煽り運転 ナンバーデータ。 煽り運転

煽り運転の通報は意味ない?通報されたらどうなる・逮捕やその後についても

煽り運転 ナンバーデータ

あおり危険運転・悪質ナンバー共有情報サイト「NumberData」とは? 「NumberData(ナンバーデータ)」は煽り運転(あおり運転)やスピード違反、信号無視、当て逃げ、迷惑駐車・無断駐車などの、悪質行為に被害に遭われた方が情報を提供する、車やバイクなどによる悪質行為の抑止を目的としたサイトです。 「NumberData」では車のナンバーや車両の特徴、悪質行為の内容などの情報を投稿することが出来ます。 また投稿されている情報は誰でも検索が可能です。 投稿する時に画像や動画を添付することも出来、検索条件に含めることも出来るようになっています。 その他には車両タイプ別の悪質車両ランキングや車種別の悪質車両ランキング、一連指定番号別の悪質車両ランキング、地名別の悪質車両ランキングなどの、それぞれのランキングも掲載されています。 8月10日以降もあおり運転、車間距離不保持、幅寄せ・割り込みを行っている情報が提供されています。 なんだか日々、日常のように迷惑運転をしている感じですよね。 常磐道で起きた事件 ここまで激昂させた原因は何だったのか?冷静に撮影してる女性はどんな心境だったのか?理解に苦しむ。 — もとてん mototennn このように迷惑運転をした車の状況なども調べること可能です。 悪質な「危険性帯有者」罰則強化へ 2017年6月に東名高速道路で起きた、あおり運転をした運転者の行為によって、あおられた車の運転者など2名が死亡する悲惨な事故が発生しました。 この事故を受けて、危険性帯有者(運転免許の取得者ではあるが、車などの運転で道路交通に著しい危険を生じさせるおそれのある者)への罰則が強化されることになったのです。 車を使って暴行事件を起こすなどの、将来的に事故を起こさせる可能性があると判断されたドライバーは、交通違反の点数に関係なく、最長180日間の免許停止が出来るようになりました。 「NumberData」を参考にして自衛することはもちろん大切ですが、このサイトや法令が抑止力となって、まずは危険な運転をするドライバーが減ってくれることを願うばかりですよね。 あおり運転に関する記事一覧 今朝通勤中に実際にあったことです。 片側2車線を右側通行中、左側より小型125ccスクーターに追い抜かれ、前方に入られました。 それを嫌い、左側に車線変更をしたところ、そのスクーターも同様に。 右側はやや車列が連なってましたが、左側はがらがらだったので、加速しようとしたら、そのスクーターは車線の真ん中又は右側を制限速度で通行したため、私は又右側に戻り走行。 その内そのスクーターは私の後部に付き、信号待ちの時に、スマホにて私のナンバーを撮影したので、すぐに110 車内ハンズフリー し、そのスクーターの特徴等を通報しました。 警察とのやり取りで、即パトカー配備し現場付近へ急行しますとのこと。 ただ、通勤中の事で、警察との接触はしませんでした。 バイクは機動力があり、対車の場合、車側はとても不利、不自由な状況になると思います。 やはり110番通報が、効果的かと思います。 ドラレコは搭載してましたが、故障なのかどうやら肝心な場面が残っておらず、その点でちょっと不安はありますが、リアルタイムに警察とやり取りをしてるので、警察には理解が得られるかなと思います。 ちなみにそのスクーターは、ほぼ毎日、通勤時に会い、その進行方向も知っていて、今日はそのスクーターであれば、直進すべき交差点を、わざわざ右折する私の後ろに付き撮影をしたので、煽りか?と気がついた次第です。 多分お互いのタイミング的に、私は進路妨害と取ったし、スクーター側は煽りと取ったのかな?と今になっては思いました。 まあ、どちらにせよ実際の行動と、その時思った感情とには、相当な差があり、それらを一つ一つ立証していくのは大変な作業だなと。 こんな逆煽りもありますので、皆さんお気をつけ下さい。

次の

あおり運転の通報方法(車のナンバーなど)|チューリッヒ

煽り運転 ナンバーデータ

たとえば、今年1月に発生した事例として、車のナンバー、タイプ、色、メーカー、車種、発生場所が記載され、〈1車線になった下りで車線がないのに右から強引に割り込み急制動をかけられました。 危険なので反対車線にでて前にでました。 その後15km(中略)延々とあおり運転をされました〉(原文ママ)という投稿者の声と、証拠となる動画も見られるようになっている。 投稿数は1日に100件を超えることもあり、今月だけで3000件以上(8月22日現在。 以下同)の情報提供があったという。 「宮崎容疑者の事件後に閲覧数が増え、時間によってはサイトにつながらなくなることも。 1日に数万人単位の閲覧があると思います」(前出・運営者) 興味深いのは、そうした寄せられた情報から「危ない車」の傾向が読み取れることだ。 サイトにはナンバーの掲載だけでなく、「一連指定番号別の悪質車両ランキング」も公開されている。 危険運転などの投稿があった車のナンバーの傾向をランキングしたもので、1位は「8888」、2位「…1」、3位「8008」、4位「…5」、5位「…8」となっている。 印象に残りやすいナンバーだから通報が多いとも考えられるが、末広がりの「8」が多いようだ。 「地名別の悪質車両ランキング」では、1位横浜ナンバー、2位名古屋ナンバー、3位浜松ナンバー、4位熊谷ナンバー、5位大阪ナンバーとなった。 やはり登録台数の多い地域が上位にあり、悪質運転と地域性を短絡的に結びつけることはできないが、あおり運転を警戒する意識を高める上では、こうした情報が役立つかもしれない。

次の

DQNのナンバープレート保管庫 5

煽り運転 ナンバーデータ

「警察にはこのサイトを常にチェックしてほしい」 社会問題化するあおり運転をはじめ、信号無視や無断駐車など車やバイクの迷惑行為をデータベース化した2つのサイト「number」「Number Data」が、脚光を浴びている。 前者は19年1月、後者は19年3月に開設され、8月10日に起きた常磐道でのあおり運転暴行事件の後にSNSでの言及が急増した。 numberは「テスト運用中」とあり投稿数は少ないが、Number Dataは1万件(2019年8月15日時点)にのぼる。 例えば、「クラクションを鳴らされ車間をつめられて急な割り込みをされ、急ブレーキをかけられました怖かったです」「氷結を飲みながらの運転」「常習犯? 火の付いたタバコを捨てる。 迷惑極まる」などと書き込まれており、トラブル時の画像や動画も投稿されている。 Number Dataはデータの蓄積を主眼にするが、numberは警察や国土交通省など関係機関への情報提供も代行するという。 ツイッター上では、「皆様まず自分の車が掲載されていないか検索しましょう。 無意識のうちに煽ってるかもしれません」「警察にはこのサイトを常にチェックしてほしい」と評価する声が目立つ。 弁護士の見解は? その反面、プライバシーの面や虚偽投稿を懸念する声も少なくない。 車両ナンバーの公開は問題ないのか。 IT法務に強い深澤諭史弁護士は取材に対し、「ナンバープレートだけでは個人情報ではありません。 個人情報は個人を特定出来る情報か、あるいは、他の情報と容易に照合して個人を特定出来るものをいいます。 ナンバープレートは、数字等の組み合わせなので、それだけからは個人を特定出来ません。 また、登録を調べれば特定はできますが、容易に照合できるとまではいえないからです」との見解を示す。 しかし、「個人情報に該当しなくても、個人情報ではない情報の公開で、第三者に違法に損害を与えれば、責任を問われる可能性があります。 これはよくある勘違いですが、個人情報でなければ問題ない、ということではありません」と留意すべき点があるという。 「同サイトは、直ちに罪に問われる可能性は低いです。 もっとも、デマの投稿を(暗にであっても)知りながら放置するとか、管理責任を全うしない場合は、民事上の賠償責任を負担する可能性が高いでしょう。 また、デマを投稿した場合、投稿者の責任も問われる可能性があります」(深澤弁護士) サイト運営者の対策は... Number Dataは、これまで投稿後に問題がないかチェックし、削除依頼にも応じていたというが、担当者は取材に「8月15日から事前確認のシステムが完成しましたので、サイトに実装いたしました。 今後はスタッフによる確認後にサイト内に反映される仕組みになるので、投稿内容が明らかないたずらであったり、投稿内容に不自然な点がある場合、特定の相手に対しての執拗(しつよう)な投稿などは掲載されなくなりました」とさらなる対策を講じたと明かす。 現状は本業のかたわらとして4人が運営に関わっており、「デリケートな趣旨のサイトであるため、速やかに対応できる体制を整え、弁護士を交えて法律面でも整備されたサイトを目指していけたらと思います」(担当者) 一方、numberでの対策は、投稿後のチェックと削除対応のみにとどまっている。 代表である40代男性は取材に「個人的な趣味の延長で運営しており、かけられる費用と人材をサイト開設前に検討した結果、悪意を持って利用する人間に対する未然の防止対策をすることは現実的ではないと判断しました」と答える。 ただし、目視で確認できない数の投稿が集まった場合は、AI(人工知能)などに対応したプログラムを実装予定だとした。 (J-CASTニュース編集部 谷本陵).

次の