カジ サック インスタ。 カジサックの年収が意外すぎた!名前の由来や嫁サック(子供)、評判などまとめや

カジサック嫁インスタ画像!馴れ初めや名前・年齢は?

カジ サック インスタ

堤下は「うちの母の件です。 数か月前から病院に入院していたのですが、昨日、永眠いたしました」と喪服を着て正座をした状態で話し始めた。 「入院中はタブレットで(YouTubeの)コメントを見たり、退院したらまた出たいなと言っていたんですがむなしく、昨日亡くなりました。 なぜここで報告したかといいますと、YouTubeにうちの母が出たり、梶原さん(お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太)のところに出たりとか、いろんなところで協力してくれて、何より視聴者の皆さんがうちの母を愛してくださったので、ここで報告させていただきました」と落ち着いた口調で語った。 堤下は「私が謹慎になった時、一番心配してくれたのは仕事のことでした。 家に帰るたび、お見舞いするたびに仕事は大丈夫か?お金はあるのか?と常に心配してくれていました」と道路交通法違反(過労運転、事故不申告)の疑いで書類送検され謹慎していたことにも触れ、「そもそも料理を始めたのは母の言いつけで、小さい頃から料理をしときなさいと教わって、『堤下食堂』を開けたのも母のおかげだと思っております」と、感謝の気持ちを述べた。 最後は「これからも変わらず頑張って前を見ていきます。 インパルス、そして堤下敦をよろしくお願いいたします。 いままで、皆さんコメントありがとうございました」と締めくくった。 チャーミングな人柄で、人気となっていた。 堤下は「私が謹慎になった時、一番心配してくれたのは仕事のことでした。 家に帰るたび、お見舞いするたびに仕事は大丈夫か?お金はあるのか?と常に心配してくれていました」と道路交通法違反(過労運転、事故不申告)の疑いで書類送検され謹慎していたことにも触れ、「そもそも料理を始めたのは母の言いつけで、小さい頃から料理をしときなさいと教わって、『堤下食堂』を開けたのも母のおかげだと思っております」と、感謝の気持ちを述べた。 最後は「これからも変わらず頑張って前を見ていきます。 インパルス、そして堤下敦をよろしくお願いいたします。 いままで、皆さんコメントありがとうございました」と締めくくった。 もっと色々な事をしてやりたかったと思っていのかなぁ堤下さん。 本当にいきなりのことでびっくりした。 謹んでご冥福をお祈り申し上げたいです。 日頃から迷惑かけてばかりで、どうしょうもない息子でした! 母親が亡くなって自分はこうかいや懺悔する日々を今も送っています。 自分が言えることは、堤下さんは動画を通じて、さ紅子さんを大事にしていたと思います! さ紅子さんは常日頃から心配されてたと思いますが、さ紅子さんは堤下が動画撮っている姿が大好きだと思いますよ! これからもさ紅子さんの分まで生きて明るい動画を撮って下さい! 改めて、ご冥福をお祈りします。 親戚のおばさんが亡くなったくらい びっくりしました。 さえ子さんのご冥福をお祈りします。 そして、これからの堤下さんのご活躍を 心からお祈りします。 とてもショックです ご冥福をお祈りします.

次の

カジサックの子供は病気で障害があるって本当?かわいい5人目妊娠中!

カジ サック インスタ

芸能界の忖度やしがらみを、YouTubeに持ち込んできたからです。 宮迫さんとヒカルさんの生配信 この生配信で2人のCMがテレビで流れるということで大盛り上がり。 カジサックが「おめでとう」とコメント 吉本所属の梶原さんが、芸能界の忖度やしがらみを超えて宮迫さんと絡んだ。 それには視聴者も大盛り上がり。 ヒカルさんの発案でカジサックに電話 ヒカルさんから、急遽カジサックに電話するという流れになる。 YouTubeでは芸能界のしがらみなんて関係ないとヒカルさんは主張し、視聴者も盛り上げる。 カジサックが電話に出て、宮迫と電話越しでコラボ カジサックが電話に出て、電話越しで宮迫さんコラボし、視聴者は大盛り上がり。 カジサックを称える声も多かった 5. カジサックが生配信で吉本とのしがらみを発表 吉本のしがらみの関係上、宮迫さんとはコラボ出来ないことを暗い表情で自分語りしだす。 芸能界のしがらみや忖度を、YouTubeに持ち込まれたことに関する残念な声で溢れかえる。 詳しいことはアプリ内のブログで書いているそうだが、そのアプリは有料ということにも失望。 まとめると、 自分から勝手に宮迫さんの生配信でチャットしてきて、電話でコラボしておきながら、 実は吉本のしがらみがあるんですと暗い表情で語り出して、忖度を正当化し、楽しい空気をぶち壊されたことに起因すると思います。 だったら最初から絡んでこなければいいし、カジサックとしていちいち語ることでもないということで炎上してしまいました。 特に、宮迫さんやカジサックの視聴者は、吉本嫌いの方や芸能界嫌いの方も多く、 そういう人たちにとっては、ただただ残念で、失望させる結果となったため、長く尾を引きそうです。 カジサックの中の人(キングコング梶原)が、宮迫&ヒカル、吉本興業、視聴者それぞれに忖度(ソンタック)した言動をした結果、矛盾が生じてしまい、炎上しました。 さらに、本音(言い訳?)について自分の有料ブログのみの発信にとどめたことにより二次炎上が発生してしまいました。 ちなみに吉本に言わされている訳でもない。 タイミングが不適切でした。 サブチャンネルで自分の有料ブログに誘導するコメントをしたこと自体は、ビジネスとしての宣伝ととらえればやむをえないことと思います。 ただし、今回の件では宮迫&ヒカルのハレのイベントに自ら飛び込み、わざわざ当日にUPした本人の意見動画(サブチャンネルですが。 )についての本音(言い訳?)の発信ということであれば、一連の流れでサブチャンネルで完結できるようにしておくのがベターだったのではないでしょうか? そもそもTVCMに連動した宮迫&ヒカルのユーチューブLIVEにスーパーチャットをしなければリスク回避できました。 また、今回ユーチューブLIVEへの参戦までで終えていれば、ちゃんと筋も通しつつちゃんと言葉を選んで対応していたので、賞賛されるいっぽうだったと思います。 カジサックの場合、意図的に炎上商法をとっている訳ではないと思われるので、カジサックチームのブレーンによるリスク回避のサポートが急務と思われます。

次の

カジサック嫁インスタ画像!馴れ初めや名前・年齢は?

カジ サック インスタ

夢は「あの頃のテレビに戻って欲しい」 さて、その「夢」とは。 カジサックは「あの頃のテレビに戻って欲しい」だと語りました。 「若い子たちってすごいYouTube見てる」と語り、その理由に「距離感の近さ」を挙げます。 一方のテレビは「MCとひな壇という座組の番組が多く」、若いスターが生まれにくい状況になっており、 「テレビのバラエティはほんとにピンチだと思ってる」と持論を述べました。 若い世代がテレビを見ていないことで、将来的にテレビ業界に入る人が減ってしまうことも心配しているようです。 テレビの改善も提案 カジサックはテレビの改善案として、 「早送りとか巻き戻しとかできるようになったらいい」 「テレビ欄が文字だけ、サムネイルでもいいんじゃないかな」 「いつでも見返せるように見れるようにしてほしい」 「視聴率は視聴回数にしたらいい」 などと提案。 少子化問題の解決にも貢献したい また、動画にたびたび家族を出演させているカジサック。 見ていただいた方が、少しでも結婚っていいなだったりとか、子供欲しいなだったりとか思ってくれたらいいな と、「少しでも少子化問題に貢献できたら」と語りました。 YouTube活動を始める前、自身の家族を「いたって普通の家族だと思っていた」というカジサック。 視聴者から「幸せなファミリー」「憧れる」という声が寄せられたことで、「すごい幸せな家族なんやな」と気づいたそう。 芸人のYouTube進出は「自由」 芸人からYouTuberに転身したときは、さんざんに叩かれたカジサックですが、 「芸人がYouTubeに来ることを面白く思わない人がたくさんいる」ことに対して、 「そこはほんとに自由だと思ってる」と語りました。 逆に「テレビだって誰でも出る権利はある」としました。 「テレビとYouTubeの壁を壊す」ことを標榜して活動を開始しているカジサックらしい考えです。 視聴者の正論にタジタジ 動画の最後には視聴者からのコメントに回答。 本当に時代の流れを変えたいのなら、 昔良かったな、昔みたいになってほしいなっていう考え方こそ捨てるべきなんじゃないですか? というコメントに対しては、 めちゃくちゃ正しい意見! そうかー。 「昔に戻って欲しい」って言うてるもんな。 まー確かになー。 と正論にタジタジ。 そうやねんけど、昔みたいなテレビというよりか、まあ細かく言うと、 もちろん今の時代にあったバラエティだったりお笑いだったりも融合させないといけないともちろん思ってる。 として、自らの挙げた改善提案なども取り入れながら「ちょっとずつ変わっていったら変わっていくんじゃないか」と述べました。 キングコングで冠番組を持ちたい 「なんでテレビにこだわるのか?」という質問に対しては、 僕がテレビが大好きだからでしょうかね と回答。 自分には「小さな夢がある」として、 いつか、キングコングでテレビで冠番組を持ちたいという夢がある と語りました。 視聴者からは落胆の声 22日9:23現在、動画は40万5000回再生。 高評価が8836、低評価3442となっています。 低評価率は28%。 カジサックの動画は通常2〜5%程度の低評価率ですので、かなり厳しい評価と言えます。 コメント欄では、 テレビ擁護にしか見えなかった 夢を語る能力は、相方の西野氏のほうが随分高いなぁと思ってしまった…。 業界全体を変えたいみたいな目標なのにその業界の現在進行形の変化をまるで知らないのは夢を語る立場としてはかなり滑稽に見えた。 一般と認識の乖離がかなりあるのかなと感じてしまいました。 夢持つのはとても良い事ですが、身内で語れば充分な内容で果たして世間に届くでしょうかね。 MCとひな壇のくだりとか結局自分がTVで活躍できなかった言い訳を聞かされてる気分になった。 Youtuberとして成功してるのにまだTVの世界に未練たらたらのように感じる。 などと批判的な意見が目立ちました。 「あの頃のテレビに戻って欲しい」というのが「他人任せ」「単なる願望」という意見も。 また生配信ということで、内容が散漫になってしまったのもマイナスに働いたのかもしれません。 カジサックはコメント欄で、 皆様が思っていたような夢ではなくてすみません。 でも、これを僕はお話したかったんです。 これからも変わらず楽しい動画を上げていきますので、カジサックチャンネルを宜しくお願いします!! と語っています。

次の