アイス ボーン 攻略。 【モンハンワールド:アイスボーン】ストーリー攻略チャート【マスターランク対応】

【MHWアイスボーン】パオウルムー亜種の弱点と攻略【モンハンワールド】

アイス ボーン 攻略

スポンサードリンク ゲーム攻略めもタイトル• 596• 241• 179• 113• 180• 247• 231• 131• 121• 253• 399• 299•

次の

モンハンアイスボーンを上手に攻略するコツ・小ネタ・小技・豆知識【MHWI】

アイス ボーン 攻略

マスターランクのマムタロトの配信日 5月22日 金 よりマスターマム再配信! 5月22日 金 から マスターランクのマム・タロトを討伐するイベントクエスト「」が再び開催されています。 「」の強化や「」防具を生産して装備を強くしましょう。 各マップで痕跡「飛散した黄金片」を1個以上回収 3. 調査拠点の大団長に報告 4. 胸を傷つけてぶっ飛ばすと胸部が部位破壊 「マムタロト」の胸部に傷をつけた状態でぶっ飛ばして壁ドンを成功させると胸部の部位破壊が発生します。 手早く部位破壊が行えますので、ぜひ狙っていきましょう。 ただし楔虫の位置が高く、空中攻撃を当てるのはなかなかに難しい。 「マムタロト」は 乗りダウンを取ると高確率 確定? で黄金が軟化します。 上半身に乗り判定があるため、エリア2の高所にいる「楔虫」や 坂を利用しながら積極的に上半身にジャンプ攻撃をして乗りを狙い、素早く軟化を狙いましょう。 全身に判定を持つ攻撃が多いため「」を使用した状態でクラッチできると安全です。 また、エリア3では落石を狙うこともできます。 解き放たれてからは両後脚と尻尾にもクラッチできるようになります。 最終エリアでは睡眠を狙えるとお得 「マムタロト」は最終エリアで1度怒ると睡眠状態以外では怒りが解除されません。 睡眠状態にして怒りを解除することで目覚めた直後にぶっ飛ばしを行うことができるほか、各ハンターの体制立て直しができるため、最終エリアでは睡眠を狙えると吉です。 なお、「」のスキルはエリア4の永続の怒り状態と相性が良く、非常に有用です。 溶岩落としは緊急回避で避ける 「マムタロト」がエリア4で時折行う「溶岩を落とす技」は攻撃範囲が非常に広い上にカメラの限界もあり、回避で避けた先で溶岩に当たってしまうこともあるため、ガードを持たない武器を使っている場合はできるだけ緊急回避 納刀してダッシュ中に回避ボタン で避けるようにしましょう。 落とし物を拾おう 「マムタロト」からは大量の落とし物が落ちます。 中にはマム武器の錬金や防具作成に使えるものもあるため、必ず拾っておきましょう。 報酬で鑑定武器が強化・生産可能になる マスターランクのマム素材で強化 上位のマムタロトで入手した 「鑑定武器」が、マスターランクのマムタロト素材で強化出来るようになります。 最大のLv5まで強化すると非常に高い属性値になります。 クラッチクローでぶっ飛ばせる マスターランク「マムタロト」の配信と同時に、上位の歴戦王マムタロトにもクラッチクローでの向き変えやぶっ飛ばしが可能となります。 討伐に有用ですので、ぜひ狙っていきましょう。 最大4人で受ける単発クエストに変更 上位では集会所ごとに進度が共有されていましたが、マスターランクの「マムタロト」は通常のクエストと同じく最大4人で受注する単発クエストに変更されました。 拠点から受注可能 「マムタロト」は通常のクエストと同様の扱いになったため、集会所だけでなく拠点のクエストボードからの受注も可能となりました。 救難信号を発信し、別の集会所にいるプレイヤーとマルチプレイをすることもできます。 撃退から討伐に変更 上位の「マムタロト」は大角を破壊して撃退する必要がありましたが、マスターランクのマムタロトは討伐をしてクリアする形式へと変更されました。 ただし、上位と同じく 同一エリア内で一定時間内に一定以上のダメージを出せないとマムタロトが帰還して、その時点でクエストが終了してしまいます その場合でも報酬はある程度もらえます。

次の

アイスボーン攻略まとめ|モンハンワールド(MHWI)

アイス ボーン 攻略

アイテムの見直しをしておこう 新モンスターや新マップによる環境の変化に耐えられるように、所持品の見直しをしておきたい。 特に、頻繁に起こる氷やられを防げるウチケシの実や、凍て地で常に必要になるホットドリンクは必ずアイテムセットに入れておこう。 ホットドリンクはトウガラシでも作れる ホットドリンクはフィールドでトウガラシを採取することでも手に入る。 初期キャンプから出る道にも生えてるので覚えておこう。 多少スキル構成が崩れても、防御を優先した方が結果的に攻略は楽。 防御優先の統一性の無い防具でも、体力増強や耳栓と言った有用なスキルはつくことが多い。 装飾品である程度火力もカバーできるなら、なおのこと防具はどんどん新しいものを作ったほうが良い。 特におすすめの防具 派生表の一番上の鉱石派生は、大型モンスターの素材を必要としない。 そのため、序盤の内からレア9以上のマスターランク武器を作りやすい。 レア9にしただけでも、鑑定武器を含めたワールドの大半の武器よりも強いため、まずここを目指そう。 鉱石は別に集める必要あり 大型モンスターの素材を使わないとはいえ、素材にはマスターランクの鉱石が必要になる。 マスターランクでの探索が可能になり次第、先に鉱石集めだけ済ませてしまおう。 よく使う鉱石の集め方記事はこちら• クラッチクローに早めに慣れる 今作はクラッチクローの新アクションがとにかく強い。 しがみつきからの武器攻撃やぶっ飛ばしは、特にメリットが大きい。 最初は使うタイミングなどに慣れが必要だが、敵が疲れてる時は積極的に狙っていこう。 読んでおきたいクラッチクロー関連の記事• そのため、着用中は確実にクラッチアクションを決められる。 転身に関しては弱体化されたとはいえ、まだまだ使う価値は大きい。 敵が氷属性なら耐寒もアリ 新マップの渡りの凍て地は、当然、氷属性の敵が多い。 また、マップには脚を踏み入れると氷やられになる川も存在する。 装具2つの内、片方はこれらを対策できる耐寒の装衣を選ぶのもアリだ。 おすすめの装衣の詳細はこちら 蒸気機関管理所では、低確率で天の竜人手形を入手することができる。 天鱗や古龍の大宝玉など貴重な素材と交換できるので、手形狙いでプレイするのもいい。

次の