ウェンディゴの骨。 人を食べたくなる?「ウェンディゴ症候群」

コレクション・フェディミアン直轄領

ウェンディゴの骨

8cmの一方向ラミネート加工された透明な装甲でおおわれた1㎥の電子ロック付きアクセスポート付き容器内に収納されています。 容器の一方向ラミネート加工効果をより強くするために容器内部は点灯されています。 容器は常に離れた場所から調査され、何か異変があった場合は常に報告されることになっています。 全ての人員は保管状況の確認以外でSCP-323格納庫に入ってはなりません。 保管状況の確認は隔週で行われ、損傷の予兆が存在した場合は即座に修復されることになっています。 SCP-323の格納庫に入る全ての人員は、武装したガードを連れて行かなくてはなりません。 人員は45分以上格納庫内にとどまってはいけません。 またSCP-323の周囲でのコミュニケーションは全て英語、またはフランス語以外の言語で書かれるか、話すことになっています。 SCP-323が格納庫を破りSCP323-1の例を形成させた場合には、全人員はサイト91から避難させロックをかけることになっています。 遠隔操作兵器はSCP-323-1の身体を破壊するために展開されます。 その後、武装した人員はSCP-323を再度確保するために派遣されるかもしれません。 説明: SCP-323は未確認のシカ科の頭蓋骨で長さ55cm、幅27cm、高さ31cm、左右の側面から生えている長さ35cm、46cmの一対の角があります。 SCP-323は外側の露出と一致した標準的な点食、傷、風化を示します。 そして、上面およびなくなった下部の下顎骨の上が白くなっています。 頭蓋骨の後部の中心に特徴的な高さ25cm、幅23cm、深さ16cmの卵型の隙間があります。 この隙間はおそらく石を用いて彫られたことを示しています。 SCP-323は聴覚、触覚、視覚の刺激に反応する能力を示しました。 テストにより、視野は他のシカ科の動物と同様であり、50m離れたところからの視覚刺激に反応することが明らかになっています。 特定の人員、逃亡のための様々な試み、フランス語と英語を話す人員に対する激しく狙う反応は知能レベルを示しますが、それらは未確認です。 通常小さい運動と振動の形でSCP-323は限られた移動ができます。 ほとんどの場合、SCP-323は例えば容器内に人員が入り触られる時に遠くに動くか方向転換するように動き回ります。 SCP-323はより大きな動きをするようになりました、例えば容器内の人員を何度も突く、容器を繰り返し突くなどです。 SCP-323から半径15mの範囲で影響力のある効果を及ぼします。 この範囲の中に居る人間は、連続露出が約1時間経過後に人食いの考えと衝動、暴力的な爆発と判断を経験し始めます。 もし隙間に頭が通らなければ、彼らは意識を失うか、息絶えるまで頭が収まるようになるまで近くの硬い表面で頭を打ちます。 彼らがSCP-323に頭を通したならば、それはSCP-323-1と分類されます。 SCP-323を装着してから10分以内に、SCP-323-1は大きな身体的な変化を起こします。 SCP-323-1は指先、歯の異常な成長と、凍傷のような四肢の黒化から遠位指骨を断裂することが続き、体脂肪、体毛および色素の急速な損失を経験します。 さらにSCP-323-1は平均的な人間よりも高い強さと疼痛耐性を経験するように見えます。 しかしSCP-323-1はそれがSCP-323の装着前にあったのと同じくらい身体的な危害に影響されやすいように見えます。 SCP-323-1の新陳代謝は自己保存の努力がなされいない場合は、15分から30分の間に一定のカロリー摂取量を必要とする飢餓の急騰を経験するでしょう。 その増加した新陳代謝を保持するために、SCP-323-1は満了まで糧のために積極的に人間を探し、食べます。 SCP-323-1は豊富な食物を見つけることができない場合には、運動の制限、食物の割り当て、共食いを含むそれ自体を支える努力をします。 SCP-323-1は人間しか食べません。 SCP-323-1は入手可能または入手が容易であっても、他の源から糧を受け取ることを選択しないと思われます。 個人の研究の間に、SCP-323-1が自国語だけでなく時折セヴァーン川オジブワ、ポタワトミ族言語、クリー族言語で話をするということは知られていました。 これらの声明とこれらの言語に関する知識がSCP-323の影響の結果であるかSCP-323自身から発するは知られていません。 付随のビデオ監視データは復元することができませんでした。 SCP-323-1: 空腹。 …そう、空腹。 SCP-323-1の声がより大きくなり、引きずる音が聞こえます。 SCP-323-1: 私は…必ず食べなくては。 とても、とても空腹。 いつも、いつも空腹。 何度も強打する音に続いて湿った音が聞こえます。 SCP-323-1: 食べてはいけない…。 私は食べなくてはいけない。 とても空腹。 とても…寂しい。 あえぎながらSCP-323-1が食べている音が聞こえます。 SCP-323-1: 孤独。 食べなくては…。 必要なもの。 彼らを全て食べなくては…。 私は食べなくては…温かさを知るため…。 SCP-323-1は大声を出し、湿った強打が続きました。 SCP-323-1: とても寒い!食べる! SCP-323はカナダのサスカチュワン州のラックラロンゲ先住民族保護区のビターン湖にて回収されました。 そして正体不明の連続殺人鬼が関わっていたというカバーストーリーが流されました。 その時に、変異したと思われるSCP-323-1は、サイト91に移送中に餓死しました。 死者数の記録はSCP-323-1の存続期間と一致しませんでした。 これはSCP-323が回収される前に何体かのSCP-323-1がすり抜けたと思われます。 しかしながら、SCP-323-1の長寿を支える決定的な証拠が発見されていません。 インタビューSCP-323-A: SCP-323-1の殺人及び維持に関わっていたジェームス・ナマグースに収容に先立って、SCP-323-1に関する質問するために連行した。 ナマグース氏はインタビューとその後も異常に穏やかなままでした。 インタビューとSCP-323の収容に続いて、ナマグース氏には記憶処置が施され、彼の集落に戻されました。 ナマグース: ジェームス・ナマグース。 ナマグース: 私はウェンディゴが食べるために死体を運ぶのを手伝いました。 それはただの物語です。 先祖はもっと知っていたかもしれませんが、我々が無事だったので、尋ねませんでした。 歪んだ男が森から歩いて出てきました、我々の目の前で当然のように我々の友人を殺しました。 時折、殺すこと以上に話そうとして、じっと見つめていました。 「pe misto」(来い、食べろ)と私に囁きかけました。 それは私の骨の髄まで凍えさせました。 そして我々が今までいつもしていたように、彼と共に去ろうとしました。 私が殺害をさせられた時、私はそう考える事で落ち着きました。 私は走りませんでした。 ナマグース氏は目を閉じて、ゆっくり息を吐き出しました。 1分後に彼は話を再開しました。 ナマグース: 時折私はそれを見ます。 私は彼の話を心で聞くことができました。 私は私自身の目から彼が私を見ているのを感じることができました。 それは私が人々の死を見ることを助けました。 そして、私はコレが家族に受け継がれることを望みました。 これに対するさらなる調査は予定されていません。 しかしながら、作業中にあらゆる異常な考えや感情のどちらでも経験したスタッフは報告することを、奨励されています。

次の

人を食べたくなる?「ウェンディゴ症候群」

ウェンディゴの骨

皆様には無性に 物を食べたくなるときはございますか? 「ダイエット中だけど、太っちゃうけど、食べたい」 ふいに襲う誘惑。 その誘惑に負けるか否かは別にいたしまして、誰でも感じたことがあるのではないかと存じます。 それがポテトチップスやカップラーメンのような一般の食べ物であるならば、まだ可愛いほうです。 世界には 人間を食べたくなってしまう病気があるのです。 ウェンディゴ症候群 と呼ばれている病気はアメリカ北端~カナダ南部のインディアンを中心に罹ってしまうおそれのある精神疾患。 ウェンディゴ症候群に罹ると、最終的には 人肉以外は口にしたくなくなってしまうようになってしまうというのです。 これを「ウェンディゴ」という精霊が憑いたことによるものと信じる方々も多くいらっしゃいますが、実際に症状が出てしまっているものですから、科学的な分析もなされております。 今回は精神疾患「ウェンディゴ症候群」についてご紹介させていただきたく存じます。 精霊「ウェンディゴ」とは 前述の通り「ウェンディゴ症候群」の名の由来は 精霊のウェンディゴ。 そこでまず精霊ウェンディゴについてご紹介いたします。 アルゴンキン族 「ウェンディゴ」はアメリカ北端~カナダ南部で信じられていると申し上げましたが、そこに住む 「アルゴンキン族」という先住民を中心に信じられております。 いわゆるインディアンをイメージしてくださればよろしいかと存じます。 アルゴンキン族は全盛期では数十万人いたといわれておりますが、現在は数千人規模になっております。 それでも北アメリカで最も人口の多い先住民です。 カナダの首都オタワ北部に流れるガティノー川流域を中心に、アメリカ北部の森林地帯まで広く分布しております。 悪意ある精霊 アルゴンキン族の中にも様々な民族がありますが、ウェンディゴはオジブワ族、クリー族、ナスカピ族、イヌー族など幅広い民族に信仰されております。 民族によって細かい認識は異なるようですが、共通しているのは 冬や北、寒さ、飢餓という概念に強く関係している ということ。 オジブワ族を研究していた故バージル・ジョンストン博士はウェンディゴについて以下のように述べられております。 ウェンディゴは衰弱しやつれていた。 乾燥した肌は骨で突っ張っていた。 骨で出っ張った部分の肌は壊死したように灰色になっており、眼球は眼孔深くに推し戻されていた。 例えるならばウェンディゴはつい最近墓場から掘り出された白骨死体のようで不気味であった。 唇は裂けて血まみれになっていた(中略)不潔を極め、血肉が変質していたウェンディゴは奇妙で不快な腐敗臭を放っていた。 いわば死臭だ。 参考: 凶暴そうですね。 普段は無害 とはいっても、ウェンディゴは やたら滅多ら人に危害を加えるような精霊ではないようです。 普段は一人旅を楽しむ旅人の背後に忍び寄り、 気配だけを悟らせます。 旅人がどれだけ素早く後ろを振り返っても、その気配の主を見ることはできません。 その状態が何日も続いた後は、 ウェンディゴの方から話しかけてくるそうです。 はっきりとは聞こえない、微かな声で…。 これらは旅人が不気味さに耐えられなくなるまで続くとか…。 …と普段のウェンディゴは不気味であることは確かかもしれませんが、直接危害を加えてくるということはなさそうです。 自然に危害を加えようとする人を食べる 今回ご紹介するウェンディゴ症候群を患った場合、人を食べてしまうようになってしまうのですが、 精霊ウェンディゴ自身も人を食べることがございます。 先述のように普段はおとなしい(?)のですが、 自然に危害を加えようとする人を発見するとその人を食べてしまうというのです。 自然に畏怖と崇拝の心を持つトーテミズムのインディアンたちの戒めとしての伝説かもしれませんね。 夢でウェンディゴを見たら危ない さらに ウェンディゴは夢にも現われるそうなのですが、この場合がかなり厄介。 特に飢えや寒さに苦しんでいる人の夢に現われることが多いとされているのですが、この 夢を通じてウェンディゴが憑りついてしまうかもしれないというのです。 ウェンディゴに憑かれた人が仮に人を食べてしまった場合、その人はもう人ではなく ウェンディゴに変わってしまうのだとか。 こうなってしまうのです。 これも飢饉の際に人喰いを行わないようにするための教えだと考えられております。 北アルゴンキン族たちにとって人喰いはタブー。 それが例え飢えに苦しみ、自分が死んでしまいそうな場合であっても絶対に行ってはいけないことだとされております。 人を食べるならば、死んだほうがはるかに良いと考えられています。 そんな教えを破り、人を食べた者がウェンディゴに成り変ってしまうのです。 ウェンディゴになってしまった元人間は暴力的になり、人を貪るそうです。 ここら辺の「静かなウェンディゴ」と「暴力的なウェンディゴ」の矛盾点については、民族によって信仰がさまざまであり、一つの線でまとめることが困難なためご了承ください。 ウェンディゴ症候群 さてここからが本題。 インディアンの信仰では「ウェンディゴに憑かれた者は人を食べたくなる」とされているのですが、そんなことは精霊への信仰がない人にとってはにわかには信じがたいお話です。 症状 ドイツ在住のアルビン・マイヴェス氏などアルゴンキン族の居住圏とは関係ない食人鬼も世界には実際におります。 しかし ウェンディゴ症候群はこれらの通常の食人鬼とは異なるのです。 確かに食人自体、何らかの精神疾患の可能性がございますが、ウェンディゴ症候群の症状を見ると、若干他の人喰いとは違うのではないかと思えてきます。 そこでウェンディゴ症候群の具体的な症状例をご紹介します。 うつに似た症状 ウェンディゴ症候群に羅患した人は、 まず気分が低下し、食欲がなくなります。 その抑うつ状態は多少乱高下はするものの、次第に重くなっていき、自分を塞ぐようになっていくそうです。 この点、日本でも流行している「定型うつ病」の悪化パターンに似ているような気がしますね。 人の肉がおいしそうに見える 食欲の低下は留まるところを知らず、 最終的に通常の食事を拒むようになります。 代わりにいままで食べたこともない 人肉を無性に食べたくなるのです。 というのも、周りの人(特に家族)がおいしそうな食べ物に見えてしまうらしいのです。 この場合の食べ物はごちそうになるような動物のことでしょうか。 家族がおいしそうに見えるといえば、『にんじん大好き!』という漫画を思い出しますね。 『魔物語』に収録されております。 この状態でまだ理性を保てている人は 「このままではウェンディゴになってしまう」と恐怖に震えながら、強烈な欲望を抑えるそうです。 知性がなくなる さらに悪化すると、人の言葉を理解することができなくなってしまいます。 外見も気にならなくなり、自分自身の唇を噛み千切ったり自傷行為も多々見られるそうです。 また抑うつ状態であったのが、躁うつ状態(ハイテンション)に変わり、野生的に振る舞い、 「私の心臓は凍りついている」という旨の謎の主張をすることもあるそうです。 この状態になるともはや猛獣も同じで、人を噛み千切ることが多くなります。 そこでこの状態になる前に現地では拘束し、できる限りのことをすることが多いようです。 原因 ウェンディゴ症候群は冬に発症することが多く、冬季の食料の乏しい時にはビタミンが不足しがちで、精神状態に変調が生じやすくなる等、 栄養面での問題によるものと考えられております。 また「ウェンディゴになってしまう」という不安を抱えるなど、通常の精神異常とは異なることも挙げられることから、 文化の影響も強く受けている「文化依存症候群」であると結論付けられていることが多いです。 …しかし具体的な事例は確認できませんでしたが、旅人がウェンディゴ症候群にかかってしまうこともあったとか…。 ともすると、本当にウェンディゴが憑いたのかもしれないですね。 治療方法 一見どうにもならなそうなウェンディゴ症候群ですが、そこはさすが先住民。 それらしい治療方法がございます。 「私の心臓は凍り付いている」と主張するウェンディゴ症候群の患者が多いことから、この 凍った心臓を解凍してあげればいいと考えたわけです。 そこで火の側に座らせて患者の体を温め、熱した熊の脂肪を無理矢理食べさせたり、大量のアルコールを飲ませたり…体が温まりそうなことを出来る限り行うのです。 場合によっては患者と一緒にサウナ小屋に入って呪文を唱え続けるといういかにもスピリチュアルな治療法までございます。 実際にこれらの治療法で改善することはあるそうです。 手遅れ とはいえ、手遅れのケースもあります。 既に人を食べてしまった場合 はもう人間に戻ることはできないと判断され、大斧で処刑の後、心臓を炎の中に投げ入れられるそうです。 まとめ 飢えンディゴ 最後までお読みくださいましてありがとうございました。

次の

コレクション・フェディミアン直轄領

ウェンディゴの骨

ところが村人が遺体を深く埋めたり、お墓の上から重石を置いたりと工夫をしても、遺体が掘り起こされる事件が続いたんだ。 しかも衣服や毛髪は残されてて、体だけがなくなることも多かったんだとか 奇妙な墓荒らしが続くと、村の人々は「 疱瘡婆という妖怪が遺体を食べるために盗んでいくんだ。 疱瘡が流行ったのも、疱瘡婆のしわざで、遺体を増やすのが目的なのだ」と噂をするように。 そんな中、名のある家の息子が3人とも疱瘡で命を落としました。 父親はせめて遺体を疱瘡婆に渡さずにすむようにしたいと17人の男たちで運んだ巨石を墓の上に乗せて、夜になると雇った猟師2人に見張りをさせたといいます。 2、3日は何事も起こらずに平穏に過ぎていきました。 しかし、ある晩あえて疱瘡婆を呼び寄せてみようと松明の火を消した時、どこからともなく地面をひっかくような音がしたそうです。 猟師が銃を構えて音がした方に近づくと、いち早く気配に気づいたのか、土をひっかいていた何かはものすごい音を立てて、木立をなぎ倒しながら逃げていったといいます。 村では夜な夜な 炎に包まれた片輪の車に乗った女の妖怪が現れて、村中を徘徊するといって恐れられていたんだよ。 この妖怪の姿を見た場合はもちろん、噂をしただけでも祟られるって言われていて、村人は夜の間は家の鍵をしっかりと閉じて、絶対外に出ないようにしてたんだ ある晩、好奇心の強い女が片輪車の姿を見てみようと家の戸の隙間からこっそりと覗いてみると、燃え盛る車に乗った女と目があい、「 我見るよりも子を見よ」と告げられたといいます。 慌てて女が子供を寝かせていた布団に戻ると子供の姿はなく、嘆き悲しんだ女は「悪いのは私です。 子供にはなんの罪もありません。 どんな償いでもしますから、子供だけは許してください」といった内容の句を戸口に貼りました。 すると次の夜にも村にやってきた片輪車は「優しい母親ですね、子供は返してあげましょう」と言って、子供を母親に返して2度と姿を見せなくなったとされます。 旧支配者のイタクァはウェンディゴをモチーフにしてるって言われてるね。 確かにウェンディゴって、 ウェンディゴ症候群、 ウェンディゴ憑きっていう良くわからない病気とも関連する妖怪で気味が悪いのよ アメリカの先住民族の中では、 長く食糧不足が続いた時に人間の肉を食べたいという欲望から離れられなくなるという症状が見られたといいます。 そしてこの症状は、当事者が「 このままでは自分はウェンディゴに変身してしまう」と恐怖に駆られることから、ウェンディゴ憑き、ウェンディゴ症候群と呼ばれていました。 ウェンディゴ憑きになった人間は他人に襲いかかり、一度人の肉を食べると他のものを口にできなくなるという話も伝わっており、部族の中にウェンディゴ憑きが出たら処刑を行っていたとされます。

次の