福岡 県 警察 学校。 訓練所一覧

福岡県警に採用予定です。福岡県警察学校では1ヶ月外出禁止、連絡禁止と聞い...

福岡 県 警察 学校

概要 [ ] は、と都道府県による公安委員会制度を定めて民主的運営と政治的中立性を確保し、と都道府県警察の役割分担により全国一律・画一的な調整機能と自律的・地方分権的警察運営の実現を目指している。 警察本部は、東京都では 、道府県では 道府県警察本部と呼称される。 警察本部の長は、警視庁においては 、道府県警察本部においては である。 警視総監及び道府県警察本部長は、それぞれ、都道府県公安委員会の管理に服し、都道府県警察の事務を統括し、並びに所属を指揮監督する。 警視総監は、国家公安委員会がの同意の上にの承認を得てする。 道府県警察本部長は、国家公安委員会が道府県公安委員会の同意を得て任免する。 日本の警察は、内閣総理大臣所轄の下に国家公安委員会が置かれ、その管理下に特別の機関として警察庁が置かれる。 国の組織であるは、警察制度の企画立案、国の公安に関する事案についての警察運営、警察活動の基盤である教養、通信、情報収集と分析、鑑識等に関する事務、警察行政に関する調整等を行う。 警察庁の長であるは、国家公安委員会の管理の下で警察庁の所掌事務につき都道府県警察を指揮監督する。 都道府県警察は幹部人事・運営の面でも警察庁の強い影響下に置かれ、警視総監及び道府県警察本部長を初めとする以上の階級にある幹部警察官は、国家公安委員会が任免権を有する一般職であるで、には任免権や懲戒権がない。 それ以外の都道府県警察職員は、 地方警察職員と呼ばれるであるが、都道府県知事に任免権や懲戒権がないことは地方警務官と同様である。 また運営面でも、広域や公安捜査、実施や全国交通取締り等の全国的警察活動は警察庁が全国に号令をかけて行われるのが通例であり、都道府県知事に指揮命令権はない。 都道府県警察組織は、組織、組織、府警察およびを包括する・・・・・・・・・・・の12指定県警察組織、指定県以外31県警察組織、の4類型に大別される。 道警察は管轄区域を5つの方面に分け、札幌方面を除く 各方面にが長の 指定県以外の警察組織に準じる 方面本部を置く。 道府警察及び指定県警察組織は、政令指定都市区域内にを置く。 都道府県警察には本部組織、、、などが置かれる。 本部組織は基準に従い各都道府県で定める。 必置部署として 、 、 、 、 の5部を置く。 人口や犯罪発生状況その他応需により、警務部所掌事務のいくつかを分掌する 、その他警らを所掌する 、対策を所掌する (警視庁)あるいは (福岡県警察)、を警備部から独立させて所掌する (警視庁のみ)が置かれる。 なお、警視庁および福岡県警察以外の警察本部では、刑事部麾下の「捜査第四課」「組織犯罪対策課」等が組織犯罪対策を管掌しているが、など大都市圏警察本部では刑事部に「組織犯罪対策局」など組織犯罪対策部署が部課中間組織として置かれることがある。 指定県以外の県警察組織は基本的な5部体制であるが、・・・・・・・の8県は地域部を置く6部体制である。 警視庁本部組織 [ ] 「」を参照 全国有数の大規模であり、本部長はである。 また、(平成30年)4月1日現在の警察職員の総数は、11,912人(うち警察官は10,634人)となっている。 本部組織 [ ]• - 広報課、総務課、、施設課、装備課、(琴似留置場)、警察相談課、情報管理課• - 警務課、厚生課、教養課、室、採用センター• - 生活安全企画課()、子供・女性安全対策課、、生活経済課、保安課、• - 地域企画課、、、、()• - 刑事企画課、、捜査第一課、捜査第二課、捜査第三課、鑑識課、、捜査支援分析課• - 組織犯罪対策課、捜査第四課、銃器薬物対策課(国際捜査室)• - 交通企画課、交通規制課(都市交通対策室)、交通指導課、交通安全教育課、交通捜査課、、、運転免許管理課、、、駐車対策センター、交通管制センター• - 、、、、災害対策官• - 本校と函館方面分校、旭川方面分校、釧路方面分校、北見方面分校• - 企画課が設置されている。 装備 [ ]• パトカー 1,330台• 白バイ 60台• 警備艇 8隻• ヘリコプター5機• だいせつ1()• だいせつ2()• だいせつ3(412EP)• ぎんれい1()• ぎんれい2()• 「」を参照• 補佐室• 取調べ監督業務推進室• 警務課• 企画室• 整備工場• 人財育成課• 県民課• 被害者支援室• 音楽隊• 指導監査室• 厚生課• 情報管理課• 照会センター• 生活安全企画課• 安全・安心まちづくり推進室• 地域実務指導室• 少年サポートセンター• 県南少年サポートセンター• 生活環境課• 刑事企画課• 捜査第一課• 捜査第二課• 鑑識課• 機動鑑識隊• 交通企画課• 交通規制課• 交通管制センター• 交通指導課• 自動車運転免許試験場• 災害対策室• 宮城県警察本部組織 [ ] 「」を参照 7部1局等。 大規模であり、本部長は。 [ ]• 総務課• 取り調べ監督室• 装備施設課• 情報管理課• 広報相談課• [ ]• 警務課• 教養課• 厚生課• [ ]• 生活安全企画課• 犯罪抑止対策係• 生活環境課• [ ]• 地域課• 機動警ら隊• [ ]• 刑事総務課• 捜査第一課• 捜査第二課• 捜査第三課• [ ]• 組織犯罪対策課• 暴力団対策課• 銃器薬物対策課 [ ]• 交通企画課• 交通規制課• 交通指導課• 暴走族対策係• 運転免許課• 運転教育課• 仙台東分駐隊• 石巻分駐隊• 古川分駐隊• 川崎分駐隊• 自動車運転免許試験場• (仙台市泉区市名坂字高倉65)• 石巻運転免許センター(東松島市赤井字南一134)• 古川運転免許センター(大崎市古川大宮3丁目4-30)• 仙南運転免許センター(柴田郡大河原町字南平3-1) [ ]• 災害対策室• 宮城県警察学校 [ ] 「」を参照 警務部 [ ]• 補佐室• 情報公開センター• 広報広聴課• 県民安全相談センター• 犯罪被害者対策室• 国際協力室• 教養課• 監査室• 厚生課• 情報管理課• 照会センター 生活安全部 [ ]• 生活安全企画課• 少年サポートセンター• 生活環境課 刑事部 [ ]• 刑事企画課• 国際捜査室• 捜査第一課• 捜査第二課• 交通部 [ ]• 交通企画課• 交通規制課• 交通管制センター• 交通指導課• センター• 警備部 [ ]• 第一課• 警備第二課• 警衛対策課• 秋田県警察学校 [ ] 「」を参照• 公安委員会補佐室• 取り調べ監督室• 広報相談課• 警察安全相談室• 監査室• 犯罪被害者対策室• 人材育成課• 厚生課• 情報管理課• 照会センター• 生活安全企画課• 対策室• 子ども・女性対策係• 山形方面隊• 酒田方面隊• 通信司令課• 少年サポートセンター• 生活環境課• 刑事企画課• 捜査第一課• 捜査第二課• 広域知能犯係 振り込め詐欺等の捜査を専門に担当• 機動鑑識隊• 中央方面隊• 庄内方面隊• 広域機動捜査班• 交通企画課• 交通規制課• 交通管制センター• 交通指導課• 交通反則通告センター• 交通運転免許課• 免許更新などを行う「」は天童市にある。 庄内分駐隊• 鶴岡分駐隊• 米沢分駐隊• 警備第一課• 警備第二課• 庄内分駐隊• 数は1945名(2009年度)。 福島県警察本部組織 [ ] 「」を参照• 総務監(総務部長相当職、警視)• 警務課• 企画室• 組織整備室• 補佐室• 広報室• 取調べ監督業務推進室• 県民サービス課• 被害者支援室• 情報センター• 情報管理課• 照会センター• 教養課• 厚生課• 会計監査室• 入札室• 施設物品管理室• 装備センター• 生活安全企画課• 安全・安心まちづくり推進室• 子どもの安全安心対策室• 県本部サポートセンター• 生活環境課• 地域企画課• 街頭活動強化推進室• 総合運用指令課• 郡山分駐隊• 会津若松分駐隊• 刑事総務課• 国際捜査室• 捜査支援室• 刑事指導室• 捜査第一課• 窃盗犯検挙推進室• 捜査第二課• 組織犯罪対策課• 銃器薬物対策室• 機動鑑識隊• 交通企画課• 交通安全対策室• 交通規制課• 本部管制センター• 交通指導課• 交通捜査指導室• センター• 国際テロリズム対策室• 災害対策課• 警備隊• 特別警ら隊• 福島県 茨城県警察本部組織 [ ] 茨城県警察の白バイ• 監察室・監察官• 補佐室• 警務課• 犯罪被害者対策室• 厚生課• 装備施設課• 教養課• 情報管理課• 県民安心センター• 人身安全対策統括官• 生活安全総務課• 安全・安心まちづくり推進室• 生活環境課• 人身安全対策課• 地域課• (百里170番地、百里基地内)• よって地域部鉄道警察隊ではなく地域部地域課鉄道警察隊である。 (水戸市元吉田町1012番1)• 本隊(水戸)• 牛久分駐隊• 下妻分駐隊• 組織犯罪対策統括官• 刑事総務課• 捜査支援室• 捜査第一課• 捜査第二課• ニセ電話詐欺対策室• 捜査第三課• 国際捜査課• 薬物銃器対策課• 鑑識課• (水戸市元吉田町1012番1)• 本隊(水戸)• 牛久分駐隊• 下妻分駐隊• 神栖分駐隊• 交通総務課• 交通指導課• 交通事故事件捜査室• 交通規制課• 運転免許センター(大字長岡字矢頭3783番地の3)• 運転管理室• (水戸市元吉田町1012番1)• 本隊(水戸)• 県西方面隊• 日立分駐隊• 牛久分駐隊• 鹿嶋分駐隊• (水戸市加倉井町字矢崎2206番地)• 本隊(水戸)• 谷和原分駐隊• 日立北分駐隊• 友部分駐隊• つくば分駐隊(平成27年4月設置)• 国際テロリズム対策室• 災害対策室• (水戸市吉沢町1010番1)• (茨城町大字上石崎字大高4667番地の4)• 定員は4646名である(10名含む、2007年度)。 他に事務・技術職員がいる。 栃木県警察本部組織 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2014年9月) 全国有数の大規模であり、本部長は。 総務課• 公安委員会室• 取調べ監督室• 文書課• 広報課• けいさつ総合相談センター• 情報管理課• 情報セキュリティ対策室• 照会センター• 留置センター• 警察本部第一~第三留置施設• 総務部財務局• 監査室• 施設課• 装備課• 装備技術センター• 警務課• 採用センター• 犯罪被害者支援室• 企画調整室• 教養課• 現任教養推進室• 厚生課• 健康管理指導室• 生活安全総務課• 生活安全指導室• 地域安全対策推進室• 生活安全特別捜査隊• 人身安全対策課• 少年サポートセンター(さいたま市南区・ラムザタワー内)• 西分室川越相談室(川越市・川越市教育センター分室内)• 東分室越谷相談室(越谷市・埼玉県越谷合同庁舎内)• 北分室熊谷相談室(熊谷市・熊谷市立婦人児童館内)• 少年捜査課• 保安課• 生活経済課• 生活経済捜査室• 地域総務課• 地域指導室• (狭山市・内)• (さいたま市西区・機動センター内)• 南部方面隊(さいたま市西区・機動センター内)• 東部方面隊(越谷市・東部機動センター内)• 西部方面隊(川越市・川越警察署内)• 北部方面隊(深谷市・北部機動センター内)• 熊谷分駐隊()• 大宮駅派遣所• 派遣所• 派遣所• 刑事総務課• 刑事指導室• 捜査支援・通訳センター• 捜査第一課• 検視調査室• 捜査第二課• 特殊詐欺捜査室• 捜査第三課• (さいたま市大宮区・大宮警察署内)• 法医鑑定室• (さいたま市大宮区・大宮警察署内)• (さいたま市西区・機動センター内)• 南部方面隊(さいたま市西区・機動センター内)• 東部方面隊(越谷市・東部機動センター内)• 西部方面隊(川越市・川越警察署内)• 北部方面隊(深谷市・北部機動センター内)• 組織犯罪対策課• 捜査第四課• 暴力団排除対策室• 対策課• 国際捜査課• 交通総務課• 交通安全対策推進室• 交通指導課• 放置駐車対策センター• (さいたま市・浦和警察署内)• (さいたま市)• 南部方面隊(さいたま市西区)• 東部方面隊(越谷市・東部機動センター内)• 西部方面隊(川越市・川越警察署内)• 北部方面隊(深谷市・北部機動センター内)• (・ 内)• 所沢分駐隊(所沢市・関越自動車道 所沢インターチェンジ内)• 岩槻分駐隊(さいたま市・ 内)• 花園分駐隊(・関越自動車道 内)• 三郷分駐隊(・、、 隣接)• 桶川分駐隊(・ 内)• 運転免許本部(鴻巣市)• 運転管理課• 交通反則通告センター• 運転管理課大宮分室(さいたま市北区)• 運転免許試験課• 再交付・国外運転免許センター(さいたま市大宮区・内)• 第一課• 公安第二課• 公安第三課• オリンピック・パラリンピック対策課• 危機管理課• 外事特別捜査隊• 国際テロリズム対策室• (朝霞市) (さいたま市浦和区・浦和警察署内)• 総務課 第一方面本部(さいたま市浦和区・浦和警察署内)• 第一方面特別機動警察隊 第二方面本部(川越市・川越警察署内) 第三方面本部(深谷市・北部機動センター内) 第四方面本部(越谷市) (さいたま市)• 「」を参照 全国有数の大規模であり、本部長は。 総務課• 公安委員会補佐室• 取調べ監督室• 情報管理課• 広報県民課• 施設管理室• 監査室• 装備課• 機動装備センター• 警務課• 犯罪被害者支援室• 厚生課• 教養課• 術科指導室• 生活安全総務課• 犯罪抑止推進室• 人身安全対策課• 風俗保安課• 少年センター• 生活経済課• 生活安全捜査隊• 地域課• 地域指導室• (成田市)• 本隊:第一自動車警ら班(千葉市)• 南方面隊:第二自動車警ら班(浦安市)• 東方面隊:第三自動車警ら班(松戸市)• 成田方面隊:第四自動車警ら班(成田市)• 船橋方面隊:第五自動車警ら班(習志野市)• 木更津方面隊:第六自動車警ら班(木更津市)• 本隊(千葉市)• 松戸分駐隊(松戸市)• 西船橋分駐隊(船橋市)• 津田沼分遣所(習志野市)• 成田分遣所(成田市)• (千葉市)• 刑事総務課• 犯罪捜査支援室• 捜査実務研修所• 捜査第一課• 捜査第二課• 捜査第三課• 鑑識課• 機動鑑識班• 千葉方面機動鑑識班 千葉市• 船橋方面機動鑑識班 習志野市• 東葛方面機動鑑識班 流山市• 君津方面機動鑑識班 君津市• 成田方面機動鑑識班 成田市• 東金方面機動鑑識班 東金市• 本隊(千葉市)• 千葉方面機動捜査班(千葉市)• 管轄区域:千葉中央署、千葉東署、千葉西署、千葉南署、千葉北署、四街道署、市原署の管内• 君津方面機動捜査班(君津市)• 管轄区域:木更津署、君津署、富津署、館山署、鴨川署の管内• 成田方面機動捜査班(成田市)• 管轄区域:佐倉署、成田署、成田国際空港署、香取署、銚子署、旭署、匝瑳署の管内• 東金方面機動捜査班(東金市)• 管轄区域:山武署、東金署、茂原署、いすみ署、勝浦署の管内• 松戸方面機動捜査班(松戸市)• 管轄区域:松戸署、松戸東署の管内• 東葛方面機動捜査班(流山市)• 管轄区域:野田署、柏署、流山署、我孫子署、印西署の管内• 船橋方面機動捜査班(習志野市)• 管轄区域:習志野署、八千代署、船橋署、船橋東署鎌ヶ谷署の管内• 南方面機動捜査班(浦安市)• 管轄区域:市川署、行徳署、浦安署の管内 組織犯罪対策本部長は刑事部参事官が兼任する。 組織犯罪対策課• 薬物銃器対策課• 薬物密輸対策センター• 捜査第四課• 暴力団対策室• 国際捜査課• 国際捜査情報センター• 通訳センター• 交通総務課• 交通指導課• 駐車対策センター• 交通反則通告センター• 交通捜査課• 交通規制課• 交通管制センター• 特別交通機動班 本隊(千葉市)• 第一交通機動班 本部班(千葉市)• 第二交通機動班 習志野分班(習志野市)• 第三交通機動班 柏分駐(柏市)• 第四交通機動班 成田分駐(成田市)• 第五交通機動班 君津分駐(君津市)• 本隊(千葉市)• 船橋分駐隊(船橋市)• 成田分駐隊(成田市)• 市原分駐隊(市原市)• 木更津分駐隊(木更津市)• 木更津分駐隊 保田分隊(安房郡鋸南町)• 茂原分駐隊(茂原市)圏央道東金~木更津区間開通に伴い、千葉東分駐隊を移転し設置された• 免許課• 執行課• 千葉運転免許センター(千葉市)• 流山運転免許センター(流山市)• 第一課• 公安第二課(警衛・警護)• 公安第三課• 災害対策室• オリンピック・パラリンピック対策課• 国際テロ対策室• 第一(千葉市)• 第二機動隊(千葉市)• 第三機動隊(柏市)• (成田市) 神奈川県警察本部組織 [ ] 「」も参照• 交通総務課• 交通相談センター• 交通事故防止対策隊• 交通安全センター(所在地は横浜市旭区。 交通指導課• センター(所在地は横浜市旭区。 交通裁判所• 交通捜査課• 対策室• 交通規制課• 都市交通対策室• 交通管制センター{本部以下8分室(川崎・相模原・厚木・平塚・・小田原・横須賀・)が存在する。 駐車対策課• 放置違反金センター(所在地は横浜市旭区。 第一{隊本部は横浜市南区。 本隊以下2分駐所(幸・横須賀)が存在する。 第二交通機動隊{隊本部は。 本隊以下3分駐所(相模原・・小田原)及び3連絡所(赤羽根・西久保・西湘)が存在する。 {隊本部は川崎市。 本隊以下5分駐所(朝比奈・大黒・港北・厚木・さがみ)及び連絡所が存在する。 } 運転免許本部 [ ]• 運転免許課(所在地は横浜市旭区。 運転教育課(所在地は横浜市旭区。 ) 警備部 [ ] 「」を参照 大規模であり、本部長は。 (部長は長を兼務)• 機構改革推進課• 広報広聴課• 情報管理課• 装備施設課• 警務課• 厚生課• 生活安全企画課• 生活保安課• サイバー犯罪対策課• 地域課• 長岡分駐隊• 刑事総務課• 捜査第一課• 捜査第二課• 捜査第三課• 組織犯罪対策第二課• 鑑識課• 機動鑑識隊• 長岡分駐隊• 上越分駐隊• 交通企画課• 交通指導課• 交通規制課• 長岡方面隊• 上越方面隊• 長岡分駐隊• 上越分駐隊• 津川分駐隊• 湯沢分駐隊• 警備第一課• 警備第二課• 山梨県警察本部組織 [ ] 「」を参照 中規模警察本部であり、本部長の階級は。 公安委員会補佐室• 取調べ監督室• 広報相談課• 総合相談・情報公開室• 監査室• 施設室• 情報管理課• 照会センター• 警務課• 犯罪被害者支援室• 警察職員採用センター• 企画室• サイバーセキュリティ戦略推進室• 厚生課• 教養課(2006年3月に発足)• 術科指導室• 通訳センター• 生活安全企画課• 特殊詐欺抑止対策室• 許可事務担当室• 人身安全・少年課• 少年サポートセンター• 生活環境課• 地域課• 山岳安全対策課• (2008年3月21日に発足)• 北信分駐隊• 東信分駐隊• 中信分駐隊• 南信分駐隊• 刑事企画課• 捜査支援分析課• 捜査第一課• 捜査第二課• 捜査第三課• 国際捜査室• 暴力団排除推進室• 北信分駐隊• 東信分駐隊• 中信分駐隊• 南信分駐隊• 交通企画課• 交通安全対策室• 交通指導課• 交通反則通告センター• 交通規制課• 交通管制センター• 運転免許本部• 東北信運転免許課• (長野市)• 東信運転免許センター(佐久市、旧望月警察署庁舎)• 中南信運転免許課• (塩尻市)• 長野分駐隊• 上田分駐隊• 佐久分駐隊• 諏訪分駐隊• 飯田分駐隊• 木曽分駐隊• 松本分駐隊• 長野分駐隊• 佐久分駐隊• 諏訪分駐隊• 飯田分駐隊• 松本分駐隊• 警備企画課• 第一課• 警備第二課• 災害対策室• 警衛・警護室• 生活安全特別捜査隊は、2008年3月21日をもって廃止された。 静岡県警察本部組織 [ ] 「」を参照 本部 [ ] 大規模であり、本部長は。 総務課• 広報課• 情報管理課• 警務課• 厚生課• 教養課• 警察相談課• 生活安全企画課• 生活経済課• 保安課• 地域課• (焼津市)• 隊本部・直轄隊(静岡市清水区)• 西部支隊(磐田市)• 東部支隊(沼津市)• 隊本部・直轄隊(静岡市葵区)• 浜松分駐隊(浜松市中区)• 沼津分駐隊(沼津市)-三島駅連絡所(三島市)• 刑事企画課• 街頭犯罪捜査隊・特捜イーグル• 捜査第一課• 捜査第二課• 捜査第三課• 鑑識課• 隊本部・直轄隊(静岡市清水区)• 西部支隊(磐田市)• 東部支隊(沼津市)• 組織犯罪対策課• 捜査第四課• 薬物銃器対策課• 国際捜査課• 交通企画課• 交通指導課• 交通規制課• 運転免許課• 中部運転免許センター(静岡市葵区)• 西部運転免許センター(浜松市浜北区)• 東部運転免許センター(沼津市)• 運転者教育課• 隊本部・直轄隊(静岡市清水区)• 西部支隊(磐田市)• 東部支隊(沼津市)• 隊本部・直轄隊(静岡市駿河区)• 新静岡分駐隊(静岡市葵区)• 浜松分駐隊(浜松市東区)• 浜北分駐隊(浜松市浜北区)• 分駐隊(沼津市)• 長泉分駐隊(長泉町)• 災害対策課• 国際テロリズム対策室• ・(静岡市駿河区) 市警察部組織 [ ] 県内の各政令指定都市に、を設置している。 庶務課• 庶務課 警察学校 [ ]• (藤枝市) 富山県警察本部組織 [ ] 「」を参照• 警察相談課• 監査室• 施設整備企画室• 情報管理課• 情報セキュリティ室• 警務課• 企画調整室• 警察署整備推進室• 人事管理室• 教養課• 厚生課• 生活安全企画課• 犯罪抑止対策室• 許認可管理指導室• 少年女性安全課• 子供・女性安全対策室• 少年サポートセンター• 生活環境課• サイバーセキュリティ対策室• 地域企画課• 山岳安全課• 刑事企画課• 犯罪捜査支援室• 捜査第一課• 検視官室• 盗犯捜査指導室• 捜査第二課• 国際捜査課• 鑑識課• 交通企画課• 交通総合対策室• 交通指導課• 交通事故事件捜査室• 交通反則通告センター• 交通規制課• 運転免許センター• 免許管理室• 運転免許試験場• 高岡運転免許更新センター• 外事情報室• (元々の所属だが、機動隊に吸収されている)• 警務課• 県民支援相談課• 厚生課• 情報管理課• 照会センター• 人材育成課• 生活安全企画課• 航空隊(金沢市湊一丁目55番地20)• 人身安全・少年保護対策課• 生活安全捜査課• 刑事企画課• 捜査第一課• (ISTAK)• 捜査第二課• 鑑識課• 科学捜査研究所• 交通企画課• 交通規制課• 交通指導課• 運転免許課• (金沢市東蚊爪町2番地1)• (北西部土地区画整理事業施行地区29-18)• (金沢市神野町東170番地、に隣接)• (金沢市一丁目28番25号)• (金沢市錦町六丁目104番地) 福井県警察本部組織 [ ] 「」を参照• 警務課• 装備管理室• 被害者支援室(福井市宝永三丁目、本部葵分庁舎)• 教養課• 術科指導室• 監査室• 厚生課• 健康管理室• 留置管理課• 情報管理課• 照会センター室• 生活安全企画課• (常駐) - 「くずりゅう」()を運用。 (常駐) - 警察艇「わかさ」 を運用。 (福井市中央一丁目、構内)• 少年女性安全課• 少年相談室(福井市宝永三丁目、本部葵分庁舎)• 生活環境課• (丹生郡越前町西田中三丁目、鯖江警察署丹生分庁舎)• 刑事企画課• 捜査第一課• 捜査第二課• 鑑識課• (吉田郡永平寺町松岡吉野堺、福井警察署松岡分庁舎)• 交通企画課• 交通指導課• 福井交通反則通告センター室• 交通規制課• 交通管制センター室• 運転免許課(坂井市春江町針原)• 奥越分室(大野市新在家)• 南越分室(越前市余田町)• 嶺南分室(三方上中郡若狭町倉見)• 運転者サポートセンター室(坂井市春江町針原)• 交通機動隊(福井市下馬三丁目)• 高速道路交通警察隊(福井市稲津町、に隣接)• 敦賀分駐隊(敦賀市井川、北陸自動車道に隣接)• 若狭上中分駐隊(三方上中郡若狭町上黒田、に隣接)• (福井市荒木新保町)• (三方上中郡若狭町倉見) 福井県警察学校(福井市荒木新保町) 岐阜県警察本部組織 [ ] 「」を参照• 総務課 - 取調べ監督室• 広報県民課 - 岐阜県警察音楽隊• 装備施設課 - 警察車両整備センター• 情報管理課• 警務課• 厚生課• 教養課• 生活安全総務課• 生活環境課• 地域課• 岐阜分駐隊• 岐阜羽島分駐隊• 大垣分駐隊• 多治見分駐隊• 高山分駐隊• 飛騨方面隊• 能郷白山方面隊• 恵那山方面隊• 岐阜県のの隣接地に所在。 本隊は岐阜県地内。 旧西濃、東濃は署内で組織改正して「機動警ら課」に配置替えし各地域を広域パトロール。 大垣署、多治見署に設置。 刑事総務課 - 捜査支援室• 捜査第一課• 捜査第二課• 捜査第三課• 組織犯罪対策課• 国際捜査課• 交通企画課• 交通指導課 - 交通捜査室• 交通規制課 - 交通管制センター• 運転免許課• 多治見試験場• 東濃試験場• 高山試験場• 中濃運転者講習センター• 西濃運転者講習センター• 岐阜第1小隊• 岐阜第2小隊• 岐阜第3小隊• 東濃分駐隊• 岐阜県• 飛騨分駐隊• 岐阜 岐阜羽島 分駐隊• 多治見分駐隊 東濃• 各務原分駐隊 岐阜• 高山分駐隊 飛騨• 総務課• 警備第一課• 警備第二課• 岐阜県 愛知県警察本部組織 [ ] 「」を参照 警察本部の組織体制は京都府による警察本部組織条例、公安委員会による京都府警察本部等組織規則などにより定められている。 各部には部長が置かれ、部長に準じる職として次長、参事官、理事官、首席監察官、組織犯罪対策統括室長の職が設けられている。 補佐室• 総務課• 情報公開室• 本部長秘書室• 取調べ監督室• 情報管理課• 情報管理技術センター• 照会センター• 広報応接課• 施設管理室• 監査室• 装備課• 自動車整備工場• 伏見留置センター• 警務課• 企画調整室• 総合対策室• 再編推進室 - 警察署等の再編整備• 犯罪被害者支援室• サイバーセキュリティ戦略推進室• 教養課• 国際通訳センター• 術科指導室 - 、、、操法、法、など• 厚生課• 健康管理センター• 生活安全企画課• 生活安全指導室• 犯罪抑止対策室• 許可等事務審査室 - 質屋、警備業、探偵業、風俗営業、鉄砲火薬・危険物の許可• 人身安全対策課• 子どもと女性を守る対策室 - ・対策、保護• ネットセキュリティ・サポートセンター• 少年サポートセンター• 少年事件特別捜査隊• 生活保安課 - 消費者被害、保健衛生、知的財産、金融、公害、核物質などの取締り• 地域課• 地域指導室• 機動警ら課• - 本隊、福知山分駐隊• 刑事企画課• 刑事指導室• 捜査支援分析センター• 捜査第一課• 捜査第二課 - 知能犯罪、選挙犯罪、経済的不正事犯などの捜査• 特殊詐欺捜査室• 捜査第三課 - 窃盗などの捜査• 組織犯罪対策第一課• 国際捜査室• 組織犯罪対策第二課 - 暴力団犯罪の取締り• 対策室• 組織犯罪対策第三課 - 薬物犯罪、銃器犯罪の捜査• 鑑識課• 機動鑑識隊• 交通企画課• 交通指導室• 交通戦略室• 交通安全教育センター• 交通規制課• 交通管制センター• 交通指導課• 京都交通反則通告センター• 舞鶴交通反則通告センター• 駐車管理センター• 交通捜査課• 前運転免許更新センター• 第一課• 危機管理対策室• 警備第二課 - 極左の犯罪捜査• 国際テロリズム対策室• 企画課• 京都府警察学校 大阪府警察本部組織 [ ] 「」を参照 組織については、によって定められている。 本部長の下に副本部長が置かれており、・を除けば、副本部長が置かれているは大阪のみである。 SAT が設置されている。 総務部 [ ]• 事務担当室• 取調べ監督室• 証拠品管理センター• 情報管理課• 情報センター• 広報課• 監査室• 施設課• 庁舎管理室• 装備課• 新北島別館(住之江区、国内最大規模の女性専用留置施設)• 留置業務支援室• 府民応接センター• 情報公開室 警務部 [ ]• サイバーセキュリティ戦略推進室• 給与課• 教養課• 術科指導室• 通訳センター• 総合訓練センター()• 厚生課• 職員相談室• 健康管理センター 生活安全部 [ ]• 生活安全総務課• 人身安全対策室• 府民安全対策課• 保安課• 生活環境課• 生活経済課• 「アイ・キャッチャー」(女子の非行・被害事案を専門に担当する女性捜査班)• 少年育成室• 児童虐待対策室• 生活安全特別捜査隊 地域部 [ ]• 地域総務課• 地域指導室• ステップアップセンター• 方面機動警ら隊(大阪府警では、とは呼んでいない)• 第一方面機動警ら隊(西区)• 関目分駐所(城東区)• 第二方面機動警ら隊(淀川区)• 茨木分駐所(茨木市)• 第三方面機動警ら隊(泉佐野市)• 高石分駐所(高石市)• (淀川区)• 大阪駅分駐所• 新大阪駅分駐所• 京橋駅分駐所• 天王寺駅分駐所• (八尾市) 刑事部 [ ]• 刑事総務課• 特別捜査班「ライトウィンズ」• 捜査第一課• 特殊犯捜査係()• 捜査第二課• 告訴センター• 特殊詐欺対策室• 捜査第三課• 捜査第四課• 暴力団対策室• 薬物対策課• 国際捜査課• 捜査共助課• 鑑識課• 鑑定指導室• 検視調査課((平成28年)4月発足。 全国初の検視専門課。 (中央区)• (中央区)• 淀川分駐所•

次の

警察本部

福岡 県 警察 学校

こんにちは。 外出禁止や連絡関係は県や担任教官によっても違うので何とも言えません。 私が知っている県の警察学校では、大卒期が約1ヵ月間外出禁止、それ以外の高卒期等は約3ヶ月外出禁止でした。 携帯は卒業までずっと没収で、休日も含めて一度も返されませんでした。 外部との連絡手段は夜の点呼後の30分くらいの間に公衆電話を全校生徒で使い回しって感じだったかと思います。 しかし先輩が優先だと思いますので、新人は使用できるかわかりません。 一応手紙のやり取りも可能ですが、その都度教官室を訪問しないといけないので、オススメはしません。 申告方法に慣れるまでは教官室の出入りは試練・地獄の一つですので。 関東での話なので、福岡県で同じとは限りませんので参考程度で。 お邪魔しました。

次の

警察学校

福岡 県 警察 学校

沿革 [編集 ]• (明治19年)12月 - 福岡市天神の旧県庁敷地内に福岡県巡査教習所設置• (大正6年)12月 - 福岡市薬院堀端に移転。 (大正15年)4月 - 福岡県警察練習所と改称• (昭和23年)4月 - 福岡県警察学校と改称• (昭和32年)11月 - 福岡市千早に移転。 (昭和40年)1月 - 現在地に移転。 授業内容 [編集 ]• 法学・警察実務• 科外活動 所在地 [編集 ] 平和5丁目14番1号 参考文献 [編集 ]• 福岡県警察史編さん委員会編「福岡県警察史」福岡県警察本部、1978-1980 関連項目 [編集 ]• 外部リンク [編集 ]•

次の