プロパンガス 料金 一人暮らし。 一人暮らしのプロパンガスの使用量と料金はどのくらい?

ガス代高くない? 一人暮らしです。 最近引っ越しをしたのですが、アパートはLPガスです。 先日、初回のガス代請求が来ました。

プロパンガス 料金 一人暮らし

「ガス代」と言えば、「高い」もの。 特に一人暮らしの場合は、 このガス代が生活を圧迫してくるんですよね。 ガス代に関するつぶやきを見ても… ガス代なんで7千も行ってんの…— るーく rjnd5848 そういや風呂にしかガス使ってないのに、なんでガス代が7500円もするんだ?流石に高すぎだろこんなの。 — 天呪の子供狼 salta3240 やっぱり「高い」の文字が…。 中には一人暮らしだけど、 もっとうちはガス代高いわ!!という人も いると思います。 そもそも一人暮らしでは、 平均してどれくらい 使っているものなのでしょうか。 ガスも電気も水道も 使用量に比例して支払う料金も高くなります。 高いと思っていたけど、 そもそも使用量が多かった!なんてこともあります。 ここでは、一人暮らしの方に特化して、 各地の単身世帯のガス代相場や 季節ごとのガス代の相場を紹介しつつ、 ガス代を下げるための対策を紹介していきます。 一人暮らしで生活している方は 毎月のガス代が適切なのか一度確認し、 節約に励んでいきましょう。 一人暮らしをしている人の場合、 ガスの平均使用額は どれくらいなのでしょうか。 ここでは月別に見た 一人暮らしのプロパンガス使用額を ご紹介します。 エリアは人口が多い 政令指定都市別にまとめてみました。 一人暮らしの方は、節約のために 自炊することも多いのではないでしょうか。 キッチンを毎日使っていたとしても ガス使用量に占めるキッチンの割合は 全体の9%ほどです。 他のガス機器に比べると割合は小さいですが、 日々の行いがガス代を高くする 原因の1つでもあります。 ここでは、自炊する際に 節約すべきポイントは何かみていきましょう。 まだ取り組んだことがない節約術があれば 毎日少しずつ意識して 取り組んでみてはいかがでしょうか。 45円 ガス代は約2. 45円になります。 5円 シャワーを10分間浴びたときの ガス代は約24. 5円という計算になりました。 【プロパンガス LPガス の場合】 プロパンガスの場合、 ガスの熱量 kcal 都市ガスよりも増しますが、 従量単価が都市ガスのときよりも高くなるので、 先程の計算よりもガスの使用料金は上がります。 5円 1分だと都市ガスとプロパンでは 1. 3円ほどしか差は出ませんが、 10分浴び続けるとなると、 13円も差が出てきます。 ただし、ガスの種類を 好きに選ぶことはできないので、 プロパンガスを利用している地域での ガス節約は切実といえます。 3円の節約ができるようです。 1日ではわずか数円ですが、 1年では数千円も違ってきます。 健康的なうえに、 ガス代も節約できて一石二鳥です! ・風呂を入れる場合 では、お風呂を入れた場合はどうでしょうか。 調べたところ、 風呂を1回沸かすのにかかるガス代は、 約16分40秒のシャワーを浴びる時の ガス代と同じなようです。 そう考えると、 一人暮らしの方は、お風呂だけの方が 安上がりに思われます。 しかし、この場合の風呂だけというのは、 身体や髪を洗う際にも シャワーの水を使わず、 風呂の水を使うということです。 実際にはシャワーと風呂を 併用するケースがほとんどですよね。 そうすると、お風呂+シャワーという枠組みで ガス代を計算しなければならないため、 やはりシャワーだけの時より 高くなってしまいます。 5円かかるそうなので、 やはり一人暮らしの方には、 シャワーだけの方が断然お得になります。 それでも、風呂に入らないと 疲れが取れないものですよね。

次の

一人暮らしのガス代の平均は?8000円は相場より安い?高い?

プロパンガス 料金 一人暮らし

一人暮らしのガス代の平均はいくら?という疑問を解決します!都市ガスとプロパンガスの差や、夏と冬のガス代の差、地域ごとの平均ガス代、キッチンとお風呂でのガス代節約方法や、節約してもガス代が高い場合の対処方法も紹介します! 一人暮らしの1ヶ月のガス代の平均は4,500円 総務省統計局の家計調査によると、一人暮らしの毎月のガス代平均は 約4,500円です。 これはあくまで全国調査なので、実際はお部屋のガスが「都市ガス」か「プロパンガス」かなどによって、金額は大きく異なります。 お部屋のガスの種類や、夏と冬でのガスの使用量の違い、地域ごとのガス代平均を紹介するので、参考にしてください。 プロパンガスと都市ガスでの費用比較 都市ガスは公共料金なので、ある程度金額が一定に設定されています。 プロパンガスは、自由価格なので企業によって値段が違います。 そのため、都市ガスはプロパンガスに比べて料金が安く、プロパンガスのほうが約2倍近くも費用がかさみます。 以下の表は、東京都内で月間5㎥のガスを使った場合の平均料金です。 この5㎥というガス使用量は、一人暮らしの平均です。 都市ガス プロパンガス 1㎥あたりの料金 314円 504円 5㎥使用した場合 1,570円 2,520円 基本料金 750円 1,574円 月額合計 2,320円 4,094円 1ヶ月で約1,700円、1年で約2万円もの差がでます。 一人暮らしであれば、都市ガスで十分に生活できるので、費用を少しでも抑えたいのであれば都市ガスのお部屋を探しましょう。 季節ごとのガス代と使用量の違い ガス代は時期によって大きく変わるので、季節ごとに平均的なガス代をまとめました。 逆に夏は暑く、お湯を使う回数が減るのでガス代が安くなります。 冬と夏を比べると、1ヶ月で約2,500円もガス代に差が出ます。 地域ごとの平均のガス代比較 総務省統計局の調査を元に、一人暮らしの平均的なガス代を地域別にまとめました。 関東・東海が高額で、北海道・沖縄ではガス代が安くなっているようです。 北海道 3,636円 東北 4,558円 関東 5,354円 北陸 4,459円 東海 5,374円 近畿 5,180円 中国 4,233円 四国 4,273円 九州 4,118円 沖縄 3,697円 キッチンでのガス代を節約するコツ キッチンでガス代を節約するコツは「なるべく電子レンジを使う」「冷水で食器を洗う」ことです。 この2つを心がけるだけでも、月300~500円ほどガス代を節約できます。 キッチンでのガス代を節約する詳しい方法は以下です。 すぐにできることばかりなので、気になる方は試してみてください。 ・一気にたくさん作って作り置きする ・火は強火にせずできるだけ中火を使う ・野菜の下ゆでにはレンジを使う ・冷凍物はレンジで解凍してから調理する ・お湯は電気ケルトで沸かす ・鍋に蓋をして熱を逃がさないようにする ・短時間で料理できる炒め物を中心に食事を作る ・食器類はできるだけ冷水で洗う ・お湯で洗うなら溜め洗い用の桶を使う とくに電子レンジ調理は、ガス代の節約だけではなく、調理時間短縮にも繋がるので一人暮らしにおすすめです。 お風呂でのガス代を節約するコツ お風呂でのガス代を節約するコツは「お湯の使用量を減らす」ことです。 お風呂はシャワーで済ませる人は、浴槽にお湯を溜める人と比べると、月700円ほどガス代が安くなります。 お風呂でのガス代を節約する詳しい方法は以下です。 寒いからといって、お湯の温度を高く設定すると、ガス代が高くなるので要注意です。 節約中でもガス代が抑えられない時に確認すべきポイント 節約していてもガス代が抑えられていないと感じる人は「ガス漏れ」「不正な値上げ」「ガスの設備費用が上乗せ」のどれかを疑いましょう。 ガス漏れの場合は、「ガスの元栓」「ガスメーター」「ガスホーム」の3ヶ所を確認してください。 下記に当てはまった場合は、すぐにガス会社に連絡して調べてもらいましょう。 ・ガスの元栓の閉め忘れをしていないか ・元栓のキャップがとれていないか ・ガスメーターのランプが赤く点滅していないか ・ガス機とガス栓をつなぐホースに亀裂がないか 不正な値上げを疑う場合は、過去のガス明細の基本料金から勝手に金額が上がっていないか確認しましょう。 都市ガスはホームページに料金が公開されています。 ガスの自由化により、ガス会社を選べるので費用を比較してガス会社を変えましょう。 プロパンガスの場合は、規定の料金が決まっていないので勝手に値上がりしている可能性があります。 もし勝手に値上がりしていたら、すぐに消費者センターに相談すべきです。 また、賃貸住宅はガスの設備費用が掛かります。 基本的に管理会社や大家さんが負担しますが、まれに設備費が上乗せされています。 どういう契約内容か1度、確認しましょう。 わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか? わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます! SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます! 遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです! おすすめ関連記事.

次の

都市ガスとプロパンガスの違いは?料金比較や一人暮らしの賃貸の影響も

プロパンガス 料金 一人暮らし

集合住宅ではプロパンガスのほうが多いのはなぜ? 賃貸物件などの集合住宅における主なガスの供給方法は「都市ガス」と「プロパンガス」の2つです。 ひと月あたりのガス料金は「基本料金+従量料金」で算出されています。 従量料金とは、使った分だけ利用料金が加算される仕組みで、携帯電話の通話料金にも採用されている徴収方法です。 ガス料金は地域によって異なりますが、一般的に都市ガスのほうが基本料金と従量料金の双方でプロパンガスよりも安いことが多いです。 毎月かかるガス代の平均値は、月の使用料が20~40㎥の場合、都市ガスの基本料は約1000円、1㎥あたりの単位料金は130円程度です。 一方、プロパンガスでは基本料金が約1900円、1㎥あたりの従量単価の平均は500円ほどとなっています。 一人暮らしのガスの平均使用量は毎月約5㎥なので、プロパンガスを使用した場合のひと月の請求金額の平均は約4400円です。 都市ガスよりも高額になるケースが多いプロパンガスですが、アパートやマンションといった集合住宅では、実際のところプロパンガスが使用されているケースが多くなっています。 その理由としては、都市ガスを利用するには導管を引いてこなければならず、導入費用が非常に高額になるからです。 特に都市部と比べて家賃が低めの地方物件では、都市ガスを導入しても家賃で元を取りにくいので、プロパンガスが使用されている可能性が高いといえます。 一戸建てであればガスの種類を選べますが、アパートやマンションの場合、入居者が自分で希望するガスを選ぶことはできません。 一人暮らしのプロパンガス料金の目安は ガス料金はシーズンや気候によって、大きく変動するケースが多いです。 そこで、ここからは一人暮らしのプロパンガス料金について、夏と冬の時期を中心に説明していきます。 夏の時期 ガスの使用量は、地域や個人によっても異なるので、一概に平均値を算出することは難しいですが、総務省統計局の「家計調査」という資料を参考にすることができます。 その資料によると、一人暮らし世帯の夏の時期の平均的なガス料金は3407円です。 ひと月の請求金額の平均である約4400円よりも安くなっている理由としては、夏はお風呂に入る人が少ないことが考えられます。 ガス代がかかる設備はいくつかありますが、そのなかでも最も大きなインパクトを与えるのがお風呂です。 夏場は基本的に暑いため、シャワーしか浴びないという人が増えやすく、1年のなかでもガス料金が安く済むケースが多い時期だといえます。 夏場はエアコンを使って部屋を涼しくすることはありますが、ガスストーブなどのガスをたくさん消費する家電を使うことはありません。 そのため、電気代はかかってもガス料金は安くなることが多くなっています。 冬の時期 同じく総務省統計局「家計調査」によると、一人暮らし世帯の冬のプロパンガス料金は、平均で5045円です。 冬場は寒くなるので、浴室で体を温めるために湯船につかったり、お湯を使ったりする回数が増えます。 また、ガスストーブなどの暖房器具や温かい食べ物を食べようとして調理するときのガスの使用量も増えるので、夏場に比べてガス料金は上がるケースが多いです。 お風呂で追い炊きをすると、お湯を温めるためにさらにガスを消費するので、ガス料金は高くなってしまいます。 そのほかにも、ガス式の床暖房を使っているとガス料金は高くなるので、賃貸住宅を探す際は気を付けましょう。 おすすめの節約術とは プロパンガスは都市ガスに比べて使用料金が高くなりやすいです。 しかし、集合住宅ではプロパンガスであることが多いうえ、借主が自由にガスの種類を選択することはできません。 そこで、少しでもガス料金を節約したい人のために、一人暮らしのプロパンガス料金を抑える節約術を紹介します。 お風呂の入り方を工夫する 節約術の1つ目は、「お風呂の入り方を工夫すること」です。 お風呂は熱いお湯を大量に使うので、ガス代へのインパクトが最も大きい設備だといえます。 お風呂で使用するガスを節約したい場合、「できるだけ湯船にお湯を溜めずにシャワーで済ます回数を増やす」「市販のシャワーヘッドを付けて、一度に出てくるお湯の量を調節する」といった方法が効果的です。 お風呂よりもシャワーのほうが使用するお湯の量は少ないので、ガス代を節約できます。 また、シャワーヘッドで出てくるお湯の量を少なくすることで、同様の効果が期待できるでしょう。 それ以外にも「お風呂の設定温度を低めにする」「追い炊きの回数を減らす」といった方法も有効です。 ガスの使用量は、お湯の温度や回数に大きく影響を受けます。 温める温度を低くし、回数を減らすことでガスの使用量が減ればガス料金も節約できるはずです。 そのほかにも、お湯の量を節約する方法として「湯船に水を入れたペットボトルを浮かべておく」といった方法もあります。 水を入れたペットボトルを湯船に入れておくことで水かさが増して、湯船に溜めるべきお湯の量を減らせます。 結果的にガス代はもちろん、水道代の節約も期待できるので、試してみてはいかがでしょうか。 基本料金を抑える 節約術の2つ目は、「基本料金抑えること」です。 ガス料金は基本料金と従量料金の2つから成り立っています。 ガスの使用量を節約して従量料金を抑えても、基本料金が高いと請求額は高くなってしまうでしょう。 基本料金が高いと、夏場のように使用量が少ない時期でもガス料金を抑えにくくなってしまう点も問題です。 ガスの基本料金を抑える手順としては、まず使用しているガス会社の基本料金を確認して、平均額と比較してみることから始めます。 平均額よりも高い場合はガス会社の切り替えを検討してみましょう。 ただし、賃貸物件の場合、切り替えにもガス会社と契約している大家さんの承認が必要です。 承認が得られないうちに勝手に切り替えるとトラブルになる恐れもあるので、気を付けましょう。 無事に承認が得られれば、別のガス会社に切り替えてもらえる可能性は高いです。 賃貸を選ぶ際には契約しているガス会社もチェックしよう ガスの基本料金や従量料金の単価は、全国一律ではありません。 それぞれのガス会社によって大きく異なります。 また、賃貸住宅では大家さんの承認が得られないと、自由にガス会社を変更できない点もポイントです。 そのため、賃貸住宅を選ぶ際は、間取りや賃料だけでなく、プロパンガスか都市ガスかということや、どこのガス会社を利用することになるかもチェックしておきましょう。

次の