おすすめ 作り置き。 作り置きや冷凍まで!自炊のコツとおすすめ食品&一人暮らしの食費事情 【www.lojadassabrinas.comI】

【作り置き】管理栄養士も推薦!作り置きのメリットとおすすめレシピ3選

おすすめ 作り置き

仕事や行事で忙しい時、おかずをあと一品追加したい時…。 ひとつ常備菜が冷蔵庫にあるだけで違いますよね。 今回は編集部おすすめの『アスパラ』を使った常備菜をご紹介します。 週に1度の作り置きで、平日がグッと楽になるはずですよ。 冷凍パイシートで簡単!ご馳走キッシュ『アスパラベーコンと卵サラダのキッシュ』 カフェメニューの定番にもなるキッシュは、おうちで手作りすると格別な美味しさです。 卵サラダと肉巻きアスパラでボリューム満点のレシピをご紹介です。 朝食におすすめです。 食卓の彩りや名脇役として人気の野菜ですが、たまには主役になるひと品でいただきましょ。 チーズの香りが食欲そそる暖かいサラダをご紹介です。 材料とレシピは 春の食材『アスパラガスをつかった作り置きおかず』 お弁当にも映える、アスパラ。 お弁当にもぴったりで、アレンジもきくおかずに仕立てました。 つくねと合わせたアレンジレシピは、子どもも喜びそうなボリュームレシピ。 にんにくの風味に、食欲がそそられます。 お酒のお供にもいかがでしょうか? 材料とレシピは 混ぜるだけで見た目もかわいいディップに『アスパラの食感がアクセントなアボガドディップ』 グリーンの見た目も可愛いディップ。 シャキシャキとした食感が楽しくて、おもてなしやピクニックにもぴったりですよ。 ドレッシングも良く馴染み、美味しくいただけますよ。 いろんな野菜でお試ししてみては? 材料とレシピは 5月のお献立、その3。 ふんわりシャキッ『アスパラと卵・キクラゲのオイスターソース炒め』 茹でて、マヨネーズにつけるだけでも美味しいアスパラですが、ふんわり卵と中華炒めにしても相性抜群。 キクラゲの食感がいいアクセントになって、どんどん箸が進んじゃいそう。 さっと作れておつまみにもおすすめです。 お弁当にも、普段のおかずにも、晩酌のお供にもぴったりですよ。 『アスパラとスナップエンドウのチーズマリネ』 どちらも食感が楽しい、アスパラとスナップエンドウ。 美しいグリーンにチーズをまとわせて、美味しいひと品に仕立てましょう。 さっと作れてあとひく美味しさ。 今晩のおかずにいかがでしょ? 材料とレシピは 優しい味わいが染み渡る『新玉ねぎとアスパラのとろみ煮』 新玉ねぎの甘みとくず粉のとろみが良く合う、ほっとするようなひと皿。 アスパラのグリーンが食卓に映えます。 塩麹の旨みが、ちょっとお疲れ気味の身体を優しく労わってくれそう。 材料とレシピは 仕事でつかれた日の夜に。 簡単ビールのおつまみ『緑の夏野菜ナムル』 栄養豊富な夏野菜をたっぷり使った、ナムル。 蒸し暑い日にささっと作って、ビールと一緒に美味しくいただきませんか? 材料とレシピは 記事/ケノコト編集部 その他のおすすめ記事.

次の

一人暮らしのおすすめ自炊料理は?作り置き可能な簡単レシピ31選!

おすすめ 作り置き

キャベツの歴史が知りた〜い!! 普段の食生活で食べる機会の多い 「キャベツ」。 意外と知らないことが多いですよね。 一つ一つキャベツの秘密を暴いていきましょう!! キャベツはどこからきたの? 原産国については様々な説がありますが、 ギリシャや ヨーロッパだと言われています。 明確な原産地が不明な理由は、歴史があまりも古いことと、元々が自然に生えている野生種だったことが挙げられます。 この野生種は 「ケール」と呼ばれ、現在のキャベツのような球状ではなく、 1枚の葉でできたものでした。 今のような球状になったのは 約1000年前です。 栽培が始まった当初、甘く煮て デザートとして食べたり、古代エジプトでは 薬用とされていました。 しかも野菜ではなくて「デザート」として食べていたなんて! 日本に来たのはいつ? 日本に伝来したのは800年前のことで、当時は 「観賞用」としてキャベツを輸入していました。 「観賞用のキャベツ」とはいわゆる 「葉牡丹(ハボタン)」のことを指します。 今現在のようなキャベツが来たのは江戸時代からで、本格的に キャベツの栽培が始まったのは明治時代。 欧米の品種が輸入されるようになったことをきっかけに、現在の横浜や函館のあたりから栽培され始めました。 そして、明治時代中頃、とある洋食店が、 「ポークカツレツ」にキャベツの千切りを添えて料理を出したところ、大好評となり、キャベツの存在が知れ渡ったとのこと。 今やとんかつの相棒ともなるキャベツの千切りの始まりが「ポークカツレツ」だったのね! 「キャベツ」の名前の語源は? 英語の「cabbage(キャベッジ)」に由来します。 当初、キャベツは「頭」を意味するラテン語で「caput(カプート)」と呼ばれていました。 それがフランスのピカール地方の方言で「頭でっかち」を意味する「caboche」に変化。 英語に入った時は「cabache」と変化し、最終的に「cabbage」になりました。 引用: 日本では最初 「葉牡丹(ハボタン)」 「甘藍(カンラン)」 「玉菜(タマナ)」などと和名で呼ばれていました。 カタカナ表記が定着しつつある1886年には 「キャベツ捲」、1901年は 「キャベツ菜」と変化して行き、1907年にようやく 「キャベツ」という呼び名が定まりました。 大きさや味が違うのかな? テレビなどでよく聞こえてくる「春キャベツ」「冬キャベツ」。 一体これらにはどんな違いがあるのでしょうか? 春キャベツ 店頭に並ぶのは 4~6月頃です。 「新キャベツ」や 「春玉」として売り出しているところもあります。 特徴としては、 球の中心に近い葉も緑色で、巻きがゆるやかです。 葉が柔らかく、みずみずしいため、サラダなどの生食向きです。 もっともおいしくなる 旬の時期は5月頃です。 冬キャベツ 11~3月にかけて店頭に並びます。 その中でも 「寒玉」と呼ばれるものは、 甘みがあり、加熱すると更に甘みは強くなるのが特徴です。 葉が堅くて煮くずれしにくいので、ロールキャベツなどの煮物向きです。 寒さが厳しくなる 2月頃が旬となります。 夏秋キャベツ 7~10月に店頭に並べられるキャベツで、 葉が柔らかいのが特徴。 また、夏と秋でも特徴が異なり、 夏はふんわりと葉が巻かれ、秋はしっかりと葉が巻かれています。 ちなみに、北海道や長野県などの高冷涼地でつくられるものは、 「高原キャベツ」とも呼ばれます。 ゔっ・・・知らない・・・ こんなにスーパーでよく見るキャベツなのにどんな栄養素が入っているか意外と知らないですよね。 ビタミンCは 「アスコルビン酸」ともいわれ、コラーゲンの生成を助け、 骨や腱などを丈夫にするために欠かせない栄養素となっています。 また、ビタミンCは抗酸化作用が強く、 がんや動脈硬化の予防や老化防止の効果も期待されています。 もちろん、 風邪の予防にもなり、免疫力が高まるため、日頃から多く摂取してほしい栄養素の一つです。 ビタミンK キャベツは野菜の中でトップクラスのビタミンK含有量です。 血液を凝固させる作用を持つ成分を作る栄養素で、ビタミンKを日頃から摂取していれば、怪我をして出血した場合でもすぐに血は止まります。 また、 丈夫な骨作りにも大切な役割を持ち、カルシウムを骨に沈着させ、骨の形成を促す効果があります。 ビタミンKも丈夫な体づくりに必要不可欠の栄養素となります。 ビタミンU(キャベジン) ビタミンUは、キャベツから発見された栄養素であるため、 「キャベジン」とも呼ばれています。 ビタミンUには 胃の粘膜を保護・修復する作用や、 胃酸を調節する働きがあります。 胃潰瘍や十二指腸潰瘍、ガン、動脈硬化の予防をしたい人にはオススメです。 また、脂っぽいものを食べる時にあわせて摂取すると、胃の粘膜保護に最適です。 カルシウム 骨や歯を作る栄養素です。 特に今回のテーマであるキャベツにはビタミンCやビタミンKをあわせて取り入れることができるため、効率良く、骨を丈夫にする働きが見込めます。 また、 カルシウムには精神を安定させる作用も備えているため、 イライラや苛立ちを抑える効果があります。 キャベツの中でカルシウムが多く含まれている部位は 外側の葉と芯の近くだと言われています。 骨を丈夫にする働きがある栄養素が入っていたのね!加齢に伴って骨も弱くなってくるし、たくさん今のうちに食べなきゃ!! キャベツの正しい保存方法は? キャベツを長く保存するための方法、皆さんご存知ですか? 少し手を加えるだけで、キャベツは長持ちします。 そこに湿らせたペーパータオルなどを詰め、ビニール袋に入れて冷蔵庫へ。 芯から水分が補給され、ある程度みずみずしさを持続できます。 ポイントは細菌の繁殖を防ぐためにペーパータオルは2~3日で取り替えることが大切です。 この状態で冷蔵庫の中に保存してもキャベツは成長しつづけるので、なるべく早く食べきりましょう。 引用:.

次の

ママ管理栄養士おすすめ作り置きそぼろ!15分で作れるアレンジレシピ3選

おすすめ 作り置き

夏は作り置ける期間が短めになる• 作り置き料理に時間がかかる• 献立がマンネリになる• 残ってしまうことがある• いつの間にかなくなっている 夏は冷蔵庫に入れておいてもあまり日持ちがしないので、 作り置き料理を作る頻度が増えて大変になります。 しかも量があるので、 暑いときに火を使う料理を作るとなると結構な負担です。 作り置きできる料理の種類も限りがあるので、 献立を考えるのに悩まされますね。 計画的に食べているつもりでも、いつのまにか無くなっていたり残ったりして困ることがあります。 何事にもメリット・デメリットはあります。 自分の生活環境など考えながら、 作り置きをしてできるだけ楽をしてくださいね。 いろんな食材を冷凍するたびにネットで調べるのも大変だから、キッチンに一冊あると便利だよ。 無理しない頑張らない 出産は、事故に遭った衝撃と同じくらいと言われています。 事故に遭ったら入院して、退院してもしばらくは安静ですよね。 まだまだ、妊娠は病気じゃないと言う人もいますが、そんな事はありません。 世の中のママたちは、 適度に力を抜いて頑張り過ぎないように心がけています。 既製品でも冷凍食品でも、ちゃんと何が入っているかを確かめた上で利用するなら、健康にも良いものが一杯ありますよ。 手作りの作り置きをするのは素晴らしいですが、できる範囲で無理はせず赤ちゃんとの時間を大切にしましょう。 ちょっと育児に疲れてきたらこちらの記事を読んでくださいね。 もう一度だけ! ——— まとめ• 産後作り置きのメニューは、栄養も摂れるものがおすすめ• 作り置きのメリット・デメリットを把握しておく• 産後の食事準備を乗り切るには、宅配サービスや冷凍庫を利用する• 何をするにも無理をしないで頑張らない 産後といっても毎日生活をしていかないといけないので、しっかりと休むことができません。 作り置きをすることで、少しだけ食事の心配をなくすことができます。 もちろん、体力的にも楽になりますが「食事を作らなきゃ!」という負担から解放されますね。 ママが無理をして頑張りすぎた結果、体調を崩してしまったら育児もままならなくなります。 それは赤ちゃんにとってイイコトとは言えませんね。 くれぐれも無理はしないでください。 また、産後に無理をすると更年期がひどくなるとも言われています。 若いうちは体力があって乗り切れますが歳を重ねると、そうもいかなくなります。 将来のことも考えて、気持ちに余裕をもって産後の毎日を過ごしましょう。

次の