ネイル シール ジェル。 ネイルシールのメリットは?デメリットは?ネイルシールを徹底解説!

ジェルネイルシールブランド「ohora(オホーラ)」で簡単セルフネイル♡おうちでサロン級ネイルが叶う使い方♪

ネイル シール ジェル

セルフネイルを楽しむ方にとってはとっても便利なアイテムがネイルシール。 自分ではチェック柄のラインやフラワー柄、ボタニカル模様などを描くことはなかなか難しいですが、ネイルシールがあれば簡単に可愛いデザインネイルが完成しますよね! とはいっても、 「ネイルシールがキレイに貼れなくてデザインをあきらめた」「途中でネイルシールがめくれて汚くなってしまった……」という経験アリな セルフネイル断念派さんもたくさんいらっしゃいます。 そこでここでは、せっかくのセルフネイルをもっと自由に楽しんでもらうために、 ネイルシールの貼り方と剥がし方のコツについてご説明します! ネイルシールの種類を知ろう! ネイルシールといっても、タイプは色々。 どのようなネイルシールにチャレンジしたいのか、一般的に販売されている代表的なネイルシールタイプをおさらいしてみましょう! ネイルシールタイプ1.爪全体に貼る「ネイルラップシール」 「ネイルラップシール」とは、一度に 爪全体にペタっと貼ってしまうだけのネイルシールを指します。 すでにデザインが施されているため、思い立ったらいつでもすぐに自爪に貼るだけ。 下地のカラーネイルを塗る必要がないため、 ネイルが乾くのを待つ必要はありません! 時短で旬ネイルを楽しみたい方にオススメのネイルシールです。 ネイルシールタイプ2.ワンポイントとして点在させるネイルシール 絵を描くのが苦手な方(特に利き手の爪に描くのが難しい場合)や、 イメージ通りのデザインを自由な発想でキレイに仕上げたい方などに人気なのが、このワンポイントタイプのネイルシール。 何枚持っていても邪魔にならず、 違うデザインのシールやパーツを組み合わせればデザインの幅がぐっと広がるので、セルフネイルとは思えないほどの極上ネイルが毎回楽しめます。 変形フレンチとの組み合わせで、品よく上級者デザインを叶えて! パーティシーンなどではネイルにもハッピーメッセージをオンして、さり気なくもトレンド感をアップ! 流線型のフレンチネイルが大人のこだわりを存分にアピールします。 ネイルシールのキレイな貼り方講座 では次に、ネイルシールをキレイに貼るためのコツについてご説明します。 その前に、揃えておいて頂きたいツール(道具)は以下のモノです。 1.エメリーボード(自爪の長さ、形を整える爪やすり) 2.スポンジバッファー(ファイル。 自爪表面を滑らかにする爪やすり) 3.ネイルリムーバーか消毒用エタノール 4.ピンセット 5.ダストブラシ(メイク用ブラシでもOK) 6.はさみ 7.トップコート 1.下準備をする まずは自爪(地爪)の形を整えることから始めましょう! エメリーボードを使ってなりたい理想の形に爪を削り、 スポンジバッファーで爪表面の凸凹も滑らかにします。 2.自爪表面の油分を取る。 自爪表面の 油分やホコリ・汚れをダストブラシ、 ネイルリムーバーか 消毒用エタノールを使って取り除きましょう。 この一手間で ネイルシール、ジェルネイル、マニキュアが剥がれにくくなります。 3.ネイルラップシールを切る ネイルラップシールを使用する場合は、そのままの大きさだと大きすぎて自爪に合わず、取れやすくなります。 基本的にはシール1枚1枚の サイドと根元を約1mmはさみでカットしましょう。 先にマニキュアかジェルネイルでベースのカラーリングをしておきましょう。 4.ピンセットでネイルシールをはがす ネイルラップシール、ワンポイントシールともに ピンセットを使い、ネイルシールを台紙から丁寧に剥がします。 指で直接はがすと シールの粘着性が落ちたり、折れ曲がったりしてしまうため注意が必要です。 5.ネイルシールを貼る ネイルラップシールの場合、必ず 「根元から爪先」に向かってシールを貼りましょう。 もしも空気が入った場合は、シールにシワが寄らないように注意しながら 「根元から爪先」方向へと空気を抜いて下さい。 6.ネイルシールを爪先に折り込む ネイルラップシールの場合、 爪先部分が余ったら折り込んでから、エメリーボードで削って落とします。 7.トップコートを塗って完成 最後にトップコートを塗り、ネイルシールを剥がれにくくします。 特に 爪先部分は削れやすいため、先部分は念入りにトップコートでカバーしておきましょう! ネイルシールの剥がし方のコツ 「ネイルシールも除光液で一気に取る」という方もいるかもしれませんが、できればもう一段階丁寧にはがすことで、 自爪を痛めないようにしたいものです。 そこでオススメしたいのが、除光液を染み込ませたコットンをネイル部分に乗せて、 アルミホイルで包んで約5分間、待つ方法です。 こうすれば自然にネイルシールが浮くため、あとは ピンセットでシールを取り、除光液をつけたコットンで爪全体をキレイに拭き取ってください。 ネイルシールやマニキュア、ジェルネイルを剥がした後は、 ネイルオイルやハンドクリームを使って、しっかりと保湿をすることを忘れないようにしましょう!.

次の

100均のネイルシール15選!ダイソー・セリア別!可愛いデザインが沢山!

ネイル シール ジェル

ネイルシールのメリットは?デメリットは?ネイルシールを徹底解説! ネイルって女性にとって、おしゃれの一環であり、大事な身だしなみでもあると思います。 最近はネイルシールというものが商品化され、ネイル初心者さんでも簡単にネイルが楽しめるようになってきました。 今回はネイルシールについてタイプ別に紹介していきます。 【ワンポイントタイプ】 ワンポイントタイプのメリットとデメリット メリット ・ コスパが良い ・ 組み合わせ次第でプロ顔負けのアートをすることができる ・ 色々なネイルが楽しめる デメリット ・ ネイルポリッシュやジェルネイルを一式持っている必要がある 組み合わせ次第でプロ顔負けのアートもすることができるワンポイントタイプ。 3Dシール、メタルパーツ、レース、転写シール等、種類も豊富で組み合わせは無限大です。 コスパも良いので人気が出てきています。 最近は手で描いたかのような繊細なデザインのシールや、本物の写真のようなデザインのシールが注目を集めています。 極薄タイプのものもでてきていて、爪に十分にフィットし、ネイルポリッシュやジェルネイルのような見た目に仕上がるのでおすすめです。 こんなにメリットがたくさんのワンポイントタイプですが、ネイルポリッシュやジェルネイルの道具一式を持っていることが前提になります。 自爪に貼ることも可能ですが、見栄えをより良くするためにも、ベースコートやトップコートを塗ったり、ジェルネイルに埋め込んだりすることをおすすめします。 これからネイルを始められる方は注意しましょう。 ワンポイントタイプのおすすめの種類 転写シール ウォーターシールとも呼ばれる転写シール。 最近人気が出てきています。 というのも、重ねて貼ることが出来るからです。 従来のワンポイントタイプのネイルシールを重ねてはるとポリッシュで仕上げた場合、表面が凸凹になり見栄えがあまりよくありませんでした。 また、凸凹が剥がれの原因にもなっていました。 でも、転写タイプのものがでたことにより、極薄だから重ねて貼っても凸凹にならないのです。 私も愛用しています。 レース いつもと違う雰囲気を出したい、アクセントを入れたいという時におすすめです。 粗い目の物から細かい目のものまで、レースの種類もたくさんあるので、自分のイメージにあったものを探せると思います。 【ラップタイプ】 ラップタイプのメリットとデメリット メリット ・ コスパが良い ・ 必要最低限の道具でできる ファイル、トップコート等 デメリット ・ 水にあまり強くない 爪全体に貼るだけでネイルが完成してしまう、ラップタイプ。 「貼るマニキュア」、「マニキュアシール」とも呼ばれています。 ラップタイプのメリットは、必要最低限の道具でネイルができちゃうところ。 ファイルとトップコートがあれば大体のネイルシートは作業できてしまいます。 さらに最近は、ファイルもトップコートもいらないものもでてきているようです。 こんなに便利で使い勝手の良いラップタイプのデメリットは水にあまり強くないこと。 お風呂や手洗いで剥がれることはほとんどないので、心配する必要はありませんが、水仕事の多い方にはあまり向いていないので、主婦の方にはおすすめしません。 ただし、お出かけだけなら最適だと思うのでこちらをおすすめします。 ラップタイプのおすすめのメーカー インココ ワンカラーのものから、デザインされたものまで、全部で100種類以上ものデザインが商品化されているインココ。 ベース・カラー・トップの3層構造なので、トップコートを準備する必要もなし。 更には、ファイルも同封されているので、準備する必要なし。 文句なしで1番にオススメしたいメーカーです。 インココ公式では¥972よりお買い求めいただけます。 Blue ZOO 早い・安い・簡単・キレイ!をモットーにしているBlue ZOO。 ソフトタイプなので、爪にもとてもよく密着します。 シール本体には爪に優しい粘着剤を使用していて、曲面にもピッタリフィットします。 こちらの商品は、シールの上からトップコートやトップジェルでコーティングするとより長持ちします。 Amazonでは¥379よりお買い求めいただけます。 自分だけのオリジナルネイルシールも作れる! ネイルシールはどうしても既製品を買う選択肢に限られがちですが 実は、簡単なツールを使って自分だけのオリジナルネイルシールを作ることできるんです! デコはできないですが、キレイなプリントデザインを施すことができます。

次の

ネイルシールのメリットは?デメリットは?ネイルシールを徹底解説!

ネイル シール ジェル

ネイルシールのメリットは?デメリットは?ネイルシールを徹底解説! ネイルって女性にとって、おしゃれの一環であり、大事な身だしなみでもあると思います。 最近はネイルシールというものが商品化され、ネイル初心者さんでも簡単にネイルが楽しめるようになってきました。 今回はネイルシールについてタイプ別に紹介していきます。 【ワンポイントタイプ】 ワンポイントタイプのメリットとデメリット メリット ・ コスパが良い ・ 組み合わせ次第でプロ顔負けのアートをすることができる ・ 色々なネイルが楽しめる デメリット ・ ネイルポリッシュやジェルネイルを一式持っている必要がある 組み合わせ次第でプロ顔負けのアートもすることができるワンポイントタイプ。 3Dシール、メタルパーツ、レース、転写シール等、種類も豊富で組み合わせは無限大です。 コスパも良いので人気が出てきています。 最近は手で描いたかのような繊細なデザインのシールや、本物の写真のようなデザインのシールが注目を集めています。 極薄タイプのものもでてきていて、爪に十分にフィットし、ネイルポリッシュやジェルネイルのような見た目に仕上がるのでおすすめです。 こんなにメリットがたくさんのワンポイントタイプですが、ネイルポリッシュやジェルネイルの道具一式を持っていることが前提になります。 自爪に貼ることも可能ですが、見栄えをより良くするためにも、ベースコートやトップコートを塗ったり、ジェルネイルに埋め込んだりすることをおすすめします。 これからネイルを始められる方は注意しましょう。 ワンポイントタイプのおすすめの種類 転写シール ウォーターシールとも呼ばれる転写シール。 最近人気が出てきています。 というのも、重ねて貼ることが出来るからです。 従来のワンポイントタイプのネイルシールを重ねてはるとポリッシュで仕上げた場合、表面が凸凹になり見栄えがあまりよくありませんでした。 また、凸凹が剥がれの原因にもなっていました。 でも、転写タイプのものがでたことにより、極薄だから重ねて貼っても凸凹にならないのです。 私も愛用しています。 レース いつもと違う雰囲気を出したい、アクセントを入れたいという時におすすめです。 粗い目の物から細かい目のものまで、レースの種類もたくさんあるので、自分のイメージにあったものを探せると思います。 【ラップタイプ】 ラップタイプのメリットとデメリット メリット ・ コスパが良い ・ 必要最低限の道具でできる ファイル、トップコート等 デメリット ・ 水にあまり強くない 爪全体に貼るだけでネイルが完成してしまう、ラップタイプ。 「貼るマニキュア」、「マニキュアシール」とも呼ばれています。 ラップタイプのメリットは、必要最低限の道具でネイルができちゃうところ。 ファイルとトップコートがあれば大体のネイルシートは作業できてしまいます。 さらに最近は、ファイルもトップコートもいらないものもでてきているようです。 こんなに便利で使い勝手の良いラップタイプのデメリットは水にあまり強くないこと。 お風呂や手洗いで剥がれることはほとんどないので、心配する必要はありませんが、水仕事の多い方にはあまり向いていないので、主婦の方にはおすすめしません。 ただし、お出かけだけなら最適だと思うのでこちらをおすすめします。 ラップタイプのおすすめのメーカー インココ ワンカラーのものから、デザインされたものまで、全部で100種類以上ものデザインが商品化されているインココ。 ベース・カラー・トップの3層構造なので、トップコートを準備する必要もなし。 更には、ファイルも同封されているので、準備する必要なし。 文句なしで1番にオススメしたいメーカーです。 インココ公式では¥972よりお買い求めいただけます。 Blue ZOO 早い・安い・簡単・キレイ!をモットーにしているBlue ZOO。 ソフトタイプなので、爪にもとてもよく密着します。 シール本体には爪に優しい粘着剤を使用していて、曲面にもピッタリフィットします。 こちらの商品は、シールの上からトップコートやトップジェルでコーティングするとより長持ちします。 Amazonでは¥379よりお買い求めいただけます。 自分だけのオリジナルネイルシールも作れる! ネイルシールはどうしても既製品を買う選択肢に限られがちですが 実は、簡単なツールを使って自分だけのオリジナルネイルシールを作ることできるんです! デコはできないですが、キレイなプリントデザインを施すことができます。

次の