キュ レーション iphone。 iphoneの地図の方角が狂っている場合の原因と対処

スマホのディスプレイの色味が端末によって違う理由

キュ レーション iphone

ソフトバンクのiPhoneを機種変更できるところ ソフトバンクのiPhoneを販売している場所は、主にソフトバンクショップ、家電量販店などの店舗型。 また、ネット上で手続き購入ができるソフトバンクオンラインショップがあります。 ここでは、それぞれの特徴とメリットを含めて紹介します。 ソフトバンクショップや家電量販店などで購入することができます。 ソフトバンクショップの場合、基本的に最新機種は一通り揃っており、 ソフトバンクの料金やプランサービスの知識がしっかりとある店員さんにアドバイスをもらうこともできます。 どの料金プランが自分にあっているのか、現在どんなキャンペーンがあるのかなどを直接対人できけるのもソフトバンクショップのメリットですね。 また、他キャリアの端末も置いているのでそれらと比較しながら自分にあった端末を選べます。 また、 家電量販店で使える独自ポイントのキャッシュバックがあったりもします。 こちらは店舗ごとに様々なキャンペーンを展開しています。 割引額が大きいところもあるので、TwitterなどSNSで配信されている情報を見てみるとお得です。 有料コンテンツ加入が条件となるキャンペーンも多いので、契約時にしっかり確認し、不要なものは後日解約するのをお忘れなく。 契約するプランがすでに決まっているなら、ショップに行く時間がない人でもお手軽にすみますね。 わからない点がある場合でも、 オンラインのチャットサポートがあるのでちょっとしたことなら解決するでしょう。 ある程度知識がある人なら、マニュアルの説明を受けることもなく手続きが終わるので一番ラクかもしれません。 なので、既に2年間以上同じ端末を使っているという人はいつ機種変更をしても基本的には問題ないです。 ただし、 端末の割引にはいっている場合には、ベストな機種変更の時期があります。 それぞれ割引を最大でうけられるタイミングでの機種変更することがもっともお得になります。 また、現在利用している端末の代金支払いが完済していない状態で新機種へ機種変更をすると、新旧の端末代金を重複で支払うことになってしまうので、なるべく無駄を省くためにもチェックしておきましょう。 そのため、「何がなんでも最新機種が欲しい!」という人でなければ、1つ前のモデルを安く購入するチャンスです。 また、「iPhone XR」「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」は値下げされ、購入しやすい価格になりました。 大手キャリアでも割引額が増額しているので、最新機種にこだわらないならお得に買い替え・機種変更ができます。 このように 最新機種の発売直後は旧機種の狙い目になっています。 ソフトバンクのiPhoneの料金シュミレーション ソフトバンクでiPhoneを購入する場合の月額の料金を試算してみましょう。 今回は、 iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 8の3機種でシュミレーションしました。 ちなみにソフトバンクでは2019年9月13日から契約期間も解除料金もかからない新プランが発表されました。 シュミレーションの金額は新プランに基づいて解説していきます。 トクするサポートを活用することで実質半額で最新のiPhone 11シリーズもゲットすることができますので、2年スパンで最新モデルへの買い替えをしていきたい人にはおすすめです。 ソフトバンクでiPhoneをお得に機種変更できるキャンペーン ソフトバンクでiPhoneを購入する際には、様々なキャンペーンが適用でき、よりおトクになる場合があります。 ソフトバンクのiPhoneをお得に機種変更するために、適用したいキャンペーン情報を紹介します。 トクするサポート トクするサポートは、最新のiPhoneを48カ月の分割払いで購入し、25カ月目以降に購入したiPhoneの返却と新たに対象機種をソフトバンクから購入すると、その時点で残っている分割支払金(最大24回分)の支払いが不要になります。 加入条件 ・対象機種を48回割賦で購入すること ・トクするサポートに購入時点で申し込むこと 48回払いの半額が免除されるという部分だけを見るとかなりお得な感じですが、特典を利用する際には再度ソフトバンクから新しい機種を購入する必要があるため、基本的にずっとソフトバンクに加入し続ける必要があります。 なお、ソフトバンクの回線を契約していなくても(ソフトバンクユーザー以外も)端末の購入ができます。 ただし、100日間はSIMロック解除ができないので、この期間はソフトバンク系の回線でしか利用できないので注意が必要です。 下取り機種に応じてPayPayボーナスが付与されます。 対象となる機種はiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5です。 普通に機種変更するよりもお得になるので、今まで使っていた機種を使わないのであれば下取りしてもらったほうがよさそうですよね。 条件としては以下のものが挙げられます。 ・機種変更で指定機種を購入すること ・機種変更前の機種をソフトバンクで購入していること ・下取り対象機種の査定を完了していること ・製造番号(IMEIなど)が確認でき、改造などメーカーの保証外ではないこと ・対象機種が正常に動作し、初期化および各種ロックが解除されていること ・PayPayアカウントを登録していること 下取り対象のiPhoneの金額は以下のようになります。 下取り対象機種 ボーナス付与額 正常品 破損品 iPhone XS Max 40,800円相当 12,240円相当 iPhone XS 34,800円相当 10,440円相当 iPhone XR 28,800円相当 8,640円相当 iPhone X 24,000円相当 7,200円相当 iPhone 8 Plus 19,200円相当 5,760円相当 iPhone 8 14,400円相当 4,320円相当 iPhone 7 Plus 14,400円相当 4,320円相当 iPhone 7 9,600円相当 2,880円相当 iPhone 6s Plus 7,200円相当 2,160円相当 iPhone 6s 4,800円相当 1,440円相当 iPhone 6 Plus 4,800円相当 1,440円相当 iPhone 6 3,600円相当 1,080円相当 iPhone SE 3,600円相当 1,080円相当 iPhone 5s 2,400円相当 720円相当 iPhone 5c 1,200円相当 360円相当 iPhone 5 1,200円相当 360円相当 対象機種ごとでボーナス付与金額が異なりますが、かなり古いiPhoneでも下取りしてくれるのは嬉しいですね。 下取りプログラム(のりかえ) 下取りプログラム(のりかえ)は、 ソフトバンクにのりかえ(MNP)した時に、それまで機種を下取りに出すことで割引されるというキャンペーンです。 のりかえの対象となるiPhoneはiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5です。 適用条件は以下の通りです。 ・他社からののりかえ(MNP)と同時にソフトバンクでスマートフォン、ケータイを購入 ・データ(パケット)定額サービスへ加入(家族データシェアの子回線は除く) ・MNPの翌月末までに下取りの申込みをすること ・下取りの対象機種が正規に購入されていること ・申し込みする人が下取り対象機種の所有権を保有していること ・製造番号(IMEIなど)が確認でき、改造などメーカーの保証外ではないこと ・2017年6月30日以降に「スマホデビュー割」「スマホデビュープラン」が適用された場合、iPhone またはスマートフォンを下取り対象機種として本キャンペーンに申し込みはできない ・電源が入らない、初期化されれていない(各種ロックが解除されていない)機種は下取りプログラム(のりかえ)での下取りはできない ・・PayPayアカウントを登録していること ソフトバンクへMNPする際に指定のプランに加入し、対象機種を下取りに出せばOKなので、普通に購入して使用し、完動品であればまず問題はないでしょう。 下取りプログラム(のりかえ)の対象iPhoneと特典金額は以下になります。 下取り対象機種 ボーナス付与額 正常品 破損品 iPhone XS Max 40,800円相当 12,240円相当 iPhone XS 34,800円相当 10,440円相当 iPhone XR 28,800円相当 8,640円相当 iPhone X 24,000円相当 7,200円相当 iPhone 8 Plus 19,200円相当 5,760円相当 iPhone 8 14,400円相当 4,320円相当 iPhone 7 Plus 14,400円相当 4,320円相当 iPhone 7 9,600円相当 2,880円相当 iPhone 6s Plus 7,200円相当 2,160円相当 iPhone 6s 4,800円相当 1,440円相当 iPhone 6 Plus 4,800円相当 1,440円相当 iPhone 6 3,600円相当 1,080円相当 iPhone SE 3,600円相当 1,080円相当 iPhone 5s 2,400円相当 720円相当 iPhone 5c 1,200円相当 360円相当 iPhone 5 1,200円相当 360円相当.

次の

写真アプリの「キュレーション」って何ですか?

キュ レーション iphone

キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の 頭金0円で断然お得!• > 読了時間:約 2 分 毎年、秋になると新機種が発表される新型iPhone。 これらの最新iPhoneを手に入れるには、Apple Storeで直接端末を購入して格安SIMを契約して使用する方法、またはドコモ・au・ソフトバンクの大手携帯キャリアから発売されている新型iPhoneを購入し、これらのキャリアと契約する方法などがあります。 特におすすめの購入方法はauで最新iPhoneを購入・契約することです。 auは月額使用料やプランが明朗でわかりやすく、iPhone購入で適用される特典も多いからです。 この記事では、auで最新のiPhoneを購入した時の月額料金の目安や、料金プラン・オプションの選び方をご紹介します。 廉価モデルのiPhone XRは10月19日に予約が開始される予定です。 もはやパソコン並みのストレージを誇るハイクラスiPhoneとして、大きく注目されています。 auで購入したiPhoneの月額利用料金の目安 端末のデータ容量によって、auでiPhoneを購入した場合の月額料金の目安は変わってきます。 最新機種であるiPhone XS、iPhone XS Maxと、以前の機種であるiPhone 8、iPhone 8 Plusの端末料金はいくらになるのか調べてみました。 なお、 auでは分割支払いでも利息は一切かからないので、一括払いでも分割払いでも支払い総額は変わりません。 iPhone XSの端末価格 auで最新機種iPhone XSを購入した場合の端末価格をみてみましょう。 64GBモデル 支払い総額: 128,640円 分割支払金: 2,680円(48回分割) 256GBモデル 支払い総額: 146,880円 分割支払金: 3,060円(48回分割) 512GBモデル 支払い総額: 171,840円 分割支払金: 3,580円(48回分割) iPhone XSの価格は1つ前の機種iPhone Xとほぼ変わりませんので、iPhone Xの購入を考えていた人は最新のiPhone XSを購入するほうが絶対におすすめです。 iPhone XS Maxの端末価格 次に、最上位機種のiPhone XS Maxを購入した場合の端末価格です。 64GBモデル 支払い総額: 141,600円 分割支払金: 2,950円(48回分割) 256GBモデル 支払い総額: 159,840円 分割支払金: 3,330円(48回分割) 512GBモデル 支払い総額: 184,800円 分割支払金: 3,850円(48回分割) iPhone 8の端末価格 64GBモデル 支払い総額: 91,440円 分割支払金: 1,905円(48回分割) 256GBモデル 支払い総額: 109,680円 分割支払金: 2,285円(48回分割) iPhone 8 Plusの端末価格 64GBモデル 支払い総額: 103,200円 分割支払金: 2,150円(48回分割) 256GBモデル 支払い総額: 121,680円 分割支払金: 2,535円(48回分割) アップグレードプログラムEXでiPhoneの代金が半額になる 画像引用元: auの端末購入代金で気になるのは、 分割払いの場合の契約期間が4年間ということです。 一般的に、 端末の分割支払いは2年での支払いとなっています。 auの場合は、その倍の4年間なので、そこだけを聞くとauはおすすめできないと感じられるでしょう。 しかし、そこにはau独自のサービスである 「アップグレードプログラムEX」というサービスの存在があります。 このサービスは、月々390円(非課税)払うと、 25ヶ月目に機種変更した場合、端末金額が現金購入の半額になるというオプションサービスになります。 例えばiPhone XSの256GBを購入した場合、4年間分割で支払った場合や現金一括で支払った場合、通常146,880円の端末料金を支払うことになります。 またiPhoneに限っては、 「アップグレードプログラムEX(a)」というオプションも導入されており、端末代金の支払いを48ヶ月ではなく24ヶ月で契約した場合、1年で機種変更が可能となります。 iPhoneは毎年最新機種が発売されるので、アップグレードプログラムEX(a)は常にiPhoneの最新バージョンの機種を手に入れたいというコアなiPhoneユーザーにおすすめのオプションといえます。 しかもうれしいことに、この アップグレードプログラムEX(a)は通常なら月額390円かかるプログラム料金が無料となっています。 加入条件や適用条件についての詳しい説明は、auの公式ホームページを参考にしてください。 au公式サイト: auが打ち出した「auピタットプラン」と「auフラットプラン」とは? auで最新のiPhoneを購入した時にかかる端末代金をご紹介しました。 購入代金については月々2,000円〜3,000円台というのが、分割で支払った場合の相場になるようです。 この端末代金以外にかかる金額として存在するのが、 基本使用料というものになります。 基本使用料には、通話に必要な通話使用料と、インターネットを利用するための通信使用料のことをいいます。 auの料金プランはこれまで複雑なプランが多かったのですが、意識高すぎ!高杉くんのCMでもよく目にする「 auピタットプラン」と「 auフラットプラン」の2つのプランが、一番お得にiPhoneを利用できるプランとなっています。 それぞれどんなプランなのか、みていきましょう。 auピタットプラン auピタットプランとは、 データ利用料に応じて、自動的に定額料が変動するプランとなっています。 データ容量の設定は「〜1GB」「〜2GB」「〜3GB」「〜4GB」「5〜20GB」となっており、この範囲内でデータ通信が収まるのならばauピタットプランはおすすめです。 これに通話プランが3種類つけられており、スーパーカケホorカケホorシンプルプランでそれぞれ月額利用料の相場が変わるようになっています。 それぞれの特徴は以下のようになります。 スーパーカケホ・・・24時間国内通話が1回5分以内かけ放題• カケホ・・・24時間国内通話完全かけ放題• シンプル・・・話した分だけ通話料がかかる 通話も通信もほとんどしないという人ならば、auピタットプランのシンプルで契約すると、端末購入代金に加えて、 月々2,980円で最新のiPhoneを利用できるようになります。 ただし、諸々の割引条件などが重なると、 スーパーカケホのプランが1年目は最低1,980円で利用できるようになります。 通話をあまりしない人でも、割引が適用となることで、カケホやスーパーカケホのプランで契約した方がお得となる場合があるので、用途だけではなくかかる金額も見積もりしてもらってからプランを選ぶようにしましょう。 auフラットプラン 一方、auフラットプランは データ通信が毎月多い人に向けたプランとなっています。 それぞれの金額は次のようになっています。 25GBというデータ容量に加えて、映画やドラマ見放題のNetflixベーシックプラン(通常月額702円)とauビデオパス見放題プラン(通常月額562円)が含まれていてお得なプランです。 そして、大画面有機ELディスプレイで画質が非常に良いiPhone上位機種で動画を好きなだけ楽しむことができます。 今だけ「iPhoneギガトクキャンペーン」でさらにお得 画像引用元: iPhone購入と同時に申し込むことができる「iPhoneギガトクキャンペーン」は、2018年11月30日までの限定キャンペーンです。 気になる内容は次のようになっています。 ポイント auの料金プラン「フラットプラン」と「ピタットプラン」の違いを徹底的に比較解説しています。 ご自身に合ったプランが分かるかと思いますので参考にしてください。 auで最新iPhoneを購入するときに入っておきたいオプション その他にも、auで最新のiPhoneを購入する時には、色々なオプションが用意されています。 オプションの数が多すぎてよくわからないという人のために、iPhoneを購入する人におすすめのオプションをご紹介します。 つまり、どちらかのプランを選べば、無条件でこの割引オプションが付いてくることになります。 最新機種を手に入れる人には嬉しいオプションの1つです。 au公式サイト: アップグレードプログラムEX/EX(a) 端末代金の項目でご紹介したオプションになります。 アップグレードプログラムEXの場合は月々390円、アップグレードプログラムEX(a)の場合は無料でこのオプションに加入することができます。 au公式サイト: 下取りプログラム すでに使っているauの端末を下取りに出すことで、 auWALLETポイントで還元してくれるサービスとなっています。 現在iPhoneを使っている人が、最新のiPhoneを購入したい場合は、下記金額で使用中のiPhoneを下取りしてくれます。 iPhone X=63,720円• iPhone 8 Plus=39,960円• iPhone 8=33,480円• iPhone 7 Plus=23,760円• iPhone 7=23,760円• iPhone 6S Plus=14,040円• iPhone 6S=14,040円• iPhone 6 Plus=11,880円• iPhone 6=8,640円• iPhone SE=7,560円• iPhone 5S=2,700円• iPhone 5=2,700円• iPhone 4S=2,160円 上記の金額は、あくまでも 画面が割れていない場合に限ります。 画面場合の金額や、現在Android端末を使っている場合の下取り価格については、aunホームページを参考にしてください。 au公式サイト: テザリングオプション auのiPhoneをWi-Fiルーターとして使用し、PCやタブレットを外出先で使用したい人には、 テザリングオプションの契約をおすすめします。 テザリングオプションは、月々500円でiPhoneのLTE回線を使用して、パソコンやタブレットをインターネットに接続することができるようになります。 Wi-Fiルーターを別で持っている人は、解約してテザリングオプションにした方が断然お得です。 auピタットプランを契約している場合は、すぐに容量をオーバーしてしまう可能性があるので、auフラットプランと組み合わせて利用するのが理想の使い方です。 AppleCareは、Appleが提供するサポートのサービスとなっており、 2年間正規サポートが受けられるものです。 電話やチャットでの質問が無料という技術的なサポートから、iPhone本体やバッテリー、付属アクセサリの保証がつくサービスです。 又、修理が必要な場合も、通常よりもお得な価格で修理を受けることもできます。 さらにau端末サポートでは、2年で切れてしまったAppleCareのサポートを、さらにauが独自に2年間同等のサポートをしてくれるサービスとなっています。 つまり、4年間、端末に何かあった場合はサポートしてもらえるのです。 下取り価格を見てもらっても分かる通り、iPhoneはとても高価な物です。 それを知っている人からは、盗まれてしまったり勝手に売られてしまったりということも十分に考えられます。 そんな時に、このオプションに加入していないと、 残金を払ったまま、新しいiPhoneを購入しなければなりません。 auスマートパスもおすすめ 自宅のインターネット回線やケーブルテレビサービスやauスマートポートに加入している場合は、auスマートバリューの対象となります。 auスマートバリューとは、iPhoneなどの携帯電話サービス以外の、auが提供するサービスを契約した人が受けられるサービスとなっています。 auスマートバリューのいいところは、 家族全員が対象となるところです。 家族でauで揃えて契約しておけば、最大毎月2,000円の割引を受けられるのだから、かなりお得なサービスだといえるでしょう。 まずはお支払い額のシミュレーションから行うようにしよう auでiPhoneの最新機種を購入する前に、auホームページで支払額のシミュレーションをしてみましょう。 現在自分が支払っている料金と、該当するところにチェックを入れていくと、最終的に支払う金額が表示されます。 そこでよく比較検討するなら、お得で最適なプランを選ぶことができるでしょう。 au公式サイト: auで最新iPhoneを購入した場合の月額料金は7,000円〜10,000円が目安 iPhoneの機種や容量、料金プランの選び方やオプションの種類にもよりますが、auで最新iPhoneを購入した場合の月額料金の目安は、概ね7,000円〜10,000円だといえるでしょう。 auは、機種変更や利用料金プランによって様々な割引が付いているので、大手キャリアの中では比較的お時に最新のiPhoneを手に入れることができるはずです。 また、アップグレードプログラムを有効に使うことで1年毎に最新にiPhoneに機種変更をすることも可能など、iPhoneユーザーにとっては嬉しいオプションも充実しています。 この記事を読んだ人におすすめの記事• 新型iPhoneの発売がウワサされています。 新型機種への期待や関心は高まる一方ですが、実のところ新型iPhoneの発売にともなうiPhone 8とiPhone […]• 2018年の新型iPhone(iPhone XS、iPhone XS MAX、iPhone XR)が発表されました。 今回の3機種のうち、iPhone XSとXS MAXについては9月21日に発売されます。 しかしiPhone XS、XS […]• iPhone X・iPhone8が登場してから早いもので半年が経ちます。 機能も安定してきており、評判も上がってきているこの2つの機種について、今回は機種変更にまつわる注目ポイントについて解説していきます。 iPhone […]• 後発で出たレッドはスペシャル製品として高い知名度があり、iPhone […]• iPhone […].

次の

【iPhone】アプリのキャッシュを削除する方法

キュ レーション iphone

今後はディスプレイの色味もチェックしなければ。 OnePlus 5Tには、ディスプレイの色味を調整する5種類のオプションが搭載されていますし、Google(グーグル)もPixel 2 XLのディスプレイにさらに色味の強いカラーモードを追加しようとしています。 一方で、ディスプレイ検証団体のは、Phone Xのディスプレイはどのスマホよりも優れた色味調整機能をもつとも評価していますね。 では、 なぜここ最近急にスマホディスプレイの色が注目され始めているんでしょうか? 米ギズモードのDavid Nield記者が、あまり知られていないスマホディスプレイの色についてまとめてくれています。 まず、私たちが今まで以上にディスプレイの色味を気にするようになった理由の一つが、 ここ最近スマホのLCD(液晶ディスプレイ)が徐々にOLED(有機EL)ディスプレイに移行しつつあるからなんです。 もともと、両方とも長い間存在していましたが、Apple(アップル)やLGなんかが今年に入って切り替えてきていることもあり、OLEDの方がより優勢になっています。 おっと、ここでLCDとOLEDそれぞれのメリット、デメリットについて語るつもりはありません(にも書きましたしね)が、色味の調整という観点では、 一般的にOLEDの方がより広い色域を出せるということは知っておいて損はないでしょう。 それはつまり、OLEDディスプレイの方が彩度(飽和度)の強いものになりやすいということでもあります。 そしてそれが、大抵の人が好みがちな「明るくて鮮やな色」へのニーズと、「実物に近い自然の色」へのニーズとの間で起こる議論に関係してくるんです。 普段はほとんどの人が、スクリーンに映る絵が飛び出したような、色鮮やかな方を好むんですが、写真を撮影するのにスマホを使ったり、オンラインショッピングで品定めしたりする時には、自然色の方が重要だったりするんです。 だからこそ、より多くのスマホが色味の選択肢を広めに設けるようになってきているというわけです。 そう、これはTVの設定と同じことです。 ただ、どのモードが一番自分に合っているかを判断する前に、「 色域」とそれに関連する(だけど実はかなり異なる)「 色空間」の考えについて理解する必要があるでしょう。 色空間と色域 Image: デバイスやTVでは一般的となった3つの色空間 スマホやモニターなどのデバイスの色というのは、関連する2つのある考えによって成り立っています。 それが、「」と「」です。 実際、どちらもかなり近しい考えですし、時には同じものとして語られることもあったりします。 ですが、厳密には異なるものなんですよ! 「色空間」というのは、色を組織する特定の方法のことを言います。 「sRGB」、「Adobe」、「RGB」、「rec. 709」、「DCI-P3」など、部分的には聞いたことがあるんじゃないでしょうか? 色空間は数学的に形成されることもありますし、恣意的なこともあります。 たとえば、Pantoneの色空間とかね。 全ての色空間がそれぞれ「色域(空間の中の具体的な色の範囲)」というものを持っているがために、一見つながっているとも捉えられるんです。 たとえばクレヨンの箱が、無限に存在するはずの色を選択的にいくつか絞っているように、イメージやディスプレイにおける色空間とその色域も同じ考えです。 広い色域は、より彩度の高い色ということです。 クレヨンの箱の中に、より色の濃いクレヨンを含んでいるということですね。 ただ、単にディスプレイが特定の色空間を持つことができると主張するからといって、それが全色域を表現することができることにはなりません。 LCDとOLEDディスプレイは両方ともDCI-P3を出せるかもしれませんが、OLEDはより幅広い色を表現できますので、色空間の色をより正確に再現することができるのです。 より多くのクレヨンの色が利用可能だということですね。 過去、ほとんどの全てのスマホのディスプレイは、 工場出荷時に定められた1種類の色空間と色域しか搭載していませんでしたが、今やOLEDディスプレイのトレンドと合わせて、多くのスマホが追加のモードを足してきているんです。 アプリとOSも同じく、よりこの幅広い色空間を識別できるように対応してきています。 スマホ上での色 Image: では、これらがどうやって私たちのスマホに反映されるのでしょうか? 実は、スマホのディスプレイ上で私たちが「赤を赤」と認識したり、「青を青」と認識したり、そして「緑を緑」と認識するのには、それを成り立たせる いくつかの要素が存在するのです。 それは、明るさ設定から日中の色、設定されている色空間(と色域)まで、あらゆるもの全てです。 たとえば、ユーザーによって変えられる豊富な色調整オプション(「Adaptive Display」、「AMOLED Cinema」、「AMOLED Photo」、「Basic」)を搭載しているGalaxy Note8はいい例ですよね。 もし、あなたのスマホにこれらと似た設定オプションが備わっているようであれば、設定のディスプレイ欄から見つけられるはず。 もし見つけられないようであれば、おそらくあなたのスマホには備わっていない機能なんでしょう。 これらのオプションそれぞれがディスプレイ上での色空間と色域を変えてくれます。 Note8の場合で見てみましょう。 まず「Basic」は、現在はほとんどの一般コンテンツに使用され、王道となった(Microsoft(マイクロソフト)とHPが開発)の色空間と合います。 「AMOLED Cinema」は最も新しい色空間のと合いますね。 ほかのスマホだっていろいろ搭載していますよ。 OnePlus 5Tは、sRGB、DCI-P3を含む5つのモードから選べますし、iPhone XはsRGBとDCI-P3両方をサポートしています。 iPhoneの場合、切り替えはアプリの必要性に応じてiOSが自動で行なってくれるんですから。 さすが、Apple(アップル)と言ったところでしょう。 Android Oreoは、Androidの中でも初めてsRGB以上の色空間をサポートしたバージョンですが、あくまでサポートしているのは特定のアプリ上のみとなっています。 もしかしたら、これが、多くの人が初めてPixel 2のスクリーンを見つめた際に多少色が薄く感じる理由の1つなのかもしれません。 さらに広い色空間を持つDCI-P3の方にも対応しているかもしれませんが、もっと一般的で、それほど鮮やかでもないsRGBの方で表現されることになるでしょう。 Googleは、すべてのアプリ上でDCI-P3の色域を適応できるようにするためのアップデートをかけようとしていますが、 色の精度が悪くなる可能性があるとも警告しています。 つまり、いくつかの色が、配列されていない色空間に引き伸ばされてしまう可能性があるということです(スマホ上のオンラインショッピングからセーターなんかを買おうとしている人は要注意かも)。 今のところは、Android 8. 0のデバイス上で広い色域をもつ色空間を使うことができるようになるアプリ「」を使うといいでしょう。 全体的により濃くて鮮やかな色合いに見えるはずです。 ディスプレイの色を調整する Image: もう一つ考慮すべき要素があります。 それが、「」です。 これは、スマホとそのディスプレイが色を表現するために開発された方法です。 いくつか異なる要素を含み、先ほど説明した色空間の設定はそのうちの一つに過ぎません。 まで確認すると、色の正確性に関する説明を目にするでしょう。 よく、対応している色空間と色域と合わせて語られているはずです。 これは、一般的には製造メーカーがその定めた色空間の中の正しい色を表現できているかどうかについての記述です。 そのため、白がスマホによっては異なって映ったときは、ただ色空間のことを責めるんじゃなくて、ディスプレイの作られ方や、製造メーカーによって決められた仕様も責めるべきなんです。 は、色の正確さの測定に関しては、あらゆる全ての情報を紹介していますので、もし興味があれば覗いてみてください。 想像できる範囲のあらゆる全ての検証内容が細かく掲載されていますよ。 多くの場合耳にすることもないでしょうし、スペック表でも確認することもないでしょう(何か異常があったときだけ気づくんですよね)が、 全ての製造メーカーが色の正確性を向上するために独自の技術仕様を加えているんです。 DisplayMateの専門家が指摘するように、どんなものがスクリーン上に表示されていても、 色域がいつでも自然な色を表現できるようなディスプレイを作る責任がスマホの製造メーカーにはあるんです。 そう、iPhone Xを手がけるAppleがそうであるように。 iPhone Xは、コンテンツやアプリによって要求されるsRGBやDCI-P3の色空間を正確に再現できるよう内部で調整しています。 つまり、長い間続いた「ドレスの色の議論(黒か青かみたいなやつ)」が証明したように、 色は個人的な選択によるものでもあるということです。 私たちのほとんどが、それが正確な色かどうかに関わらず、見ているディスプレイに慣れてしまうのです。 これらの「色空間」、「色域」そして「色合わせ(キュリブレーション)」は、次にスマホを買う際には確認しておいた方がいい項目かもしれませんよ? スクリーンというのは、毎日見なくてはいけないものですからね。 Image: , , , Reference: Wikipedia , David Nield - Gizmodo US[] (Doga)• Tags :•

次の