多摩 っ ぷ。 【多摩地域30市町村】新型コロナウイルス感染症情報まとめ(6月28日更新)

多摩郡

多摩 っ ぷ

詳細は「」を参照 のの後に献上された4つののうちの1つ(おおいのみやけ、 :おほひのみやけ)の位置は、「多氷」を「多末」(たま)の誤記として当郡、特に現在の付近であると推測されている。 には 多麻郡の字であらわれ、のちには 多磨郡とも書き、「たま」「たば」と読まれた。 地名の由来は、丹波が転訛したものだとか、かつてが多い地域であったとか、かつて多摩郡を治めた大國 魂命(おおくに たまのみこと)によるなど諸説ある。 なお、のが置かれたにあるもかつて多摩郡に属していた地域にある。 かつては菅村・中野島村(現在のの一部)も含まれたが、菅村は(3年)に、中野島村は(8年)にに編入した。 の・および(、現在の)と二宮()があった。 郡衙はにあった。 文献史料においては、12世紀半ば以降、多摩郡が東西に分けられて 多東郡、 多西郡と表記されていた例が多く見つかっている。 大石学の研究によると、多東郡の初出は1330年、多西郡は1154年である。 このような表記は徳川家康の朱印状や検地帳など、極めて重大な文書でも使用されていることから、中近世において多摩郡は多東郡、多西郡に事実上分かれていたと考えられている。 多東郡と多西郡の境界については狭山丘陵と見る説、多摩川と見る説がある。 なお、からまで、西多摩郡にが存在した。 多西村の由来は上記の多西郡によるものと考えられる。 、多くの村が直轄領()や領とされたほか、多くののが分散し、複数の領主によるとされた村も少なくなかった。 支配関係が錯綜して郡内の一円支配が行われず、直轄領に対する幕府役人の配置も少なかったために農民は自己防衛を行うようになり、剣術がさかんになった。 、らは、こうした環境から世に出ている。 後は現在の中野区・杉並区が、残部がの管轄となった。 当初大部分がの管轄となるはずだったが、本郡の一部が横浜に居留するに含まれるとの神奈川県知事・の上申により全郡管轄とされ、現在の中野区・杉並区の区域のみに戻された。 多摩郡全体が東京府の管轄となったのは郡の分割により本郡が消滅して以降のことで、これは主に東京の水源保全を理由にして、実際には勢力の切り崩しを目的としたものといわれる。 明治時代 [ ] 所属町村の変遷は、、、をそれぞれ参照• 「」に記載されている初年時点での支配は以下の通り。 中野島村はすでにとされている。 他にも、寺社除地が各村に散在。 (3町392村)• 後の 東多摩郡域(32村) - (松村忠四郎支配所)、、鉄砲玉薬組給地• 後の 北多摩郡域(1町137村) - 幕府領(松村忠四郎支配所、支配所)、旗本領、給知、、• 後の 南多摩郡域(2町122村) - 幕府領(江川太郎左衛門支配所)、旗本領• 後の 西多摩郡域(101村) - 幕府領(江川太郎左衛門支配所)、旗本領、、常陸龍ヶ崎藩、、• () - 旧の(太郎左衛門)が新設された 知事に就任。 それまで管轄していた区域を引き続き管轄。 (1868年) - 旧幕府代官の松村長為(忠四郎)が に就任。 それまで管轄していた区域を引き続き管轄。 8月8日(1868年9月23日) - 松村長為知県事が(一平)に交代。 11月 - 現世田谷区域、現域の各一部が古賀知県事から (第1次)に移管。 明治2年• 2月9日(1869年3月21日) - 古賀知県事の管轄区域に を設置。 韮山県と品川県の間で管轄地域の調整が行われる。 現東久留米市域の品川県、韮山県、龍ヶ崎藩領の一部が に移管。 後の域の一部が韮山県から西瑞藩に移管。 のちの域の龍ヶ崎藩領の一部が品川県に移管。 明治4年• () - により藩領が 、 、 、 、 、 の管轄となる。 (1871年) - 前橋県が に統合。 (1871年)• 品川県が廃止。 後の北多摩郡・西多摩郡および南多摩郡の一部(現北部)を 、後の南多摩郡の残部を 、後の東多摩郡を 東京府(第2次)がそれぞれ管轄。 韮山県・龍ヶ崎県・岩槻県が廃止。 当郡に属する区域が入間県に移管。 彦根県の当郡に属する区域の東京府への移管がで命じられる。 群馬県・西端県の当郡に属する区域が入間県に移管(西端県は翌廃止)。 () - 彦根県が 長浜県に統合。 11月 - 入間県のうち現域、現域、後の五日市町域が神奈川県に移管。 明治5年• (1872年) - 長浜県のうち現世田谷区域が神奈川県に移管。 当初は全域が東京府に移管予定であったが、急遽変更された。 (1872年) - 入間県のうち現域が神奈川県に移管。 1月 - 東京府のうち現武蔵野市域、入間県のうち現域、現域、後の域が神奈川県に移管。 (1872年) - 東京府のうち現中野区域が神奈川県に移管。 5月 - 東京府のうち現杉並区域および入間県のうち当郡に属する区域の残部が神奈川県に移管。 (1872年) - 神奈川県のうち現中野区域が東京府の管轄に戻る。 (1872年) - 神奈川県のうち現杉並区域が東京府の管轄に戻る。 明治11年()• - の東京府での施行により、東京府が管轄する区域をもって が発足。 - 郡区町村編制法の神奈川県での施行により、八王子横山宿ほか126村の区域をもって が、府中番場宿(のうち)ほか1町131村の区域をもって が、青梅町ほか1町93村の区域をもって がそれぞれ発足。 同日多摩郡消滅。 脚注 [ ] []• ただし3丁目2番の一部(旧)は本郡に含む。 三輪修三『多摩川:境界の風景』有隣新書、昭和63年 61 - 66ページ• 村数の数え方には諸説あり、「角川日本地名大辞典」の記述では「旧高旧領取調帳」では1町361村、13万9,274石とある。 幕末時点では。 明治に入ってから、龍ヶ崎藩との移転を繰り返しているが、「旧高旧領取調帳」ではすでに龍ヶ崎藩と記載されており、郡内の所領の変遷は不明。 参考文献 [ ]• 13 東京都(1983年10月27日初版、)• 、ほか、、文政 8年。 菅散歩(一)菅の地名・自然、佐保田五郎、菅散歩出版事務局、平成 9年。 関連項目 [ ]• 先代: ----- 行政区の変遷 - 次代: () ・・ ().

次の

【格差社会】大都市が抱える多摩格差がトレンド入り「下水が普及してない」「市外局番が03じゃない」

多摩 っ ぷ

地理 [ ] 地理 [ ] の、おおむね、多摩川低地およびに位置する。 特に東部はの「」による坂があるもののおおむね平地であり、市町村各自治体面積も50平方キロメートルと広くはない。 より北はが多く、多摩川の南また西部は比較的地帯が多く部もある。 武蔵野台地の北側には孤立したもある。 はに属するが、やや部に位置するためにの特徴も併せ持つ。 やは、冬の最低気温に関して東部とはかなり異なり、氷点下まで下がる地域が多く、緯度のわりに寒い地域といえる。 また夏は、八王子のなどでは23区内よりも気温が上がることもあり、多摩西部ほど内陸性気候の特色が強く出る。 「」と呼ばれる山間部はの東縁で暖温帯林~冷温帯林の生育環境にあたり、後の拡大造林によりである林が多い。 また多摩丘陵にはを中心としたのいわゆるが広がり、丘陵地がされたと呼ばれる地形も見られる。 - 、、、、、(、)など• 水系 - 、、()、、など• ()、など• :、、、、、など• :、、国営、、、東京都立、、、、、、東京都立小峰公園、東京都立など 範囲 [ ] 旧であった区域のうち、を除く、・・の3つの地域の総称。 おおむねとの合流地点よりやや東の付近から西が地域、それより下流の多摩川の南側が南多摩地域、北側が北多摩地域である。 業界ではとの2市が「」(武蔵野・三鷹の略)として、の運賃地域区分ではこれに加えてとの4市が「都内均一運賃地区」として扱いとなる。 の MA では、の大半および調布市・三鷹市の一部地域が特別区扱いで、 03である(参考までに、が入っているの市外局番06とは異なり、市外局番03は都外では使われていない)。 03以外の区域は、 0428の青梅料金区(・を含む)と 0422の武蔵野三鷹料金区を除き、1997年(平成9年)~1998年(平成10年)にかけての移行後は、の大半および山梨県の一部を含め 042に統一されている。 しかし料金区は依然、武蔵野三鷹、国分寺、立川、八王子、相模原、青梅に分かれており、異なる料金区間でのはできないため、違う料金区にかける時は市外局番をつける必要がある。 多摩地域内を区分する場合、旧来の郡に合わせた 多摩北部・ 多摩南部・ 多摩西部(あるいは北多摩・南多摩・西多摩)の3区分とする場合が多いが、おおよそ立川市を境に多摩東部・多摩西部という区分をすることもある。 のでは、多摩東部・多摩西部と2つに区分している。 それ以外にも不動産関係企業などで便宜的に区分を細分化している場合がある。 変遷 [ ] 多摩地域は、中期ににおいて、とされたのが始まりである。 後にこの地の旧天領、旧旗本領は、などに編成された一方で、各藩の領地はそのまま各県の飛び地となった。 多摩郡のうち東部の各村は武蔵県に編入され、を経て1871年(明治4年)に東京府に編入された。 北南西部の各村は韮山県に編入され、、を経て、(明治26年)にに移管された。 1878年(明治11年)の施行により、それぞれ東京府および神奈川県において東多摩郡・西多摩郡・南多摩郡・北多摩郡の4郡が成立した。 東多摩郡は(明治29年)にと合併して((昭和7年)にはへ編入)となって消滅し、北多摩郡と南多摩郡は郡内全町村の施行に伴って1970年(昭和45年)、1971年(昭和46年)に消滅した。 これにより旧多摩郡4郡で郡名を残すのは西多摩郡のみとなっている。 呼称 [ ] 三多摩 [ ] 本来の多摩地域は、令制国のに当たる。 だがこの定義では、旧に属する地域(・の全域)と旧に属する地域(の旧・旧)は多摩地域に含まれ、から編入された旧(旧)に属する地域(のうち旧の地域)と旧に属する地域(のうち旧の地域)は多摩地域に含まれないことになる。 「」および「」も参照 「東京都の特別区と島嶼を除いた地域」を指す名称としては、「多摩地域のうち東多摩郡を除く、北多摩郡・南多摩郡・西多摩郡の多摩3郡域」の意味で 三多摩(さんたま)の語を用いる場合もあるが、前述のとおり世田谷区の旧砧村・旧千歳村の区域が北多摩郡であったため、厳密にはこれも正確な表現とは言えない。 だが、多摩地域のうち旧に編入された、現在の中野区・杉並区(旧東多摩郡、編入当時は)、世田谷区のや(旧北多摩郡)が東京23区となってから長年が経過し、これらの地域がかつて「多摩」であったという意識は薄れている。 また市制施行により西多摩郡以外の2郡は消滅したため、「三多摩」の語の使用頻度は減少しつつある。 ただし旧郡名については地域名称として、例えば東京都議会の北多摩第一~第四、西多摩および南多摩の各選挙区分として利用されている(も参照)。 三多摩の行政区画の変遷 [ ] 北多摩郡 は、現在の武蔵村山・東大和・東村山・清瀬・東久留米・西東京・小平・昭島・立川・国立・国分寺・小金井・府中・武蔵野・三鷹・調布・狛江市及びの西部(旧 砧村・千歳村)の区域。 1907年(明治40年)に西東京市の旧保谷市区域がより編入された。 北多摩郡は1970年(昭和45年)に村山町が武蔵村山市に昇格したのを最後に消滅した。 旧郡役所所在地:府中町(同上) 現在の一級河川「多摩川」北側の地域であり「 北多摩」と呼ばれる。 南多摩郡 は一級河川「多摩川」の南側であり、現在の八王子・町田・日野・多摩・稲城市の区域だったが、1971年に多摩・稲城の市制施行に伴い消滅。 旧郡役所所在地:八王子市(同上) 現在の一級河川「多摩川」南側の地域であり「 南多摩」と呼ばれる。 東多摩郡 は1896年(明治29年)にと合併しての一部となり、1932年(昭和7年)に旧に編入された。 現在の、に相当する。 旧郡役所所在地:(同上 1896年(明治29年)当時) 西多摩郡 はかつて青梅・福生・羽村・あきる野市も含んでいたが、現在は瑞穂町・日の出町・奥多摩町・檜原村の3町1村を残すのみである。 1958年(昭和33年)に埼玉県入間郡元狭山村の一部が編入された。 旧所在地:青梅町(郡役所廃止(大正12年)) 都内・都下 [ ] 「東京都内」や「都内」という場合には多摩地域や島嶼も含めた東京都全域を指すが、かつては特別区の対語として多摩地域を「都下」と呼称されることがあった。 同義で使用される「県内」「県下」や「府内」「府下」などとは意味が異なり、東京府時代に「東京 市内」「東京 府下」として使用された呼称が、1943年(昭和18年)7月の東京市・東京府の合併による東京都発足の際にそのまま「 特別区内(23区内)」と「東京 都下」に呼び変えられたことで起こったもので、慣習的な表現である。 現在は、俗称の「都下」という表現が使われる機会は減少しているほか、多摩地域を見下した表現という誤解を与える可能性などから、「都下」という名称は公的には極力使用しないようにされている。 また、このような理由から多摩地区は人口が少ないと思われがちだが、実際には多摩地区だけでも400万人以上の人口がおり、多摩地域より人口の多い道府県は(東京都以外では)・・・・・・・などしかない。 これらに関してはも参照のこと。 広域多摩地域(TAMA) [ ] 多摩地域に加えて、の沿線(の、、、、、、、)や、、のうち旧(、、、などの南西部)は、電気・電子機械製造業の工場・開発拠点、大学などの教育研究機関が集積しているため、旧関東通商産業局は、この一帯を総称して「広域多摩地域」と名付けた。 また、TAMA産業活性化協議会は、この広域多摩地域の総称を、「Technology Advanced Metropolitan Area」(技術先進首都圏地域)の頭文字をとって「TAMA」と名付けた。 また、これらの地域は多摩地域とのつながりも深い。 業務核都市基本構想 [ ] 東京都が多極分散型国土形成促進法により諸機能の立地促進を行うもの。 、、、、()、の6箇所がある。 歴史 [ ] 律令制以前 [ ] 現在の多摩地域は、のに相当するが、のの後に献上された4つののうちの1つ(おおいのみやけ、 :おほひのみやけ)の位置は、「多氷」を「多末」(たま)の誤記としてこの(と呼ばれた時もあった)、特に現在の付近であると推測されている。 律令制の時代 [ ] において設置された前述のには、の中枢機関に当たる(現在の)と()、()、二宮()が置かれた。 なお、武蔵国は、現在の東京都およびの以外の地域と北東部を含む広い版図だった。 この地域の一部には古代からが移住していたとされ、高句麗人1799人が集められた、新羅人74人が集められた(新座郡)が置かれた。 またのある狛江郷()はに由来するとする説もある。 『』には、に(名神大社)、に、(一宮)、、、等が見える。 対して、後世に武蔵国総社とされたや、東京都区部の神社として著名なやの名は見えない。 中世 [ ] 後期・にはなどの武士団が勃興した。 鎌倉後期の3年()5月にはのが挙兵し、義貞勢は南下して5月15日に武蔵府中で勢のを破り()、へ侵攻した。 の多摩郡は、のによる支配を経て、を本拠地とするや小田原()を本拠地とするであるの地盤となった。 の弟・は()を築き、西方ののに備えた。 その後北条氏ものによって没落した。 近世 [ ] には、幕府の直轄領(御料)や旗本領となり、には関東各地の直轄領を支配する代官18人が駐在することとなり、旧臣のが代官頭を務めて、多摩地域の開発とやの整備に当たった。 また、江戸幕府は、国境警備のため、八王子宿周辺の農村にを配した。 が剣術・学問を教えたので、(現)、(現)など主要隊士の出身地もこの地域である。 東京府 [ ] 多摩郡内の旧幕府・旗本領はやなどに編入されたが、領との移管も含めて、各町村ごとの管轄の変遷は極めて錯綜している。 (明治4年)(旧暦7月14日)の後、同年12月(旧暦11月)に多摩郡はとに分割されたが、多摩郡内がに居留する外国人の遊歩区域に含まれるとの・の上申により全域が神奈川県に移管された。 ただし、東部の中野村ほか31村(現在の中野区・杉並区)は(明治5年)9月に再び東京府へ移管された。 (明治11年)11月に施行されたにより、神奈川県管下の区域は3分割され西多摩郡、南多摩郡、北多摩郡に、東京府管下の区域はとなった。 この後、多摩3郡は(明治26年)にへ移管された。 この理由は、帝都の水源である多摩川や玉川上水を東京府の管理下に置くためとされた。 しかし当時の政府がに備えての海軍力増強予算を帝国議会で成立させるためだったという説もある。 それは、この時期の多摩地域はの中心でもあり(草案()もこの地で生まれている)、この時期には自由党の地盤でもあった。 これは、多摩地域に業を中心とした製造業者とそれをから輸出する流通業者が多く、軍事よりも産業振興を求める層だったからであるといわれている。 軍事大増強を阻もうとする自由党の地盤を行政区画の変更という手段で解体したのではないか というものである。 移管の際に反対運動の中心となったのは自由党の戦闘組織であるだった。 以降のや森久保作蔵は東京市政において大正末頃まで大きな影響力を及ぼす。 多摩はでで同時に多様な集団の受け皿となった人物を多く輩出している。 (明治28年)にがを政府の管理下に置くために「東京都制および多摩県設置法案」を出したが、や東京市民からを奪うものだとして反発を受け、成立には至らなかった。 しかしこの時期、「多摩県」構想や「武蔵県」構想は実際に存在した。 「多摩県」構想は、多摩3郡のみで県を構成する案だった。 この構想での県庁所在地は、である。 一方、「武蔵県」構想は、(発足当時の15区)を除く東京府、すなわち多摩3郡と・・・・を含めて県を構成する案だった。 この案では、豊多摩郡(東京市に編入)あるいは八王子市に県庁を置く案があった。 (明治40年)4月1日 、が北多摩郡に編入された。 (昭和7年)10月1日、東京市が20区制に編成されることにともない、豊多摩郡が東京市に編入された。 (昭和11年)10月1日、北多摩郡、が東京市に編入された。 東京都 [ ] (昭和18年)、内務省によって東京市と東京府は廃止され、が設置された。 東京都発足時、道路・公共施設等の都市基盤の整備状況はと三多摩地域とで大きな差を生じており、「三多摩格差」の語が生まれた。 後のこの地域には大規模な住宅団地や工業団地が進出し、には全国最大規模のが建設された。 このニュータウンの完成に合わせて、、が開通した。 また、特別区のキャンパスが手狭になったの移転も相次いだ。 (昭和33年)には、がへ編入された。 (昭和39年)に開催されたでは、八王子市に仮設された「八王子ロードレースコース」において自転車競技が行われた。 また(昭和42年)、全国第2の高速道路としてが開通した。 この道路の初めての開通部分は~で、いずれも多摩地域内である。 (昭和45年)狛江町、大和町、清瀬町、久留米町、村山町が市制施行によりれぞれ、、、、となり郡より離脱、これによりが消滅した。 (昭和46年)には稲城町と多摩町が市制施行してそれぞれ、となり郡より離脱、同日消滅。 (平成3年)には羽村町が市制施行してとなり、(平成7年)には五日市町が秋川市と合併しが発足、より離脱。 多摩地域に不足している南北間の交通を補完する目的で、(平成10年)にが開通した。 また(平成14年)にはこの地域内に(圏央道)の東京都内部分が初めて開通。 (平成19年)にはこの地域内にあるが供用開始されたことにより中央道と関越道とが圏央道を介して接続された。 2007年(平成19年)12月には、町田市と相模原市の間を流れるの改修に伴い、両市の境界線が変更された。 (平成25年)には、多摩地域と島嶼部を中心とした国民体育大会「」が開催された。 自治体 [ ] 多摩地域地図 現在、多摩地域には26市3町1村、計30の自治体がある。 市町村コード(自治体コード) 上2桁の 13は東京都を、次の桁の 2は市を、 3は町村を表す。 下2桁は成立順に付与される。 市への移行・合併時には継承されず、新しく付与される。 市 [ ] 番号 市町村コード 市 面積 H29年度 成立 (円) 01 13201 576,760人 186. 41km 2 018. 53km 2 021. 北多摩地域(17市) 立川市・武蔵野市・三鷹市・府中市・昭島市・調布市・小金井市・小平市・東村山市・国分寺市・国立市・狛江市・東大和市・清瀬市・東久留米市・武蔵村山市・西東京市• 南多摩地域(5市) 八王子市・町田市・日野市・多摩市・稲城市• 西多摩地域(4市) 青梅市・福生市・羽村市・あきる野市• 西多摩郡(3町1村) 瑞穂町・日の出町・檜原村・奥多摩町 自治体歌 [ ] 多摩地域でのの制定は、三多摩で最も早く(大正6年)に市制施行した八王子市において、市制施行20周年を記念して(昭和11年)に制定された「八王子市歌」 を初めとする。 多摩地域では初の市歌であると同時に、戦前から変わらず使用されており、東京都内の現行の・としても最古のものである。 最も新しく制定されたものは、(平成30年)に市制施行60周年を記念して制定された 小金井市歌「光さす野辺」および小金井市民愛唱歌「夢みる町」である。 また東村山市では、市制施行前に作られたが市制施行後も市歌として使用されている。 合併して誕生した自治体では、西東京市では合併3周年を記念して(平成16年)に新しい市歌「大好きです、西東京」 を制定したが(合併前にあった「保谷市歌」は廃止)、あきる野市では正式な市歌は制定されていない。 正式な市町村歌がない自治体でも、イメージソングなどの形で自治体の歌を制定している場合があり、多摩地域では北多摩北部の自治体に多い。 昭島市と清瀬市では市歌や市のイメージソングを制定していない。 詳細は「」を参照 多摩ナンバー• 立川市・武蔵野市・三鷹市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・小平市・東村山市・国分寺市・国立市・狛江市・東大和市・清瀬市・東久留米市・武蔵村山市・多摩市・稲城市・西東京市 八王子ナンバー• 八王子市・青梅市・日野市・福生市・羽村市・あきる野市・西多摩郡(瑞穂町・日の出町・檜原村・奥多摩町) イベント [ ] (平成5年)から同年まで、多摩東京移管100周年記念事業として、、、等が市町村、東京都と提携してが開催された。 広域行政 [ ] 多摩地域の自治体は、ゴミ処理などでを作っている。 なお、以下はそのすべてではない。 多摩地域の消防については、かつてはすべての市町村が単独および組合の消防本部を設置していたが、現在ではを除いての消防本部であるへ委託する形となっている(自治体が設置した一部事務組合ではない)。 東京市町村総合事務組合 - 東京都の全市町村(多摩地域および島嶼)で組織し、 を運営する。 多摩北部都市広域行政圏協議会 - 小平市、東村山市、清瀬市、東久留米市、西東京市の5市で施設の相互利用、イベントの共同開催を行っている。 西多摩地域広域行政圏協議会 - かつて西多摩郡に属していた青梅市、福生市、あきる野市、羽村市を含め、奥多摩町、日の出町、瑞穂町、檜原村の4市3町1村で、単独の自治体では処理が困難な行政課題に対応することを目的に組織されている。 公営競技 [ ]• - 八王子市、武蔵野市、青梅市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市の11市でを開催している。 - 八王子市、昭島市、武蔵野市、町田市、小金井市、調布市の6市でを開催している。 - 多摩市、稲城市、あきる野市の3市でを開催している。 - 小平市、日野市、東村山市、国分寺市の4市でを開催している。 ゴミ・し尿処理 [ ]• - あきる野市、奥多摩町、日の出町、檜原村を除く25市1町で、日の出町にある および 二ッ塚廃棄物広域処分場の運営や、「エコセメント事業」を行っている。 多摩ニュータウン環境組合 - 八王子市、町田市、多摩市の3市で、多摩市にある 多摩清掃工場を運営している。 柳泉園組合 - 東久留米市、清瀬市、西東京市の3市で、東久留米市にある クリーンポート、および野球場等併設の余熱利用浴場施設 柳泉園グランドパークを運営している。 小平・村山・大和衛生組合 - 小平市、東大和市、東村山市の3市で、小平市にある清掃工場を運営している。 西多摩衛生組合 - 青梅市、福生市、羽村市、瑞穂町の3市1町で、羽村市にある 環境センター、および体育館等併設の余熱利用浴場施設 フレッシュランド西多摩を運営している。 西秋川衛生組合 - あきる野市、日の出町、檜原村の1市1町1村で、あきる野市にある 高尾清掃センターと、 御前石最終処分場および 第2御前石最終処分場を運営している。 奥多摩町は2011年(平成23年)10月3日に加入したが、奥多摩町のごみの搬入時期は、現在建設中の新炉(熱回収施設)の試験運転開始日(2013年(平成25年)12月予定)以降となる予定。 湖南衛生組合 - 武蔵野市、小金井市、小平市、東大和市、武蔵村山市の5市で、武蔵村山市にあるし尿処理場および 菖蒲園を運営している。 秋川衛生組合 - あきる野市、日の出町、奥多摩町、檜原村の1市2町1村で、あきる野市にあるし尿処理場 玉美園を運営している。 多摩川衛生組合 - 稲城市、狛江市、国立市、府中市の4市で、稲城市にある クリーンセンター多摩川を運営している。 二枚橋衛生組合の解散により府中市が加入。 ふじみ衛生組合 - 調布市、三鷹市の2市で、調布市にある不燃ゴミ処理施設 リサイクルセンターを運営している。 二枚橋衛生組合の解散により設置。 (廃止) - 調布市、府中市、小金井市の3市で、調布市野水2-1-1に焼却施設 二枚橋焼却場を運営していた。 1957年2月に設立、2010年3月に解散。 ゴミ処理場建て替えをめぐって「」が起こり、建て替えが頓挫して解散した。 浅川清流環境組合(処理場建設中) - 、、小金井市(2015年設立)• 現在稼働中の日野市の施設「日野市クリーンセンター 」(日野市石田1丁目210番地の2)の敷地内に建て替えの形で、3市合同の可燃ごみ処理施設を建設し、2020年(令和2年)度をめどに稼動予定。 ふじみ衛生組合の設置前は、三鷹市は武蔵野市と2市で「武蔵野三鷹地区保健衛生組合」で可燃ゴミ共同処理を行っていたが、2003年3月に解散している。 その他 [ ]• 昭和病院組合 - 小金井市、小平市、東村山市、東久留米市、清瀬市、東大和市、武蔵村山市、西東京市の8市で、小平市内に を運営している。 福生病院組合 - 福生市、羽村市、瑞穂町の2市1町で、福生市内に を運営している。 (2001年(平成13年)、東京都国民健康保険団体連合会から経営移管)• 阿伎留病院組合 - あきる野市、日の出町、檜原村の1市1町1村で、あきる野市内に を運営している。 多摩六都科学館組合 - 小平市、東村山市、清瀬市、東久留米市、西東京市の5市で、西東京市にある を運営している。 羽村・瑞穂地区学校給食組合- 羽村市、瑞穂町の1市1町で、羽村市内にある二つの学校給食センターを運営している。 瑞穂斎場組合 - 福生市、羽村市、武蔵村山市、瑞穂町、埼玉県入間市の4市1町で、瑞穂町内に を運営している。 南多摩斎場組合- 八王子市、町田市、多摩市、稲城市、日野市の5市で、町田市内に を運営している。 秋川流域斎場組合- あきる野市、日の出町、檜原村の1市1町1村で、日の出町内に を運営している。 立川・昭島・国立聖苑組合- 立川、昭島、国立の3市で、立川市内に火葬場 を運営している。 青梅・羽村地区工業用水道企業団- 青梅市、羽村市の2市で、羽村市内にある配水所を運営している。 観光 [ ] を参照。 交通 [ ] 主要幹線鉄道は、明治から初期にかけて完成している。 (明治22年)開通。 立川駅 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -• (明治27年)開通。 - - -... () - - - - 八王子駅• (明治41年)開通。 拝島駅 - - - - - -• (大正14年)開通。 - - - - - - - - - - 立川駅• 1927年(昭和2年)開通。 八王子駅 - - - 拝島駅 - - -• (昭和6年)開通。 本線 : - 府中本町駅 - - 西国分寺駅 - - -• 国立支線 : 新小平駅 - 国立駅• (昭和53年)全線開通。 (京王)• - - - - - - - - - - - - - 分倍河原駅 - - - - - - - - -• 調布駅 - - (:) - - - (:川崎市) - - - - - - (:相模原市) (全線)• 東府中駅 - (全線)• 高幡不動駅 - (全線)• 北野駅 - - - - - 高尾駅 -• - - - 吉祥寺駅• (大正2年)開通。 (大正14年)開通。 (小田急)• - - -... (川崎市) - - - 町田駅 -• - - -• (昭和2年)開通。 (東急)• - - - - (西武)• - - - - - -• - - - - - - - - (全線)• 小平駅 - - - - - - - 拝島駅 (全線)• 国分寺駅 - - - 萩山駅 - - - (全線)• 国分寺駅 - - - 小川駅 - 東村山駅 (全線)• 東村山駅 - (全線)• 武蔵境駅 - - - - -• 西武遊園地駅 -• (明治27年)開通。 (大正4年)開通。 (昭和3年)開通。 (全線)• - - 玉川上水駅 - - - - - - - - - - 高幡不動駅 - - 多摩動物公園駅 - - - -• (平成10年)開業。 バス [ ] 多摩地域内のバス営業所のみ記載。 グループ に本社と営業所、、、、、に営業所• () に本社と営業所、、、に営業所・車庫• グループ() に本社と営業所、に営業所• に本社、、、に営業所• 、、、に営業所・車庫• に営業所• に支所を設置、同市を中心にまで路線を運行• グループ() 、(営業所名は"多摩")に営業所• に本社と営業所 コミュニティバス [ ] 多摩地域は都心のとして開発が進んだ一方、急激な宅地化と人口増加に見合った交通網の整備が遅れたため交通不便地域が多く、早くからが発達した地域でもあった。 から各地でコミュニティバスの運行が開始され、最も早期のものは(昭和55年)に開業したで 、次いでにが開業した。 に入ると、に武蔵野市でが開業し 、成功を収めて全国にコミュニティバスが広まる契機となった。 には合併前の保谷市でが開業している。 また府中市のように市がにを購入しバス事業者に寄贈した上で路線開設を求め、それが後にコミュニティバス(現:)へ発展した例もある。 1990年代後半からにかけては相次いで、多摩地域の各地でコミュニティバス路線が開設された。 多くの自治体で、誰でも利用できる有償のコミュニティバス()、または住民限定で運賃無料のの運行を行っている。 では一般路線バスのとして、定時便のほかに予約がある場合のみ運行する予約便を運行している。 コミュニティバス(誰でも利用できる有償の乗合バス)を運行している自治体 、、、、、町田市(、、)、、、、、、、、、、、、、、、、、、() コミュニティバス(自治体住民限定の無料福祉バス)のみ運行している自治体 - 乗合コミュニティバス「」を廃止して町民専用に転換 福生市 、瑞穂町 - 市民・町民専用の無料福祉バスのみ運行 コミュニティバスを運行していない自治体(計画中を含む) 東久留米市 、青梅市 、奥多摩町• 東久留米市ではデマンドバスの運行計画がある。 青梅市ではコミュニティバスを運行していない理由として、の赤字補填のためを支出していることを挙げている。 奥多摩町内の一部には、隣接するのが乗り入れている。 道路 [ ]• (圏央道)• 空路 [ ]• がと各島と定期便を運用している。 ゆかりの作品など [ ] 多摩地域を舞台にした文芸作品には、著名なものとしてはの『』やの『』などがある。 戦前に吉祥寺に在住していたには、『』()、『』(の面影が残る町)、『』()、『』()、『』()など多数の作品がある。 他の作家の近年の作品としては、を舞台にした『』、の『』、の受賞作でが舞台の『』、のを舞台にした『』、のを舞台にした『』などがある。 また漫画作品では、の『』、の『』『』、の『』、福生市の『』などがある。 やと並ぶの地盤ともなっており、がに、がに、がに、がに本社を置いているなど大小スタジオが多数ある。 スタジオジブリのアニメ作品にはを舞台にした『』『』(アニメ映画版)がある。 音楽では、は「多摩 TaMa 」が語源であり(も参照)、メンバーのは府中市、とは立川市と、全員が多摩地域の出身である。 脚注 [ ] []• [ ]• 八王子市公式サイト• 小金井市公式サイト• 小金井市公式サイト• 西東京市公式サイト• 小金井市が市歌制定にあたり調査した多摩地域の市歌一覧。 2013年4月15日. 2018年11月22日閲覧。 福生市公式サイト• 瑞穂町公式サイト• 東久留米市公式サイト、2019年2月28日更新、2019年9月23日閲覧。 青梅市公式サイト、2018年4月1日更新、2019年9月23日閲覧。 小菅村公式サイト、2018年3月15日、2019年9月23日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

多摩郡

多摩 っ ぷ

表記 [ ] 異字表記として 多磨があり、現在では(旧)としてのみ使われる。 これは、旧多磨村発足時、多くの住民が多 摩村を希望したが、既に南多摩郡多 摩村(現 )があったため多 磨村にしたといわれる。 また、の「玉」も同源である。 語源 [ ] 『』に「太婆」の注釈が記されていること、の上流部(現在はで分断されている)にをとする丹波川(たばがわ)があることなどから、古くはタバであったとする説がある。 また、『』にある多氷が、多末ので、多摩のことだともいう。 これらの説はの『』で言及された。 タマ(あるいはタバ)自体のははっきりせず、• タマ(リ)。 水が多く溜まる地の意味。 を意味する「タワ」、あるいはでその古形とされる「ダバ」。 から流れる川の意。 川(かわ)の語源が訛った説もあり、(、古くは、)まで生産地として、より流通していた説もある。 など諸説がある。 なお一説に(有力な説ではない)、(さいたま、古くは、さきたま)は、多摩の先(さき)にあるからサキタマだという。 また、に見られる「」との関連を言及されることもある。 多摩を冠する地名 [ ] 地形 [ ]• () 行政区画 [ ]• (多摩地区)• (令制国の武蔵国多摩郡)• (と合併し消滅)• (消滅)• (消滅)• - 旧南多摩郡多摩町• - 中心部の稲田がかつて多摩郡内だった。 その他 [ ]• ナンバープレート [ ] 東京都・・・・・・・・・・・・・・・・・・・に所在するのに、記号として「多摩」と表記される。 東京都国立市に所在する「」を示す。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の