キーワードプランナー 使い方 2019。 【2019年最新版】Googleキーワードプランナーの使い方!初心者でも丸わかり

Googleキーワード プランナーの効果的な使い方【2020年版】

キーワードプランナー 使い方 2019

ポイント ・ キーワードは3語以上を選んで、ユーザーのニースを具体的に把握しよう ・検索ボリュームは「100~1000」「1000~1万」を選んで検索上位を目指そう キーワードプランナーを使ってみよう! キーワードプランナーで、『どんなことを調べることができるのか?』『何を参考にすればいいのか?』がわかったところで、次は実際にキーワードプランナーを使っていきましょう! キーワードプランナーにアクセスします。 画面左側の【新しいキーワードを見つける】をクリックします。 すると、入力したキーワードの月間検索ボリュームや競合性を確認できます。 さらに、入力したキーワードに加え、たくさんの関連キーワードが表示されますので、3語以上でユーザーニーズが高いキーワードを見つけることもできます。 キーワードプランナーの基本的な使い方は以上です。 とってもシンプルで簡単だね! ニャン 次に、キーワードプランナーをより細かい設定や、便利に使う方法をご紹介します。 関連キーワードを項目ごとに並び替える キーワードを入力して表示される結果は、キーワードと関連性の高い順に並んでいますが、検索ボリュームや競合性などの他の項目で並び替えすることができます。 検索ボリュームで並び替えしたいときは、【月間検索ボリューム】をクリックします。 すると、検索ボリュームを降順に並び替えることができます。 その他の項目も、並び替えしたい項目部分をクリックすることで、簡単に並び替えをすることができます。 フィルターをかけてキーワード候補を絞り込む 『ダイエット 運動』でキーワード候補を調べたんだけど、『食事』や『サプリ』は関係ないからいらないな ニャン こんなときにフィルター機能を使うと、 必要なキーワード候補だけを絞り込んで表示させることができるため、効率よくキーワードを探すことができます。 では、『ダイエット 運動』のキーワード候補から『食事』を含むキーワード候補を除外していきます。 【キーワードのテキスト】をクリックします。 すると、『食事』を除外した関連キーワード候補が表示されます。 このほかにも、色々なフィルターがありますので、情報を絞り込むのに便利です。 キーワード候補の参照期間を変更する クリスマス・バレンタインなどのイベントや、花火・桜など、1年の中でも「ある期間のみ需要が増えるキーワード」を調べたいときには、キーワード候補の参照期間を指定することができます。 通常、参照期間は1年間に設定されているため、「 ある期間のみ需要が増えるキーワード」を調べる時には、参照期間を指定することで、より適切なニーズを知ることができます。 日本以外のキーワード候補を調べる キーワードプランナーでは、アメリカやフランス、韓国など、日本以外の国で需要のあるキーワード候補を調べることができます。 画面左上の【地域】をクリックします。 日本語以外のキーワード候補を調べる 日本語以外のキーワード候補を調べる場合は、主に、先ほどご紹介した地域と合わせて使用します。 海外向けのサイト運営をするには、大切な機能になります。 画面左上にある【言語】をクリックします。 たくさんの言語が表示されますので、対象の言語を選択してください。 キーワード候補をExcel(エクセル)にダウンロードする キーワードプランナーで調べたキーワード候補は、Excel(エクセル)にダウンロードすることができます。 パソコンに保存することで、いつでもキーワード候補を確認することができます。 画面右上の【キーワード候補をダウンロード】をクリックします。 データを保存する場所を指定します。 ダウンロードしたデータは、Excel エクセル でいつでも確認することができます。 まとめ 今回は、ブログ初心者さん向けのキーワードプランナーの使い方・キーワード選定時のデータの参考方法についてご紹介しました。 ブログ初心者さんに、参考にしてほしいポイントは2つ.

次の

【2019版】キーワードプランナーの登録方法|無料で使うGoogle広告

キーワードプランナー 使い方 2019

キーワードプランナーに切り替わりました! 上の画像のような画面になれば完了です。 最後に、このページを ブックマークして次回からすぐに使える状態にしておきましょう。 まとめ これで、検索ボリュームを調べ放題になりました。 このままGoogleキーワードプランナーを使って検索ボリュームを調べる方法はの記事で分かりやすく解説しています。 新しいキーワードを選定する方法はに掲載していますので参考にしてください。 記事のネタ探しや、ブログを新しく構築する際には活躍しますので、今後のブログ運営の参考にしていただければ幸いです。 最後まで読んでくださりありがとうございました。 キーワードプランナーを使って 検索ボリュームを調べる方法と見方をシンプルに解説した記事が下記になります。 主にサイト売買アドバイザー・ブログコンサル・複数ブログの収益化をパラレルワークしています。 【実績】アドセンス累計3500万円以上・サイト売買累計取引4000万円以上・ブログ収益150万円以上達成 個人で努力している人、前に進もうとしている人はマジで全員成功すればいいと思っています。 時代に負けたくない人、僕も頑張るのでとりあえず気持ちだけは一緒に頑張りましょう! 仲良くなりたい人はtwitterやYouTubeでお気軽に話しかけてください。 喜びます。 あ、ちなみに画像はYouTubeで使っている僕の分身シンリです。

次の

Googleキーワードプランナーの使い方

キーワードプランナー 使い方 2019

ポイント ・ キーワードは3語以上を選んで、ユーザーのニースを具体的に把握しよう ・検索ボリュームは「100~1000」「1000~1万」を選んで検索上位を目指そう キーワードプランナーを使ってみよう! キーワードプランナーで、『どんなことを調べることができるのか?』『何を参考にすればいいのか?』がわかったところで、次は実際にキーワードプランナーを使っていきましょう! キーワードプランナーにアクセスします。 画面左側の【新しいキーワードを見つける】をクリックします。 すると、入力したキーワードの月間検索ボリュームや競合性を確認できます。 さらに、入力したキーワードに加え、たくさんの関連キーワードが表示されますので、3語以上でユーザーニーズが高いキーワードを見つけることもできます。 キーワードプランナーの基本的な使い方は以上です。 とってもシンプルで簡単だね! ニャン 次に、キーワードプランナーをより細かい設定や、便利に使う方法をご紹介します。 関連キーワードを項目ごとに並び替える キーワードを入力して表示される結果は、キーワードと関連性の高い順に並んでいますが、検索ボリュームや競合性などの他の項目で並び替えすることができます。 検索ボリュームで並び替えしたいときは、【月間検索ボリューム】をクリックします。 すると、検索ボリュームを降順に並び替えることができます。 その他の項目も、並び替えしたい項目部分をクリックすることで、簡単に並び替えをすることができます。 フィルターをかけてキーワード候補を絞り込む 『ダイエット 運動』でキーワード候補を調べたんだけど、『食事』や『サプリ』は関係ないからいらないな ニャン こんなときにフィルター機能を使うと、 必要なキーワード候補だけを絞り込んで表示させることができるため、効率よくキーワードを探すことができます。 では、『ダイエット 運動』のキーワード候補から『食事』を含むキーワード候補を除外していきます。 【キーワードのテキスト】をクリックします。 すると、『食事』を除外した関連キーワード候補が表示されます。 このほかにも、色々なフィルターがありますので、情報を絞り込むのに便利です。 キーワード候補の参照期間を変更する クリスマス・バレンタインなどのイベントや、花火・桜など、1年の中でも「ある期間のみ需要が増えるキーワード」を調べたいときには、キーワード候補の参照期間を指定することができます。 通常、参照期間は1年間に設定されているため、「 ある期間のみ需要が増えるキーワード」を調べる時には、参照期間を指定することで、より適切なニーズを知ることができます。 日本以外のキーワード候補を調べる キーワードプランナーでは、アメリカやフランス、韓国など、日本以外の国で需要のあるキーワード候補を調べることができます。 画面左上の【地域】をクリックします。 日本語以外のキーワード候補を調べる 日本語以外のキーワード候補を調べる場合は、主に、先ほどご紹介した地域と合わせて使用します。 海外向けのサイト運営をするには、大切な機能になります。 画面左上にある【言語】をクリックします。 たくさんの言語が表示されますので、対象の言語を選択してください。 キーワード候補をExcel(エクセル)にダウンロードする キーワードプランナーで調べたキーワード候補は、Excel(エクセル)にダウンロードすることができます。 パソコンに保存することで、いつでもキーワード候補を確認することができます。 画面右上の【キーワード候補をダウンロード】をクリックします。 データを保存する場所を指定します。 ダウンロードしたデータは、Excel エクセル でいつでも確認することができます。 まとめ 今回は、ブログ初心者さん向けのキーワードプランナーの使い方・キーワード選定時のデータの参考方法についてご紹介しました。 ブログ初心者さんに、参考にしてほしいポイントは2つ.

次の