メール 拝啓 敬具 位置。 ビジネスで使う「拝啓」と「敬具」の意味と書き方

案内状やメールでの「記」と「以上」の使い方や例文・敬具

メール 拝啓 敬具 位置

「拝啓」と「敬具」の意味は? まずはじめに「拝啓」と「敬具」の持つ意味を紹介します。 「拝啓」は手紙の書き出しに用いる「頭語」 「拝啓」はフォーマルな手紙の書き出しに用いる「頭語」とよばれる慣用語です。 「つつしんで申し上げます」という意味があります。 「頭語」から始まる【前文】が書き出しの挨拶 手紙は【前文】【主文】【末文】で構成されます。 【前文】では「頭語」と「時候の挨拶」のあとに「繁栄や健康を喜ぶことば」や「日ごろのお礼」を順に述べます。 これらで構成された前文をもって書き出しの挨拶が終わります。 「拝啓」の頭語から始めるフォーマルな手紙は、挨拶の手順を踏んでから本文に入ります。 「敬具」は頭語と一対の「結語」 「敬具」は手紙の最後にもう一度相手に敬意を表す言葉として書く「結語」です。 「謹んで申し上げました」という意味です。 頭語と結語は他にもいろいろな言葉がありますが、自由に組み合わせて使うのではなく、頭語に対応した対の結語を用います。 「拝啓」の対の結語は「敬具」です。 「結語」で終わる【末文】が締めくくりの挨拶 【主文】を書いたら【末文】に移ります。 末文には今後の指導を願う言葉や相手の繁栄や健康を祈る結びの言葉を書き、「敬具」などの「結語」で終わります。 手紙の構成に従って書くことで、礼を失さずにマナーにかなった手紙を書くことができます。 「拝啓」と「敬具」の位置と書き方は? 「拝啓」の位置は手紙の冒頭 「拝啓」は手紙の冒頭に書きます。 字は下げずに書き出します。 「拝啓」のあと改行せずに時候の挨拶を続けて書く 「拝啓」のあとに一字あけて、時候の挨拶や健康や繁栄を喜ぶ言葉を書き、そのあとで改行します。 「敬具」の位置は手紙の最後に改行して書く 結びの言葉を書いたら改行して、その次の行に「敬具」を書きます。 縦書きの時は下に下げて書き、横書きの時は右寄せにして書きます。 「拝啓」を使ったビジネス文書や手紙の例文(文例) ビジネス文書には取引のための取引文書と社交などを目的とした儀礼文書の2種類があります。 取引文書、儀礼文書の例文をそれぞれ紹介します。 取引文書の例文 見積もりのお願い 拝啓 新緑の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 日ごろは格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。 さて、早速ながら、下記商品につきまして… つきましては、〇月〇日までに… ご多忙のところ誠に恐縮ですが、何とぞよろしくお願い申し上げます。 まずはとり急ぎお願いまで。 皆様にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素はひとかたならぬご高配を賜り、心より感謝しております。 つきましては、ささやかな歳末のごあいさつをお届けいたしました。 ご笑納いただければ幸いに存じます。 皆様よいお年をお迎えになられますよう、お祈りいたします。 まずはお歳暮のご挨拶まで申し上げます。 敬具 代表的な「頭語」と「結語」の組合せ 代表的な「頭語」と「結語」の組み合わせを紹介します。 一般的な手紙やビジネス文書 「拝啓」+「敬具」 一般的な手紙やフォーマルなビジネス文書では「拝啓」+「敬具」を用います。 最もよく使われる組み合わせです。 丁重な手紙やビジネス文書 「謹啓」+「敬白」 改まった手紙で、「拝啓」よりも丁重な表現にしたい時は、「謹啓」+「敬白」を用います。 「謹んでうやまい申し上げます・申し上げました」の意味があります。 丁重な女性の手紙 「謹んで申し上げます」+「かしこ」 女性の場合は、「謹んで申し上げます」+「かしこ」を使うことができます。 女性であってもビジネス文書の場合は女性らしさを出す必要はないため、「かしこ」は用いないことが一般的です。 返信の手紙 「拝復」+「敬具」 改まった返信の手紙の場合は「拝復」+「敬具」を用います。 前文を省略する場合 「前略」+「早々」 前文を省略する場合は「前略」+「早々」を用います。 男性、女性とも「早々」は使えます。 ビジネス文書ではそぐわない場合があります。 まとめ ビジネス文書やフォーマルな手紙は、「拝啓」「敬具」を使い、決められた形式に従って書くことでマナーにのっとり、相手にも読みやすい文書にすることができます。 一度形式を覚えておくと、メールにも応用できますのでビジネススキルがぐんとアップします。

次の

記・以上とは?文書での位置や使い方・ビジネスメールでの書き方も

メール 拝啓 敬具 位置

これは「謹んで申し上げます」という意味です。 これから私の伝えることを聞いてくださいと、相手に敬意を表しながら、まずはご挨拶する使い方です。 いきなり要件に入るのは無作法だという考え方です。 電話を架けたとき、こちらからかけているのに、ことわりもなく延々話し続ける人がいます。 それにつき合わされるほうは、お金をはらって時間もとられています。 そのことに思いやりのない人はいい大人にもたくさんいます。 手紙やメールでも、読む時間をとられます。 相手の時間をいただくという思いが頭言葉にこもっています。 これは時候の挨拶は一行で簡潔にすませ、本題を整理して要件の項目を箇条書きにしたり、シンプルに読みやすく仕上げます。 それでも、お取引いただいている感謝と敬意をこめて「拝啓」で、先方にご挨拶します。 それは何を略しても変わりません。 最近ビジネスのやりとりも、LINEスタンプ一個で済ませる会社が珍しくありません。 速くて簡単ですから、ベンチャー企業では、社内のやり取りはそれで徹底しているケースも多いです。 機能性、利便性を極めてあらゆる無駄を省いたことで、情のない関係になりました。 「拝啓」という「必要無駄」が見直される時代です。 書類を贈る場合につけるのはお約束ですね。 業者発注の発注書につける送付状にも「拝啓」の頭語がつけられています。 これは美しい習慣です。 会社に紙やインク、文房具を入れる業者は、その会社がくしゃみすると風邪をひく立場ですから我慢することが多いです。 べつにその会社が我慢を強いてなくても、気を遣ってしまう立場ですね。 「拝啓」には、そういう方たちへのいたわりと感謝の思いが込められています。 相手を尊重する気持ちが、こめられた言葉です。 最近は形骸化され、心がない使い方も多いですが、そこに込められた思いを大切にする日本の心を未来へ伝えていきたいですね。 正確に言うとオーナーから見て目上ではないし身内でもあるので、その使い方は誤りです。 それではなぜ、習慣として続いているのでしょう。 それはオーナー側のおもてなしの心によるものです。 福利厚生をはじめとする社員へのサービスは経営者からのおもてなしです。 おもてなしの気持ちで、部下に社員旅行や、特別なプレゼントを贈るイベントを設けるとき、特別にお客さん扱いするという意味です。 企業にとって最高に大事なお客様と同じ扱いを、今回特別に行います。 それは日頃よく尽くしてくれていることへの感謝です。 そういう思いが込められています。 愛を込めての「拝啓」なのです。 この立ち位置での「拝啓」は常識通りですね。 ただ長い間、会社での歴史やいろんな人との絆を思い、挨拶に万感の思いを込めて書きます。 この「拝啓」は重いですね。 自分を育てたくれた場所への愛情と感謝をこめて、拝啓を使うのです。 「拝啓」のつつしんで申し上げるという意味には、深い思いが込められています。 日本語は同じものを指すのにもたくさんのバリエーションがあり、細やかなニュアンス、曖昧、微妙、言うに言われぬというセンスを大事にします。 去り行く人の言葉にできない思いが、「拝啓」の一言に込められています。

次の

「敬具」の意味とは?使い方やメールでの注意点についても解説

メール 拝啓 敬具 位置

拝啓という言葉はビジネスマンだけではなく、 改まった手紙やメールを書く際に誰もが使う言葉です。 この拝啓という言葉はもちろん適当なところに書けばいいというわ けではなく、決まったところに拝啓を書かなければいけません。 手紙やメール、 ビジネス文書などを書くときの拝啓の正しい場所を確認しておきま しょう。 また、 拝啓という言葉はある言葉とセットにされることがあります。 拝啓と一緒に使われる言葉は敬具というものです。 この拝啓と敬具は必ず一緒に使われます。 手紙やメール、 ビジネス文書を書く際は拝啓だけ使う、 敬具だけ使うということはなく、拝啓と敬具は必ず手紙やメール、 ビジネス文書でワンセットで使いましょう。 メールや手紙などで拝啓や敬具を書くということは知っているが、 拝啓や敬具には一体どのような意味があるのかと疑問に感じた人は いるのではないでしょうか? 拝啓や敬具は何故メールなどを書くときに大事なのか疑問という人 は、拝啓や敬具の正しい意味を把握しておきましょう。 横書きや縦書きの手紙やメールを書くときに拝啓や敬具という言葉 を使うのは一般常識であり、 拝啓や敬具の意味を考えたこともなかったという人はこれから横書 きや縦書きの手紙などを書くときのために、 拝啓や敬具の意味を覚えておきましょう。 拝啓や敬具の意味は一般常識で習う機会は少ないので、 この機会に拝啓や敬具の正しい意味を覚えて、 何故手紙などで拝啓や敬具を使うのかの理由を覚えて周囲の人に教 えてみてください。 横書きや縦書きのビジネス文書などでよく用いられる拝啓ですが、 ではこの拝啓という言葉にはどのような意味が込められているので しょうか。 拝啓には「つつしんで申し上げます」 という意味が込められています。 拝啓は自分が務めている会社の上司などにお礼の手紙や、 またお客さんなどに何かお知らせをする時の文書に用いられる言葉 です。 しかしいちいち「つつしんで申し上げます」 と書くのはとてもめんどくさく、手間がかかります。 拝啓と2文字書くだけで「つつしんで申し上げます」 の意味になるので、 書く方も読む方も少しの手間を省くことができる便利な言葉、 それが拝啓なのです。 この拝啓という言葉は頭語と呼ばれます。 手紙は縦書き横書き関係なく、前文、本文、末文という構成です。 横書き縦書きの文書や手紙に関わらず、 拝啓と一緒に使われる言葉があります。 それが敬具です。 敬具は拝啓と一緒に必ず使われる言葉ですので、 横書き縦書きに関わらず拝啓を使うときは必ず敬具を使いましょう。 敬具には拝啓と同じく意味があります。 敬具の言葉には「 つつしんで申し上げました」という意味があります。 拝啓と敬具はセットで使われるので、挨拶、 締めの言葉として使われています。 拝啓が頭語と呼ばれるのに対して、敬具は結語と呼ばれています。 敬具は必ず拝啓と一緒に使われているので注意しましょう。 拝啓が前文の位置に置くのに対し、敬具は末文の位置に置きます。 前文の位置に拝啓や季節ごとの挨拶、 そして健康を喜ぶことを書いてから本文、 そして末文の位置に相手の活躍を祈る言葉を書いてから敬具を書き ます。 拝啓や敬具はビジネス文書や手紙でよく使うセットの頭語と結語で す。 拝啓と敬具の正しい位置、 拝啓と敬具の意味が分かったので縦書きの場合の拝啓と敬具の正し い位置を学びましょう。 縦書きの場合、 拝啓と敬具の位置はどのようになるのでしょうか? 縦書きのビジネス文書や手紙を書くという時は社会人には必ずあり ます。 拝啓や敬具の正しい位置が分からないという人は、 この機会に正しい位置を学んでいざ書くという時に困らないように 身につけておきましょう。 ビジネス文書や手紙を縦書きで書くときの拝啓や敬具の正しい位置 を覚えておくことで、一人前の社会人に近づくことができます。 縦書きのビジネス文書や手紙の書き方の例も紹介しますので、 拝啓や敬具の正しい位置とともにビジネス文書や手紙の書き方を実 生活で活かしてみましょう。 縦書きの場合の正しい拝啓の位置と書き方を紹介していきます。 まず、縦書きの文書の場合拝啓は1番最初に書きます。 拝啓は、 上1文字をスペースなどで空けることなく、 上そろえの位置に書きましょう。 そして挨拶を書き始めるのですが、 この時改行すればいいのか分からないという人もいるのではないで しょうか?改行するべきかどうかは、 実はきちんとしたルールはありません。 改行しない場合は、 拝啓と挨拶の言葉の間に1文字分のスペースを開けましょう。 改行して挨拶を書く場合は、 挨拶を書く前に1文字分のスペースを空けてから書き始めてくださ い。 改行するかしないかは書く人の自由なので、 見た目的に読みやすいと感じた方を選んでみてください。 拝啓、挨拶、健康を願う言葉を書いたら本文、末文、 そして結語を書きます。 縦書きのビジネス文書の場合、 敬具の正しい位置は下そろえで1文字分のスペースを空けましょう。 結語である敬具は、 拝啓と同様末文から改行してもしなくても構いません。 どちらが見やすいかを判断して改行をしたりしましょう。 改行をしない場合は、 末文と敬具の間に1文字スペースを入れましょう。 拝啓と敬具を書いた際、 改行するかしないかは基本的に自由ですが、 拝啓と敬具を書いて改行しない場合は必ず1文字分のスペースを入 れることが必要になってきます。 縦書きの場合のビジネス文書の拝啓や敬具の正しい位置、 そして改行しない場合は必ず1文字分のスペースを空けると覚えて おきましょう。

次の