足 が つる 対処。 足がつる原因は栄養不足?予防におすすめな食べ物もご紹介!

こむら返り(腓返り)・足がつる原因と予防・対処│マグネシウムデータベース

足 が つる 対処

もくじ• 足がつったときの治し方 つった直後の対処法 下記のストレッチやマッサージを行ってください。 <すねやももがつったとき>• 足の力を抜きながら、筋肉の緊張をほぐしつつ、足首をゆっくり回す。 膝を伸ばした状態で座り、つっている方の足のつま先をもってゆっくり手前に引く。 立った状態で壁に手を当てながら、アキレス腱を伸ばすように足を前後に開き、つっている方の足のふくらはぎをゆっくり伸ばす。 <ももがつったとき>• つっている方の足全体をほぐすように軽めにマッサージする。 足をつった場合の対処法として 重要なポイントは、縮んだ筋肉を伸ばすことです。 この対処ができていないと、筋肉が過度に収縮した状態が続いてしまい、痛みが長引く恐れがあります。 動くようになったら• つった足を蒸しタオル等で温める。 つった足に力をいれずに優しくマッサージする。 無理に動かしたり、急に運動したりせず安静にする。 つった足をお風呂やシャワーで温めるのも有効です。 痛みや違和感が数日経っても治らないときは 歩行が困難なほどの痛み、触ると激しく痛む、痛みが長期間続く等の場合には、 筋肉断裂や肉離れが起きている恐れがあります。 この状態を放置してしまうと、症状が悪化して回復が遅くなるので、早めに整形外科を受診してください。 足がつる原因• 筋肉の疲労 運動時に筋肉を使うと、体内のミネラル分が急激に消費され、筋肉が正常に機能するために必要なエネルギー伝達ができなくなり、筋肉疲労を起こすため。 脱水状態 睡眠中の発汗、運動による発汗、下痢等を起こすと、体内のミネラルも一緒に排泄されてしまい、気付かないうちにミネラルバランスが乱れてしまうため。 栄養不足 血液が不足したり、血液の流れが滞ったりすると、体の隅々まで栄養分を送るのが困難になるため。 体の冷え 体が冷えると、血管が収縮し血流が悪くなったり、冷えにより筋肉が緊張状態になったりするため。 加齢 加齢に伴う筋肉量の低下、血液を生成する働きの低下により血行不良を起こすため。 妊娠中 胎児に血液や栄養分を送ることでママ自身の電解質などが不足してしまうため。 足がつるのを予防するためには? 下記の対策を実践することで、足がつるのを予防する効果が期待できます。 ストレッチ 夜眠りにつく前等に、横になりながら、足首をゆっくり前後に動かしたり、回したりを数回繰り返す。 運動を適度に行う 適度な運動を毎日継続し、筋肉を維持して血流を良くする。 疲労を溜めない 十分睡眠をとり、疲労を溜め込まないようにする。 足湯(入浴) 足ツボを温めることで刺激を与えて、血行をよくする。 レッグウォーマーを着用する(体を冷やさない) 締め付けないタイプのレッグウォーマーを着用して、足首が冷えないようにする。 寝る前に常温のスポーツドリンク等を1杯飲む(水分、ミネラルの補給) 寝ている間にも汗をかくので、寝る前にスポーツドリンク等をゆっくり飲んで、水分と電解質などを補充しておく。 ハイヒールの履き過ぎに注意する ハイヒールは、足に負担を掛けやすく、筋肉疲労を誘発する場合があるため。 足のつり予防が期待できる食べ物を摂る(栄養バランスのよい食事を摂る) 足がつるのを予防する食事 筋肉の動き(収縮)をスムーズにする働きを持つカルシウムや、神経の興奮を抑制して筋収縮を促す働きを持つマグネシウム、疲労回復を促進するタウリン、ビタミンB1、クエン酸等を摂るのがおすすめです。 カルシウム…乳製品(チーズ、牛乳)、魚介類、大豆製品• マグネシウム…海藻類、ごま、アーモンド、ひじき• タウリン…イカ、エビ、タコ、カキ• ビタミンB1…うなぎ、豚肉、卵、豆類• クエン酸…梅干し、レモン、酢 漢方なら芍薬甘草湯 漢方薬の 芍薬甘草湯を、運動前や就寝前に飲んでおくと、足のつり予防が期待できます。 また、つった後も痛みが長く続く場合にも有効です。 (甘草による副作用が起こる恐れがあるため、 服用回数に注意が必要。

次の

足・ふとももがつる原因と治し方は?マッサージとストレッチ対処法

足 が つる 対処

寝ている時、足がつって激痛で飛び起きた!そんな経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか?夜中に何度も足がつってしまうために睡眠不足になってしまうことも・・・。 特に高齢の方は足がつりやすいといわれています。 今回は、足がつる原因とその対処法、予防法をご紹介いたします。 なぜ足がつるのか 私達が普段身体を動かす時、脳が命令を出して筋肉を収縮させています。 しかし、なんらかの原因で 脳が命令を出していないのに筋肉が異常に収縮・痙攣し、足がつってしまうのです。 異常な収縮・痙攣は、激しい運動をした後、疲れている時、立ち仕事の後、就寝中に起こりやすいとされています。• つりやすい場所 足の裏や指、背中がつることもありますが、一番多いのはふくらはぎと言われています。 ふくらはぎがつることを、ふくらはぎの辺りのふくらみを指す 「こむら」から「こむらがえり」と呼びます。 筋肉の疲労 通常運動をした後は、脳から筋肉を緩める命令が送られます。 しかし、激しい運動などで筋肉が疲労していると、エネルギーの補給が間に合わず、足のつりを起こします。 ミネラルの不足 カルシウム、ナトリウム、マグネシウムなど血液中のミネラルは、神経や筋肉の動きを調節しています。 このミネラルが不足すると、筋肉の痙攣が起こるのではないかと言われています。 汗をかくなど、 日常生活の些細な出来事でミネラルは体外に出てしまいます。 体内にミネラルは僅かしか蓄えておくことが出来ないため、こまめに補給しないと足のつりを起こします。 水分不足 水分が不足すると血液がドロドロになり 流れが悪くなります。 血流が悪くなると、筋肉が硬くなり足がつりやすい状態になります。 その為、水分が不足しがちな夏に足がつりやすいのです。 冷え 身体が冷えると筋肉が緊張状態になり、急な動きに対応できず、足がつってしまいます。 また、冷えによって血流が悪くなることも、足がつる原因になります。 寝ている時に足がつりやすいのは、汗をかいてミネラルが不足し、水分が不足して血流が悪くなり、寝ている間は足を動かさないため筋肉が硬くなったところに、寝返りなどで急に筋肉を動かすという条件が重なるためです。 高齢になると、つりやすくなる理由 多くの方が「歳をとってからよく足がつるようになった」と口にされています。 これは、高齢になるにつれて身体が「足がつりやすい状態」に陥りやすくなるからと言われています。 筋肉量の減少 高齢になると運動量が減り、筋肉が衰えてしまします。 筋肉が衰えると、 筋肉の血液を送り出すポンプとしての機能が低下してしまうため、血液の流れが悪くなり、血液から各細胞への栄養・ミネラル補給が上手くいかなくなります。 その結果、日常生活でも疲れやすく疲労が蓄積されやすくなります。 水分不足になりやすい 水分を蓄える筋肉が減ってしまう、食事の量が減るため食べ物からの水分摂取量が減るなどが原因で、 高齢になると水分が不足しがちになってしまいます。 また、喉の渇きを感じにくくなるため水分を摂取するのが遅れがちになります。 薬によるミネラルバランスの変化 持病をもっていて薬を飲まなければならない場合、その薬によってミネラルバランスが崩れ、それが原因で足のつりが起こることもあります。 また、高血圧の薬など副作用として足がつる場合があります。 いずれにせよ、あまりにも足がつる場合は主治医に相談することをおススメします。 足がつってしまったときは?(対策) 足がつったときは、痙攣している筋肉を伸ばしてあげる必要があります。 仰向けで寝ている時、ふくらはぎがつってしまったら足先をつかんで 足の裏が上に向くようにゆっくりと引くことで筋肉を伸ばすことができます。 この時、急に行うと筋肉がびっくりしてしまい最悪肉離れを起こしてしまいます。 早く痛みを楽にするために、急いで筋肉を伸ばしたくなりますが 必ずゆっくりおこなって下さい。 また、優しくマッサージすることも効果的です。 力を入れてマッサージするのではなく、 さする程度の力で下から上へリンパを流すようにゆっくり優しくマッサージしてください。 つることで疑われる病気 病気が原因で足がつる場合もあります。 例えば、 糖尿病・腎疾患・椎間板ヘルニア・動脈硬化・脳梗塞があげられます。 これらの病気の場合、足がつる症状以外に 手足の痺れや、むくみ、言葉のもつれ、歩行障がいなどのそれぞれの病気の特徴的な症状が重なってみられます。 水分もしっかりとって、適度に運動しているはずなのに 頻繁に足がつるという方は、一度診察を受けるようにしましょう。 つらない為の予防策 バランスの良い食事を心がける カルシウムやマグネシウム、ビタミンB1が不足すると足がつりやすくなると言われています。 カルシウムは乳製品や小魚、マグネシウムは大豆製品や海草やゴマ、ビタミンB1は豚肉や玄米などに多く含まれています。 ミネラルの不足は、足がつるだけでなく様々な体調不良を引き起こしたり、骨粗しょう症を引き起こすことに繋がったりします。 日ごろからバランスの良い食事を心がけましょう。 水分をしっかりとる 喉が渇いたと感じる前に、こまめに水分補給をするようにしましょう。 特に寝ている時は、水分不足に陥りやすくなります。 夜中にトイレに行きたくない為、寝る前の水分補給を控える方は多いのではないのでしょうか?しかし、寝ている間も汗をかき、どんどん体内の水分量は減っていきます。 寝る前に、 コップ半分~1杯の水を飲むことを習慣にしましょう。 身体を冷やさない 冬場は特に、寒さによる冷えで筋肉が収縮し、つりやすくなってしまいます。 シャワーではなくお風呂にしっかり浸かり身体を芯から温めるようにしましょう。 また、寝ている間に身体が冷えてくるので足元を暖かくしておきましょう。 適度に身体を動かす 筋肉量の減少を防ぐ為にも、無理のない程度に身体を動かしましょう。 次の日に疲れが残らない程度のウォーキングやストレッチがおススメです。 ストレッチをして身体を柔らかくすることで、血行促進につながり足がつりにくい身体になります。 夜、軽くストレッチすることを習慣にすると良いでしょう。 また、マッサージも筋肉を柔らかくし、血行を良くします。 高齢の方は肌が乾燥しやすいので、保湿クリームやオイルなどを塗ってマッサージをすることで、保湿もできます。 予防をしていても、慢性的に足のつりが続くようでしたら必ず診察を受けるようにしましょう。

次の

夜中に足がつる・こむら返りの原因

足 が つる 対処

つる、とはどういう事? 筋肉が一時的に 痙攣を起こしたり 収縮を起こしている状態です。 筋肉は健康な状態では柔らかく、脳からの伝達によって伸縮します。 つっている時の痙攣というのは、脳の指令によって痙攣したり縮んでいるのではなく、また、急を要するとき 熱いものに手が触れた などに反射的に動かす脊髄反射によるものでもありません。 筋肉が痙攣し足がつる原因の中には、 カルシウムや マグネシウム、 鉄分が不足するという理由もあります。 水分不足などで体内のミネラルバランスが崩れると、筋肉や神経の調整が乱れ痙攣をおこすと言われています。 特にマグネシウムやカルシウムの不足が原因で起こる事が多いです。 鉄分も足のつりと関係があります。 鉄分は血液中の酸素をスムーズに運ぶ役割があります。 この鉄分が不足する事でも、足がつるといった症状が起こります。 つまり、 筋肉がスムーズに動かなかったり固く収縮してしまうのは、マグネシウムやカルシウム、鉄分といった栄養不足が原因となる事も考えられています。 スポンサードリンク 栄養不足になる状況とは まずは鉄分が体内で何に使われるのかをご説明します。 摂取された鉄分の半分以上が、血液中の赤血球の ヘモグロビンを形成する為に使われます。 ヘモグロビンは全身のエネルギー源である酸素を運ぶ働きをします。 ヘモグロビン不足はイコール血の廻りがよくないという事になる訳です。 また、鉄分は粘膜の免疫力を高める働きも担っていて人の体に重要な役割を果たすのですが、問題は意図的に摂取しなければならない上に放っておいたら排出されてしまうという点にあります。 尿や便に含まれて排出される他、汗やフケなどでも出ていってしまいます。 出血によっても失われるので、女性は毎月の月経により慢性的に鉄分不足になりがちです。 女性が妊娠中に足がつりやすくなるのも、お腹の胎児に鉄分が使われるというのが大きな理由にあげられます。 そして、男性の場合は疲労や運動時の発汗による ミネラル不足が多くみられます。 疲労というのは体力を多く使い、エネルギーが不足したまま補われない状態と言えますが、その具体的に不足するエネルギー源としてカルシウムやマグネシウムがあげられるのです。 また、運動や発汗によって、体の中からミネラルが失われると、筋肉を上手くコントロールできなくなってしまい、足の指がつる原因ともなってしまうのです。 予防におすすめな食べ物 鉄分が多い食べ物 ・なまこ ・するめ ・あおさ ・ひじき ・レバー 等です。 尚且つ一食で沢山摂りやすい食材になってます。 特にレバーは動物性鉄分で吸収率が高いためおすすめです。 しかし、 妊娠中の方はレバーは控えましょう。 レバーに含まれるビタミンAは胎児に悪影響を及ぼす可能性もあるからです。 マグネシウムが多い食べ物 ・なまこ ・しらす干し ・豆みそ ・油揚げ ・大豆 が、マグネシウムが豊富な食材となります。 魚介類や大豆製品が挙げられます。 スポンサードリンク カルシウムが豊富な食べ物 ・桜エビ ・チーズ ・あゆ ・わかさぎ ・パセリ などがあります。 乳製品や、骨まで食べれる魚に多く含まれています ちなみに、 お酒の飲み過ぎは、マグネシウムやカルシウムの吸収率が下がってしまいますので注意しましょう。 ビタミンB1が多い食べ物 ・豚肉 ・うなぎ ・大豆 などになります。 ビタミンB1の不足は、筋肉が疲れやすくなったり神経が正常に働かなくなったりする原因となり、筋肉の痙攣を起こす要因の1つとなりかねません。 こちらも意識して摂取しましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか?栄養不足と足がつることに、関係があると思ってなかった方もいるのではないでしょうか。 よく足がつるという方は、1度日々の食事を見直してみましょう。 また、汗をかいた後はスポーツドリンクなどでミネラルを補給するのを忘れないようにしましょう。 しかし、あまりによく足がつるという方は、 内科、 神経内科、 整形外科を受診してみましょう。 足のつりは、関連記事としてこちらもご参考下さい。

次の