不 就労 控除 と は。 月給制における欠勤控除

フレックスタイム制でコアタイムに遅刻や早退、欠勤した場合、賃金控除できますか?

不 就労 控除 と は

A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? まず自分は今年の1月末で会社を退職し 現在無職の一人暮らしとなっております。 保険証を退社時に返却していたので、 届出などが必要というのはしっていたのですが、 保険などについては、全くわからないということがあって、 退職してからなにもしておりませんでした。 しかし、最近になって急に昔から放置していた 虫歯が尋常じゃなく痛み出し、 保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、 国民健康保険に変更申請するのに 「健康保険資格喪失証明書」 が必要ということだけはわかりました。 しかし、退職時にはいただいておりません。 退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。 そこでお聞きしたいのですが、 1. 健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか? 2. 問い合わせは前の会社でよいのか? 3. 現状で最短で保険証を手に入れる手順は? 以上です。 大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。 早く歯医者行きたいです。 痛みでよるも眠れません;; 恐れ入ります。 まず自分は今年の1月末で会社を退職し 現在無職の一人暮らしとなっております。 保険証を退社時に返却していたので、 届出などが必要というのはしっていたのですが、 保険などについては、全くわからないということがあって、 退職してからなにもしておりませんでした。 しかし、最近になって急に昔から放置していた 虫歯が尋常じゃなく痛み出し、 保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、 国民健康保険に変更申請するのに 「健康保険資格喪失証明書」 が... A ベストアンサー 喪失証明書は送付義務はありません。 また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。 通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。 前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。 通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。 保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。 健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。 また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない 場合もあります。 このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。 誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。 分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。 A ベストアンサー 同じ質問が結構よく出てますが、そんなに初歩的でもありません 別シートのA1セルに「100円」と入力し、そのシートの任意のセルに以下の式を貼り付けて下さい。 後は、下方向、右方向にコピー。 A:A,LARGE INDEX Sheet1! 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 コピー&リンク貼り付けを使うと便利です。 そして出てきた小さな画面の左下にある「リンク貼り付け」という ボタンをクリックすると完成です。 試してみてください。。 念のためにリンク貼り付けを図解しているURLを載せておきます。 参考にしてみてくださいね。。 geocities. htm こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。

次の

欠勤控除の計算方法を教えてください

不 就労 控除 と は

当社の就業規則では、社員が生理休暇を取得した日は無給扱いとしています。 実際に生理休暇を取得した女性社員について、賞与計算の際にも、生理休暇を取得した日を欠勤扱いとして勤怠控除してよいでしょうか。 生理日の休暇は、労働基準法上、生理日の就業が著しく困難な女性が請求したときに与えなければならないものです。 しかし、労働基準法は、生理日の休暇を取得した日について賃金を支払うことまでは求めていません。 したがって、賃金から控除することは差し支えありませんが、賞与の勤怠査定の対象としたり、当該日数分を不支給としたりすることは、休暇の取得を抑制することになるため、望ましいことではないと思われます。 この規定は、生理日の休暇の付与を義務づけた規定ですが、賃金の支払いを義務づけてはいないことから、通達のうえでも、「その間の賃金は労働契約、労働協約又は就業規則で定めるところによって支給しても、しなくても差し支えない」と解されています。 つまり、生理休暇は、「年次有給休暇」のように「有給」とすることを求められているものではなく、したがって、賃金計算において、生理休暇を取得した日を欠勤扱いとして基本給等の所定内賃金から控除しても、必ずしも違法となるものではありません。 ですから、賞与についても、通常の欠勤や退職と同様に扱い、不就労時間に相当する額を減額しても一応は差し支えないものと考えられます。 2 賞与において欠勤扱いとすることの問題点 ただし、「生理休暇」は、本来「休暇」であって、労働の義務を課した所定労働日に労働の義務を免除するものであり、労働の義務が免除されているにもかかわらず「欠勤」扱いとなるのは、合理性を欠いているともとれます。 給与において、欠勤と同様に不就労時間分を控除することは、ノーワーク・ノーペイの原則により一定の合理性が認められますが、賞与の「勤怠査定」の対象とし、当該日数分を減額したりすることは、前述の通り、もともとは「休暇」であって欠勤ではないため、問題があるように思えます。 さらに、いったん給与から控除されたものを再度賞与から減額することは二重の控除となり、そのこと自体が法に抵触するものではありませんが、生理休暇を取得する女性が被る不利益の度合いが大きくなることが考えられます。 結果として休暇の取得を抑制することになるならば、生理休暇の取得を定めた労働基準法第68条の趣旨に反することになり、望ましいことではないと思われます。 通達においても、賞与算定のための出勤率の計算などにあたって、「取扱いについては労使間において決定されるべきものである」としながらも、「当該女子に著しい不利益を課すことは法(労基法第68条)の趣旨に照らし好ましくない」としています。 「生理日の就業が著しく困難」であるかどうかを使用者側が判断することは難しく、休暇の申し出をした女性社員との信頼関係に基づき休暇を与えているのが実情ですが、休暇申請が恣意的になされているといった問題が特になければ、生理休暇は単発的なものであるため、賞与算定のための出勤率の計算などにあたっては、その日を出勤扱いにしても差し支えないのではないかと考えます。 11 基収1898、昭49. 1婦収125、昭63. 14 基発150、婦発47(生理休暇中の賃金・出勤率の計算) ・内容についての 無断転載は固くお断りいたします。

次の

タクシー労務Q&A⑥ 歩合給に対して欠勤控除はできる?

不 就労 控除 と は

どう考えてもおかしいとは思うのですが、会社側の言い分として、もう少し情報をいただいた方がお答えしやすいかと思います。 不就労に対する16万円の根拠はなんでしょう。 会社から送られてきた内訳を撮影したのでご確認お願いします。 支払はされていないのですか? 貴重なの御提供、どうもすみません。 単純な計算ミスだと思われます。 -16,470-1,098-158,491=-176,059円 ということかと思います。 個々の数字が妥当かどうかは別の検証が必要かと思われますが、とりあえず、プラスとマイナスがおかしいということを貴社の給与担当の方に申し出てはいかがでしょう。 月末締めの25日支払いです。 (は等から直接の口座へ振り込まれるが、手続き日によって2か月くらい掛るケースもあるため、会社支払月と口座への入金月がずれてしまっていることが考えられます) 他の投稿を拝見したところ4月は全休だったということで、先ほどの投稿はあわてて半分消してしまいました。 (遅刻、早退控除含む)については、が月額で定められている場合、その月ので1たりの控除額をするのが通常ですが、貴社の場合は今回4月1日~2日は年間における月の平均で計算され、3日以降は1カ月のから計算され・・・、ちょっとよくわからないところがあります。 がどうなっているかにもよりますが。 今回の件で tomoyaaさんにとって必要なことは、1カ月全休すると基本的にはは0で、マイナスにはならないということではないでしょうか。 177,150円のを計上せず、算出された金額だけをすべてマイナスとしてしまった、単純かつ大胆なミスということかと思います。 5時間から0. 5時間にするように申請していたそうです。 書拝見しました。。 前月となっていますので。。。 は当月、は前月分の精算となっているのでしょう。。 3月の給与から2月分の欠勤を控除する。。 4月の給与から3月分の欠勤を控除する。。 4月分は支給もないため、控除のみが発生する形になってしまっていると思われます。。 支給項目の支給月と、控除項目の支給月がことなるため払いすぎている給与の返金という形になってしまっていると思われます。。 2月の給与からは1月分の等が引かれています。。。 よって、有給分が支給されていないのではないでしょうか?2月は有給を使用ということですから、 3月の給与から引かれる控除)が少ないはずです。。。 有給使用分等の確認をされてもよいと思います。。。 らくだらくだらくだ さん 会社のミスならいいんですが、一度会社に電話してるにも関わらず間違いを気づかないのはおかしいなと思いました。 支払われてもいないのになぜこんな大金を返さなきゃいけないのかと頭を抱えていました。 月曜日に妻に分かるまでちゃんと確認してもらいます。 ユキンコクラブ さん 返信ありがとうございます。 妻は2月上旬くらいから休み始めましたが2月分の欠勤日は全て有給を使っています。 2月の明細を見ても有給が12日減っているので間違いありません。 金額も1月とほとんど変わらないので多く貰っているわけでもないです。 >は当月、は前月分の精算となっているのでしょう。。 そうだとしたら3月分の控除はなくなり、通常通り貰えてるはずなのでどっちにしても間違いということでしょうか? 私もひとこと口を挟ませてください。 給与の支給があってこそ不就労の控除を行うことができる、ということで皆さんは過去に支給する必要のないものを支給されたのではないかと回答されています。 しかしtomoyaaさんは過去にそのような支給はなかったと回答されています。 だとするとそのものの間違いを疑うべきかと思います。 先ほど「支給があってこそ控除ができる」と書きました。 しかしお示しの明細書ではその支給分についての記述がありません。 どこから不就労の控除を行うのか記載がないのです。 過去に支給され返還しなければならないものがあるのならそれを記載すべきです。 明細書では最初に不就労控除の明細が記述されています。 そしてそれより下の支給明細の最初に「-176,059」と記載されています。 私はこの記載が本来の支給分であると解釈します。 支給分ですからマイナスが付されていることがそもそもの間違いなのです。 以上はあくまでも過去に支給されるべきではないものは一切支給されていないことが前提ですのでご了承ください。 今月分?のの不就労控除も前月分不就労控除となっているところをみると、そう考えられます。 給与の支払い方法は会社ごと異なります。 よって、書の記載のみで判断していますから、表示一つ間違っていれば回答も大きく異なります。。 こればかりは、会社にて細かい計算方法を確認されるしか解決はしないと思います。 3月明細の前月がいつののものなのかを確認しましょう。 3月分から3月分のであれば、15円支給というのも変ですし(出勤分の支給がない)、 4与から4月不就労分を控除するのに、不就労のみ記載する明細書もおかしな明細書となります。。。 他の方の回答にがマイナスになっている理由も、支給月と控除月のずれから発生しているものと考えられます。。 奥様の会社のおよび規程、支払方法を細かく確認しましょう。 最初に返信した者です。 2日前のことがこんなすごいことになっているとは思いませんでした。 まで見せていただき、飲み会から帰ってきてから返信させていただいたのですが、これだけの反響なら、だいぶ酔った頭で無理をする必要ありませんでしたね。 改めて、最初から他の方の投稿を含め見せていただいたのですが、このようなお答えをするうえで、決定的に情報が少なすぎるということを感じました。 私の最初の質問はスマホからでしたので簡単に書いてしまいましたが、通常、(最低でも、の計算方法、の締日と支払日)を伺ってから判断するべきであり、今回もそのようにしようと思っておりました。 (私の普段の仕事がそうです。 ) 金曜の夜は、酔った頭で明細の計算根拠ばかりを追いかけ、その上で単純な計算ミスと断定的に判断してしまいましたが、もう少し慎重に、翌日にでも考えればよかったと反省しているのですが・・・、 このような言い訳をするのは、別の可能性もあると思ったからです。 私は最初のの内容から、4月1日~4月30日までのが最近支払われたのだろうという先入観があったのですが、実際の「の締日と支払日」はいつでしょうか。 もしも、と同じように月末締め当月15日払い等であるとしたら、時間外手当、等はユキンコクラブさんの投稿にもありましたが翌月清算ですよね。 この考えに従えば、今回の最初に見せていただいた()の計算期間は5月1日~5月31日であり、4月1日~4月30日までの欠勤について清算が行われている。 が計上されていないのは中だからということになるでしょうか。 (なぜ3、4月はを支払ったか、やはり疑問が生じますが。 ) 2つ目の資料()は会社からの正式なではありませんよね。 例えば、3月1日~31日のを4月10日に支払うとき、会社によって「3月の給与」、「4月の給与」どちらで呼ぶかまちまちだったりします。 今回もよくわかりません。 これ以上、乏しい情報で想像だけで話をしてもしょうがないと思います。 私の不用意な回答で混乱をきたしたようで、みなさん申し訳ありませんでした。 どうせ匿名ですので、言い訳はこのくらいにしておきます。

次の