モバイル suica。 「モバイルSuica」年会費無料に、ケータイ向けサービスは終了~2020年2月以降

モバイルSuica完全ガイド!使い方や新幹線・特急券購入などのメリットまとめ

モバイル suica

JR東日本が提供する乗車カード&電子マネーの Suica(スイカ)には、カードタイプだけでなく、スマホやケータイで使える 「モバイルSuica」があります。 基本的にSuicaカードは、Suicaエリアでしか入手できません。 モバイルSuicaはアプリをインストールすればOKなので、関西や九州などにお住まいの人でも、簡単にSuicaが持てます。 新規でSuicaカードを発行しないため、預り金(デポジット代)の500円はかかりません。 さらに、2020年2月26日以降、Androidスマホでも、モバイルSuicaの 年会費は無料になりました。 以前は、JR東日本グループが発行する「ビューカード」以外のクレジットカードを登録すると、年会費が1,030円発生しました。 そのため、ビューカード以外のクレジットカード利用者も、気軽にモバイルSuicaが使えます。 モバイルSuicaの使い方 モバイルSuicaでは、電車やバスの乗車、買い物の支払いだけでなく、定期券、グリーン券の購入やエクスプレス予約も可能です。 Suicaカードとは違い、Suica残高や利用履歴もすぐに確認できるのは便利です。 モバイルSuicaの利用に必要なものは、以下の2つです。 おサイフケータイ対応のスマホ・ケータイ• カードタイプと同様に、モバイルSuicaもICチップ(FeliCaチップ)を搭載した機種でしか使えません。 おサイフケータイ非対応のスマホ、たとえば、格安スマホは対象外です。 手持ちの端末で「かざして支払い」ができるかどうかを確認してください。 会員登録方法• Google Playストアから、モバイルSuicaをインストール• 初期画面から「新規会員登録」を選択• 会員規約・利用特約に同意• 会員情報・各種設定で必要事項を入力• クレジットカード情報を入力• 登録完了 カードタイプのSuica定期券を利用の方は、新規会員登録時に、モバイルSuicaへの切り替え設定ができます。 クレジットカードを持っていない人は、 EASYモバイルSuicaが使えます(詳しくは後述)。 モバイルSuicaの初期画面に「EASYモバイルSuica」の項目があり、そちらから入会登録をします。 EASYモバイルSuicaやGoogle Payは使える機能が限定的 AndroidスマホでSuicaを使う方法には、 EASYモバイルSuicaと Google Pay(Suica)もあります。 モバイルSuicaと比較して、使える機能・サービスに制限があるため、使いにくさを感じます。 Google Pay(Suica)と、モバイルSuica、EASYモバイルSuicaの機能・サービスの違いを表でまとめてみました。 今はモバイルSuicaの年会費が完全無料になったことで、利用するメリットが少なくなっています。 EASYモバイルSuica EASYモバイルSuicaは、クレジットカードの登録不要で使える「簡易版のモバイルSuica」です。 「チャージ方法が現金のみ」や 「定期券やSuicaグリーン券が購入・利用できない」など、使える機能・サービスが限定的なのが特徴です。 さらに、EASYモバイルSuicaは 再発行の対象外です。 スマホや紛失や故障でモバイルSuicaが使えなくなったときは、退会手続きをして、JR東日本で確認された記録を元に、払い戻しの処理がなされます。 EASYモバイルSuicaは「クレジットカードを持っていないが、スマホでSuicaを使いたい」と思う人向けです。 Google Pay(Suica) Google Pay(グーグルペイ)は、Google社のスマホ決済・アプリ管理サービスです。 アプリに各種電子マネーを追加すると、1つのアプリで支払いや管理が行なえます。 その中のひとつにSuicaがあり、Google Payから登録すると、電車やバスの乗車、お店の買い物の支払いにSuicaが使えます。 EASYモバイルSuicaと同様に、使える機能が少ないのがデメリットです。 モバイルSuicaへのチャージ方法 モバイルSuicaにチャージする方法は、主に クレジットカード、現金が使えます。 クレジットカード モバイルSuicaに登録したクレジットカードでチャージします。 支払い用のカードがJR東日本が発行する「ビューカード」であれば、オートチャージも使えます。 チャージ金額に応じて、クレジットカードのポイントが貯まるかどうかは、カードによって異なります。 現金 コンビニやスーパーのレジ、バス車内で現金でチャージする方法です。 モバイルSuicaへのチャージに対応した券売機も一部ありますが、設置台数が限られています。 他にもSuicaやビューカードの支払いで貯まったJRE POINTを、チャージできます。 以前は、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、auじぶん銀行のモバイルバンキングを利用したチャージも可能でしたが、2019年9月にサービスを終了しています。 Suicaへのチャージ方法については、下記の記事で詳しく紹介しています。 あわせて読みたい: 定期券やグリーン券はカード払い限定 電車やバスの乗車、買い物の支払いで使うSFは、上記の方法でチャージできます。 一方で、 定期券や、グリーン券の購入は、 モバイルSuicaに登録したクレジットカードでの支払いが必要です。 Suica残高から代金を支払うことはできません。 そのため、クレジットカード不要で使えるEASYモバイルSuicaでは、定期券やグリーン券の購入が不可です。 モバイルSuicaの利用にビューカードが必須な理由 モバイルSuicaに登録可能なクレジットカードは、 VISA、JCB、mastercard、American Express、Diners Clubです。 5大国際ブランドに対応しているため、手持ちのクレジットカードのどれでも登録可能です。 (一部の海外発行クレジットカード、ブランドデビットカード、プリペイドカードは登録できません) そのなかでも、モバイルSuicaをお得に活用するなら、 ビューカードをおすすめします。 ビューカードとは、JR東日本グループが発行するクレジットカードです。 モバイルSuicaの支払い用カードにビューカードを登録した場合、他社のクレジットカードよりも得られるメリットが大きいです。 オートチャージが使える モバイルSuicaにビューカードを設定すると、SuicaエリアとPASMOエリアで オートチャージが使えます。 改札を通過する際に、Suica残高が設定金額未満だと、一定金額が入金されます。 チャージやグリーン券の購入でポイント還元率1. 5% ビューカードで、Suicaチャージ、定期券やグリーン券を購入すると、 ポイント3倍になります。 通常、1,000円ごとに5円相当のポイントが貯まります(ポイント還元率0. 5%)。 それが3倍になると 1,000円ごとに15円相当になり、 還元率は1. 5%と大幅にアップします。 高還元率なクレジットカードでも、1. 5%は非常に限られています。 普段から電車やバスに乗る機会が多く、交通費が高くなりがちな人は、ビューカードの活用で節約できます。 モバイルSuicaにおすすめのビューカード かずあるビューカードのなかでも、特におすすめしたいのが、 「ビックカメラSuicaカード」です。 ビックカメラSuicaカードは、家電量販店ビックカメラと提携したビューカードです。 年会費は初年度無料、 2年目以降は 年1回以上の利用で無料で使えます。 「ビュー・スイカ」カードなどは、年会費が524円かかり、年会費が無料になる条件はありません。 WEB明細を利用すると年間最大600円相当のポイントが獲得でき、年会費と相殺は可能です。 ただし、ポイント付与の対象は「WEB明細が発行される月だけ」なので、月の利用回数が0回だと、ポイントは得られません。 一方でビックカメラSuicaカードは、 年1回利用すれば、翌年度の年会費が無料になります。 近くにビックカメラがなくても、モバイルSuicaだけの利用に特化してもOKなので、使い勝手は非常に良いです。 2020年9月30日までの期間限定キャンペーンです。

次の

SuicaとモバイルSuicaの違いとは?併用できるか移行するのか?

モバイル suica

こんにちは。 おにきち です。 この記事ではについて簡単に説明していきます。 モバイルSuicaとは モバイルSuicaは、JR東日本で取り扱っている交通系電子マネーSuicaのモバイル版で、スマホや携帯電話などにSuicaを取り込んで利用します。 カード型のSuicaと同様に、基本の電子マネー機能のほかにJR東日本を便利に活用できる様々なサービスを備えた多機能型電子マネーとなっています。 モバイルSuicaの支払い方法・チャージ モバイルSuicaの支払い方法 モバイルSuicaはタッチ決済ですべて完了します。 スマホがスリープ状態でも 「Suicaで支払います」と店員さんに言ってレジにある電子マネー読み取り端末にタッチすれば支払いが完了します。 モバイルSuicaのチャージ方法 モバイルSuicaのチャージ方法は現金はもちろんのことクレジットカードでもチャージできます。 しかも全部で7つの方法がありました。 ク レジットカードチャージ• オートチャージ• JREポイントチャージ• コンビニでチャージする• 駅の対応端末でチャージする• LINE Payカードでチャージする• メルペイでチャージする ほとんどの人はアプリに登録したクレジットカードでのチャージが多いと思います。 しかし、中にはクレジットカードを持っていない人もいると思います。 でもモバイルSuicaは現金でもチャージできるので心配する必要はないです。 モバイルSuicaのメリット• 簡単にチャージできる• 定期券・モバイルSuica特急券・エクスプレス予約・スマートEX・グリーン券を購入できる• チャージでポイントが貯まる• 乗車でポイントが貯まる 簡単にチャージができる モバイルSuicaは、ボタン1つで簡単にチャージができます。 カード式のSuicaは駅の券売機やコンビニのレジでチャージしますが、モバイルSuicaはネットがつながれば、どこでも簡単にチャージができます! それとモバイルSuicaなら、電車に乗ってからチャージができるんで、とっても便利です! 定期券・モバイルSuica特急券・エクスプレス予約・スマートEX・グリーン券を購入できる モバイルSuicaでは、 定期券・モバイルSuica特急券・エクスプレス予約・スマートEX・グリーン券を購入できます。 みどりの窓口で購入すると、時間がかかることもあるので、アプリで購入できると確実に時間の短縮になりますし、並ばないことでストレスから解放されます! ネットさえ繋がれば、どこでも購入できるので非常に便利です。 チャージでポイントが貯まる モバイルSuicaは、登録しているカードによってはチャージのたびにポイント還元がつく場合もあるのでお得です。 ポイントを貯めてお得にSuicaを使いたいなら、モバイルSuicaの利用がおすすめです。 と言うより絶対モバイルSuicaがお得です! 貯まったJRE POINTは1ポイント1円からモバイルSuicaにチャージできます。 乗車でポイントが貯まる 2019年10月から、JR東日本の電車にモバイルSuicaを使って乗るだけでJRE POINTが貯まるようになりました。 JR東日本エリアの在来線を利用• Suicaグリーン券の購入• モバイルSuica定期券の購入 いずれの方法も、50円未満の利用だったとしても確実に1ポイントは貯まります。 乗車しただけでポイント貯まるのは革命的だね! モバイルSuicaのデメリット• 充電が切れたら使えない• チャージするときにネット回線が必要• 機種変更したときに引き継ぎが必要 充電が切れたら使えない 充電が切れた場合は、アプリを起動できないので、支払いができないです。 これはどの決済方法でも同じだと思うので、充電切れには気をつけておけば問題ないでしょう。 対策としてはモバイルバッテリーを一緒に持ち歩けば充電切れになることはないでしょう。 チャージするときにネット回線が必要 こちらもどのスマホ決済方法でも同じだと思います。 モバイルSuicaはネット回線を使って、チャージや券の購入をします。 なので、ネット回線がつながってない場合や不安定な状況だと、うまく操作ができないことがありますが、その時はネットがつながる環境で、もう一度チャージすれば問題ありません。 機種変更したときに引き継ぎが必要 モバイルSuicaは、今使っているスマートフォンに紐づけているため、機種変更するとなると引き継ぎが必要になります。 機種変呼応するときにはバックアップをとっておくようにしましょう。 そうすれば引き継ぎもスムーズに行きます。 最後に モバイルSuicaは 年会費が1,030円(税込)かかります。 しかし、 2020年2月26日以降、年会費を全面的に無料とすると発表しました。 モバイルSuicaでは現状、ビューカード以外のクレジットカードを登録すると1030円(税込)の年会費が発生していますので、急ぎでない限りは2020年2月26日以降、年会費が無料となってからモバイルSuicaを利用するようにしましょう。 電車を利用する人ならモバイルSuicaはすごーくおすすめだね! wonioni.

次の

モバイルSuicaのメリット・デメリットを簡単に解説!

モバイル suica

東日本旅客鉄道(JR東日本)が、おサイフケータイ端末に提供している「モバイルSuica」。 そのサービスが完全無料化されることになりました。 一体、なぜこんなことになってしまったのでしょうか。 モバイルSuica一筋12年の筆者が、JR東日本広報部に質問してみました。 2006年10月から時を刻み続ける、筆者の「モバイルSuica」。 JR東日本広報部 より多くのお客さまにモバイルSuicaを便利にお使いいただくため、年会費を無料化することとしました。 モバイルSuicaでそれができなかったのはなぜでしょうか。 JR東日本広報部 ケータイ・Android向けのモバイルSuicaについては アプリなどのシステム全般を当社が作成・維持・管理しています。 そのことから、従来はご利用のお客さまに「年会費」という形で(システムの作成・維持・管理に対する)ご負担をお願いしてきました。 一方で、iPhone(とApple Watch)向けのSuicaアプリケーションについては、 基本的なシステムはApple Payの仕組みを利用しています。 このことから、年会費を無料としましてきました。 なぜ、ニュースリリースの発行日(1月16日)から1年以上も時間がかかってしまうのでしょうか。 JR東日本広報部 お客さまへの告知期間などを考慮し、2020年2月26日(を無料化の期日)とさせていただきました。 その理由を教えてください。 JR東日本広報部 モバイルSuicaの品質やセキュリティを維持・向上に対応することができないため、サービスを継続することができません。 以上が主なやりとりです。 1年以上先、とはいえモバイルSuicaの年会費無料化は歓迎すべきこと。 2020年といえば東京でオリンピックが開催される年でもあります。 インバウンド対応も含めて、Suica全体のサービスアップに期待したいところです。 関連記事• JR東日本は、2020年2月26日以降に「モバイルSuica」の年会費を無料にすると発表した。 また、フィーチャーフォン全機種とAndroidスマホの一部機種は2020年2月25日または2020年12月22日にサービス提供を終了とする。 Googleは5月24日、モバイル決済サービス「Google Pay」に「Suica」と「WAON」を追加した。 ユーザーは「楽天Edy」と「nanaco」に加え、4つの電子マネーをGoogle Payで一元管理できるようになる。 一方、既存ユーザーが乗り換えるメリットはあるのだろうか。 交通系ICサービス「Mizuho Suica」でチャージが利用できず、改札から出られない事態に陥った。 原因は、みずほ銀行のオンライサービスが休止していたため。 知らなかった筆者も悪かったが、告知の方法にも問題があったと感じている。 7月23日からスタートした、Android版のモバイルSuica。 従来のモバイルSuicaとどこが違うのか? そもそもカードではなくおサイフケータイでSuicaを使うと何がいいのか?……本記事では、実際にAndroid端末でモバイルSuicaを使って気づいた点をまとめた。 モバイルSuicaで東北新幹線に乗ってみた筆者。 ケータイ1つできっぷが買えるのは嬉しいが、実際に使ってみると何度となく困る&迷う場面に遭遇した。 モバイルSuica特急券でどのように困ったのか? JR東の回答付きで、シーン別に紹介する。 関連リンク•

次の