるのではないでしょうか? ジェントルマックスはYAGレーザーも搭載しているので、日焼け肌や色黒のヒト、また乳首や肛門などメラニンが多い部位でも脱毛ができます。 またYAGレーザーは肌の深いところまで届くので、ヒゲやVIOなど濃くて頑固な部位に効果的です。 レーザーの製造メーカーも、様々な改善を加えた上でバージョンアップ版をリリースしているはずなので、脱毛治療の価値段がそれほど変わらないのであれば個人的には新しい機種での治療をお勧めします。 場所的に新宿には通えない場合はこちらをお勧めします。

次の