ほ しゅ そく。 主(しゅ)とは

主(しゅ)とは

ほ しゅ そく

季節 [ ] (のぎ 、植物の果実を包む(えい)すなわち稲でいう籾殻にあるとげのような突起)を持った植物の種をまくころ。 『』には「芒(のぎ)ある穀類、稼種する時なり」と記されている。 実際には、現在の種まきはこれよりも早い。 では入りのころ。 では小満から芒種が梅雨の時期に当たり、梅雨のことをで「小満芒種(すーまんぼーすー)」と言う。 日付 [ ] による芒種の瞬間()と、・での 芒種日の日付は表のとおり。 日本における時刻はこの表の9時間後となる。 年 日時 UT 日本 中国 6月6日03:50 6月6日 6月6日 6月6日09:36 6月6日 6月6日 6月5日15:19 6月6日 6月5日 6月5日21:12 6月6日 6月6日 6月6日02:52 6月6日 6月6日 6月6日08:29 6月6日 6月6日 6月5日14:22 6月5日 6月5日 6月5日20:07 6月6日 6月6日 6月6日01:52 6月6日 6月6日 6月6日07:42 6月6日 6月6日 6月5日13:31 6月5日 6月5日 6月5日19:32 6月6日 6月6日 6月6日01:23 6月6日 6月6日 6月6日07:05 6月6日 6月6日 6月5日13:04 6月5日 6月5日 6月5日18:53 6月6日 6月6日 6月6日00:36 6月6日 6月6日 6月6日06:26 6月6日 6月6日 6月5日12:09 6月5日 6月5日 6月5日18:00 6月6日 6月6日 6月5日23:44 6月6日 6月6日 6月6日05:19 6月6日 6月6日 6月5日11:15 6月5日 6月5日 6月5日17:05 6月6日 6月6日 6月5日22:46 6月6日 6月6日 6月6日04:38 6月6日 6月6日 6月5日10:22 6月5日 6月5日 6月5日16:15 6月6日 6月6日 6月5日22:05 6月6日 6月6日 6月6日03:42 6月6日 6月6日 6月5日09:41 6月5日 6月5日 6月5日15:33 6月6日 6月5日 6月5日21:13 6月6日 6月6日 6月6日03:09 6月6日 6月6日 6月5日08:59 6月5日 6月5日 6月5日14:54 6月5日 6月5日 6月5日20:45 6月6日 6月6日 6月6日02:20 6月6日 6月6日 6月5日08:14 6月5日 6月5日 6月5日14:02 6月5日 6月5日 6月5日19:37 6月6日 6月6日 6月6日01:27 6月6日 6月6日 6月5日07:12 6月5日 6月5日 6月5日12:59 6月5日 6月5日 6月5日18:49 6月6日 6月6日 6月6日00:27 6月6日 6月6日 6月5日06:26 6月5日 6月5日 6月5日12:23 6月5日 6月5日 6月5日18:03 6月6日 6月6日 6月5日23:58 6月6日 6月6日 6月5日05:49 6月5日 6月5日 6月5日11:36 6月5日 6月5日 6月5日17:29 6月6日 6月6日 6月5日23:06 6月6日 6月6日 6月5日04:58 6月5日 6月5日 6月5日10:52 6月5日 6月5日 6月5日16:26 6月6日 6月6日 6月5日22:18 6月6日 6月6日 6月5日04:10 6月5日 6月5日 6月5日09:56 6月5日 6月5日 6月5日15:48 6月6日 6月5日 6月5日21:25 6月6日 6月6日 6月5日03:15 6月5日 6月5日 6月5日09:09 6月5日 6月5日 6月5日14:43 6月5日 6月5日 6月5日20:34 6月6日 6月6日 6月5日02:27 6月5日 6月5日 6月5日08:12 6月5日 6月5日 6月5日14:05 6月5日 6月5日 6月5日19:49 6月6日 6月6日 6月5日01:46 6月5日 6月5日 6月5日07:45 6月5日 6月5日 6月5日13:24 6月5日 6月5日 6月5日19:14 6月6日 6月6日 6月5日01:07 6月5日 6月5日 6月5日06:48 6月5日 6月5日 6月5日12:37 6月5日 6月5日 6月5日18:17 6月6日 6月6日 6月5日00:02 6月5日 6月5日 6月5日05:55 6月5日 6月5日 6月5日11:31 6月5日 6月5日 6月5日17:19 6月6日 6月6日 6月4日23:17 6月5日 6月5日 6月5日05:02 6月5日 6月5日 6月5日10:53 6月5日 6月5日 6月5日16:39 6月6日 6月6日 6月4日22:28 6月5日 6月5日 6月5日04:26 6月5日 6月5日 6月5日10:06 6月5日 6月5日 6月5日15:54 6月6日 6月5日 6月4日21:51 6月5日 6月5日 6月5日03:35 6月5日 6月5日 6月5日09:23 6月5日 6月5日 6月5日15:11 6月6日 6月5日 6月4日21:00 6月5日 6月5日 による17世紀から24世紀までの日本の芒種は表のとおり。 の芒種は。 ] 365日からの超過分が毎年蓄積し、 4年に一度でリセットされる様子が分かる(芒種はの挿入される2月末日より後のため、 4で割り切れる年が先頭)。 殆どが、のいずれか。 まではもあった。 稀にになることも(、)。 年 年を4で割った余り 確定困難な(日を跨ぐ)年 0 1 2 3 真夜中の前後10分 - 6日 6日 6日 6日 1608 5-6日 , - 5日 6日 6日 6日 1637 5-6日 , - 5日 5日 6日 6日 - 5日 5日 5日 6日 1670 5-6日 , - 5日 5日 5日 5日 1699 5-6日 , - 6日 6日 6日 6日 1728 5-6日 , - 5日 6日 6日 6日 - 5日 5日 6日 6日 - 5日 5日 5日 6日 1790 5-6日 , - 6日 6日 6日 7日 - 6日 6日 6日 6日 1819 6-7日 , - 5日 6日 6日 6日 - 5日 5日 6日 6日 - 6日 6日 7日 7日 - 6日 6日 6日 7日 1910 6-7日 , - 6日 6日 6日 6日 1939 6-7日 , - 5日 6日 6日 6日 - 5日 5日 6日 6日 2001 5-6日 , - 5日 5日 5日 6日 - 5日 5日 5日 5日 - 4日 5日 5日 5日 - 5日 6日 6日 6日 - 5日 5日 6日 6日 - 5日 5日 5日 6日 2150 5-6日 , 2179 5-6日 , - 5日 5日 5日 5日 - 6日 6日 6日 6日 - 5日 6日 6日 6日 - 5日 5日 6日 6日 2241 5-6日 , - 5日 5日 5日 6日 - 6日 6日 6日 6日 - 5日 6日 6日 6日 - 5日 5日 6日 6日 2390 5-6日 , - 5日 5日 5日 6日 七十二候 [ ] 芒種の期間のは以下の通り。 国立天文台 各年版より世界時換算(1984年 - 2016年)• 2009年版よりされているが、「分」の精度でほとんど違いはない。 現代のによるのため、過去の暦の記述とは必ずしも一致しない(代わりに分単位の精度がある)。 将来の見積もりについては(主にの不確かさから)日付が前後する恐れがある(10分の誤差を見込んだが、表の末尾では恐らく不足)。 JPL 2015年8月22日 Ver 3. NASA による と.

次の

主(しゅ)とは

ほ しゅ そく

20156• 833• 115• 149• 258• 287• 425• 162• 304• 113• 133• 349• 333• 288• 194• 139• 155• 122• 191• 129• 235• 116• 131• 223• 1448• 2872• 1073• 205• 150• 239• 4040• 382• 277• 136• 345• 2728• 113• 202• 145• 161• 136•

次の

「しゅ」の索引 2ページ目

ほ しゅ そく

顔がほてり、やのがを起こし、真っ赤になるように見える。 、の疾患とされている。 を伴うこともある。 原因 [ ] きっかけとなりやすいのは以下。 診断は発疹の典型的な外観に基づいて下され、特別な検査法はない。 最初に症状が現れたときの年齢(典型的には30~50歳)と、黒色面疱や白色面疱がみられないことが、との区別に役立つ。 は、酒さに適した医薬品の保険適応がないためやとして診断してや(局所カルシニューリン阻害剤)を処方し連用している最中に生じることがある。 治療 [ ]• 紫外線防御策:日焼け止め、帽子など。 きっかけを避ける:極端な暑さ・寒さ、紫外線、香辛料、アルコール、運動など。 ステロイドの使用は避ける。 軽症から中等症では、第一選択は(抗菌薬)や。 中等症から重症で最初の治療に反応がない場合、ドキシサイクリン(抗生物質)を追加。 は、日本では医薬品としては未承認の、小麦など穀類や酵母に含まれる成分で、抗菌、皮脂分泌抑制、抗炎症作用、角化異常の抑制作用があり商品名DRX AZAとして 、病院専用の化粧品に配合され販売されている。 2015年のレビューでは、 40 mg (抗生物質)が有効だという質の高い証拠がある。 低用量(ビタミンA誘導体、日本で未承認)はドキシサイクリン 50-100 mg よりもわずかに効果的であるという質の高い証拠がある。 45 mg (抗生物質)が 丘疹膿疱性酒さ に有効であるという質の低い証拠がある。 菌がを持つ場合には、丘疹膿疱性にイソトレチノインが使われる場合があり、その場合には催奇形性のため避妊が必要となる。 医療品質の()は1つのランダム化比較試験で、69名で1日2回ハチミツを塗布するか偽薬の塗布かに分かれ、偽薬に比して有効であった。 疫学 [ ]• 世界大百科事典 第2版『』 -• Oge', Herbert L. Muncie, Amanda R. Phillips-Savoy 2015-8. Am Fam Physician 92 3 : 187-196. Aust Prescr 1 : 20—24. 藤本亘「酒皶・酒皶様皮膚炎の薬物治療」『臨床皮膚科』第66巻第5号、2012年4月、 92-96頁、。 林伸和、古川福実、古村南夫 ほか「」『日本皮膚科学会雑誌』第127巻第6号、2017年、 1292-1293頁、 :、。 ロート製薬株式会社. 2018年12月20日閲覧。 van Zuuren EJ, Fedorowicz Z September 2015. 173 3 : 651-62. Khalil S, Bardawil T, Stephan C, et al. December 2017. J Dermatolog Treat 8 : 684—696. Braithwaite I, Hunt A, Riley J, et al. June 2015. BMJ Open 6 : e007651. Egeberg A, Hansen PR, Gislason GH, Thyssen JP. June 2016. 79 6 : 921-8. ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の