背中 と お腹 の 痛み。 ストレスが原因?背中の痛み|息苦しい、右側・左側だけ痛い…何科を受診?

胃が痛いし背中が痛い 原因は何?病院は何科に行けばいいの?

背中 と お腹 の 痛み

お腹が痛いとき、お腹のどの辺りが痛いかによって、原因として考えられる病気は異なります。 ここでは腹部を七つのブロックに分けて、考えられる病気をご紹介します。 みぞおち( 心窩部 しんかぶ )全体が痛い場合に考えられる病気 急性胃炎 ストレスや食生活の乱れなどによる胃酸の過剰分泌が原因で、胃の粘膜が荒れる病気です。 の代表的な症状は、上部腹痛(みぞおち周辺の痛み)、吐き気や嘔吐、、腹部膨満(腹部の張り)などがあります。 胃粘膜の炎症がひどくなって出血を起こすと、黒色便(便が黒くなる)が出ることもあります。 急性胃炎の方の胃粘膜の状態を内視鏡で観察すると、びらん(ただれ)やむくみ、 発赤 ほっせき (赤み)が見られます。 消化性潰瘍(胃潰瘍・十二指腸潰瘍) 食べ物を消化する胃酸やペプシンと呼ばれる酵素によって、胃や十二指腸の粘膜が傷つき潰瘍が形成される病気のことです。 みぞおちの強い痛みは・によく見られる代表的な症状のひとつです。 ほかにも、みぞおち周辺の不快感、吐き気や嘔吐などを経験する方もいます。 また、ひどくなると血管が傷ついて大量出血をきたし、血を吐いたり便が黒くなったりすることもあります。 お腹が痛くなるタイミングとして、潰瘍が胃の上部にある場合は食後、 幽門 ゆうもん (胃と十二指腸のつなぎ目)や十二指腸にある場合は空腹時(食前)に感じるといわれています。 急性虫垂炎(盲腸) 虫垂 ちゅうすい と呼ばれる腸の一部分が炎症を起こす病気です。 急性による腹痛は、最初はみぞおちあたりに生じますが、次第に右下腹部へと移動するのが特徴です。 ほかにも、吐き気や食欲不振、微熱も特徴的な症状といえるでしょう。 急性心筋梗塞 とは、心臓の壁に張り巡らされるように走行する冠動脈と呼ばれる血管が詰まることにより、心臓の筋肉に充分な血液が行き渡らなくなって最終的に壊死する病気です。 心筋梗塞では約半数の方に前駆症状(前触れ)があるといわれており、胸の痛みのほか、呼吸困難、息切れ、冷や汗、吐き気、嘔吐などの症状が生じます。 みぞおちの右側が痛い場合に考えられる病気 胆石症 胆嚢から分泌される胆汁(消化を助ける液体)が何かしらの原因によって固形化(もしくは砂状、液状化)したものがです。 胆石が胆嚢や胆汁の通り道である胆管にできた状態のことをといいます。 肝内結石 胆石が肝臓内の胆管にできると胆管結石のような症状が現れます。 は激しい腹痛や発熱などが起こることもあり、肝臓の機能が悪化すると 黄疸 おうだん が生じます。 また、長期化した場合はがんの原因になることもあります。 胆嚢炎と胆管炎 胆嚢や胆管が胆石や腫瘍などによって、胆汁の通り道が塞がれてしまうことがあります。 ここに雑菌が侵入して起こる炎症を胆嚢炎やといいます。 急性胆嚢炎では、上部腹痛や右肩の痛み、吐き気や嘔吐、発熱、ときに黄疸が生じます。 急性胆管炎の場合は、右側肋骨周辺を中心とする腹痛や黄疸が主な症状で、重症化すると低血圧や錯乱状態などの精神症状が現れます。 みぞおちの左側が痛い場合に考えられる病気 急性膵炎 膵臓が、自らが分泌する膵液という酵素によって消化されることによって起こります。 は激しい痛みが特徴です。 痛みには個人差がありますが、痛さのあまりその場にうずくまってしまう方もいます。 右もしくは左の脇腹が痛い場合に考えられる病気 尿管結石 尿を作る腎臓から膀胱につながる尿の通り道のことを尿管といいます。 とは、この尿管に結石が詰まることです。 尿管結石の症状は、結石が詰まっている側の脇腹や、背中から下腹部にかけて生じる激しい痛み、血尿、吐き気などです。 がある、男性、30~50代の方は、尿管結石のリスクが高いといわれています。 へその下が痛い場合に考えられる病気 卵巣出血 若い女性の場合、の可能性があります。 卵巣が成熟した卵子を排出する際、表面の部分に傷がつきます。 傷の量はごくわずかなため、通常であれば出血しないか、ごく少量の出血で済むのですが、何かしらの原因によって出血量が多くなったり、腹痛を伴ったりする場合があります。 卵巣出血の症状は腹痛と出血です。 特に腹痛は急激な下腹部痛であることが多く、出血がひどい方の場合はやショック症状を起こすこともあります。 子宮外妊娠 受精卵が子宮内膜以外の場所に着床して成立したのことを、()といいます。 現在は検査機器の精度が向上したこともあり、異所性妊娠は初期の段階で発見されるようになりましたが、受診の遅れなどによって発見されるのが遅くなり、受精卵の成長によって卵管が圧迫され破裂すると、腹痛や大出血を起こす可能性もあります。 子宮内膜症 子宮内部以外に子宮内膜の組織が発生する病気です。 周辺の組織と癒着を生じるため、下腹部に慢性的な痛みを引き起こします。 また、月経時に痛みが強くなるのも特徴のひとつです。 30~34歳頃に発症することが多く、不妊の原因になることもあります。 お腹の左側が痛い場合に考えられる病気 便秘 便秘は腸の運動異常や水分不足が原因です。 便秘の定義はさまざまですが、3日以上便が出ていない状態のほか、毎日便が出ていても残便感がある状態、便の出る間隔が不規則な状態、出る便の水分量が少なく硬い状態なども便秘の症状といわれています。 便秘が続くと腹部の張りや不快感などによって、精神的、身体的にも悪影響が出ます。 お腹全体が痛い場合に考えられる病気 腹膜炎 腹膜に炎症が生じる病気です。 お腹全体に非常に強い痛みが生じ、歩いたりすることでお腹に刺激が加わると痛みが増すのが特徴です。 また、お腹は全体的に板のように固くなり、押すと跳ね返すように無意識のうちに力が入るようになります。 治療が遅れるとなどに進行して死に至る危険もあります。 原因は多々ありますが、やなどお腹に炎症が起きる病気や、がん、消化管 穿孔 せんこう (穴が開く)などが挙げられます。 痛みが強いときは病院を受診 以上のように、お腹の痛みにはさまざまな病気が考えられます。 痛みが引かないときや、激痛が生じているときは、早めに病院を受診することを検討しましょう。

次の

背中と右脇腹が痛いのは繋がっている?内臓の悲鳴を聞き逃さないで!

背中 と お腹 の 痛み

背中の痛みいろいろ 一口に背中が痛いといっても、痛みの種類はさまざまです。 まず、「痛む位置」による違いがあります。 背中は体のなかでも面積の広い部分。 右上、右下、左上、左下、中央など、背中のどのあたりが痛むのかによって、考えられる原因は違ってきます。 また、「痛み方」による違いもあります。 急に強い痛みがあらわれる場合もあれば、強くはないものの長い期間ずっと痛んでいる場合、いつもではなくときどき痛む場合など、こちらもさまざまなパターンがあります。 そして、場合によっては命にかかわる重い病気の恐れもあるので、注意しなければなりません。 もし、今背中に痛みを感じていて、なおかつ ・急にがまんできないほどの痛みがあらわれた ・痛みの感じがいつもと違う ・痛む位置が、時間が経つにつれて変わってくる ・胸の痛み、高い熱、冷や汗、息苦しさ、意識がなくなりそうになるなど、ほかの症状もある といったことがあれば、迷わず救急車を呼ぶなどして、すぐに診察、治療を受けてください。 このコラムでは主に、緊急性の高くない、日常でよくみられる背中の痛みについて、痛みの種類や、病院にいくべきかを考えてみます。 原因別痛み方の例 それでは、それぞれの場合で、どんなケガ、病気が考えられるのか、主な例を挙げてみましょう。 背中の筋肉や神経、骨のせいで痛い! 重いものを持ち上げたり、はげしい運動をしたりといったことがきっかけで、背中と腰にある関節やを支える筋肉、靭帯(じんたい)に急な負担がかかると、ぎっくり腰ともよばれる急性腰痛症になることがあります。 痛みの程度はさまざまで、一時的に動けなくなることもあります。 背骨が体自体の重さに耐えられなくなり、自然に折れてしまう圧迫骨折をおこすこともあります。 骨がもろくなっている高齢の方に多くみられ、「いつのまにか骨折」とも呼ばれます。 背骨のなかでクッションの役割を果たしている椎間板(ついかんばん)という部分が、つぶれたり、変形して飛び出したりすると、椎間板ヘルニアという状態になります。 背中、腰の痛みに加えて、手足のしびれもみられるのが特徴です。 皮膚のせいで痛い! みずぼうそうのウイルスが皮膚に水ぶくれをつくり、ヒリヒリと痛くなる帯状疱疹(たいじょうほうしん)という病気があります。 背中には、この帯状疱疹の症状があわられやすく、体の右側、もしくは左側に、片側だけ、横向きに症状が広がっていくのが特徴です。 内臓のせいで痛い! 内臓の異常からくる背中の痛みでもっとも気をつけなければならないのが、心臓や大動脈の病気によるものです。 背中だけでなく、胸も痛んだり、息苦しさもある場合は、心筋梗塞や狭心症、大動脈解離(だいどうみゃくかいり)、肺塞栓症(はいそくせんしょう)など、重い心臓の病気かもしれません。 この場合は、早急に医師の診察を受ける必要があります。 すい臓や胆のうの異常でも、背中が痛むことがあります。 背中に加えて、みぞおちも痛む場合はすい炎、お腹の右上が痛み、吐き気もある場合は胆のう炎の疑いがあります。 尿の通り道に小さな石(カルシウムなどが固まったもの)ができると、尿路結石という状態になり、背中から腰周りにかけて、はげしい痛みがあらわれます。 さらに、この状態を放っておくと、腎臓の一部に細菌が溜まり、腎盂腎炎(じんうじんえん)という重い病気にかかることもあります。 このように、内臓の異常が原因で背中が痛む場合は、重い病気にかかっている、もしくは、その兆候のある恐れが高くなっています。 ためらわず、すぐに病院へいってください。 科目で迷わず、まずは受診を! 背中の痛みで病院にいく場合、これといって原因に心当たりがなければ、最初は何科にかかっても問題ありません。 かかりつけ医など、信頼のおける医師に相談してみるとよいでしょう。 持病などで通院の習慣があれば、その際に、背中が痛むことを伝えてみるのも一つの方法です。 「直前にぶつけた」、「重いものを持ったとたんに痛くなった」など、ケガによるものとはっきりしていれば、整形外科がいいでしょう。 また、皮膚に水ぶくれができていれば皮膚科など、原因が目で見てわかるときも迷うことはありません。 しかし、そういった場合以外は、本当にあらゆる可能性が考えられるのです。 複数の原因が絡んでいることも珍しくありません。 必ずしも、痛みの原因に直接対応できる医師に一発でたどりつく必要はないのです。 「何科で診てもらえばいいかわからない」、「間違っていたらどうしよう」といった理由で受診を先延ばしにし、症状を悪化させてしまうことの方が問題なのです。 セルフケアーは診断のあとで 背中の痛みに対して、病院などで受ける「治療」とは別に、ストレッチなどの「セルフケアー」をおこなっているという声もよく耳にします。 特に、慢性的な痛みを抱えている患者さんには、なんらかのセルフケアーをとりいれている方が多いようです。 ただし、効果が期待できるのは、症状に適していて、なおかつ正しいやり方でおこなわれている場合に限ります。 症状と合っていなかったり、やり方が間違っていたりすると、効果がないばかりか、余計に悪くしてしまうこともあります。 一度、医師に診てもらったうえで、正しいやり方を教えてもらってからおこなうのがよいでしょう。 自己判断、自己流は、あまりおすすめしません。 また、セルフケアーは、あくまで日々の調子を整え、それ以上悪くならないようにするためのものです。 続けたからといって、痛みが完全になくなるわけではありません。 慢性的な痛みにも原因はあります。 その場しのぎを繰り返すのではなく、医師と相談しながら、根本的に治すことを考えるのも必要です。 もちろん、急に痛みが増したり、いつもとは違う痛みがあらわれたりしたときには、すぐに中止して、病院へいってください。

次の

胃が痛いし背中が痛い 原因は何?病院は何科に行けばいいの?

背中 と お腹 の 痛み

背中の右には臓器がある 背中がつったりこっているのは、 姿勢や筋肉のこわばりであるこ とが多いようです。 背中の右側には、胆嚢があり腎 臓もあります。 これらが疲労する事で、背中の 右側に痛みを感じるようになる のです。 胆石 肝臓の下にある小さな臓器で、 身体の右にあるために、ここに 障害が起きると 背中の右に痛み が表れます。 脂質や糖質が多い食事が多いと、 胆汁が上手く脂肪を分解できず に固まってしまうことがありま す。 小さなものは特に問題はないの ですが、入り口に詰まると激痛 が走るようになります。 黄疸が出るので、痛みの前に気 づきやすい事もあります。 強い痛みと冷や汗、発熱等も表 れます。 食事をして胆汁が分泌されると、 胆石が移動して痛むと言われて います。 早期に発見すれば、治るので病院 を受診してください。 腎結石 腎臓は汚れを濾過する働きをする 大切な臓器で、尿に老廃物を含ま せ排出していきます。 尿管に結石が出来ると、排尿痛が ありますが腎臓に結石が出来ると 背中の右側に痛みが表れます。 腎臓から結石が落ちると尿管結石 になるのですが、留まる事も多く 痛みが強く出るようです。 腎盂腎炎 腎臓や腎孟に細菌が入り込むと、 炎症を起こしてしまいます。 膀胱炎から発症しやすく、抵抗力 が落ちてしまうと腎孟腎炎になる 事があります。 腎臓に細菌が感染すると、背中の右 側から脇腹に強い痛みを感じるよう になるようです。 膀胱炎と同時に発症する事が多いの で、排尿痛が出たら速やかに病院で 治療を始めましょう。 スポンサーリンク 帯状疱疹 ヘルペスウィルスにより、背中から 腹部にかけて表れてしまう湿疹です。 左右の片側に出やすく、神経に沿って 帯状の赤い湿疹と痛みが表れます。 水ぼうそうに一度なった人が起こしや すく、ストレスが引き金で起きやすい と言われています。 神経痛のような痛みが特徴で、ピリ ピリする事や皮膚に湿疹が出るので 分りやすい症状です。 皮膚科で治療を行えるので、直ぐ に診察をして治しましょう。 疲労が蓄積すると背中に痛みが出やすくなる 疲労や身体の歪みも背中の痛みの 原因になります。 概ね、右にある臓器が原因である 事がありますが、歪みにより左右 のどちらかに負担がかかってしま い、痛みが表れるようになります。 首や肩のこりも、放置すると背中 の痛みに繋がるので、適度に身体 を動かして筋肉を鍛えるのも良い ですね。 痛みは内臓からのサイン 身体を動かして痛みがあるのは、姿勢や 筋肉のこわばりが原因です。 特に身体を動かさなくても、痛みが起 きるのは身体からのサインだと思いま しょう。 内臓が疲労すると、何とかして正常に 働こうと頑張ってしまいます。 これが、内臓の筋肉を使わせてしま い痛みとなり表れるのです。 内臓は左右に分かれているので、右が 痛く感じるなら右にある内臓が疲れて いるということです。 酷使しすぎると、内臓の働きが鈍くな るので徐々に痛みを感じるようになり ます。 継続した痛みが長引くのなら、 早急に病院に行って診察を受けまし ょう。 まとめ 左の背中が痛くなるのは、心疾患の恐れ や、すい臓に問題がある事が多いのです が右は胃腸や腎臓に何等かのストレスが かかっていることが多くなります。 いずれにしても、不調は早めに病院で検査 を受け解決するのが一番大切な事なのです。 24ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ: ,• 5ビュー カテゴリ: ,• 4ビュー カテゴリ: ,• 4ビュー カテゴリ: ,• 4ビュー カテゴリ: ,• 3ビュー カテゴリ: , ,• 3ビュー カテゴリ: ,• 3ビュー カテゴリ: ,• 3ビュー カテゴリ: ,• 3ビュー カテゴリ: ,• 3ビュー カテゴリ: , ,• 3ビュー カテゴリ: ,• 3ビュー カテゴリ: ,• 3ビュー カテゴリ: ,• 3ビュー カテゴリ: ,• 3ビュー カテゴリ: ,• 2ビュー カテゴリ: ,• 2ビュー カテゴリ: , ,.

次の