バリエーション 類語。 バリエーションの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

「ラインナップ」の日本語での意味と使い方、類語、「ラインアップ」との違い

バリエーション 類語

モーゼルC96"レッド9"ストック付き 制式弾の用に改造されたモデル。 グリップに赤字で大きく「9」と刻印されているため、「 レッド9」と呼ばれた。 ドイツ帝国軍ではC96を採用していなかったが、の供給が滞り始めたことから、1915年に代用品として9mm仕様のC96を大量に購入した。 1912年に設計された、安全装置が改良されたモデルを原型としており、使用弾以外に大きな変更は加えられていなかった。 敗戦後にはP08に置き換えられて姿を消していった。 ボロ・モーゼル(Bolo Mauser) 向けに輸出されたモデル。 グリップがやや太く、バレルは4インチに短縮されている。 「ボロ」は「」の略で、前後にボリシェヴィキとその敵対勢力双方に好んで用いられた事による。 ボロ・モーゼル 6ショット ボロ・モーゼルのを小型の6連発にして扱いやすくしたモデル。 モーゼル・フラットサイドモデル C96の側面の凹凸をなくして磨き上げたモデル。 バリエーションとして作られたのか、単なるコストダウンなのかは不明。 中国ではその鏡のような磨き上げた側面から"大鏡面"の別称がつけられた。 モーゼル社での社内名称は M1931。 「ライエンフォイヤー」とは、「連射」の意味。 製造は。 このモデルから、フルオートによる弾数消費に対応するため、マガジンが脱着式となり10発と20発弾倉が用意された。 フルオート射撃時の振動でセレクターが勝手に切り替わってしまうなど欠陥が多かった失敗作で、短期間で生産中止となった。 フルオート射撃が可能なであり、アメリカの代理店ストーガー社に M712という型式を付けられたモデル。 に製造された事から M1932とも呼ばれる。 ライエンフォイヤーの欠陥を完全に改めたモデル。 セレクターレバーには固定用の押しボタンが設けられ、射手がボタンを押し込んで初めてレバーを操作できる。 M713と同様、フルオート射撃機能の採用を受けて10発ないし20発の着脱式マガジンが用意されたが、従来通りのクリップによる装填も可能。 なお、現存する20発弾倉の数は希少である。 フルオート射撃では振動が大きく、を使用し片膝を突いた姿勢でも射線の維持は困難であり、でを張る以外の目的には適さないとされる。 中国の遊撃隊兵士は、その振動を利用して銃身を水平に倒し、横方向に掃射する撃ち方も発想された。 その中の20発弾倉装着型は大型の弾倉から"大肚匣子(腹が太いモーゼル拳銃)"の別称をつけた。 より携行性に優れ、通常の拳銃よりも強力なを発揮できたため、短機関銃の代用たる装備としても利用された。 国内では、にが7,800挺を購入したが、部隊のオートバイ伝令兵にサイドアームとして供与した程度である。 また、当時のドイツ空軍の兵士は降下の際に拳銃や程度のみ携行し、など主兵装はコンテナに詰めて別途投下するものとされていた。 その為、コンテナを回収できない場合でも、や短機関銃を代用出来るシュネルフォイヤーを所持していた兵士もいた。 でも短機関銃不足に対する補助兵器として一定数を購入している。 モデルガンとしてモデル化されることの多い、を使用するタイプが一般的であるが、9ミリルガー弾を使用するタイプもある。 モーゼル・M714(正式名称不明) C96の弾倉着脱式モデルで、事実上の構成としては連射機能を省いたM712となっている。 モーゼル社の製品ではあるが軍用目的ではなく、アメリカなどへの輸出や護身用として販売されたモデル。 ドイツの銃器マーケットでも稀に見ることができるが、C96やM712と比べれば知名度は低い。 アンティーク銃のコレクターでも「初めて見た」という言葉がでたほどである。 実際、どのような経緯でこの銃が開発されたのか今もって不明である。 山西17式 ストックを取り付けた17式を構えるの兵士 初頭、中国は多くの軍閥による群雄割拠の状態にあり、山西省は山西都督の率いる軍閥が実効支配していた。 閻は彼らにとって事実上の首都である太原に近代的な兵工廠を設けた。 山西軍閥は太原兵工廠でを使用するを生産していたが、同時に採用していたC96拳銃は7. 63mm口径弾を使用しており、弾薬の供給に支障を来していた。 そこでC96を. 45ACP弾に対応させる改良を施し、弾薬供給の単純化を目指した。 この45口径拳銃は17式と名づけられ、から太原兵工廠にて生産が開始された。 同兵工廠は生産年の刻印を1931年以降行っていなかったため正確には不明だが、1932年頃まで生産が続けられたと言われている。 また、確認されている最大の生産番号は8555であり、ここから総生産数は9,000丁未満とされている。 17式は左側面に「壹柒式」の刻印、右側面に「民国拾捌年晋造」の刻印がある点でC96と区別できる他、トリガーガード下で広がる大型の10発装填マガジンが外見上の特徴となっている。 装填時には5発留めクリップ2つを使用する事が多かった。 これは馬賊や他の軍閥に対する防衛の為、鉄道警備隊などに対してトンプソン短機関銃と共に支給された。 1980年代、アメリカのコレクターの間で. 45ACP弾仕様のC96の需要が高まったことで17式の価格は高騰し、中国の銃器メーカーによる類似製品の再生産が行われた。 これらは刻印などの細部で識別され、オリジナルの17式より価格は劣るという。 80式自動拳銃( 80式衝鋒手槍 ()) C96・M712の運用、さらにコピー製造の実績を踏まえて、が1980年に正式採用した自動拳銃。 全体のレイアウトはM712と同様で、ストックも着脱できるが、内部機構は独自の設計となっている。

次の

「大変ありがとうございます」の敬語や言い換え例8選!意味や類語も

バリエーション 類語

「バリエーション」の意味とは? 「バリエーション」の意味1「ものごとの変化・変種」 「バリエーション」は英語の「variation」のことで「ものごとの変化や変種」という意味を持ちます。 形があるものの変化や変種、または変形を表しています。 一般的に使われている「バリエーション」は、ほぼ種類という意味になりますが、これはもとの形があって、その形の変種がたくさんあることを意味しています。 つまり、さまざまな特徴を持つ「種類」ということになります。 「バリエーション」の意味2「主題を変化させる手法や変奏」 「バリエーション」の意味は「主題を変化させる手法や変奏」、またその手法で手掛けた楽曲や変奏曲を表します。 たとえば、主題となる基本曲があるとしましょう。 この基本曲を愉快な曲調のCから淋しい曲調のAマイナーに変調したのがバリエーションです。 また基本曲を別のトーンでまとめたり、他の楽器を主要として編曲するのもバリエーションと呼びます。 こうして編曲や変調をほどこす手法や、出来上がった曲そのものが「バリエーション」となります。 「バリエーション」分野別の意味 バレエでは「ソロで踊る曲のこと」 「バリエーション」はバレエの世界でソロで踊る曲のことを意味します。 バレエで有名な「バリエーション」と言えば、「白鳥の湖」や「ジゼル」、「シンデレラ」や「ドン・キホーテ」などがあり、それぞれ曲調や曲ののシナリオなどが異なるのが特徴です。 「バリエーション」は「バレエ」の曲でも、複数のバレリーナによって構成するものではなく、一人のバレリーナか、もしくはパートナーを伴って踊る「ソロ曲」を指します。 数学では「変動や変分のこと」 「バリエーション」は数学で変動や変分のことを表しています。 「バリエーション」は解析学の一つで、未定計数法や正則化理論、平均場近似などを含む、非常に難しい数学分野となります。 遺伝学では「変異や多様性のこと」 「バリエーション」は遺伝学で「変異」や「多様性」を表します。 変異をしたり多様性を持つことは、生物が社会環境の変化に適応するために必要な遺伝的要素です。 逆に、変異や多様性を持たない画一的な生物は環境の変化に弱く、たとえ多くの子孫を残しても長期的な生命維持が難しいと言われています。 「バリエーション」の使い方の注意点と例文 「バリエーション」と「バリュエーション」の区別をつける 「バリエーション」と似た響きのあるカタカナ語に「バリュエーション(valuation)」があります。 主に投資や株式などの金融分野で「バリュエーションが高い」「バリュエーショがを依頼する」などと使われることが多いですが、「バリエーション」とは根本的に意味が異なりますので注意が必要です。 「バリュエーション」とは「評価」「値踏み」「見積もり」という意味があり、査定額や評価額を表す言葉となります。 ものごとの種類や変化形を表す時に、誤って「バリュエーション」を使ってしまわないように気をつけましょう。 「バリエーション」を使った例文• この店はバリエーション豊富なTシャツが数多く並んでいる。 バリエーションに富んだメニューを提供しているため、広い客層に人気がある。 部長にアイデアのバリエーションが乏しいと、ため息をつかれた。 箸というシンプルなアイテムなのに、実に幅広いバリエーションを取り揃えている。 さまざまなバリエーションのある楽曲なので、聞いていて飽きが来ない。 「バリエーション」の類語は? 「バージョン」は楽曲や劇の一つのカタチ 「バージョン(version)」とは楽曲や劇などのひとつのカタチを意味します。 同じ作品に対していくつかのカタチがある時に、その中の一つを指して言う言葉であり、つまり版のことを指します。 バラエティ番組は、色々な企画があるから面白い。 海外の大学は、バラエティ溢れる学生たちで賑わっている。 まとめ 「バリエーション(variation)」とは、ものごとの変化や変種、または種類を意味することばです。 バレエでは「ソロ曲」、数学分野では「変動・変数」、遺伝分野では「変異・多様性」を表し、「変わる」という軸の意味をもとに多くの分野で活用されています。 また「バリエーション」に響きが似ている「バリュエーション」は投資や株式などの金融分野で「見積」「評価額」「値踏み」などの意味で使われるため、「バリエーション」とは根本的に意味が異なります。 社会人として相手に誤解を与えないように、正しい意味と使い方をしっかり把握しておきましょう。

次の

ラインナップとは?英語や日本語の意味、類語って?分野別の使用法をわかりやすく解説!

バリエーション 類語

以下にそのバリエーションを示す。 「完全先付け」という用語を「和了資格(縛りを満たす役)の確定しない副露や、和了資格が確定しない状態での和了を不可とするルール」と解釈する。 「後付け」という用語を「最後の副露で役を確定させる和了」と解釈し、「中付け」という用語を「最初と最後以外の副露で役を確定させる和了」と解釈する。 「ナシナシ」と「完全先付け」を区別する。 このような場合、後付けは不可だが中付けは可とするものや、後付けの制限を役牌に限定するもの(緩い完全先付け)を「ナシナシ」と呼び、「完全先付け」とは呼ばない。 第2副露以降の副露にも制約を課す。 たとえば、例1-4の形で三色同順に関わる2個目以降の面子をでチーした場合、最初のチーでは役が確定していないと考えて和了を不可とする。 役牌のみの和了の場合、第1副露がその役牌でない和了を不可とする。 例1-3の形の和了が不可となる。 門前を崩した和了で、副露していない手牌の中で役を構成する牌がすべて揃っている場合の和了を不可とする。 例1-3、例1-5の形の和了が不可となる。 食い断のみの和了を不可とするものの、ほかに縛りを満たす役があれば、食い断の1翻を認める。 食い断をすべて認める。 大阪の雀荘の一部で採用されている。 偶然役のみの和了を可とする。 のみの和了を不可とする。 門前清自摸和の場合でも、門前清自摸和を考慮せずに片和了り禁止の判定を行う。 振聴立直以外のにも制約を課す。 振聴での自摸和を不可とし、また和了後同巡の制約が解けるのが打牌後となるため、見逃し直後の自摸牌での和了も不可とする。 栄和のみを完全先付けとし、自摸和には完全先付けのルールを適用しない。 京都地方の一部で採用されており、に本社を置くのシリーズでも採用されている。 なお、関西地方の一部の雀荘には、アリアリであってもこれらの制約の一部を適用するところがある。 解釈が分かれる和了 以下のような形の和了の場合は解釈が分かれる。 これらの和了を俗に 王手飛車(おうてびしゃ)と呼ぶ(用語からの転用)。 王手飛車を可とするか不可とするかについては事前に確認しておくことが望ましい。 例3-1 この手牌の待ちはであるが、でのみ、でのみ、で平和・断么九となる。 したがってどの待ち牌でも役が1つ以上つくが、すべての待ち牌に共通する役はない。 前者を重視して和了を 可とするところと、後者を重視して和了を 不可とするところの両方が存在する。 例3-2 この手牌はのであるが、とを「役牌」という1つの役に属するものと考え、共通する役があるとして和了を 可とするところと、という役とという役を厳密に区別し、共通する役がないとして和了を 不可とするところがある。

次の