嫌われる 女性 言動。 こんな女子は嫌われる!嫌われ女子の特徴と言動とは | 女性の美学

嫌われる女子の特徴やタイプ!女性に嫌われる女性って?

嫌われる 女性 言動

悪口ばかり言う 悪口は聞いていて良いものではありまえんよね。 そもそもひとのことを悪く言うのは気分が悪いだけでなく、相手と恋愛が絡んでくる場合にはなおさら悪影響を及ぼす恐れがあるため言わないほうがいいでしょう。 「気を許してくれているのかな?」と前向きに考える男性もいると思いますし、実際そうなのかもしれませんが大半は 「なんだよいきなり・・・」「感じわりーな」って思ってしまうようです。 また「話に興味がない」「話がつまらない」と言っちゃうのはかわいそうだから遠回しに話題を変えるという女性も多いようですが男性からするとただ失礼なだけなので、そのやり方は控えた方がいいでしょう。 それ以前に突然なんの前触れもなく話題を変えるのは不自然なので男性によっては「こいつ大丈夫か?」って思われることもあるかもしれません。 それは女性としても心外だと思いますので気をつけましょう。 心がこもっていない会話 一見、感じの良い話し方や雰囲気を出してはいるものの上辺だけの会話だと男性によってはすぐに見抜かれてしまいます。 こういう女性は、例えば相手のことを褒めたとしても心がこもっていなければ相手にはもちろん響きません。 何も考えていない相手だと喜ぶのかもしれませんが誰に対しても誠意を持った言動をすることで徐々に信頼を得ることができますよ。 適当すぎる会話 会話していて「コイツほんとテキトーだな」って感じたことはありませんか? 内容が薄くて受け答えも漠然としていると、とてもじゃないですが会話を続ける気にもなれません。 「オレのことなんかどーでもいい存在なんだろうな」と思われても仕方がありませんので、もしそうでないのだとしたらちゃんと答えるようにしてあげてください。 Renの友人でも、せっかく両想いだったのに片方が適当なことしか言わなかったがために今ひとつ信用されず付き合えなかったことが何度かありました。 ・・・もったいない 笑 否定から入る 否定から入るひとは 「いや・・・」「でも・・・」「それは違くて・・・」のような出だしから会話が始まります 笑 これはかなり嫌われるようですよ。 またいろいろ話したいのに早い段階で 「ムリ!」「ありえない」と言われるのもイラっときますね。 こういうひとは正直に言っているだけと思い込んでいるだけで実際は否定するのがクセ付いている可能性が高いです。 個人的には極力話さないように避けますね 笑 めんどくさすぎ! 必ず自虐ネタを挟む たぶん、自分のハードルを下げるためか「そんなことないよ」って言って欲しいからだと思うのですが 言い過ぎは禁物ですよ! 自虐ネタはたまに言うからいいのであって、毎回言われると相手もどうしていいかわからなくなって困らせることになります。 ぜひ減らしていきましょう。 愚痴が多い 不平不満を言ったところで何かが変わるわけではありません。 それを聞かされる相手も大変です。 あまりにも言いすぎると相手もうんざりして離れていくかもしれません。 何もいいことはありませんので言わないことをおすすめします。 かまってちゃん こどものような甘えん坊さんに多いのかな 笑 程よいかまってちゃんなら大歓迎ですが度が過ぎると面倒なだけです。 「さみしいよぉ」「わたしのこと好き?」のようなものも頻繁にくると正直疲れます。 少しずつエスカレートしてきて「もうわたしなんて・・・」「この世から消えてしまいたい」的なことを言い出すといよいよ注意が必要です。 もちろん相手は心配してくれますがいつまでもというわけにはいきません。 相手が心配してくれているうちに改めるべきですね。 隠れ薄情な性格 一見言葉ではふつうなのですが実は自分優先でしか物事を見ることができず相手に感謝することもなく、いつも助けられているのに逆に相手が困っていても無視をする。 こういった損得勘定でしか動かない恩を仇で返すような最低な女性は言うまでもなく嫌われます。 たまに女性同士でも上記のように恩を仇で返されてトラブっているひとを見掛けますがほんとびっくりしますよね。 Renはそういう女性とわかった瞬間に即離れますし、いちばん嫌いなパターンですね。 皆さんも気をつけてくださいね。 自慢話を遮る 男性って自慢話をしたい生き物ですし、それをちゃんと聞いてくれると嬉しいものです。 基本自ら話すことはしないRenですら、たまには自慢話を聞いてほしい時があるくらいです。 それなのに話の途中で平気で遮ってきてそのまま終わらせたり、話題を変える女性は高確率で嫌われます。 最後まで話させてやれよって思うことが今まで何度もありました 笑 仮に相手にとってめちゃくちゃタイプの女性であったとしても、これを何度もやられると一気に冷めます 笑 一緒にいても楽しくありませんからね。 自慢話くらい聞いてあげられる度量は持ち合わせておくといいですよ。 まとめ 皆さんはいくつ当てはまったでしょうか 笑 ? 男性は基本的に加点方式タイプなので上記のようなことに心当たりがあったとしても、カンタンに嫌われることはまずないでしょう。 しかし度が過ぎるようであれば話は変わってきますので少しずつでも改善することをおすすめします。

次の

年下男性に好かれる女性の5つの特徴!嫌われる言動も紹介!|アラサー女子の恋愛人生

嫌われる 女性 言動

【特徴・方法】• 人のものを欲しがる 「となりの芝生は青い」という表現がありますが、 人間には多かれ少なかれ、人のものが良く見えるという心理があるものです。 その心理が人一倍強く、とにかく人のものが良く見えてしょうがないというのが、 あさましい人の心理的特徴と言っていいでしょう。 例えば、友だちがブランドのバッグを持っていたり、時計をしているのを見ると、 「それ、いいね」とほめ、「くれない? 」とねだります。 ふつうの人は「欲しい」と思ったら、自分で買おうをするものですが、 自分で買わずに人からもらい受けようとするのが、あさましい人です。 「もの」ばかりではありません。 「人」についても同様です。 いわゆる「略奪愛」が、まさにその好例。 人の彼氏や彼女、パートナーを自分のものにしようとするあさましさが、 略奪愛に走らせると考えていいでしょう。 物欲が強く、セールが大好き あさましい人には、物欲が強いという特徴もあります。 前項にも通じる心理ですが、とにかく「自分のものにしたい」という気持ちを 強く持っているため、セールなどに飛びつくのです。 また、視野が狭く、目先のことしか考えませんから、「これは、お得」と思うと、後先考えずに購入してしまいます。 そのため、必要のないものまで買ってしまい、結果として損をすることも少なくありません。 しかし、あさましい人はとにかくその場で得をしたと思えればそれで満足しますので、 無駄な買い物を繰り返してしまいます。 そこには「セール品は買わないと損」という心理が働いていると考えていいでしょう。 食事では、ブッフェスタイルを好みますが、そのテーマは「元を取った上に、どれだけ儲けられるか」ということです。 ですから、とにかく値段の張るものをチョイスしようとします。 頭の中で「これはいくらぐらい」と予想をし、「今、合計いくら食べた」と計算します。 自分の好き嫌いよりも、「単価」を優先しますから、食事そのものを楽しんでいるとは言えないでしょう。 食事以外でも、「詰め放題」などが好きで、血眼になって詰め込み、少しでも得をしようとします。 また、割り勘の飲食や、会費制のパーティなどでも同じように「元を取らなきゃ」と考え、 「いくら得をしたか」を計算するのが、あさましい人ということができるでしょう。 ミスは人のせい、手柄は自分のもの 仕事などのシーンでも、あさましい人ならではの特徴があります。 それは、ミスは人のせいにし、手柄は自分のものにしようとすること。 これも実は、すでに説明したのと同じ「損はしたくない。 得をしたい」という心理にものづく特徴と考えていいでしょう。 自分がミスをしたとき、それを認めてしまうと損になると、あさましい人は考えます。 ですから、損な役回りは人に押し付けてしまいます。 逆に手柄を自分のものにすれば、それは自分にとって得になるわけです。 そうした損得勘定で生きるのが、あさましい人のあさましい特徴です。 自分は合理的だと思っている 人から見れば、みっともない言動をするのがあさましい人ですが、本人はみっともないとは思っていません。 損得勘定で生きる自分は合理的な人間だという自負があります。 つまらない見栄を張ったり、ほしいものをガマンしたりするよりも、自分の欲求に正直に、 自分の得になる選択をした方が、ずっと賢明だというのが、あさましい人の考え方です。 つまり、自己評価が高いのが、あさましい人の特徴の一つと言っていいでしょう。 「あさましい」という言葉には、「外見がみすぼらしい」という意味もありますが、 ここではあくまで外見以外の特徴、言動や心理に関する特徴を説明してきました。 あなたの身近にも、こういう人がいるかもしれません。 あさましい人を知るための参考になさってください。

次の

なぜか“好きな人にばかりいつも嫌われる”女性の4大共通点(1/2)

嫌われる 女性 言動

ポイントではきちんと相手の目をみよう 相手があなたに話をしているとき、もしくはあなたが相手に話しかけているとき、あなたはどこを見ていますか? 誰しも、自分の話は聞いて欲しいもの。 目の前にいる相手が、話を聞かず違うことを考えているように見えたら、好感は持てませんよね。 「私の話に興味が無いのかな」と感じてしまうのは当然のこと。 そう思われないために、話をするときに最も注意をはらわなければならない仕草のひとつが、「目線」です。 言葉は、「話の内容」を伝えるもの。 アイコンタクトは「心」を伝えるもの。 両方そろって初めて「会話」が成り立ちます。 人は、受け止めてくれているという安心感を持てば持つほど、相手との距離は縮まっていくように感じます。 逆に、たとえ相手にそのつもりがなくても、拒絶されているように感じてしまう仕草を見ると、気持ちは冷め、相手と距離を置くようになってしまうのです。 視線が大切なのは分かっているけれど、相手の目を見るのが恥ずかしい……というシャイな方は、 話の「はじめ」と「おわり」、そして「話が盛り上がるポイント」には必ず目線を合わせることを意識してみてはいかがでしょう? 「目は口ほどにものを言う」ともいいますよね。 ちょっとした意識だけで、相手が受ける印象は違います。 次回、大切な人と話をするときは、相手としっかり目線を合わせることを忘れないで! 仕草その2:腕組み・足組みで「心のバリア」 腕組みは拒絶のサイン もしも、あなたの目の前にいる人が、話をしている最中に腕組みをしたら? 足を組んだとしたら? あなたはその仕草から何を感じますか? どちらの仕草をされても、どことなく相手との距離を感じてしまうのではないでしょうか。 人が腕組みをするときは、相手に対し、バリアを張る、つまり相手から自分を守るということを意味することが多い、と言われています。 また、足を組むときは、話題に飽きているときが多いとか。 どちらの場合も、自分に話しかけてくれている人に心が寄り添っていないあらわれです。 人は、話かけている相手の仕草から心のバリアを感じ、「受け入れてもらっていない」と感じたとき、次第に相手との距離を置くようになります。 互いに理解し合えない関係へとつながる可能性もあるのです。 良い関係を築きたい相手と話をするときは、腕組み・足組みには要注意です! 仕草その3:顔や髪を触る 一般的に、顔や髪を触るのは「自信がないとき」「嘘をつくとき」「少しためらいがあるとき」に多く見られる仕草だといわれています。 たとえば、あなたの目の前にいる相手が、会話中に頻繁に顔や髪をさわっているところを想像してみましょう、もしくは過去にそういう人がいたのであれば、思い返してみてください。 少し違和感がありませんか? どことなく落ち着きがなく、会話に集中していないような印象を受けますね。 その違和感が相手を少し遠ざけてしまうのです。 自信がないときには特に注意して、手は自然にテーブルの上、またはひざの上へ! これからは会話時の手の使い方にも注意を払いましょう。 「嫌われる仕草」をしても嫌われない方法とは? 嫌われてしまう3つの仕草を例に挙げましたが、思い当たることはありませんでしたか?「嫌われる仕草」について1つひとつお話をはじめたら、きりがないほどたくさん候補が挙がることでしょう。 なので、続いては、数ある「嫌われる仕草」をしないための、根本的な解決策をご紹介します。 その解決策とは……、「 話をしている相手に興味を持つこと」。 とてもシンプルですが、この気持ちを忘れなければ、たとえ1度や2度「嫌われる仕草」をしたとしても、相手から悪く思われることはありません。 なぜならば、あなたが相手の話を聞きたいと本当に思っているのなら、その想いは自然とあなたの仕草に現れ、「嫌われる仕草」をカバーできるほどの、プラスの印象を相手に与えることができるからです。 たとえば、あなたの周りには、「苦手だな」「この人あまり好きじゃないな」と思う人はいませんか? もしもそのような人がいれば、その人と話をするときは、あなたから、相手に心を開いて興味を持ち、明るく振舞ってみましょう。 そうすることで、苦手な相手との心の距離が縮まり、相手のことを理解しようと思えば思うほど、自然と相手もあなたのことを理解しようと思ってくれるようになるのです。 周りの人に変わってもらうためには、相手に期待せず、まずは自分の心を変えること。 そうすればきっと、あなたの心が相手に伝わるときがきます。 「 仕草とは、心のあらわれ」です。 何をする時でも、しっかりと気持ちを相手へ向けること。 まずはそこからはじめてみませんか?.

次の